DBNull クラス

定義

存在しない値を表します。 このクラスは継承できません。

public ref class DBNull sealed
public ref class DBNull sealed : IConvertible, System::Runtime::Serialization::ISerializable
public sealed class DBNull
public sealed class DBNull : IConvertible, System.Runtime.Serialization.ISerializable
[System.Serializable]
public sealed class DBNull : IConvertible, System.Runtime.Serialization.ISerializable
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public sealed class DBNull : IConvertible, System.Runtime.Serialization.ISerializable
type DBNull = class
type DBNull = class
    interface IConvertible
    interface ISerializable
[<System.Serializable>]
type DBNull = class
    interface ISerializable
    interface IConvertible
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type DBNull = class
    interface ISerializable
    interface IConvertible
Public NotInheritable Class DBNull
Public NotInheritable Class DBNull
Implements IConvertible, ISerializable
継承
DBNull
属性
実装

次の例では、メソッドを呼び出して、 DBNull.Value.Equals contacts データベースのデータベースフィールドに有効な値があるかどうかを確認します。 この値が指定されている場合は、ラベルの文字列出力にフィールド値が追加されます。

private void OutputLabels(DataTable dt)
{
   string label;

   // Iterate rows of table
   foreach (DataRow row in dt.Rows)
   {
      int labelLen;
      label = String.Empty;
      label += AddFieldValue(label, row, "Title");
      label += AddFieldValue(label, row, "FirstName");
      label += AddFieldValue(label, row, "MiddleInitial");
      label += AddFieldValue(label, row, "LastName");
      label += AddFieldValue(label, row, "Suffix");
      label += "\n";
      label += AddFieldValue(label, row, "Address1");
      label += AddFieldValue(label, row, "AptNo");
      label += "\n";
      labelLen = label.Length;
      label += AddFieldValue(label, row, "Address2");
      if (label.Length != labelLen)
         label += "\n";
      label += AddFieldValue(label, row, "City");
      label += AddFieldValue(label, row, "State");
      label += AddFieldValue(label, row, "Zip");
      Console.WriteLine(label);
      Console.WriteLine();
   }
}

private string AddFieldValue(string label, DataRow row,
                             string fieldName)
{
   if (! DBNull.Value.Equals(row[fieldName]))
      return (string) row[fieldName] + " ";
   else
      return String.Empty;
}
Private Sub OUtputLabels(dt As DataTable)
   Dim label As String 

   ' Iterate rows of table
   For Each row As DataRow In dt.Rows
      Dim labelLen As Integer
      label = String.Empty
      label += AddFieldValue(label, row, "Title")
      label += AddFieldValue(label, row, "FirstName")
      label += AddFieldValue(label, row, "MiddleInitial")
      label += AddFieldValue(label, row, "LastName")
      label += AddFieldValue(label, row, "Suffix")
      label += vbCrLf
      label += AddFieldValue(label, row, "Address1")
      label += AddFieldValue(label, row, "AptNo")
      label += vbCrLf
      labelLen = Len(label)
      label += AddFieldValue(label, row, "Address2")
      If Len(label) <> labelLen Then label += vbCrLf
      label += AddFieldValue(label, row, "City")
      label += AddFieldValue(label, row, "State")
      label += AddFieldValue(label, row, "Zip")
      Console.WriteLine(label)
      Console.WriteLine()
   Next
End Sub

Private Function AddFieldValue(label As String, row As DataRow, _
                          fieldName As String) As String
   If Not DbNull.Value.Equals(row.Item(fieldName)) Then
      Return CStr(row.Item(fieldName)) & " "
   Else
      Return Nothing
   End If
End Function

注釈

クラスは存在しない DBNull 値を表します。 たとえば、データベースでは、テーブルの行の列にデータがまったく含まれていない場合があります。 つまり、列は値を持たないだけではなく、まったく存在しないと見なされます。 オブジェクトは存在しない DBNull 列を表します。 また、COM 相互運用では、クラスを使用して、存在しない DBNull 値を示す VT_NULL バリアントと、未指定の値を示す VT_EMPTY variant を区別します。

DBNull型はシングルトンクラスであり、1つのオブジェクトしか存在しないことを意味 DBNull します。 DBNull.Valueメンバーは、唯一の DBNull オブジェクトを表します。 DBNull.Valueは、存在しない値をデータベースフィールドに明示的に割り当てるために使用できますが、フィールドに DBNull 有効な値がない場合は、ほとんどの ADO.NET データプロバイダーによっての値が自動的に割り当てられます。 データベースフィールドから取得した値が値であるかどうかを判断するには、 DBNull そのフィールドの値をメソッドに渡し DBNull.Value.Equals ます。 ただし、一部の言語およびデータベースオブジェクトには、データベースフィールドの値がであるかどうかを簡単に判断できるメソッドが用意されて DBNull.Value います。 これには、Visual Basic IsDBNull 関数、メソッド、メソッド、 Convert.IsDBNull およびメソッドが含ま DataTableReader.IsDBNull IDataRecord.IsDBNull れます。

オブジェクト指向プログラミング言語のの概念をオブジェクトと混同しないようにしてください null DBNull 。 オブジェクト指向プログラミング言語では、は、 null オブジェクトへの参照が存在しないことを意味します。 DBNull 初期化されていない variant または存在しないデータベース列を表します。

フィールド

Value

DBNull クラスの唯一のインスタンスを表します。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

ISerializable インターフェイスを実装し、DBNull オブジェクトをシリアル化するために必要なデータを返します。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
GetTypeCode()

TypeCodeDBNull 値を取得します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

空の文字列 (Empty) を返します。

ToString(IFormatProvider)

指定した IFormatProvider を使用して、空の文字列を返します。

明示的なインターフェイスの実装

IConvertible.ToBoolean(IFormatProvider)

この変換はサポートされていません。 この変換を試みると、InvalidCastException がスローされます。

IConvertible.ToByte(IFormatProvider)

この変換はサポートされていません。 この変換を試みると、InvalidCastException がスローされます。

IConvertible.ToChar(IFormatProvider)

この変換はサポートされていません。 この変換を試みると、InvalidCastException がスローされます。

IConvertible.ToDateTime(IFormatProvider)

この変換はサポートされていません。 この変換を試みると、InvalidCastException がスローされます。

IConvertible.ToDecimal(IFormatProvider)

この変換はサポートされていません。 この変換を試みると、InvalidCastException がスローされます。

IConvertible.ToDouble(IFormatProvider)

この変換はサポートされていません。 この変換を試みると、InvalidCastException がスローされます。

IConvertible.ToInt16(IFormatProvider)

この変換はサポートされていません。 この変換を試みると、InvalidCastException がスローされます。

IConvertible.ToInt32(IFormatProvider)

この変換はサポートされていません。 この変換を試みると、InvalidCastException がスローされます。

IConvertible.ToInt64(IFormatProvider)

この変換はサポートされていません。 この変換を試みると、InvalidCastException がスローされます。

IConvertible.ToSByte(IFormatProvider)

この変換はサポートされていません。 この変換を試みると、InvalidCastException がスローされます。

IConvertible.ToSingle(IFormatProvider)

この変換はサポートされていません。 この変換を試みると、InvalidCastException がスローされます。

IConvertible.ToType(Type, IFormatProvider)

現在の DBNull オブジェクトを指定した型に変換します。

IConvertible.ToUInt16(IFormatProvider)

この変換はサポートされていません。 この変換を試みると、InvalidCastException がスローされます。

IConvertible.ToUInt32(IFormatProvider)

この変換はサポートされていません。 この変換を試みると、InvalidCastException がスローされます。

IConvertible.ToUInt64(IFormatProvider)

この変換はサポートされていません。 この変換を試みると、InvalidCastException がスローされます。

適用対象

こちらもご覧ください