Debug.Assert Debug.Assert Debug.Assert Debug.Assert Method

定義

条件をチェックします。条件が false の場合、メッセージを出力し、コール スタックを示すメッセージ ボックスを表示します。Checks for a condition; if the condition is false, outputs messages and displays a message box that shows the call stack.

オーバーロード

Assert(Boolean) Assert(Boolean) Assert(Boolean) Assert(Boolean)

条件をチェックします。条件が false の場合、呼び出し履歴を見せるメッセージ ボックスを表示します。Checks for a condition; if the condition is false, displays a message box that shows the call stack.

Assert(Boolean, String) Assert(Boolean, String) Assert(Boolean, String) Assert(Boolean, String)

条件をチェックします。条件が false の場合、指定したメッセージを出力し、コール スタックを示すメッセージ ボックスを表示します。Checks for a condition; if the condition is false, outputs a specified message and displays a message box that shows the call stack.

Assert(Boolean, String, String) Assert(Boolean, String, String) Assert(Boolean, String, String) Assert(Boolean, String, String)

条件をチェックします。条件が false の場合、指定した 2 つのメッセージを出力し、コール スタックを示すメッセージ ボックスを表示します。Checks for a condition; if the condition is false, outputs two specified messages and displays a message box that shows the call stack.

Assert(Boolean, String, String, Object[]) Assert(Boolean, String, String, Object[]) Assert(Boolean, String, String, Object[]) Assert(Boolean, String, String, Object[])

条件をチェックし、その条件が false の場合は、2 つのメッセージ (単純なメッセージと書式設定されたメッセージ) を出力し、呼び出し履歴を表示するメッセージ ボックスを表示します。Checks for a condition; if the condition is false, outputs two messages (simple and formatted) and displays a message box that shows the call stack.

Assert(Boolean) Assert(Boolean) Assert(Boolean) Assert(Boolean)

条件をチェックします。条件が false の場合、呼び出し履歴を見せるメッセージ ボックスを表示します。Checks for a condition; if the condition is false, displays a message box that shows the call stack.

public:
 static void Assert(bool condition);
[System.Diagnostics.Conditional("DEBUG")]
public static void Assert (bool condition);
static member Assert : bool -> unit
Public Shared Sub Assert (condition As Boolean)

パラメーター

condition
Boolean Boolean Boolean Boolean

評価する条件式。The conditional expression to evaluate. 条件が true の場合、エラー メッセージは送信されず、メッセージ ボックスは表示されません。If the condition is true, a failure message is not sent and the message box is not displayed.

次の例は、配列のインデックスを作成しますは、インデックスの値を設定するいくつかのアクションを実行しを呼び出してAssertインデックス値が有効であることを確認します。The following example creates an index for an array, performs some action to set the value of the index, and then calls Assert to confirm that the index value is valid. 有効でない場合Assertコール スタックを出力します。If it is not valid, Assert outputs the call stack.

// Create a local value.
int index;

// Perform some action that sets the local value.
index = -40;

// Test that the local value is valid. 
#if defined(DEBUG)
Debug::Assert( index > -1 );
#endif
// Create an index for an array.
 int index;
 
 // Perform some action that sets the index.
 index = -40;
 
 // Test that the index value is valid. 
 Debug.Assert(index > -1);   
' Create an index for an array.
Dim index As Integer

' Perform some action that sets the index.
index = -40

' Test that the index value is valid. 
Debug.Assert((index > - 1))

注釈

既定で、Debug.Assertメソッドは、デバッグ ビルドでのみ機能します。By default, the Debug.Assert method works only in debug builds. 使用して、Trace.Assertリリースでのアサーションを実行する場合、メソッドが構築されます。Use the Trace.Assert method if you want to do assertions in release builds. 詳細については、「マネージド コードのアサーション」を参照してください。For more information, see Assertions in Managed Code.

重要

Assertメソッドは使用できませんWindows ストアWindows Storeアプリ。The Assert methods are not available for Windows ストアWindows Store apps.

通常、Assert(Boolean)メソッドはプログラムの開発中に論理エラーを識別するために使用します。Typically, the Assert(Boolean) method is used to identify logic errors during program development. Assert 条件を評価します。Assert evaluates the condition. 結果は場合false、エラー メッセージを送信、Listenersコレクション。If the result is false, it sends a failure message to the Listeners collection. 追加することでこの動作をカスタマイズすることができます、 TraceListener 、または削除から、1 つ、Listenersコレクション。You can customize this behavior by adding a TraceListener to, or removing one from, the Listeners collection.

アプリケーションがユーザー インターフェイス モードで実行されているときは、ファイル番号と行番号を含む呼び出し履歴を示すメッセージ ボックスが表示されます。When the application runs in user interface mode, it displays a message box that shows the call stack with file and line numbers. メッセージ ボックスには、3 つのボタンが含まれています。中止再試行、および無視します。The message box contains three buttons: Abort, Retry, and Ignore. クリックすると、中止ボタンは、アプリケーションを終了します。Clicking the Abort button terminates the application. クリックすると再試行アプリケーションが、デバッガーで実行されているか、されていない場合、デバッガーを開くには、場合に、デバッガーでコードを送信します。Clicking Retry sends you to the code in the debugger if your application is running in a debugger, or offers to open a debugger if it is not. クリックすると無視コード内の次の命令を続行します。Clicking Ignore continues with the next instruction in the code.

注意

Windows 8.x ストアWindows 8.x Store アプリではモーダル ダイアログ ボックスをサポートしないため、同じユーザー インターフェイス モードと非ユーザー インターフェイス モードで動作します。apps do not support modal dialog boxes, so they behave the same in user interface mode and non-user interface mode. デバッグ モードでは、アクティブなトレース リスナーにメッセージが書き込まれるか、リリース モードでのメッセージは書き込まれません。The message is written to the active trace listeners in debugging mode, or no message is written in release mode.

注意

メッセージ ボックスの表示の存在に依存、DefaultTraceListenerします。The display of the message box depends on the presence of the DefaultTraceListener. 場合、DefaultTraceListener内にない、Listenersコレクション、メッセージ ボックスは表示されません。If the DefaultTraceListener is not in the Listeners collection, the message box is not displayed. DefaultTraceListenerして削除できる、 <オフ><削除>、または呼び出すことによって、 Clear メソッドListenersプロパティ (System.Diagnostics.Trace.Listeners.Clear())。The DefaultTraceListener can be removed by the <clear>, the <remove>, or by calling the Clear method on the Listeners property (System.Diagnostics.Trace.Listeners.Clear()).

動作を変更することができます、DefaultTraceListenerアプリケーションの名前に対応する構成ファイルにします。You can change the behavior of the DefaultTraceListener in the configuration file that corresponds to the name of your application. このファイルでを有効にして assert のメッセージ ボックスを無効にしたり設定、DefaultTraceListener.LogFileNameプロパティ。In this file, you can enable and disable the assert message box or set the DefaultTraceListener.LogFileName property. 構成ファイルは、次のように書式設定する必要があります。The configuration file should be formatted as follows:

<configuration>  
  <system.diagnostics>  
    <assert assertuienabled="true" logfilename="c:\\myFile.log" />  
  </system.diagnostics>  
</configuration>  
こちらもご覧ください

Assert(Boolean, String) Assert(Boolean, String) Assert(Boolean, String) Assert(Boolean, String)

条件をチェックします。条件が false の場合、指定したメッセージを出力し、コール スタックを示すメッセージ ボックスを表示します。Checks for a condition; if the condition is false, outputs a specified message and displays a message box that shows the call stack.

public:
 static void Assert(bool condition, System::String ^ message);
[System.Diagnostics.Conditional("DEBUG")]
public static void Assert (bool condition, string message);
static member Assert : bool * string -> unit
Public Shared Sub Assert (condition As Boolean, message As String)

パラメーター

condition
Boolean Boolean Boolean Boolean

評価する条件式。The conditional expression to evaluate. 条件が true の場合、指定したメッセージは送信されず、メッセージ ボックスは表示されません。If the condition is true, the specified message is not sent and the message box is not displayed.

message
String String String String

Listeners コレクションに送信するメッセージ。The message to send to the Listeners collection.

次の例のチェックするかどうか、typeパラメーターは有効です。The following example checks whether the type parameter is valid. 場合typenullAssertメッセージを出力します。If type is null, Assert outputs a message.

void MyMethod( Object^ obj, Type^ type )
{
   #if defined(DEBUG)
   Debug::Assert( type != nullptr, "Type paramater is null" );
   #endif
}
public static void MyMethod(Type type, Type baseType) {
    Debug.Assert(type != null, "Type parameter is null");
 
   // Perform some processing.
 }

Public Shared Sub MyMethod(type As Type, baseType As Type)
    Debug.Assert(Not (type Is Nothing), "Type parameter is null")
End Sub 'MyMethod 

注釈

既定で、Debug.Assertメソッドは、デバッグ ビルドでのみ機能します。By default, the Debug.Assert method works only in debug builds. 使用して、Trace.Assertリリースでのアサーションを実行する場合、メソッドが構築されます。Use the Trace.Assert method if you want to do assertions in release builds. 詳細については、「マネージド コードのアサーション」を参照してください。For more information, see Assertions in Managed Code.

通常、Assertメソッドはプログラムの開発中に論理エラーを識別するために使用します。Typically, the Assert method is used to identify logic errors during program development. Assert 条件を評価します。Assert evaluates the condition. 結果は場合false、指定した診断メッセージを送信、Listenersコレクション。If the result is false, it sends the specified diagnostic message to the Listeners collection. 追加することでこの動作をカスタマイズすることができます、 TraceListener 、または削除から、1 つ、Listenersコレクション。You can customize this behavior by adding a TraceListener to, or removing one from, the Listeners collection.

アプリケーションがユーザー インターフェイス モードで実行されているときは、ファイル番号と行番号を含む呼び出し履歴を示すメッセージ ボックスが表示されます。When the application runs in user interface mode, it displays a message box that shows the call stack with file and line numbers. メッセージ ボックスには、3 つのボタンが含まれています。中止再試行、および無視します。The message box contains three buttons: Abort, Retry, and Ignore. クリックすると、中止ボタンは、アプリケーションを終了します。Clicking the Abort button terminates the application. クリックすると再試行アプリケーションが、デバッガーで実行されているか、されていない場合、デバッガーを開くには、場合に、デバッガーでコードを送信します。Clicking Retry sends you to the code in the debugger if your application is running in a debugger, or offers to open a debugger if it is not. クリックすると無視コード内の次の命令を続行します。Clicking Ignore continues with the next instruction in the code.

注意

メッセージ ボックスの表示の存在に依存、DefaultTraceListenerします。The display of the message box depends on the presence of the DefaultTraceListener. 場合、DefaultTraceListener内にない、Listenersコレクション、メッセージ ボックスは表示されません。If the DefaultTraceListener is not in the Listeners collection, the message box is not displayed. DefaultTraceListenerして削除できる、 <オフ><削除>、または呼び出すことによって、 Clear メソッドListenersプロパティ (System.Diagnostics.Trace.Listeners.Clear())。The DefaultTraceListener can be removed by the <clear>, the <remove>, or by calling the Clear method on the Listeners property (System.Diagnostics.Trace.Listeners.Clear()).

動作を変更することができます、DefaultTraceListenerアプリケーションの名前に対応する構成ファイルにします。You can change the behavior of the DefaultTraceListener in the configuration file that corresponds to the name of your application. このファイルでを有効にして assert のメッセージ ボックスを無効にしたり設定、DefaultTraceListener.LogFileNameプロパティ。In this file, you can enable and disable the assert message box or set the DefaultTraceListener.LogFileName property. 構成ファイルは、次のように書式設定する必要があります。The configuration file should be formatted as follows:

<configuration>  
  <system.diagnostics>  
    <assert assertuienabled="true" logfilename="c:\\myFile.log" />  
  </system.diagnostics>  
</configuration>  
こちらもご覧ください

Assert(Boolean, String, String) Assert(Boolean, String, String) Assert(Boolean, String, String) Assert(Boolean, String, String)

条件をチェックします。条件が false の場合、指定した 2 つのメッセージを出力し、コール スタックを示すメッセージ ボックスを表示します。Checks for a condition; if the condition is false, outputs two specified messages and displays a message box that shows the call stack.

public:
 static void Assert(bool condition, System::String ^ message, System::String ^ detailMessage);
[System.Diagnostics.Conditional("DEBUG")]
public static void Assert (bool condition, string message, string detailMessage);
static member Assert : bool * string * string -> unit
Public Shared Sub Assert (condition As Boolean, message As String, detailMessage As String)

パラメーター

condition
Boolean Boolean Boolean Boolean

評価する条件式。The conditional expression to evaluate. 条件が true の場合、指定したメッセージは送信されず、メッセージ ボックスは表示されません。If the condition is true, the specified messages are not sent and the message box is not displayed.

message
String String String String

Listeners コレクションに送信するメッセージ。The message to send to the Listeners collection.

detailMessage
String String String String

Listeners コレクションに送信する詳細なメッセージ。The detailed message to send to the Listeners collection.

次の例のチェックするかどうか、typeパラメーターは有効です。The following example checks whether the type parameter is valid. 場合typenullAssert 2 つのメッセージを出力します。If type is null, Assert outputs two messages.

void MyMethod( Object^ obj, Type^ type )
{
   #if defined(DEBUG)
   Debug::Assert( type != nullptr, "Type paramater is null", "Can't get object for null type" );
   #endif
}
public static void MyMethod(Type type, Type baseType) {
    Debug.Assert(type != null, "Type parameter is null", 
       "Can't get object for null type");
 
   // Perform some processing.
 }

Public Shared Sub MyMethod(type As Type, baseType As Type)
    Debug.Assert( Not (type Is Nothing), "Type parameter is null", "Can't get object for null type")
    ' Perform some processing.
End Sub 'MyMethod

注釈

既定で、Debug.Assertメソッドは、デバッグ ビルドでのみ機能します。By default, the Debug.Assert method works only in debug builds. 使用して、Trace.Assertリリースでのアサーションを実行する場合、メソッドが構築されます。Use the Trace.Assert method if you want to do assertions in release builds. 詳細については、「マネージド コードのアサーション」を参照してください。For more information, see Assertions in Managed Code.

通常、Assert(Boolean, String, String)メソッドはプログラムの開発中に論理エラーを識別するために使用します。Typically, the Assert(Boolean, String, String) method is used to identify logic errors during program development. Assert 条件を評価します。Assert evaluates the condition. 結果は場合false、指定した診断メッセージと詳細なメッセージを送信します、Listenersコレクション。If the result is false, it sends the specified diagnostic message and detailed message to the Listeners collection. 追加することでこの動作をカスタマイズすることができます、 TraceListener 、または削除から、1 つ、Listenersコレクション。You can customize this behavior by adding a TraceListener to, or removing one from, the Listeners collection.

アプリケーションがユーザー インターフェイス モードで実行されているときは、ファイル番号と行番号を含む呼び出し履歴を示すメッセージ ボックスが表示されます。When the application runs in user interface mode, it displays a message box that shows the call stack with file and line numbers. メッセージ ボックスには、3 つのボタンが含まれています。中止再試行、および無視します。The message box contains three buttons: Abort, Retry, and Ignore. クリックすると、中止ボタンは、アプリケーションを終了します。Clicking the Abort button terminates the application. クリックすると再試行アプリケーションが、デバッガーで実行されているか、されていない場合、デバッガーを開くには、場合に、デバッガーでコードを送信します。Clicking Retry sends you to the code in the debugger if your application is running in a debugger, or offers to open a debugger if it is not. クリックすると無視コード内の次の命令を続行します。Clicking Ignore continues with the next instruction in the code.

注意

メッセージ ボックスの表示の存在に依存、DefaultTraceListenerします。The display of the message box depends on the presence of the DefaultTraceListener. 場合、DefaultTraceListener内にない、Listenersコレクション、メッセージ ボックスは表示されません。If the DefaultTraceListener is not in the Listeners collection, the message box is not displayed. DefaultTraceListenerして削除できる、 <オフ><削除>、または呼び出すことによって、 Clear メソッドListenersプロパティ (System.Diagnostics.Trace.Listeners.Clear())。The DefaultTraceListener can be removed by the <clear>, the <remove>, or by calling the Clear method on the Listeners property (System.Diagnostics.Trace.Listeners.Clear()).

動作を変更することができます、DefaultTraceListenerアプリケーションの名前に対応する構成ファイルにします。You can change the behavior of the DefaultTraceListener in the configuration file that corresponds to the name of your application. このファイルでを有効にして assert のメッセージ ボックスを無効にしたり設定、DefaultTraceListener.LogFileNameプロパティ。In this file, you can enable and disable the assert message box or set the DefaultTraceListener.LogFileName property. 構成ファイルは、次のように書式設定する必要があります。The configuration file should be formatted as follows:

<configuration>  
  <system.diagnostics>  
    <assert assertuienabled="true" logfilename="c:\\myFile.log" />  
  </system.diagnostics>  
</configuration>  
こちらもご覧ください

Assert(Boolean, String, String, Object[]) Assert(Boolean, String, String, Object[]) Assert(Boolean, String, String, Object[]) Assert(Boolean, String, String, Object[])

条件をチェックし、その条件が false の場合は、2 つのメッセージ (単純なメッセージと書式設定されたメッセージ) を出力し、呼び出し履歴を表示するメッセージ ボックスを表示します。Checks for a condition; if the condition is false, outputs two messages (simple and formatted) and displays a message box that shows the call stack.

public:
 static void Assert(bool condition, System::String ^ message, System::String ^ detailMessageFormat, ... cli::array <System::Object ^> ^ args);
[System.Diagnostics.Conditional("DEBUG")]
public static void Assert (bool condition, string message, string detailMessageFormat, params object[] args);
static member Assert : bool * string * string * obj[] -> unit
Public Shared Sub Assert (condition As Boolean, message As String, detailMessageFormat As String, ParamArray args As Object())

パラメーター

condition
Boolean Boolean Boolean Boolean

評価する条件式。The conditional expression to evaluate. 条件が true の場合、指定したメッセージは送信されず、メッセージ ボックスは表示されません。If the condition is true, the specified messages are not sent and the message box is not displayed.

message
String String String String

Listeners コレクションに送信するメッセージ。The message to send to the Listeners collection.

detailMessageFormat
String String String String

Listeners コレクションに送信する複合書式指定文字列。The composite format string to send to the Listeners collection. このメッセージのテキストには、args 配列内のオブジェクトに対応する 0 個以上の書式項目を含めることができます。This message contains text intermixed with zero or more format items, which correspond to objects in the args array.

args
Object[]

0 個以上の書式設定対象オブジェクトを含んだオブジェクト配列。An object array that contains zero or more objects to format.

注釈

このメソッドを使用して、オブジェクトの値をそのテキスト表現に変換し、その表現を文字列に埋め込む .NET Framework の。This method uses the of the .NET Framework to convert the value of an object to its text representation and embed that representation in a string. 結果の文字列に送信される、Listenersコレクション。The resulting string is sent to the Listeners collection.

既定で、Debug.Assertメソッドは、デバッグ ビルドでのみ機能します。By default, the Debug.Assert method works only in debug builds. 使用して、Trace.Assertリリースでのアサーションを実行する場合、メソッドが構築されます。Use the Trace.Assert method if you want to do assertions in release builds. 詳細については、「マネージド コードのアサーション」を参照してください。For more information, see Assertions in Managed Code.

通常、Assert(Boolean, String, String, Object[])メソッドはプログラムの開発中に論理エラーを識別するために使用します。Typically, the Assert(Boolean, String, String, Object[]) method is used to identify logic errors during program development. Assert 条件を評価します。Assert evaluates the condition. 場合は、結果はfalseString.Format(String, Object[])メソッドが呼び出されると、detailMessageFormat文字列とargs配列パラメーターとして渡されます。If the result is false, The String.Format(String, Object[]) method is called and the detailMessageFormat string and args array are passed in as parameters. Assert(Boolean, String, String, Object[]) 指定したテキスト メッセージとに書式設定されたテキスト メッセージを送信し、Listenersコレクション。Assert(Boolean, String, String, Object[]) then sends the specified text message and the formatted text message to the Listeners collection. 追加することでこの動作をカスタマイズすることができます、 TraceListener 、または削除から、1 つ、Listenersコレクション。You can customize this behavior by adding a TraceListener to, or removing one from, the Listeners collection.

アプリケーションがユーザー インターフェイス モードで実行されているときは、ファイル番号と行番号を含む呼び出し履歴を示すメッセージ ボックスが表示されます。When the application runs in user interface mode, it displays a message box that shows the call stack with file and line numbers. メッセージ ボックスには、3 つのボタンが含まれています。中止再試行、および無視します。The message box contains three buttons: Abort, Retry, and Ignore. クリックすると、中止ボタンは、アプリケーションを終了します。Clicking the Abort button terminates the application. クリックすると再試行アプリケーションが、デバッガーで実行されているか、されていない場合、デバッガーを開くには、場合に、デバッガーでコードを送信します。Clicking Retry sends you to the code in the debugger if your application is running in a debugger, or offers to open a debugger if it is not. クリックすると無視コード内の次の命令を続行します。Clicking Ignore continues with the next instruction in the code.

注意

メッセージ ボックスの表示がの存在に依存、DefaultTraceListenerします。The display of the message box is dependent on the presence of the DefaultTraceListener. 場合、DefaultTraceListener内にない、Listenersコレクション、メッセージ ボックスは表示されません。If the DefaultTraceListener is not in the Listeners collection, the message box is not displayed. DefaultTraceListenerして削除できる、 <オフ><削除>、または呼び出すことによって、 Clear メソッドListenersプロパティ (System.Diagnostics.Trace.Listeners.Clear())。The DefaultTraceListener can be removed by the <clear>, the <remove>, or by calling the Clear method on the Listeners property (System.Diagnostics.Trace.Listeners.Clear()).

動作を変更することができます、DefaultTraceListenerアプリケーションの名前に対応する構成ファイルにします。You can change the behavior of the DefaultTraceListener in the configuration file that corresponds to the name of your application. このファイルでを有効にして assert のメッセージ ボックスを無効にしたり設定、DefaultTraceListener.LogFileNameプロパティ。In this file, you can enable and disable the assert message box or set the DefaultTraceListener.LogFileName property. 構成ファイルは、次のように書式設定する必要があります。The configuration file should be formatted as follows:

<configuration>  
  <system.diagnostics>  
    <assert assertuienabled="true" logfilename="c:\\myFile.log" />  
  </system.diagnostics>  
</configuration>  

適用対象