SqlParameter.Value SqlParameter.Value SqlParameter.Value SqlParameter.Value Property

定義

パラメーターの値を取得または設定します。Gets or sets the value of the parameter.

public:
 property System::Object ^ Value { System::Object ^ get(); void set(System::Object ^ value); };
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.ComponentModel.StringConverter))]
[System.Data.DataSysDescription("DataParameter_Value")]
public object Value { get; set; }
member this.Value : obj with get, set
Public Property Value As Object

プロパティ値

パラメーターの値である ObjectAn Object that is the value of the parameter. 既定値は NULL です。The default value is null.

実装

次の例ではSqlParameter 、を作成し、そのプロパティの一部を設定します。The following example creates a SqlParameter and sets some of its properties.

static void CreateSqlParameterVersion()
{
    SqlParameter parameter = new SqlParameter("Description", SqlDbType.VarChar, 88);
    parameter.Value = "garden hose";
}
Private Sub CreateSqlParameterVersion()
    Dim parameter As New SqlParameter("Description", SqlDbType.VarChar, 88)
    parameter.Value = "garden hose"
End Sub

注釈

入力パラメーターの場合、値はサーバーに送信SqlCommandされるにバインドされます。For input parameters, the value is bound to the SqlCommand that is sent to the server. 出力と戻り値のパラメーターの場合、値はの完了SqlCommand時に、 SqlDataReaderが閉じられた後に設定されます。For output and return value parameters, the value is set on completion of the SqlCommand and after the SqlDataReader is closed.

このプロパティは、またはnull DBNull.Valueに設定できます。This property can be set to null or DBNull.Value. パラメーター DBNull.Valueの値として NULL 値を送信するには、を使用します。Use DBNull.Value to send a NULL value as the value of the parameter. null使用するか、 Valueパラメーターの既定値を使用するように設定しないでください。Use null or do not set Value to use the default value for the parameter.

Unicode 以外の XML データが文字列として渡されると、例外がスローされます。An exception is thrown if non-Unicode XML data is passed as a string.

アプリケーションでデータベースの種類を指定した場合、プロバイダーがデータをサーバーに送信するときに、バインドされた値がその型に変換されます。If the application specifies the database type, the bound value is converted to that type when the provider sends the data to the server. プロバイダーは、インターフェイスをIConvertibleサポートしている場合、任意の型の値の変換を試みます。The provider tries to convert any type of value if it supports the IConvertible interface. 指定された型が値と互換性がない場合、変換エラーが発生する可能性があります。Conversion errors may result if the specified type is not compatible with the value.

値をDbType設定SqlDbTypeすることによって、プロパティとプロパティの両方を推論できます。Both the DbType and SqlDbType properties can be inferred by setting the Value.

プロパティValueは、によっSqlDataAdapter.UpdateCommandて上書きされます。The Value property is overwritten by SqlDataAdapter.UpdateCommand.

ストリーミングの詳細については、「 SqlClient Streaming Support」を参照してください。For information about streaming, see SqlClient Streaming Support.

適用対象

こちらもご覧ください