DateTime.Subtract メソッド

定義

このインスタンスの値から指定した時刻または期間を減算した値を返します。

オーバーロード

Subtract(DateTime)

このインスタンスの値から指定した日時を減算した、新しい TimeSpan を返します。

Subtract(TimeSpan)

このインスタンスの値から指定した期間を減算した、新しい DateTime を返します。

Subtract(DateTime)

このインスタンスの値から指定した日時を減算した、新しい TimeSpan を返します。

public:
 TimeSpan Subtract(DateTime value);
public TimeSpan Subtract (DateTime value);
member this.Subtract : DateTime -> TimeSpan
Public Function Subtract (value As DateTime) As TimeSpan

パラメーター

value
DateTime

減算する日付と時刻の値。

戻り値

TimeSpan

このインスタンスで表された日付と時刻から value で表された日付と時刻を減算した値と等しい時間間隔。

例外

結果が MinValue より小さいか、MaxValue より大きいです。

次の例は、 メソッド Subtract と減算演算子を示しています。

System::DateTime date1 = System::DateTime( 1996, 6, 3, 22, 15, 0 );
System::DateTime date2 = System::DateTime( 1996, 12, 6, 13, 2, 0 );
System::DateTime date3 = System::DateTime( 1996, 10, 12, 8, 42, 0 );

// diff1 gets 185 days, 14 hours, and 47 minutes.
System::TimeSpan diff1 = date2.Subtract( date1 );

// date4 gets 4/9/1996 5:55:00 PM.
System::DateTime date4 = date3.Subtract( diff1 );

// diff2 gets 55 days 4 hours and 20 minutes.
System::TimeSpan diff2 = date2 - date3;

// date5 gets 4/9/1996 5:55:00 PM.
System::DateTime date5 = date1 - diff2;
System.DateTime date1 = new System.DateTime(1996, 6, 3, 22, 15, 0);
System.DateTime date2 = new System.DateTime(1996, 12, 6, 13, 2, 0);
System.DateTime date3 = new System.DateTime(1996, 10, 12, 8, 42, 0);

// diff1 gets 185 days, 14 hours, and 47 minutes.
System.TimeSpan diff1 = date2.Subtract(date1);

// date4 gets 4/9/1996 5:55:00 PM.
System.DateTime date4 = date3.Subtract(diff1);

// diff2 gets 55 days 4 hours and 20 minutes.
System.TimeSpan diff2 = date2 - date3;

// date5 gets 4/9/1996 5:55:00 PM.
System.DateTime date5 = date1 - diff2;
Dim date1 As New System.DateTime(1996, 6, 3, 22, 15, 0)
Dim date2 As New System.DateTime(1996, 12, 6, 13, 2, 0)
Dim date3 As New System.DateTime(1996, 10, 12, 8, 42, 0)

Dim diff1 As System.TimeSpan
' diff1 gets 185 days, 14 hours, and 47 minutes.
diff1 = date2.Subtract(date1)

Dim date4 As System.DateTime
' date4 gets 4/9/1996 5:55:00 PM.
date4 = date3.Subtract(diff1)

Dim diff2 As System.TimeSpan
' diff2 gets 55 days 4 hours and 20 minutes.
diff2 = System.DateTime.op_Subtraction(date2, date3)

Dim date5 As System.DateTime
' date5 gets 4/9/1996 5:55:00 PM.
date5 = System.DateTime.op_Subtraction(date1, diff2)

注釈

メソッド Subtract(DateTime) は、2 つの日付の差を決定します。 現在のインスタンスから時間間隔を減算するには、 メソッドを呼び出 Subtract(TimeSpan) します。 現在のインスタンスから特定の時間間隔を減算するには、その時間間隔を現在の日付に加算するメソッドを呼び出し、 メソッド引数として負の値を指定します。 たとえば、現在の日付から 2 か月を減算するには、-2 の値で メソッド AddMonths(Int32) を呼び出します。

現在のインスタンスの日付と時刻が より前の場合、メソッドは負の期間を表す value TimeSpan オブジェクトを返します。 つまり、0 以外のすべてのプロパティ (や など) の DaysTicks は負の値です。

メソッド Subtract(DateTime) は、減算を実行するときに、2 つの値の プロパティの Kind DateTime 値を考慮しない。 オブジェクトを減算 DateTime する前に、オブジェクトが同じタイム ゾーン内の時刻を表す必要があります。 それ以外の場合、結果にはタイム ゾーン間の差が含まれます。

注意

メソッド DateTimeOffset.Subtract(DateTimeOffset) は、減算を実行するときにタイム ゾーン間の差を考慮します。

こちらもご覧ください

適用対象

Subtract(TimeSpan)

このインスタンスの値から指定した期間を減算した、新しい DateTime を返します。

public:
 DateTime Subtract(TimeSpan value);
public DateTime Subtract (TimeSpan value);
member this.Subtract : TimeSpan -> DateTime
Public Function Subtract (value As TimeSpan) As DateTime

パラメーター

value
TimeSpan

減算する時間間隔。

戻り値

DateTime

このインスタンスで表された日付と時刻から value で表された時間間隔を減算した値と等しいオブジェクト。

例外

結果が MinValue より小さいか、MaxValue より大きいです。

次の例は、 メソッド Subtract と減算演算子を示しています。

System::DateTime date1 = System::DateTime( 1996, 6, 3, 22, 15, 0 );
System::DateTime date2 = System::DateTime( 1996, 12, 6, 13, 2, 0 );
System::DateTime date3 = System::DateTime( 1996, 10, 12, 8, 42, 0 );

// diff1 gets 185 days, 14 hours, and 47 minutes.
System::TimeSpan diff1 = date2.Subtract( date1 );

// date4 gets 4/9/1996 5:55:00 PM.
System::DateTime date4 = date3.Subtract( diff1 );

// diff2 gets 55 days 4 hours and 20 minutes.
System::TimeSpan diff2 = date2 - date3;

// date5 gets 4/9/1996 5:55:00 PM.
System::DateTime date5 = date1 - diff2;
System.DateTime date1 = new System.DateTime(1996, 6, 3, 22, 15, 0);
System.DateTime date2 = new System.DateTime(1996, 12, 6, 13, 2, 0);
System.DateTime date3 = new System.DateTime(1996, 10, 12, 8, 42, 0);

// diff1 gets 185 days, 14 hours, and 47 minutes.
System.TimeSpan diff1 = date2.Subtract(date1);

// date4 gets 4/9/1996 5:55:00 PM.
System.DateTime date4 = date3.Subtract(diff1);

// diff2 gets 55 days 4 hours and 20 minutes.
System.TimeSpan diff2 = date2 - date3;

// date5 gets 4/9/1996 5:55:00 PM.
System.DateTime date5 = date1 - diff2;
Dim date1 As New System.DateTime(1996, 6, 3, 22, 15, 0)
Dim date2 As New System.DateTime(1996, 12, 6, 13, 2, 0)
Dim date3 As New System.DateTime(1996, 10, 12, 8, 42, 0)

Dim diff1 As System.TimeSpan
' diff1 gets 185 days, 14 hours, and 47 minutes.
diff1 = date2.Subtract(date1)

Dim date4 As System.DateTime
' date4 gets 4/9/1996 5:55:00 PM.
date4 = date3.Subtract(diff1)

Dim diff2 As System.TimeSpan
' diff2 gets 55 days 4 hours and 20 minutes.
diff2 = System.DateTime.op_Subtraction(date2, date3)

Dim date5 As System.DateTime
' date5 gets 4/9/1996 5:55:00 PM.
date5 = System.DateTime.op_Subtraction(date1, diff2)

注釈

メソッド Subtract(TimeSpan) は、現在のインスタンスとの指定した時間間隔の差である日付を返します。 2 つの日付間の時間間隔を確認するには、 メソッドを呼び出 Subtract(DateTime) します。 現在のインスタンスから特定の時間間隔を減算するには、その時間間隔を現在の日付に加算するメソッドを呼び出し、 メソッド引数として負の値を指定します。 たとえば、現在の日付から 2 か月を減算するには、-2 の値で メソッド AddMonths(Int32) を呼び出します。

このメソッドでは、この の値は変更されません DateTime 。 代わりに、この操作の結果 DateTime である値を持つ新しい を返します。

通常、 メソッドは正の期間を表す オブジェクトを減算し、現在のインスタンスの日時より前の値 DateTime.Subtract(TimeSpan) TimeSpan DateTime を返します。 ただし、 オブジェクトが負の期間を表す場合、メソッドは現在のインスタンスの日付と時刻より後の TimeSpan DateTime.Subtract(TimeSpan) DateTime 値を返します。

メソッドを使用すると、複数の時間単位 (特定の時間数や特定の分数など) で構成される時間間隔 DateTime.Subtract(TimeSpan) を減算できます。 インスタンスから 1 つの時間単位 (年、月、日など) を減算するには、負の数値をパラメーターとして次のメソッドに DateTime 渡します。

  • AddYears現在の日時インスタンスから特定の年数を減算する場合は 。

  • AddMonths現在の日時インスタンスから特定の月数を減算する場合は 。

  • AddDays現在の日時インスタンスから特定の日数を減算する場合は 。

  • AddHours現在の日時インスタンスから特定の時間数を減算する場合は 。

  • AddMinutes: 現在の日時インスタンスから特定の分数を減算します。

  • AddSeconds。現在の日付と時刻のインスタンスから特定の秒数を減算します。

  • AddMilliseconds現在の日時インスタンスから特定のミリ秒数を減算する場合は 。

  • AddTicks: 現在の日時インスタンスから特定のティック数を減算します。

こちらもご覧ください

適用対象