DateTime.Add(TimeSpan) メソッド

定義

このインスタンスの値に、指定された TimeSpan の値を加算した新しい DateTime を返します。

public:
 DateTime Add(TimeSpan value);
public DateTime Add (TimeSpan value);
member this.Add : TimeSpan -> DateTime
Public Function Add (value As TimeSpan) As DateTime

パラメーター

value
TimeSpan

正または負の時間間隔。

戻り値

DateTime

このインスタンスで表された日付と時刻に value で表された時間間隔を加算した値を保持するオブジェクト。

例外

結果として返された DateTimeMinValue より小さいか、MaxValue より大きいです。

Addメソッドの例を次に示します。 この時点から36日 (864 時間) の曜日を計算します。

// Calculate what day of the week is 36 days from this instant.
System::DateTime today = System::DateTime::Now;
System::TimeSpan duration( 36, 0, 0, 0 );
System::DateTime answer = today.Add( duration );
System::Console::WriteLine( " {0:dddd}", answer );
// Calculate what day of the week is 36 days from this instant.
System.DateTime today = System.DateTime.Now;
System.TimeSpan duration = new System.TimeSpan(36, 0, 0, 0);
System.DateTime answer = today.Add(duration);
System.Console.WriteLine("{0:dddd}", answer);
' Calculate what day of the week is 36 days from this instant.
Dim today As System.DateTime
Dim duration As System.TimeSpan
Dim answer As System.DateTime

today = System.DateTime.Now
duration = New System.TimeSpan(36, 0, 0, 0)
answer = today.Add(duration)

System.Console.WriteLine("{0:dddd}", answer)

注釈

メソッドを使用して、1 Add 回の操作で複数の種類の時間間隔 (日、時間、分、秒、またはミリ秒) を追加できます。 このメソッドの動作は、加算演算子と同じです。 DateTimeこの構造体は、 AddDays AddHours AddMinutes 各時間間隔に対して特殊な加算メソッド (、、など) もサポートしています。

この Add メソッドは、日付の算術演算を実行するときに、うるう年と、月の日数を考慮します。

このメソッドは、このの値を変更 DateTime しません。 代わりに、この操作の結果を値として持つ新しいを返し DateTime ます。 Kind新しいインスタンスのプロパティ DateTime は、現在のインスタンスのプロパティと同じです。

適用対象

こちらもご覧ください