Debugger クラス

定義

デバッガーとの通信を有効にします。Enables communication with a debugger. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class Debugger abstract sealed
public ref class Debugger sealed
public static class Debugger
public sealed class Debugger
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public sealed class Debugger
type Debugger = class
Public Class Debugger
Public NotInheritable Class Debugger
継承
Debugger
属性

コンストラクター

Debugger()

Debugger クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Debugger class.

フィールド

DefaultCategory

定数を持つメッセージの既定のカテゴリを表します。Represents the default category of message with a constant.

プロパティ

IsAttached

デバッガーがプロセスにアタッチされているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether a debugger is attached to the process.

メソッド

Break()

アタッチされたデバッガーにブレークポイントを通知します。Signals a breakpoint to an attached debugger.

IsLogging()

アタッチされたデバッガーによってログ記録が有効になっているかどうかを確認します。Checks to see if logging is enabled by an attached debugger.

Launch()

デバッガーを起動し、プロセスにアタッチします。Launches and attaches a debugger to the process.

Log(Int32, String, String)

アタッチされたデバッガーのメッセージを送信します。Posts a message for the attached debugger.

NotifyOfCrossThreadDependency()

実行が、スレッド間の依存関係を含むパスに入ろうとしていることをデバッガーに通知します。Notifies a debugger that execution is about to enter a path that involves a cross-thread dependency.

適用対象