EventProvider.WriteTransferEvent メソッド

定義

イベントをエンド ツー エンドのシナリオで追跡している場合に、一連のイベントをリンクさせます。Links events together when tracing events in an end-to-end scenario.

オーバーロード

WriteTransferEvent(EventDescriptor, Guid, Object[])

イベントをエンド ツー エンドのシナリオで追跡している場合に、一連のイベントをリンクさせます。Links events together when tracing events in an end-to-end scenario. イベント データは、オブジェクトの配列として指定します。The event data is specified as an array of objects.

WriteTransferEvent(EventDescriptor, Guid, Int32, IntPtr)

イベントをエンド ツー エンドのシナリオで追跡している場合に、一連のイベントをリンクさせます。Links events together when tracing events in an end-to-end scenario. イベント データは、メモリのブロックとして指定します。The event data is specified as a block of memory.

WriteTransferEvent(EventDescriptor, Guid, Object[])

イベントをエンド ツー エンドのシナリオで追跡している場合に、一連のイベントをリンクさせます。Links events together when tracing events in an end-to-end scenario. イベント データは、オブジェクトの配列として指定します。The event data is specified as an array of objects.

public:
 bool WriteTransferEvent(System::Diagnostics::Eventing::EventDescriptor % eventDescriptor, Guid relatedActivityId, ... cli::array <System::Object ^> ^ eventPayload);
[System.Security.SecurityCritical]
public bool WriteTransferEvent (ref System.Diagnostics.Eventing.EventDescriptor eventDescriptor, Guid relatedActivityId, params object[] eventPayload);
[<System.Security.SecurityCritical>]
member this.WriteTransferEvent : EventDescriptor * Guid * obj[] -> bool
Public Function WriteTransferEvent (ByRef eventDescriptor As EventDescriptor, relatedActivityId As Guid, ParamArray eventPayload As Object()) As Boolean

パラメーター

eventDescriptor
EventDescriptor

書き込むイベントを識別する EventDescriptor のインスタンス。An instance of EventDescriptor that identifies the event to write.

relatedActivityId
Guid

直前のコンポーネントからの動作識別子。Activity identifier from the previous component. このパラメーターを使用して、特定のコンポーネントのイベントを直前のコンポーネントのイベントにリンクさせます。Use this parameter to link your component's events to the previous component's events.

eventPayload
Object[]

書き込むイベント データを格納するオブジェクトの配列。An array of objects that contain the event data to write. データは、マニフェストに指定された順序で格納されている必要があります。The data must be in the order specified in the manifest. 配列は 32 オブジェクトまでに制限され、そのうちの 8 つを文字列にすることができます。The array is limited to 32 objects, of which only eight may be strings. イベントの最大データ サイズは、64 KB からイベント ヘッダーのサイズを差し引いた値になります。The maximum data size for the event is limited to 64 KB minus the size of the event headers. セッションのバッファー サイズが小さい場合や、イベントを含んだ拡張データ項目がセッションに存在する場合、イベント サイズはこれよりも小さくなります。The event size is less if the session's buffer size is less and the session includes extended data items with the event.

戻り値

Boolean

イベントが書き込まれた場合は true。それ以外の場合は falseIs true if the event is written; otherwise, false. false の場合は、GetLastWriteEventError() メソッドを呼び出すことで、失敗の原因を調べることができます。If false, call the GetLastWriteEventError() method to determine the cause of the failure.

属性

例外

eventPayload に指定されたオブジェクトまたは文字列が多すぎます。If eventPayload contains too many objects or strings.

注釈

メソッドは、スレッドコンテキストで設定されたアクティビティ ID を使用して、このコンポーネントを識別します。The method uses the activity ID set in the thread context to identify this component. アクティビティ ID を設定するには、 SetActivityId メソッドを呼び出します。To set the activity ID, call the SetActivityId method.

クラスを使用する場合は、メソッドを使用してアクティビティ ID を指定しないでください Trace SetActivityIdIf you use the Trace class, you do not use the SetActivityId method to specify the activity ID. 代わりに、プロパティにアクセスし CorrelationManager てオブジェクトを取得し CorrelationManager ます。Instead, access the CorrelationManager property to get the CorrelationManager object. 次に、 ActivityId プロパティをアクティビティ ID に設定します。Then, set the ActivityId property to the activity ID. また、を値に設定する必要があり relatedActivityId ActivityId ます。You must also set the relatedActivityId to a ActivityId value.

適用対象

WriteTransferEvent(EventDescriptor, Guid, Int32, IntPtr)

イベントをエンド ツー エンドのシナリオで追跡している場合に、一連のイベントをリンクさせます。Links events together when tracing events in an end-to-end scenario. イベント データは、メモリのブロックとして指定します。The event data is specified as a block of memory.

protected:
 bool WriteTransferEvent(System::Diagnostics::Eventing::EventDescriptor % eventDescriptor, Guid relatedActivityId, int dataCount, IntPtr data);
[System.Security.SecurityCritical]
protected bool WriteTransferEvent (ref System.Diagnostics.Eventing.EventDescriptor eventDescriptor, Guid relatedActivityId, int dataCount, IntPtr data);
[<System.Security.SecurityCritical>]
member this.WriteTransferEvent : EventDescriptor * Guid * int * nativeint -> bool
Protected Function WriteTransferEvent (ByRef eventDescriptor As EventDescriptor, relatedActivityId As Guid, dataCount As Integer, data As IntPtr) As Boolean

パラメーター

eventDescriptor
EventDescriptor

書き込むイベントを識別する EventDescriptor のインスタンス。An instance of EventDescriptor that identifies the event to write.

relatedActivityId
Guid

直前のコンポーネントからの動作識別子。Activity identifier from the previous component. このパラメーターを使用して、特定のコンポーネントのイベントを直前のコンポーネントのイベントにリンクさせます。Use this parameter to link your component's events to the previous component's events.

dataCount
Int32

data パラメーターが指すイベント データのサイズ。Size of the event data to which the data parameter points. イベント データの最大サイズは、64 KB からイベント ヘッダーのサイズを差し引いた値になります。The maximum event data size is limited to 64 KB minus the size of the event headers. セッションのバッファー サイズが小さい場合や、イベントを含んだ拡張データ項目がセッションに存在する場合、イベント サイズはこれよりも小さくなります。The event size is less if the session's buffer size is less and the session includes extended data items with the event.

data
IntPtr

書き込むイベント データへのポインター。Pointer to the event data to write.

戻り値

Boolean

イベントが書き込まれた場合は true。それ以外の場合は falseIs true if the event is written; otherwise, false. false の場合は、GetLastWriteEventError() メソッドを呼び出すことで、失敗の原因を調べることができます。If false, call the GetLastWriteEventError() method to determine the cause of the failure.

属性

注釈

メソッドは、スレッドコンテキストで設定されたアクティビティ ID を使用して、このコンポーネントを識別します。The method uses the activity ID set in the thread context to identify this component. アクティビティ ID を設定するには、 SetActivityId メソッドを呼び出します。To set the activity ID, call the SetActivityId method.

適用対象