Activity.AddTag メソッド

定義

オーバーロード

AddTag(String, Object)

追加の keyvalue を含むタグを持つようにアクティビティを更新します。

AddTag(String, String)

指定した keyvalue で新しいタグが得られるように Activity を更新します。

AddTag(String, Object)

追加の keyvalue を含むタグを持つようにアクティビティを更新します。

public:
 System::Diagnostics::Activity ^ AddTag(System::String ^ key, System::Object ^ value);
public System.Diagnostics.Activity AddTag (string key, object? value);
member this.AddTag : string * obj -> System.Diagnostics.Activity
Public Function AddTag (key As String, value As Object) As Activity

パラメーター

key
String

タグ キー名。

value
Object

入力キーにマップされたタグ値。

戻り値

Activity

チェーンで役立つ this です。

注釈

これは列挙体に TagObjects 表示されます。 これは、ログに記録するのに役立ちますが、 Baggageランタイム制御には必要ない情報を目的としています (後者の場合)。

適用対象

AddTag(String, String)

指定した keyvalue で新しいタグが得られるように Activity を更新します。

public:
 System::Diagnostics::Activity ^ AddTag(System::String ^ key, System::String ^ value);
public System.Diagnostics.Activity AddTag (string key, string? value);
public System.Diagnostics.Activity AddTag (string key, string value);
member this.AddTag : string * string -> System.Diagnostics.Activity
Public Function AddTag (key As String, value As String) As Activity

パラメーター

key
String

タグ キーです。

value
String

タグ値です。

戻り値

Activity

チェーンで役立つ this です。

注釈

このキーと値のペアは、or TagObjects プロパティによって返されるコレクションにTags含まれます。

TagsTagObjectsは、ログに記録するのに役立つ情報をActivity目的としています。 ランタイム コントロールに必要な情報については、プロパティを Baggage 使用します。

適用対象