EventLog.WriteEntry EventLog.WriteEntry EventLog.WriteEntry EventLog.WriteEntry Method

定義

イベント ログにエントリを書き込みます。Writes an entry in the event log.

オーバーロード

WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[]) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[]) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[]) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[])

指定した登録イベント ソースを使用して、指定したメッセージ テキスト、アプリケーション定義のイベント識別子、およびアプリケーション定義のカテゴリと共にエントリをイベント ログに書き込み、メッセージにバイナリ データを付加します。Writes an entry with the given message text, application-defined event identifier, and application-defined category to the event log (using the specified registered event source) and appends binary data to the message.

WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16)

指定した登録イベント ソースを使用して、メッセージ テキスト、アプリケーション定義のイベント識別子、およびアプリケーション定義のカテゴリと共にエントリをイベント ログに書き込みます。Writes an entry with the given message text, application-defined event identifier, and application-defined category to the event log, using the specified registered event source. category は、イベント ビューアーでログ内のイベントをフィルター処理するときに使用できます。The category can be used by the Event Viewer to filter events in the log.

WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[]) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[]) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[]) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[])

指定したメッセージ テキスト、アプリケーション定義のイベント識別子、およびアプリケーション定義のカテゴリと共にエントリをイベント ログに書き込み、メッセージにバイナリ データを付加します。Writes an entry with the given message text, application-defined event identifier, and application-defined category to the event log, and appends binary data to the message.

WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32)

指定した登録イベント ソースを使用して、指定したメッセージ テキストおよびアプリケーション定義のイベント識別子と共にエントリをイベント ログに書き込みます。Writes an entry with the given message text and application-defined event identifier to the event log, using the specified registered event source.

WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16)

指定したメッセージ テキスト、アプリケーション定義のイベント識別子、およびアプリケーション定義のカテゴリと共にエントリをイベント ログに書き込みます。Writes an entry with the given message text, application-defined event identifier, and application-defined category to the event log.

WriteEntry(String, EventLogEntryType) WriteEntry(String, EventLogEntryType) WriteEntry(String, EventLogEntryType) WriteEntry(String, EventLogEntryType)

エラー、警告、情報、監査正常終了、または監査エラー エントリを、指定したメッセージ テキストと共にイベント ログに書き込みます。Writes an error, warning, information, success audit, or failure audit entry with the given message text to the event log.

WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32)

エントリを、指定したメッセージ テキストおよびアプリケーション定義のイベント識別子と共にイベント ログに書き込みます。Writes an entry with the given message text and application-defined event identifier to the event log.

WriteEntry(String, String) WriteEntry(String, String) WriteEntry(String, String) WriteEntry(String, String)

指定した登録イベント ソースを使用して、種類が Information のエントリを、指定したメッセージ テキストと共にイベント ログに書き込みます。Writes an information type entry with the given message text to the event log, using the specified registered event source.

WriteEntry(String) WriteEntry(String) WriteEntry(String) WriteEntry(String)

種類が Information のエントリを、指定したメッセージ テキストと共にイベント ログに書き込みます。Writes an information type entry, with the given message text, to the event log.

WriteEntry(String, String, EventLogEntryType) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType)

指定した登録イベント ソースを使用して、エラー、警告、情報、監査正常終了、または監査エラー エントリを、指定したメッセージ テキストと共にイベント ログに書き込みます。Writes an error, warning, information, success audit, or failure audit entry with the given message text to the event log, using the specified registered event source.

WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[]) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[]) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[]) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[])

指定した登録イベント ソースを使用して、指定したメッセージ テキスト、アプリケーション定義のイベント識別子、およびアプリケーション定義のカテゴリと共にエントリをイベント ログに書き込み、メッセージにバイナリ データを付加します。Writes an entry with the given message text, application-defined event identifier, and application-defined category to the event log (using the specified registered event source) and appends binary data to the message.

public:
 static void WriteEntry(System::String ^ source, System::String ^ message, System::Diagnostics::EventLogEntryType type, int eventID, short category, cli::array <System::Byte> ^ rawData);
public static void WriteEntry (string source, string message, System.Diagnostics.EventLogEntryType type, int eventID, short category, byte[] rawData);
static member WriteEntry : string * string * System.Diagnostics.EventLogEntryType * int * int16 * byte[] -> unit
Public Shared Sub WriteEntry (source As String, message As String, type As EventLogEntryType, eventID As Integer, category As Short, rawData As Byte())

パラメーター

source
String String String String

アプリケーションを指定されたコンピューターに登録するために使用されるソース。The source by which the application is registered on the specified computer.

message
String String String String

イベント ログに書き込む文字列。The string to write to the event log.

eventID
Int32 Int32 Int32 Int32

イベントの、アプリケーション固有の識別子。The application-specific identifier for the event.

category
Int16 Int16 Int16 Int16

メッセージと関連付けられた、アプリケーション固有のサブカテゴリ。The application-specific subcategory associated with the message.

rawData
Byte[]

エントリに関連付けられているバイナリ データを保持するバイト配列。An array of bytes that holds the binary data associated with the entry.

例外

source 値が空の文字列 ("") です。The source value is an empty string ("").

または-or- source 値は null です。The source value is null.

- または --or- eventID が 0 未満であるか、MaxValue を超えています。eventID is less than zero or greater than MaxValue.

- または --or- メッセージ文字列は 31,839 バイト (Windows Vista より前の Windows オペレーティング システムでは 32,766 バイト) を超えています。The message string is longer than 31,839 bytes (32,766 bytes on Windows operating systems before Windows Vista).

- または --or- ソース名は、254 文字を超えるレジストリ キーのパスになります。The source name results in a registry key path longer than 254 characters.

イベント ログのレジストリ キーを開けませんでした。The registry key for the event log could not be opened.

イベント エントリをイベント ログに書き込むときにオペレーティング システムからエラーが報告されました。The operating system reported an error when writing the event entry to the event log. Windows のエラー コードは使用できません。A Windows error code is not available.

//Create a byte array for binary data to associate with the entry.
array<Byte>^myByte = gcnew array<Byte>(10);
//Populate the byte array with simulated data.
for ( int i = 0; i < 10; i++ )
{
   myByte[ i ] = (Byte)(i % 2);
}
//Write an entry to the event log that includes associated binary data.
Console::WriteLine( "Write from second source " );
EventLog::WriteEntry( "SecondSource", "Writing warning to event log.",
   EventLogEntryType::Error, myEventID, myCategory, myByte );
//Create a byte array for binary data to associate with the entry.
byte[] myByte = new byte[10];
//Populate the byte array with simulated data.
for (int i = 0; i < 10; i++)
{
    myByte[i] = (byte)(i % 2);
}
// Write an entry to the event log that includes associated binary data.
Console.WriteLine("Write from second source ");
EventLog.WriteEntry("SecondSource", "Writing warning to event log.",
                     EventLogEntryType.Error, myEventID, myCategory, myByte);
' Create a byte array for binary data to associate with the entry.
Dim myByte(9) As Byte
Dim i As Integer
' Populate the byte array with simulated data.
For i = 0 To 9
    myByte(i) = CByte(i Mod 2)
Next i
' Write an entry to the event log that includes associated binary data.
Console.WriteLine("Write from second source ")
EventLog.WriteEntry("SecondSource", "Writing warning to event log.", _
                     EventLogEntryType.Error, myEventID, myCategory, myByte)

注釈

このメソッドを使用すると、適切なログのイベントソースとして既に登録されているソースを使用して、アプリケーション定義のイベント固有のデータをイベントログに書き込むことができます。Use this method to write application-defined event-specific data to the event log, using a source already registered as an event source for the appropriate log. イベントビューアーは、このデータを解釈しません。生データは、16進数とテキスト形式の組み合わせでのみ表示されます。The Event Viewer does not interpret this data; it displays raw data only in a combined hexadecimal and text format. イベント固有のデータは控えめに使用します。役に立つ場合にのみ含めてください。Use event-specific data sparingly; include it only if you are sure it will be useful. また、イベント固有のデータを使用して、アプリケーションがイベントビューアーとは関係なく処理できる情報を格納することもできます。You can also use event-specific data to store information the application can process independently of the Event Viewer. たとえば、イベント用のビューアーを作成したり、ログファイルをスキャンするプログラムを記述したり、イベント固有のデータからの情報を含むレポートを作成したりすることができます。For example, you could write a viewer specifically for your events, or write a program that scans the logfile and creates reports that include information from the event-specific data.

バイナリデータに加えて、アプリケーション定義のカテゴリとアプリケーション定義のイベント識別子を指定できます。In addition to the binary data, you can specify an application-defined category and an application-defined event identifier. イベントビューアーは、カテゴリを使用して、イベントソースによって書き込まれたイベントをフィルター処理します。The Event Viewer uses the category to filter events written by an event source. イベントビューアーでは、カテゴリを数値として表示できます。また、カテゴリをリソース識別子として使用して、ローカライズされたカテゴリ文字列を表示することもできます。The Event Viewer can display the category as a numeric value, or it can use the category as a resource identifier to display a localized category string.

注意

パラメーター categoryには正の値を指定する必要があります。The category parameter should be a positive value. 負のカテゴリの値は、イベントビューアーの補完的な正の数値として表示されます。Negative category values appear as a complementary positive number in the Event Viewer. たとえば、-10 は65526として表示され、-1 は65535として表示されます。For example, a -10 will appear as 65,526, a -1 as 65,535.

イベントビューアーでローカライズされたカテゴリ文字列を表示するには、カテゴリリソースファイルで構成されたイベントソースをcategory使用し、カテゴリリソースファイル内のリソース識別子にを設定する必要があります。To display localized category strings in the Event Viewer, you must use an event source configured with a category resource file, and set the category to a resource identifier in the category resource file. イベントソースにカテゴリリソースファイルが構成されていない場合、またcategoryは指定されたがカテゴリリソースファイル内の文字列にインデックスを設定していない場合、イベントビューアーにはそのエントリの数値カテゴリの値が表示されます。If the event source does not have a configured category resource file, or the specified category does not index a string in the category resource file, then the Event Viewer displays the numeric category value for that entry. EventLogInstaller またはクラスを使用して、リソースファイル内のカテゴリの文字列の数と共にカテゴリリソースファイルEventSourceCreationDataを構成します。Configure the category resource file, along with the number of category strings in the resource file, using the EventLogInstaller or the EventSourceCreationData class.

イベント識別子は、イベントソースと共に、イベントを一意に識別します。Event identifiers, together with the event source, uniquely identify an event. 各アプリケーションは、独自の番号付きイベントと、マップ先の説明文字列を定義できます。Each application can define its own numbered events and the description strings to which they map. イベントビューアーには、発生した問題をユーザーが理解し、実行するアクションを提案できるように、これらの文字列値が表示されます。Event viewers display these string values to help the user understand what went wrong and suggest what actions to take.

最後に、イベントログにEventLogEntryType書き込むイベントのを指定できます。Finally, you can specify an EventLogEntryType for the event being written to the event log. type 、ログのイベントビューアーの [型] 列のアイコンとテキストで示されます。The type is indicated by an icon and text in the Type column in the Event Viewer for a log. このパラメーターは、イベントの種類がエラー、警告、情報、成功の監査、または失敗の監査のいずれであるかを示します。This parameter indicates whether the event type is error, warning, information, success audit, or failure audit.

ソースとの最初のエントリを書き込む前に、イベントソースを作成して構成する必要があります。You must create and configure the event source before writing the first entry with the source. アプリケーションのインストール時に新しいイベントソースを作成します。Create the new event source during the installation of your application. これにより、オペレーティングシステムが登録済みのイベントソースとその構成の一覧を更新できるようになります。This allows time for the operating system to refresh its list of registered event sources and their configuration. オペレーティングシステムがイベントソースの一覧を更新しておらず、新しいソースでイベントを作成しようとすると、書き込み操作は失敗します。If the operating system has not refreshed its list of event sources, and you attempt to write an event with the new source, the write operation will fail. EventLogInstallerを使用するか、 CreateEventSourceメソッドを使用して、新しいソースを構成できます。You can configure a new source using an EventLogInstaller, or using the CreateEventSource method. 新しいイベントソースを作成するには、コンピューターの管理者権限が必要です。You must have administrative rights on the computer to create a new event source.

ソースは、ローカライズされたエントリを書き込むか、または直接文字列を書き込むために構成する必要があります。The source must be configured either for writing localized entries or for writing direct strings. メソッドWriteEntryは、指定された文字列をイベントログに直接書き込みます。ローカライズ可能なメッセージリソースファイルは使用しません。The WriteEntry method writes the given string directly to the event log; it does not use a localizable message resource file. ローカライズさWriteEventれたメッセージリソースファイルを使用してイベントを書き込むには、メソッドを使用します。Use the WriteEvent method to write events using a localized message resource file.

アプリケーションがリソース識別子と文字列値の両方を使用してエントリを書き込む場合は、2つの異なるソースを登録する必要があります。If your application writes entries using both resource identifiers and string values, you must register two separate sources. たとえば、リソースファイルを使用して1つのソースを構成し、そのWriteEventソースをメソッドで使用して、リソース識別子を使用してエントリをイベントログに書き込みます。For example, configure one source with resource files, and then use that source in the WriteEvent method to write entries using resource identifiers to the event log. 次に、リソースファイルを含まない別のソースを作成し、 WriteEntryそのソースをメソッドで使用して、そのソースを使用して、イベントログに直接文字列を書き込みます。Then create a different source without resource files, and use that source in the WriteEntry method to write strings directly to the event log using that source.

注意

パラメーターにmessage nul 文字が含まれている場合、イベントログ内のメッセージは nul 文字で終了します。If the message parameter contains a NUL character, the message in the event log is terminated at the NUL character.

このmessage文字列には%nを含めることができません。ここで、 nは整数値 (たとえば% 1) です。これは、イベントビューアーではこれを挿入文字列として扱います。The message string cannot contain %n, where n is an integer value (for example, %1), because the event viewer treats it as an insertion string. インターネットプロトコルバージョン 6 (IPv6) アドレスにはこの文字シーケンスを含めることができるため、IPv6 アドレスを含むイベントメッセージをログに記録することはできません。Because an Internet Protocol, version 6 (IPv6) address can contain this character sequence, you cannot log an event message that contains an IPv6 address.

セキュリティ

EventLogPermission
を参照してください。for writing the event log information on the computer. 関連付けられた列挙型:WriteAssociated enumeration: Write

こちらもご覧ください

WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16)

指定した登録イベント ソースを使用して、メッセージ テキスト、アプリケーション定義のイベント識別子、およびアプリケーション定義のカテゴリと共にエントリをイベント ログに書き込みます。Writes an entry with the given message text, application-defined event identifier, and application-defined category to the event log, using the specified registered event source. category は、イベント ビューアーでログ内のイベントをフィルター処理するときに使用できます。The category can be used by the Event Viewer to filter events in the log.

public:
 static void WriteEntry(System::String ^ source, System::String ^ message, System::Diagnostics::EventLogEntryType type, int eventID, short category);
public static void WriteEntry (string source, string message, System.Diagnostics.EventLogEntryType type, int eventID, short category);
static member WriteEntry : string * string * System.Diagnostics.EventLogEntryType * int * int16 -> unit
Public Shared Sub WriteEntry (source As String, message As String, type As EventLogEntryType, eventID As Integer, category As Short)

パラメーター

source
String String String String

アプリケーションを指定されたコンピューターに登録するために使用されるソース。The source by which the application is registered on the specified computer.

message
String String String String

イベント ログに書き込む文字列。The string to write to the event log.

eventID
Int32 Int32 Int32 Int32

イベントの、アプリケーション固有の識別子。The application-specific identifier for the event.

category
Int16 Int16 Int16 Int16

メッセージと関連付けられた、アプリケーション固有のサブカテゴリ。The application-specific subcategory associated with the message.

例外

source 値が空の文字列 ("") です。The source value is an empty string ("").

- または --or- source 値は null です。The source value is null.

- または --or- eventID が 0 未満であるか、MaxValue を超えています。eventID is less than zero or greater than MaxValue.

- または --or- メッセージ文字列は 31,839 バイト (Windows Vista より前の Windows オペレーティング システムでは 32,766 バイト) を超えています。The message string is longer than 31,839 bytes (32,766 bytes on Windows operating systems before Windows Vista).

- または --or- ソース名は、254 文字を超えるレジストリ キーのパスになります。The source name results in a registry key path longer than 254 characters.

イベント ログのレジストリ キーを開けませんでした。The registry key for the event log could not be opened.

イベント エントリをイベント ログに書き込むときにオペレーティング システムからエラーが報告されました。The operating system reported an error when writing the event entry to the event log. Windows のエラー コードは使用できません。A Windows error code is not available.

int myEventID = 20;
short myCategory = 10;

// Write an informational entry to the event log.
Console::WriteLine( "Write from first source " );
EventLog::WriteEntry( "FirstSource", "Writing warning to event log.",
   EventLogEntryType::Information, myEventID, myCategory );
int myEventID = 20;
short myCategory = 10;
// Write an informational entry to the event log.
Console.WriteLine("Write from first source ");
EventLog.WriteEntry("FirstSource", "Writing warning to event log.",
                     EventLogEntryType.Information, myEventID, myCategory);
Dim myEventID As Integer = 10
Dim myCategory As Short = 20
' Write an informational entry to the event log.
Console.WriteLine("Write from first source ")
EventLog.WriteEntry("FirstSource", "Writing warning to event log.", _
                           EventLogEntryType.Information, myEventID, myCategory)

注釈

このメソッドを使用すると、適切なログのイベントcategoryソースとして既に登録されているソースを使用して、アプリケーションで定義されたエントリをイベントログに書き込むことができます。Use this method to write an entry with an application-defined category to the event log, using a source that is already registered as an event source for the appropriate log. イベントビューアーは、カテゴリを使用して、イベントソースによって書き込まれたイベントをフィルター処理します。The Event Viewer uses the category to filter events written by an event source. イベントビューアーでは、カテゴリを数値として表示できます。また、カテゴリをリソース識別子として使用して、ローカライズされたカテゴリ文字列を表示することもできます。The Event Viewer can display the category as a numeric value, or it can use the category as a resource identifier to display a localized category string.

注意

パラメーター categoryには正の値を指定する必要があります。The category parameter should be a positive value. 負のカテゴリの値は、イベントビューアーの補完的な正の数値として表示されます。Negative category values appear as a complementary positive number in the Event Viewer. たとえば、-10 は65526として、-1 は65535として表示されます。For example, a -10 appears as 65,526, a -1 as 65,535.

イベントビューアーでローカライズされたカテゴリ文字列を表示するには、カテゴリリソースファイルで構成されたイベントソースをcategory使用し、カテゴリリソースファイル内のリソース識別子にを設定する必要があります。To display localized category strings in the Event Viewer, you must use an event source configured with a category resource file, and set the category to a resource identifier in the category resource file. イベントソースにカテゴリリソースファイルが構成されていない場合、またcategoryは指定されたがカテゴリリソースファイル内の文字列にインデックスを設定していない場合、イベントビューアーにはそのエントリの数値カテゴリの値が表示されます。If the event source does not have a configured category resource file, or the specified category does not index a string in the category resource file, then the Event Viewer displays the numeric category value for that entry. EventLogInstaller またはクラスを使用して、リソースファイル内のカテゴリの文字列の数と共にカテゴリリソースファイルEventSourceCreationDataを構成します。Configure the category resource file, along with the number of category strings in the resource file, using the EventLogInstaller or the EventSourceCreationData class.

カテゴリに加えて、イベントログに書き込まれるイベントのイベント識別子を指定することもできます。In addition to the category, you can specify an event identifier for the event being written to the event log. イベント識別子は、イベントソースと共に、イベントを一意に識別します。Event identifiers, along with the event source, uniquely identify an event. 各アプリケーションは、独自の番号付きイベントと、マップ先の説明文字列を定義できます。Each application can define its own numbered events and the description strings to which they map. イベントビューアーには、発生した問題をユーザーが理解し、実行するアクションを提案できるように、これらの文字列値が表示されます。Event viewers display these string values to help the user understand what went wrong and suggest what actions to take.

最後に、イベントログにEventLogEntryType書き込むイベントのを指定できます。Finally, you can specify an EventLogEntryType for the event being written to the event log. type 、ログのイベントビューアーの [型] 列のアイコンとテキストで示されます。The type is indicated by an icon and text in the Type column in the Event Viewer for a log. このパラメーターは、イベントの種類がエラー、警告、情報、成功の監査、または失敗の監査のいずれであるかを示します。This parameter indicates whether the event type is error, warning, information, success audit, or failure audit.

ソースとの最初のエントリを書き込む前に、イベントソースを作成して構成する必要があります。You must create and configure the event source before writing the first entry with the source. アプリケーションのインストール時に新しいイベントソースを作成します。Create the new event source during the installation of your application. これにより、オペレーティングシステムが登録済みのイベントソースとその構成の一覧を更新できるようになります。This allows time for the operating system to refresh its list of registered event sources and their configuration. オペレーティングシステムがイベントソースの一覧を更新しておらず、新しいソースでイベントを作成しようとすると、書き込み操作は失敗します。If the operating system has not refreshed its list of event sources, and you attempt to write an event with the new source, the write operation will fail. EventLogInstallerを使用するか、 CreateEventSourceメソッドを使用して、新しいソースを構成できます。You can configure a new source using an EventLogInstaller, or using the CreateEventSource method. 新しいイベントソースを作成するには、コンピューターの管理者権限が必要です。You must have administrative rights on the computer to create a new event source.

ソースは、ローカライズされたエントリを書き込むか、または直接文字列を書き込むために構成する必要があります。The source must be configured either for writing localized entries or for writing direct strings. メソッドWriteEntryは、指定された文字列をイベントログに直接書き込みます。ローカライズ可能なメッセージリソースファイルは使用しません。The WriteEntry method writes the given string directly to the event log; it does not use a localizable message resource file. ローカライズさWriteEventれたメッセージリソースファイルを使用してイベントを書き込むには、メソッドを使用します。Use the WriteEvent method to write events using a localized message resource file.

アプリケーションがリソース識別子と文字列値の両方を使用してエントリを書き込む場合は、2つの異なるソースを登録する必要があります。If your application writes entries using both resource identifiers and string values, you must register two separate sources. たとえば、リソースファイルを使用して1つのソースを構成し、そのWriteEventソースをメソッドで使用して、リソース識別子を使用してエントリをイベントログに書き込みます。For example, configure one source with resource files, and then use that source in the WriteEvent method to write entries using resource identifiers to the event log. 次に、リソースファイルを含まない別のソースを作成し、 WriteEntryそのソースをメソッドで使用して、そのソースを使用して、イベントログに直接文字列を書き込みます。Then create a different source without resource files, and use that source in the WriteEntry method to write strings directly to the event log using that source.

注意

パラメーターにmessage nul 文字が含まれている場合、イベントログ内のメッセージは nul 文字で終了します。If the message parameter contains a NUL character, the message in the event log is terminated at the NUL character.

このmessage文字列には%nを含めることができません。ここで、 nは整数値 (たとえば% 1) です。これは、イベントビューアーではこれを挿入文字列として扱います。The message string cannot contain %n, where n is an integer value (for example, %1), because the event viewer treats it as an insertion string. インターネットプロトコルバージョン 6 (IPv6) アドレスにはこの文字シーケンスを含めることができるため、IPv6 アドレスを含むイベントメッセージをログに記録することはできません。Because an Internet Protocol, version 6 (IPv6) address can contain this character sequence, you cannot log an event message that contains an IPv6 address.

セキュリティ

EventLogPermission
を参照してください。for writing the event log information on the computer. 関連付けられた列挙型:WriteAssociated enumeration: Write

こちらもご覧ください

WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[]) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[]) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[]) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[])

指定したメッセージ テキスト、アプリケーション定義のイベント識別子、およびアプリケーション定義のカテゴリと共にエントリをイベント ログに書き込み、メッセージにバイナリ データを付加します。Writes an entry with the given message text, application-defined event identifier, and application-defined category to the event log, and appends binary data to the message.

public:
 void WriteEntry(System::String ^ message, System::Diagnostics::EventLogEntryType type, int eventID, short category, cli::array <System::Byte> ^ rawData);
public void WriteEntry (string message, System.Diagnostics.EventLogEntryType type, int eventID, short category, byte[] rawData);
member this.WriteEntry : string * System.Diagnostics.EventLogEntryType * int * int16 * byte[] -> unit
Public Sub WriteEntry (message As String, type As EventLogEntryType, eventID As Integer, category As Short, rawData As Byte())

パラメーター

message
String String String String

イベント ログに書き込む文字列。The string to write to the event log.

eventID
Int32 Int32 Int32 Int32

イベントの、アプリケーション固有の識別子。The application-specific identifier for the event.

category
Int16 Int16 Int16 Int16

メッセージと関連付けられた、アプリケーション固有のサブカテゴリ。The application-specific subcategory associated with the message.

rawData
Byte[]

エントリに関連付けられているバイナリ データを保持するバイト配列。An array of bytes that holds the binary data associated with the entry.

例外

SourceEventLog プロパティが設定されていません。The Source property of the EventLog has not been set.

- または --or- メソッドが新しいイベント ソースを登録しようとしましたが、MachineName のコンピューター名が無効です。The method attempted to register a new event source, but the computer name in MachineName is not valid.

- または --or- ソースは既に別のイベント ログに登録されています。The source is already registered for a different event log.

- または --or- eventID が 0 未満であるか、MaxValue を超えています。eventID is less than zero or greater than MaxValue.

- または --or- メッセージ文字列は 31,839 バイト (Windows Vista より前の Windows オペレーティング システムでは 32,766 バイト) を超えています。The message string is longer than 31,839 bytes (32,766 bytes on Windows operating systems before Windows Vista).

または-or- ソース名は、254 文字を超えるレジストリ キーのパスになります。The source name results in a registry key path longer than 254 characters.

イベント ログのレジストリ キーを開けませんでした。The registry key for the event log could not be opened.

イベント エントリをイベント ログに書き込むときにオペレーティング システムからエラーが報告されました。The operating system reported an error when writing the event entry to the event log. Windows のエラー コードは使用できません。A Windows error code is not available.

// Create the source, if it does not already exist.
String^ myLogName = "myNewLog";
if (  !EventLog::SourceExists( "MySource" ) )
{
   EventLog::CreateEventSource( "MySource", myLogName );
   Console::WriteLine( "Creating EventSource" );
}
else
   myLogName = EventLog::LogNameFromSourceName( "MySource", "." );

// Create an EventLog and assign source.
EventLog^ myEventLog = gcnew EventLog;
myEventLog->Source = "MySource";
myEventLog->Log = myLogName;

// Set the 'description' for the event.
String^ myMessage = "This is my event.";
EventLogEntryType myEventLogEntryType = EventLogEntryType::Warning;
int myApplicatinEventId = 1100;
short myApplicatinCategoryId = 1;

// Set the 'data' for the event.
array<Byte>^ myRawData = gcnew array<Byte>(4);
for ( int i = 0; i < 4; i++ )
{
   myRawData[ i ] = 1;
}
Console::WriteLine( "Writing to EventLog.. " );
myEventLog->WriteEntry( myMessage, myEventLogEntryType, myApplicatinEventId, myApplicatinCategoryId, myRawData );
// Create the source, if it does not already exist.
string myLogName = "myNewLog";
if(!EventLog.SourceExists("MySource"))
{
   // An event log source should not be created and immediately used.
   // There is a latency time to enable the source, it should be created
   // prior to executing the application that uses the source.
   // Execute this sample a second time to use the new source.
   EventLog.CreateEventSource("MySource", myLogName);
   Console.WriteLine("Created EventSource");
   Console.WriteLine("Exiting, execute the application a second time to use the source.");
   return;
}
else
   myLogName = EventLog.LogNameFromSourceName("MySource",".");
// Create an EventLog and assign source.
EventLog myEventLog = new EventLog();
myEventLog.Source = "MySource";
myEventLog.Log = myLogName;

// Set the 'description' for the event.
string myMessage = "This is my event.";
EventLogEntryType myEventLogEntryType = EventLogEntryType.Warning;
int myApplicatinEventId = 1100;
short myApplicatinCategoryId = 1;

// Set the 'data' for the event.
byte[] myRawData = new byte[4];
for(int i=0;i<4;i++)
{
   myRawData[i]=1;
}
// Write the entry in the event log.
Console.WriteLine("Writing to EventLog.. ");
myEventLog.WriteEntry(myMessage,myEventLogEntryType, 
   myApplicatinEventId, myApplicatinCategoryId, myRawData);
' Create the source, if it does not already exist.
dim myLogName as string = "myNewLog"
If Not EventLog.SourceExists("MySource") Then
   EventLog.CreateEventSource("MySource", myLogName)
   Console.WriteLine("Creating EventSource")
else
   myLogName = EventLog.LogNameFromSourceName("MySource",".")
End If

' Create an EventLog and assign source.
Dim myEventLog As New EventLog()
myEventLog.Source = "MySource"
myEventLog.Log = myLogName

' Set the 'description' for the event.
Dim myMessage As String = "This is my event."
Dim myEventLogEntryType As EventLogEntryType = EventLogEntryType.Warning
Dim myApplicatinEventId As Integer = 1100
Dim myApplicatinCategoryId As Short = 1

' Set the 'data' for the event.
Dim myRawData(3) As Byte
Dim i As Integer
For i = 0 To 3
   myRawData(i) = 1
Next i
' Write the entry in the event log.
Console.WriteLine("Writing to EventLog.. ")
myEventLog.WriteEntry(myMessage, myEventLogEntryType, myApplicatinEventId, _
                     myApplicatinCategoryId, myRawData)

注釈

このオーバーロードを使用して、アプリケーション定義のイベント固有のデータをイベントログに書き込みます。Use this overload to write application-defined event-specific data to the event log. イベントビューアーは、このデータを解釈しません。生データは、16進数とテキスト形式の組み合わせでのみ表示されます。The Event Viewer does not interpret this data; it displays raw data only in a combined hexadecimal and text format. イベント固有のデータは控えめに使用してください。これは、問題をデバッグするユーザーにとって役に立つ場合にのみ使用します。Use event-specific data sparingly, including it only if you are sure it will be useful to someone debugging the problem. また、イベント固有のデータを使用して、アプリケーションがイベントビューアーとは関係なく処理できる情報を格納することもできます。You can also use event-specific data to store information the application can process independently of the Event Viewer. たとえば、イベント用のビューアーを作成したり、ログファイルをスキャンするプログラムを記述したり、イベント固有のデータからの情報を含むレポートを作成したりすることができます。For example, you could write a viewer specifically for your events, or write a program that scans the logfile and creates reports that include information from the event-specific data.

バイナリデータに加えて、アプリケーション定義のカテゴリとアプリケーション定義のイベント識別子を指定できます。In addition to the binary data, you can specify an application-defined category and an application-defined event identifier. イベントビューアーは、カテゴリを使用して、イベントソースによって書き込まれたイベントをフィルター処理します。The Event Viewer uses the category to filter events written by an event source. イベントビューアーでは、カテゴリを数値として表示できます。また、カテゴリをリソース識別子として使用して、ローカライズされたカテゴリ文字列を表示することもできます。The Event Viewer can display the category as a numeric value, or it can use the category as a resource identifier to display a localized category string.

注意

このmessage文字列には%nを含めることができません。ここで、 nは整数値 (たとえば% 1) です。これは、イベントビューアーではこれを挿入文字列として扱います。The message string cannot contain %n, where n is an integer value (for example, %1), because the event viewer treats it as an insertion string. インターネットプロトコルバージョン 6 (IPv6) アドレスにはこの文字シーケンスを含めることができるため、IPv6 アドレスを含むイベントメッセージをログに記録することはできません。Because an Internet Protocol, version 6 (IPv6) address can contain this character sequence, you cannot log an event message that contains an IPv6 address.

注意

パラメーター categoryには正の値を指定する必要があります。The category parameter should be a positive value. 負のカテゴリの値は、イベントビューアーの補完的な正の数値として表示されます。Negative category values appear as a complementary positive number in the Event Viewer. たとえば、-10 は65526として、-1 は65535として表示されます。For example, a -10 appears as 65,526, a -1 as 65,535.

イベントビューアーでローカライズされたカテゴリ文字列を表示するには、カテゴリリソースファイルで構成されたイベントソースをcategory使用し、カテゴリリソースファイル内のリソース識別子にを設定する必要があります。To display localized category strings in the Event Viewer, you must use an event source configured with a category resource file, and set the category to a resource identifier in the category resource file. イベントソースにカテゴリリソースファイルが構成されていない場合、またcategoryは指定されたがカテゴリリソースファイル内の文字列にインデックスを設定していない場合、イベントビューアーにはそのエントリの数値カテゴリの値が表示されます。If the event source does not have a configured category resource file, or the specified category does not index a string in the category resource file, then the Event Viewer displays the numeric category value for that entry. EventLogInstaller またはクラスを使用して、リソースファイル内のカテゴリの文字列の数と共にカテゴリリソースファイルEventSourceCreationDataを構成します。Configure the category resource file, along with the number of category strings in the resource file, using the EventLogInstaller or the EventSourceCreationData class.

イベント識別子は、イベントソースと共に、イベントを一意に識別します。Event identifiers, along with the event source, uniquely identify an event. 各アプリケーションは、独自の番号付きイベントと、マップ先の説明文字列を定義できます。Each application can define its own numbered events and the description strings to which they map. イベントビューアーには、発生した問題をユーザーが理解し、実行するアクションを提案できるように、これらの文字列値が表示されます。Event viewers display these string values to help the user understand what went wrong and suggest what actions to take.

最後に、イベントログにEventLogEntryType書き込むイベントのを指定できます。Finally, you can specify an EventLogEntryType for the event being written to the event log. type 、ログのイベントビューアーの [型] 列のアイコンとテキストで示されます。The type is indicated by an icon and text in the Type column in the Event Viewer for a log. このパラメーターは、イベントの種類がエラー、警告、情報、成功の監査、または失敗の監査のいずれであるかを示します。This parameter indicates whether the event type is error, warning, information, success audit, or failure audit.

エントリをログにSource書き込む前にEventLog 、コンポーネントのプロパティを設定する必要があります。You must set the Source property on your EventLog component before you can write entries to the log. ソースとの最初のエントリを書き込む前に、イベントソースを作成して構成する必要があります。You must create and configure the event source before writing the first entry with the source.

アプリケーションのインストール時に新しいイベントソースを作成します。Create the new event source during the installation of your application. これにより、オペレーティングシステムが登録済みのイベントソースとその構成の一覧を更新できるようになります。This allows time for the operating system to refresh its list of registered event sources and their configuration. オペレーティングシステムがイベントソースの一覧を更新しておらず、新しいソースでイベントを作成しようとすると、書き込み操作は失敗します。If the operating system has not refreshed its list of event sources, and you attempt to write an event with the new source, the write operation will fail. EventLogInstallerを使用するか、 CreateEventSourceメソッドを使用して、新しいソースを構成できます。You can configure a new source using an EventLogInstaller, or using the CreateEventSource method. 新しいイベントソースを作成するには、コンピューターの管理者権限が必要です。You must have administrative rights on the computer to create a new event source.

このSource WriteEntry CreateEventSourceインスタンスのプロパティで指定されたソースが、コンポーネントの書き込み先のコンピューターに登録されていない場合、はを呼び出してソースを登録します。 EventLogIf the source specified in the Source property of this EventLog instance is not registered on the computer that your component is writing to, WriteEntry calls CreateEventSource and registers the source.

注意

MachineNameまたはEventLog を呼び出すCreateEventSource前にインスタンスにを指定しない場合は、ローカルコンピューター (".") と見なされます。 WriteEntryIf you do not specify a MachineName for your EventLog instance before you call CreateEventSource or WriteEntry, the local computer (".") is assumed.

システムがのSource呼び出しによってLogWriteEntry登録する必要があり、そのプロパティがEventLogインスタンスに設定されていない場合、ログの既定値はアプリケーションログになります。If the system needs to register the Source through a call to WriteEntry and the Log property has not been set on your EventLog instance, the log defaults to the Application log.

注意

上に示した例外の多くは、のSource登録プロセス中に発生したエラーによって生成されます。Many exceptions listed above are generated by errors raised during the process of registering the Source.

ソースは、ローカライズされたエントリを書き込むか、または直接文字列を書き込むために構成する必要があります。The source must be configured either for writing localized entries or for writing direct strings. メソッドWriteEntryは、指定された文字列をイベントログに直接書き込みます。ローカライズ可能なメッセージリソースファイルは使用しません。The WriteEntry method writes the given string directly to the event log; it does not use a localizable message resource file. ローカライズさWriteEventれたメッセージリソースファイルを使用してイベントを書き込むには、メソッドを使用します。Use the WriteEvent method to write events using a localized message resource file.

アプリケーションがリソース識別子と文字列値の両方を使用してエントリを書き込む場合は、2つの異なるソースを登録する必要があります。If your application writes entries using both resource identifiers and string values, you must register two separate sources. たとえば、リソースファイルを使用して1つのソースを構成し、そのWriteEventソースをメソッドで使用して、リソース識別子を使用してエントリをイベントログに書き込みます。For example, configure one source with resource files, and then use that source in the WriteEvent method to write entries using resource identifiers to the event log. 次に、リソースファイルを含まない別のソースを作成し、 WriteEntryそのソースをメソッドで使用して、そのソースを使用して、イベントログに直接文字列を書き込みます。Then create a different source without resource files, and use that source in the WriteEntry method to write strings directly to the event log using that source.

注意

リモートコンピューターにエントリを書き込む場合、リモートコンピューターで .NET Framework が実行されていないと、メッセージの値 (文字列) が予期したとおりではない可能性があります。If you write an entry to a remote computer, the value of the message (the text string) might not be what you expect if the remote computer is not running the .NET Framework.

注意

パラメーターにmessage nul 文字が含まれている場合、イベントログ内のメッセージは nul 文字で終了します。If the message parameter contains a NUL character, the message in the event log is terminated at the NUL character.

セキュリティ

EventLogPermission
を参照してください。for writing the event log information on the computer. 関連付けられた列挙型:WriteAssociated enumeration: Write

こちらもご覧ください

WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32)

指定した登録イベント ソースを使用して、指定したメッセージ テキストおよびアプリケーション定義のイベント識別子と共にエントリをイベント ログに書き込みます。Writes an entry with the given message text and application-defined event identifier to the event log, using the specified registered event source.

public:
 static void WriteEntry(System::String ^ source, System::String ^ message, System::Diagnostics::EventLogEntryType type, int eventID);
public static void WriteEntry (string source, string message, System.Diagnostics.EventLogEntryType type, int eventID);
static member WriteEntry : string * string * System.Diagnostics.EventLogEntryType * int -> unit
Public Shared Sub WriteEntry (source As String, message As String, type As EventLogEntryType, eventID As Integer)

パラメーター

source
String String String String

アプリケーションを指定されたコンピューターに登録するために使用されるソース。The source by which the application is registered on the specified computer.

message
String String String String

イベント ログに書き込む文字列。The string to write to the event log.

eventID
Int32 Int32 Int32 Int32

イベントの、アプリケーション固有の識別子。The application-specific identifier for the event.

例外

source 値が空の文字列 ("") です。The source value is an empty string ("").

- または --or- source 値は null です。The source value is null.

または-or- eventID が 0 未満であるか、MaxValue を超えています。eventID is less than zero or greater than MaxValue.

または-or- メッセージ文字列は 31,839 バイト (Windows Vista より前の Windows オペレーティング システムでは 32,766 バイト) を超えています。The message string is longer than 31,839 bytes (32,766 bytes on Windows operating systems before Windows Vista).

または-or- ソース名は、254 文字を超えるレジストリ キーのパスになります。The source name results in a registry key path longer than 254 characters.

イベント ログのレジストリ キーを開けませんでした。The registry key for the event log could not be opened.

イベント エントリをイベント ログに書き込むときにオペレーティング システムからエラーが報告されました。The operating system reported an error when writing the event entry to the event log. Windows のエラー コードは使用できません。A Windows error code is not available.

// Create the source, if it does not already exist.
if (  !EventLog::SourceExists( "MySource" ) )
{
   EventLog::CreateEventSource( "MySource", "myNewLog" );
   Console::WriteLine( "Creating EventSource" );
}

// Set the 'description' for the event.
String^ myMessage = "This is my event.";
EventLogEntryType myEventLogEntryType = EventLogEntryType::Warning;
int myApplicationEventId = 100;

// Write the entry in the event log.
Console::WriteLine( "Writing to EventLog.. " );
EventLog::WriteEntry( "MySource", myMessage,
   myEventLogEntryType, myApplicationEventId );
// Create the source, if it does not already exist.
if(!EventLog.SourceExists("MySource"))
{
   // An event log source should not be created and immediately used.
   // There is a latency time to enable the source, it should be created
   // prior to executing the application that uses the source.
   // Execute this sample a second time to use the new source.
   EventLog.CreateEventSource("MySource", "myNewLog");
   Console.WriteLine("Creating EventSource");
   Console.WriteLine("Exiting, execute the application a second time to use the source.");
   // The source is created.  Exit the application to allow it to be registered.
   return;
}

// Set the 'description' for the event.
string myMessage = "This is my event.";
EventLogEntryType myEventLogEntryType = EventLogEntryType.Warning;
int myApplicationEventId = 100;

// Write the entry in the event log.
Console.WriteLine("Writing to EventLog.. ");
EventLog.WriteEntry("MySource",myMessage,
   myEventLogEntryType, myApplicationEventId);
' Create the source, if it does not already exist.
If Not EventLog.SourceExists("MySource") Then
   EventLog.CreateEventSource("MySource", "myNewLog")
   Console.WriteLine("Creating EventSource")
End If

' Set the 'description' for the event.
Dim myMessage As String = "This is my event."
Dim myEventLogEntryType As EventLogEntryType = EventLogEntryType.Warning
Dim myApplicationEventId As Integer = 100

' Write the entry in the event log.
Console.WriteLine("Writing to EventLog.. ")
EventLog.WriteEntry("MySource", myMessage, myEventLogEntryType, myApplicationEventId)

注釈

このメソッドを使用すると、適切なログのイベントeventIDソースとして既に登録されているソースを使用して、アプリケーションで定義されたエントリをイベントログに書き込むことができます。Use this method to write an entry with an application-defined eventID to the event log, using a source already registered as an event source for the appropriate log. eventID、ソースと共に、イベントを一意に識別します。The eventID, along with the source, uniquely identify an event. 各アプリケーションは、独自の番号付きイベントと、マップ先の説明文字列を定義できます。Each application can define its own numbered events and the description strings to which they map. イベントビューアーは、これらの文字列をユーザーに提示して、問題の原因を把握し、実行するアクションを提案します。Event viewers present these strings to the user to help the user understand what went wrong and suggest what actions to take.

注意

このmessage文字列には%nを含めることができません。ここで、 nは整数値 (たとえば% 1) です。これは、イベントビューアーではこれを挿入文字列として扱います。The message string cannot contain %n, where n is an integer value (for example, %1), because the event viewer treats it as an insertion string. インターネットプロトコルバージョン 6 (IPv6) アドレスにはこの文字シーケンスを含めることができるため、IPv6 アドレスを含むイベントメッセージをログに記録することはできません。Because an Internet Protocol, version 6 (IPv6) address can contain this character sequence, you cannot log an event message that contains an IPv6 address.

イベント識別子に加えて、のWriteEntryこのオーバーロードではEventLogEntryType 、イベントログに書き込むイベントのを指定できます。In addition to the event identifier, this overload of WriteEntry lets you specify an EventLogEntryType for the event being written to the event log. type 、ログのイベントビューアーの [型] 列のアイコンとテキストで示されます。The type is indicated by an icon and text in the Type column in the Event Viewer for a log. このパラメーターは、イベントの種類がエラー、警告、情報、成功の監査、または失敗の監査のいずれであるかを示します。This parameter indicates whether the event type is error, warning, information, success audit, or failure audit.

ソースとの最初のエントリを書き込む前に、イベントソースを作成して構成する必要があります。You must create and configure the event source before writing the first entry with the source. アプリケーションのインストール時に新しいイベントソースを作成します。Create the new event source during the installation of your application. これにより、オペレーティングシステムが登録済みのイベントソースとその構成の一覧を更新できるようになります。This allows time for the operating system to refresh its list of registered event sources and their configuration. オペレーティングシステムがイベントソースの一覧を更新しておらず、新しいソースでイベントを作成しようとすると、書き込み操作は失敗します。If the operating system has not refreshed its list of event sources, and you attempt to write an event with the new source, the write operation will fail. EventLogInstallerを使用するか、 CreateEventSourceメソッドを使用して、新しいソースを構成できます。You can configure a new source using an EventLogInstaller, or using the CreateEventSource method. 新しいイベントソースを作成するには、コンピューターの管理者権限が必要です。You must have administrative rights on the computer to create a new event source.

ソースは、ローカライズされたエントリを書き込むか、または直接文字列を書き込むために構成する必要があります。The source must be configured either for writing localized entries or for writing direct strings. メソッドWriteEntryは、指定された文字列をイベントログに直接書き込みます。ローカライズ可能なメッセージリソースファイルは使用しません。The WriteEntry method writes the given string directly to the event log; it does not use a localizable message resource file. ローカライズさWriteEventれたメッセージリソースファイルを使用してイベントを書き込むには、メソッドを使用します。Use the WriteEvent method to write events using a localized message resource file.

アプリケーションがリソース識別子と文字列値の両方を使用してエントリを書き込む場合は、2つの異なるソースを登録する必要があります。If your application writes entries using both resource identifiers and string values, you must register two separate sources. たとえば、リソースファイルを使用して1つのソースを構成し、そのWriteEventソースをメソッドで使用して、リソース識別子を使用してエントリをイベントログに書き込みます。For example, configure one source with resource files, and then use that source in the WriteEvent method to write entries using resource identifiers to the event log. 次に、リソースファイルを含まない別のソースを作成し、 WriteEntryそのソースをメソッドで使用して、そのソースを使用して、イベントログに直接文字列を書き込みます。Then create a different source without resource files, and use that source in the WriteEntry method to write strings directly to the event log using that source.

注意

パラメーターにmessage nul 文字が含まれている場合、イベントログ内のメッセージは nul 文字で終了します。If the message parameter contains a NUL character, the message in the event log is terminated at the NUL character.

セキュリティ

EventLogPermission
を参照してください。for writing the event log information on the computer. 関連付けられた列挙型:WriteAssociated enumeration: Write

こちらもご覧ください

WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16)

指定したメッセージ テキスト、アプリケーション定義のイベント識別子、およびアプリケーション定義のカテゴリと共にエントリをイベント ログに書き込みます。Writes an entry with the given message text, application-defined event identifier, and application-defined category to the event log.

public:
 void WriteEntry(System::String ^ message, System::Diagnostics::EventLogEntryType type, int eventID, short category);
public void WriteEntry (string message, System.Diagnostics.EventLogEntryType type, int eventID, short category);
member this.WriteEntry : string * System.Diagnostics.EventLogEntryType * int * int16 -> unit
Public Sub WriteEntry (message As String, type As EventLogEntryType, eventID As Integer, category As Short)

パラメーター

message
String String String String

イベント ログに書き込む文字列。The string to write to the event log.

eventID
Int32 Int32 Int32 Int32

イベントの、アプリケーション固有の識別子。The application-specific identifier for the event.

category
Int16 Int16 Int16 Int16

メッセージと関連付けられた、アプリケーション固有のサブカテゴリ。The application-specific subcategory associated with the message.

例外

SourceEventLog プロパティが設定されていません。The Source property of the EventLog has not been set.

- または --or- メソッドが新しいイベント ソースを登録しようとしましたが、MachineName のコンピューター名が無効です。The method attempted to register a new event source, but the computer name in MachineName is not valid.

- または --or- ソースは既に別のイベント ログに登録されています。The source is already registered for a different event log.

または-or- eventID が 0 未満であるか、MaxValue を超えています。eventID is less than zero or greater than MaxValue.

- または --or- メッセージ文字列は 31,839 バイト (Windows Vista より前の Windows オペレーティング システムでは 32,766 バイト) を超えています。The message string is longer than 31,839 bytes (32,766 bytes on Windows operating systems before Windows Vista).

- または --or- ソース名は、254 文字を超えるレジストリ キーのパスになります。The source name results in a registry key path longer than 254 characters.

イベント ログのレジストリ キーを開けませんでした。The registry key for the event log could not be opened.

イベント エントリをイベント ログに書き込むときにオペレーティング システムからエラーが報告されました。The operating system reported an error when writing the event entry to the event log. Windows のエラー コードは使用できません。A Windows error code is not available.

// Create an EventLog instance and assign its source.
EventLog^ myLog = gcnew EventLog;
myLog->Source = "ThirdSource";

// Write an informational entry to the event log.
Console::WriteLine( "Write from third source " );
myLog->WriteEntry( "Writing warning to event log.",
   EventLogEntryType::Warning, myEventID, myCategory );
// Create an EventLog instance and assign its source.
EventLog myLog = new EventLog();
myLog.Source = "ThirdSource";

// Write an informational entry to the event log.    
Console.WriteLine("Write from third source ");
myLog.WriteEntry("Writing warning to event log.",
                  EventLogEntryType.Warning, myEventID, myCategory);
' Create an EventLog instance and assign its source.
Dim myLog As New EventLog()
myLog.Source = "ThirdSource"

' Write an informational entry to the event log.
Console.WriteLine("Write from third source ")
myLog.WriteEntry("Writing warning to event log.", EventLogEntryType.Warning, _
                     myEventID, myCategory)

注釈

このメソッドを使用して、アプリケーションで定義されcategoryたエントリをイベントログに書き込みます。Use this method to write an entry with an application-defined category to the event log. イベントビューアーは、カテゴリを使用して、イベントソースによって書き込まれたイベントをフィルター処理します。The Event Viewer uses the category to filter events written by an event source. イベントビューアーでは、カテゴリを数値として表示できます。また、カテゴリをリソース識別子として使用して、ローカライズされたカテゴリ文字列を表示することもできます。The Event Viewer can display the category as a numeric value, or it can use the category as a resource identifier to display a localized category string.

注意

パラメーター categoryには正の値を指定する必要があります。The category parameter should be a positive value. 負のカテゴリの値は、イベントビューアーの補完的な正の数値として表示されます。Negative category values appear as a complementary positive number in the Event Viewer. たとえば、-10 は65526として、-1 は65535として表示されます。For example, a -10 appears as 65,526, a -1 as 65,535.

注意

このmessage文字列には%nを含めることができません。ここで、 nは整数値 (たとえば% 1) です。これは、イベントビューアーではこれを挿入文字列として扱います。The message string cannot contain %n, where n is an integer value (for example, %1), because the event viewer treats it as an insertion string. インターネットプロトコルバージョン 6 (IPv6) アドレスにはこの文字シーケンスを含めることができるため、IPv6 アドレスを含むイベントメッセージをログに記録することはできません。Because an Internet Protocol, version 6 (IPv6) address can contain this character sequence, you cannot log an event message that contains an IPv6 address.

イベントビューアーでローカライズされたカテゴリ文字列を表示するには、カテゴリリソースファイルで構成されたイベントソースをcategory使用し、カテゴリリソースファイル内のリソース識別子にを設定する必要があります。To display localized category strings in the Event Viewer, you must use an event source configured with a category resource file, and set the category to a resource identifier in the category resource file. イベントソースにカテゴリリソースファイルが構成されていない場合、またcategoryは指定されたがカテゴリリソースファイル内の文字列にインデックスを設定していない場合、イベントビューアーにはそのエントリの数値カテゴリの値が表示されます。If the event source does not have a configured category resource file, or the specified category does not index a string in the category resource file, then the Event Viewer displays the numeric category value for that entry. EventLogInstaller またはクラスを使用して、リソースファイル内のカテゴリの文字列の数と共にカテゴリリソースファイルEventSourceCreationDataを構成します。Configure the category resource file, along with the number of category strings in the resource file, using the EventLogInstaller or the EventSourceCreationData class.

カテゴリに加えて、イベントログに書き込まれるイベントのイベント識別子を指定することもできます。In addition to the category, you can specify an event identifier for the event being written to the event log. イベント識別子は、イベントソースと共に、イベントを一意に識別します。Event identifiers, along with the event source, uniquely identify an event. 各アプリケーションは、独自の番号付きイベントと、マップ先の説明文字列を定義できます。Each application can define its own numbered events and the description strings to which they map. イベントビューアーには、発生した問題をユーザーが理解し、実行するアクションを提案できるように、これらの文字列値が表示されます。Event viewers display these string values to help the user understand what went wrong and suggest what actions to take.

最後に、イベントログにEventLogEntryType書き込むイベントのを指定できます。Finally, you can specify an EventLogEntryType for the event being written to the event log. type 、ログのイベントビューアーの [型] 列のアイコンとテキストで示されます。The type is indicated by an icon and text in the Type column in the Event Viewer for a log. このパラメーターは、イベントの種類がエラー、警告、情報、成功の監査、または失敗の監査のいずれであるかを示します。This parameter indicates whether the event type is error, warning, information, success audit, or failure audit.

エントリをログにSource書き込む前にEventLog 、コンポーネントのプロパティを設定する必要があります。You must set the Source property on your EventLog component before you can write entries to the log. ソースとの最初のエントリを書き込む前に、イベントソースを作成して構成する必要があります。You must create and configure the event source before writing the first entry with the source.

アプリケーションのインストール時に新しいイベントソースを作成します。Create the new event source during the installation of your application. これにより、オペレーティングシステムが登録済みのイベントソースとその構成の一覧を更新できるようになります。This allows time for the operating system to refresh its list of registered event sources and their configuration. オペレーティングシステムがイベントソースの一覧を更新しておらず、新しいソースでイベントを作成しようとすると、書き込み操作は失敗します。If the operating system has not refreshed its list of event sources, and you attempt to write an event with the new source, the write operation will fail. EventLogInstallerを使用するか、 CreateEventSourceメソッドを使用して、新しいソースを構成できます。You can configure a new source using an EventLogInstaller, or using the CreateEventSource method. 新しいイベントソースを作成するには、コンピューターの管理者権限が必要です。You must have administrative rights on the computer to create a new event source.

このSource WriteEntry CreateEventSourceインスタンスのプロパティで指定されたソースが、コンポーネントの書き込み先のコンピューターに登録されていない場合、はを呼び出してソースを登録します。 EventLogIf the source specified in the Source property of this EventLog instance is not registered on the computer that your component is writing to, WriteEntry calls CreateEventSource and registers the source.

注意

MachineNameまたはEventLog を呼び出すCreateEventSource前にインスタンスにを指定しない場合は、ローカルコンピューター (".") と見なされます。 WriteEntryIf you do not specify a MachineName for your EventLog instance before you call CreateEventSource or WriteEntry, the local computer (".") is assumed.

システムがのSource呼び出しによってLogWriteEntry登録する必要があり、そのプロパティがEventLogインスタンスに設定されていない場合、ログの既定値はアプリケーションログになります。If the system needs to register the Source through a call to WriteEntry and the Log property has not been set on your EventLog instance, the log defaults to the Application log.

注意

上に示した例外の多くは、のSource登録プロセス中に発生したエラーによって生成されます。Many exceptions listed above are generated by errors raised during the process of registering the Source.

ソースは、ローカライズされたエントリを書き込むか、または直接文字列を書き込むために構成する必要があります。The source must be configured either for writing localized entries or for writing direct strings. メソッドWriteEntryは、指定された文字列をイベントログに直接書き込みます。ローカライズ可能なメッセージリソースファイルは使用しません。The WriteEntry method writes the given string directly to the event log; it does not use a localizable message resource file. ローカライズさWriteEventれたメッセージリソースファイルを使用してイベントを書き込むには、メソッドを使用します。Use the WriteEvent method to write events using a localized message resource file.

アプリケーションがリソース識別子と文字列値の両方を使用してエントリを書き込む場合は、2つの異なるソースを登録する必要があります。If your application writes entries using both resource identifiers and string values, you must register two separate sources. たとえば、リソースファイルを使用して1つのソースを構成し、そのWriteEventソースをメソッドで使用して、リソース識別子を使用してエントリをイベントログに書き込みます。For example, configure one source with resource files, and then use that source in the WriteEvent method to write entries using resource identifiers to the event log. 次に、リソースファイルを含まない別のソースを作成し、 WriteEntryそのソースをメソッドで使用して、そのソースを使用して、イベントログに直接文字列を書き込みます。Then create a different source without resource files, and use that source in the WriteEntry method to write strings directly to the event log using that source.

注意

リモートコンピューターにエントリを書き込む場合、リモートコンピューターで .NET Framework が実行されていないと、メッセージの値 (文字列) が予期したとおりではない可能性があります。If you write an entry to a remote computer, the value of the message (the text string) might not be what you expect if the remote computer is not running the .NET Framework.

注意

パラメーターにmessage nul 文字が含まれている場合、イベントログ内のメッセージは nul 文字で終了します。If the message parameter contains a NUL character, the message in the event log is terminated at the NUL character.

セキュリティ

EventLogPermission
を参照してください。for writing the event log information on the computer. 関連付けられた列挙型:WriteAssociated enumeration: Write

こちらもご覧ください

WriteEntry(String, EventLogEntryType) WriteEntry(String, EventLogEntryType) WriteEntry(String, EventLogEntryType) WriteEntry(String, EventLogEntryType)

エラー、警告、情報、監査正常終了、または監査エラー エントリを、指定したメッセージ テキストと共にイベント ログに書き込みます。Writes an error, warning, information, success audit, or failure audit entry with the given message text to the event log.

public:
 void WriteEntry(System::String ^ message, System::Diagnostics::EventLogEntryType type);
public void WriteEntry (string message, System.Diagnostics.EventLogEntryType type);
member this.WriteEntry : string * System.Diagnostics.EventLogEntryType -> unit
Public Sub WriteEntry (message As String, type As EventLogEntryType)

パラメーター

message
String String String String

イベント ログに書き込む文字列。The string to write to the event log.

例外

SourceEventLog プロパティが設定されていません。The Source property of the EventLog has not been set.

または-or- メソッドが新しいイベント ソースを登録しようとしましたが、MachineName のコンピューター名が無効です。The method attempted to register a new event source, but the computer name in MachineName is not valid.

- または --or- ソースは既に別のイベント ログに登録されています。The source is already registered for a different event log.

または-or- メッセージ文字列は 31,839 バイト (Windows Vista より前の Windows オペレーティング システムでは 32,766 バイト) を超えています。The message string is longer than 31,839 bytes (32,766 bytes on Windows operating systems before Windows Vista).

または-or- ソース名は、254 文字を超えるレジストリ キーのパスになります。The source name results in a registry key path longer than 254 characters.

イベント ログのレジストリ キーを開けませんでした。The registry key for the event log could not be opened.

イベント エントリをイベント ログに書き込むときにオペレーティング システムからエラーが報告されました。The operating system reported an error when writing the event entry to the event log. Windows のエラー コードは使用できません。A Windows error code is not available.

次の例では、警告エントリをローカルコンピューター上のイベントログ "MyNewLog" に書き込みます。The following example writes a warning entry to an event log, "MyNewLog", on the local computer.

#using <System.dll>

using namespace System;
using namespace System::Diagnostics;
using namespace System::Threading;
int main()
{
   
   // Create an EventLog instance and assign its source.
   EventLog^ myLog = gcnew EventLog("MyNewLog");
   myLog->Source = "MyNewLogSource";
   
   // Write an informational entry to the event log.    
   myLog->WriteEntry( "Writing warning to event log.", EventLogEntryType::Warning );
}

using System;
using System.Diagnostics;
using System.Threading;
              
class MySample{

    public static void Main(){
    
                
        // Create an EventLog instance and assign its source.
        EventLog myLog = new EventLog("MyNewLog");
        myLog.Source = "MyNewLogSource";
        
        // Write an informational entry to the event log.    
        myLog.WriteEntry("Writing warning to event log.", EventLogEntryType.Warning);
        
    }
}
      
Option Strict
Option Explicit

Imports System.Diagnostics
Imports System.Threading

Class MySample
    Public Shared Sub Main()
        ' Create an EventLog instance and assign its source.
        Dim myLog As New EventLog("MyNewLog")
        myLog.Source = "MyNewLogSource"
        
        ' Write an informational entry to the event log.    
        myLog.WriteEntry("Writing warning to event log.", EventLogEntryType.Warning)
    End Sub ' Main 
End Class ' MySample

注釈

このメソッドを使用して、指定したEventLogEntryTypeのエントリをイベントログに書き込みます。Use this method to write an entry of a specified EventLogEntryType to the event log. type 、ログのイベントビューアーの [型] 列のアイコンとテキストで示されます。The type is indicated by an icon and text in the Type column in the Event Viewer for a log.

注意

このmessage文字列には%nを含めることができません。ここで、 nは整数値 (たとえば% 1) です。これは、イベントビューアーではこれを挿入文字列として扱います。The message string cannot contain %n, where n is an integer value (for example, %1), because the event viewer treats it as an insertion string. インターネットプロトコルバージョン 6 (IPv6) アドレスにはこの文字シーケンスを含めることができるため、IPv6 アドレスを含むイベントメッセージをログに記録することはできません。Because an Internet Protocol, version 6 (IPv6) address can contain this character sequence, you cannot log an event message that contains an IPv6 address.

エントリをログにSource書き込む前にEventLog 、コンポーネントのプロパティを設定する必要があります。You must set the Source property on your EventLog component before you can write entries to the log. ソースとの最初のエントリを書き込む前に、イベントソースを作成して構成する必要があります。You must create and configure the event source before writing the first entry with the source.

アプリケーションのインストール時に新しいイベントソースを作成します。Create the new event source during the installation of your application. これにより、オペレーティングシステムが登録済みのイベントソースとその構成の一覧を更新できるようになります。This allows time for the operating system to refresh its list of registered event sources and their configuration. オペレーティングシステムがイベントソースの一覧を更新しておらず、新しいソースでイベントを作成しようとすると、書き込み操作は失敗します。If the operating system has not refreshed its list of event sources, and you attempt to write an event with the new source, the write operation will fail. EventLogInstallerを使用するか、 CreateEventSourceメソッドを使用して、新しいソースを構成できます。You can configure a new source using an EventLogInstaller, or using the CreateEventSource method. 新しいイベントソースを作成するには、コンピューターの管理者権限が必要です。You must have administrative rights on the computer to create a new event source.

このSource WriteEntry CreateEventSourceインスタンスのプロパティで指定されたソースが、コンポーネントの書き込み先のコンピューターに登録されていない場合、はを呼び出してソースを登録します。 EventLogIf the source specified in the Source property of this EventLog instance is not registered on the computer that your component is writing to, WriteEntry calls CreateEventSource and registers the source.

注意

MachineNameまたはEventLog を呼び出すCreateEventSource前にインスタンスにを指定しない場合は、ローカルコンピューター (".") と見なされます。 WriteEntryIf you do not specify a MachineName for your EventLog instance before you call CreateEventSource or WriteEntry, the local computer (".") is assumed.

システムがのSource呼び出しによってLogWriteEntry登録する必要があり、そのプロパティがEventLogインスタンスに設定されていない場合、ログの既定値はアプリケーションログになります。If the system needs to register the Source through a call to WriteEntry and the Log property has not been set on your EventLog instance, the log defaults to the Application log.

注意

上に示した例外の多くは、のSource登録プロセス中に発生したエラーによって生成されます。Many exceptions listed above are generated by errors raised during the process of registering the Source.

ソースは、ローカライズされたエントリを書き込むか、または直接文字列を書き込むために構成する必要があります。The source must be configured either for writing localized entries or for writing direct strings. メソッドWriteEntryは、指定された文字列をイベントログに直接書き込みます。ローカライズ可能なメッセージリソースファイルは使用しません。The WriteEntry method writes the given string directly to the event log; it does not use a localizable message resource file. ローカライズさWriteEventれたメッセージリソースファイルを使用してイベントを書き込むには、メソッドを使用します。Use the WriteEvent method to write events using a localized message resource file.

アプリケーションがリソース識別子と文字列値の両方を使用してエントリを書き込む場合は、2つの異なるソースを登録する必要があります。If your application writes entries using both resource identifiers and string values, you must register two separate sources. たとえば、リソースファイルを使用して1つのソースを構成し、そのWriteEventソースをメソッドで使用して、リソース識別子を使用してエントリをイベントログに書き込みます。For example, configure one source with resource files, and then use that source in the WriteEvent method to write entries using resource identifiers to the event log. 次に、リソースファイルを含まない別のソースを作成し、 WriteEntryそのソースをメソッドで使用して、そのソースを使用して、イベントログに直接文字列を書き込みます。Then create a different source without resource files, and use that source in the WriteEntry method to write strings directly to the event log using that source.

注意

リモートコンピューターにエントリを書き込む場合、リモートコンピューターで .NET Framework が実行されていないと、メッセージの値 (文字列) が予期したとおりではない可能性があります。If you write an entry to a remote computer, the value of the message (the text string) might not be what you expect if the remote computer is not running the .NET Framework.

注意

パラメーターにmessage nul 文字が含まれている場合、イベントログ内のメッセージは nul 文字で終了します。If the message parameter contains a NUL character, the message in the event log is terminated at the NUL character.

セキュリティ

EventLogPermission
を参照してください。for writing the event log information on the computer. 関連付けられた列挙型:WriteAssociated enumeration: Write

こちらもご覧ください

WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32)

エントリを、指定したメッセージ テキストおよびアプリケーション定義のイベント識別子と共にイベント ログに書き込みます。Writes an entry with the given message text and application-defined event identifier to the event log.

public:
 void WriteEntry(System::String ^ message, System::Diagnostics::EventLogEntryType type, int eventID);
public void WriteEntry (string message, System.Diagnostics.EventLogEntryType type, int eventID);
member this.WriteEntry : string * System.Diagnostics.EventLogEntryType * int -> unit
Public Sub WriteEntry (message As String, type As EventLogEntryType, eventID As Integer)

パラメーター

message
String String String String

イベント ログに書き込む文字列。The string to write to the event log.

eventID
Int32 Int32 Int32 Int32

イベントの、アプリケーション固有の識別子。The application-specific identifier for the event.

例外

SourceEventLog プロパティが設定されていません。The Source property of the EventLog has not been set.

- または --or- メソッドが新しいイベント ソースを登録しようとしましたが、MachineName のコンピューター名が無効です。The method attempted to register a new event source, but the computer name in MachineName is not valid.

- または --or- ソースは既に別のイベント ログに登録されています。The source is already registered for a different event log.

- または --or- eventID が 0 未満であるか、MaxValue を超えています。eventID is less than zero or greater than MaxValue.

または-or- メッセージ文字列は 31,839 バイト (Windows Vista より前の Windows オペレーティング システムでは 32,766 バイト) を超えています。The message string is longer than 31,839 bytes (32,766 bytes on Windows operating systems before Windows Vista).

- または --or- ソース名は、254 文字を超えるレジストリ キーのパスになります。The source name results in a registry key path longer than 254 characters.

イベント ログのレジストリ キーを開けませんでした。The registry key for the event log could not be opened.

イベント エントリをイベント ログに書き込むときにオペレーティング システムからエラーが報告されました。The operating system reported an error when writing the event entry to the event log. Windows のエラー コードは使用できません。A Windows error code is not available.

// Create an EventLog instance and assign its source.
EventLog^ myLog = gcnew EventLog;
myLog->Source = "ThirdSource";

// Write an informational entry to the event log.
Console::WriteLine( "Write from third source " );
myLog->WriteEntry( "Writing warning to event log.",
   EventLogEntryType::Warning, myEventID, myCategory );
// Create an EventLog instance and assign its source.
EventLog myLog = new EventLog();
myLog.Source = "ThirdSource";

// Write an informational entry to the event log.    
Console.WriteLine("Write from third source ");
myLog.WriteEntry("Writing warning to event log.",
                  EventLogEntryType.Warning, myEventID, myCategory);
' Create an EventLog instance and assign its source.
Dim myLog As New EventLog()
myLog.Source = "ThirdSource"

' Write an informational entry to the event log.
Console.WriteLine("Write from third source ")
myLog.WriteEntry("Writing warning to event log.", EventLogEntryType.Warning, _
                     myEventID, myCategory)

注釈

このメソッドを使用して、アプリケーションで定義されeventIDたエントリをイベントログに書き込みます。Use this method to write an entry with an application-defined eventID to the event log. eventIDソースの組み合わせにより、イベントが一意に識別されます。The eventID together with the source uniquely identify an event. 各アプリケーションは、独自の番号付きイベントと、マップ先の説明文字列を定義できます。Each application can define its own numbered events and the description strings to which they map. イベントビューアーには、発生した問題をユーザーが理解し、実行するアクションを提案できるように、これらの文字列値が表示されます。Event viewers display these string values to help the user understand what went wrong and suggest what actions to take.

注意

このmessage文字列には%nを含めることができません。ここで、 nは整数値 (たとえば% 1) です。これは、イベントビューアーではこれを挿入文字列として扱います。The message string cannot contain %n, where n is an integer value (for example, %1), because the event viewer treats it as an insertion string. インターネットプロトコルバージョン 6 (IPv6) アドレスにはこの文字シーケンスを含めることができるため、IPv6 アドレスを含むイベントメッセージをログに記録することはできません。Because an Internet Protocol, version 6 (IPv6) address can contain this character sequence, you cannot log an event message that contains an IPv6 address.

イベント識別子に加えて、イベントログに書き込まEventLogEntryTypeれるイベントのを指定することもできます。In addition to the event identifier, you can specify an EventLogEntryType for the event being written to the event log. type 、ログのイベントビューアーの [型] 列のアイコンとテキストで示されます。The type is indicated by an icon and text in the Type column in the Event Viewer for a log. このパラメーターは、イベントの種類がエラー、警告、情報、成功の監査、または失敗の監査のいずれであるかを示します。This parameter indicates whether the event type is error, warning, information, success audit, or failure audit.

エントリをログにSource書き込む前にEventLog 、コンポーネントのプロパティを設定する必要があります。You must set the Source property on your EventLog component before you can write entries to the log. ソースとの最初のエントリを書き込む前に、イベントソースを作成して構成する必要があります。You must create and configure the event source before writing the first entry with the source.

アプリケーションのインストール時に新しいイベントソースを作成します。Create the new event source during the installation of your application. これにより、オペレーティングシステムが登録済みのイベントソースとその構成の一覧を更新できるようになります。This allows time for the operating system to refresh its list of registered event sources and their configuration. オペレーティングシステムがイベントソースの一覧を更新しておらず、新しいソースでイベントを作成しようとすると、書き込み操作は失敗します。If the operating system has not refreshed its list of event sources, and you attempt to write an event with the new source, the write operation will fail. EventLogInstallerを使用するか、 CreateEventSourceメソッドを使用して、新しいソースを構成できます。You can configure a new source using an EventLogInstaller, or using the CreateEventSource method. 新しいイベントソースを作成するには、コンピューターの管理者権限が必要です。You must have administrative rights on the computer to create a new event source.

このSource WriteEntry CreateEventSourceインスタンスのプロパティで指定されたソースが、コンポーネントの書き込み先のコンピューターに登録されていない場合、はを呼び出してソースを登録します。 EventLogIf the source specified in the Source property of this EventLog instance is not registered on the computer that your component is writing to, WriteEntry calls CreateEventSource and registers the source.

注意

MachineNameまたはEventLog を呼び出すCreateEventSource前にインスタンスにを指定しない場合は、ローカルコンピューター (".") と見なされます。 WriteEntryIf you do not specify a MachineName for your EventLog instance before you call CreateEventSource or WriteEntry, the local computer (".") is assumed.

システムがのSource呼び出しによってLogWriteEntry登録する必要があり、そのプロパティがEventLogインスタンスに設定されていない場合、ログの既定値はアプリケーションログになります。If the system needs to register the Source through a call to WriteEntry and the Log property has not been set on your EventLog instance, the log defaults to the Application log.

注意

上に示した例外の多くは、のSource登録プロセス中に発生したエラーによって生成されます。Many exceptions listed above are generated by errors raised during the process of registering the Source.

ソースは、ローカライズされたエントリを書き込むか、または直接文字列を書き込むために構成する必要があります。The source must be configured either for writing localized entries or for writing direct strings. メソッドWriteEntryは、指定された文字列をイベントログに直接書き込みます。ローカライズ可能なメッセージリソースファイルは使用しません。The WriteEntry method writes the given string directly to the event log; it does not use a localizable message resource file. ローカライズさWriteEventれたメッセージリソースファイルを使用してイベントを書き込むには、メソッドを使用します。Use the WriteEvent method to write events using a localized message resource file.

アプリケーションがリソース識別子と文字列値の両方を使用してエントリを書き込む場合は、2つの異なるソースを登録する必要があります。If your application writes entries using both resource identifiers and string values, you must register two separate sources. たとえば、リソースファイルを使用して1つのソースを構成し、そのWriteEventソースをメソッドで使用して、リソース識別子を使用してエントリをイベントログに書き込みます。For example, configure one source with resource files, and then use that source in the WriteEvent method to write entries using resource identifiers to the event log. 次に、リソースファイルを含まない別のソースを作成し、 WriteEntryそのソースをメソッドで使用して、そのソースを使用して、イベントログに直接文字列を書き込みます。Then create a different source without resource files, and use that source in the WriteEntry method to write strings directly to the event log using that source.

注意

リモートコンピューターにエントリを書き込む場合、リモートコンピューターで .NET Framework が実行されていないと、メッセージの値 (文字列) が予期したとおりではない可能性があります。If you write an entry to a remote computer, the value of the message (the text string) might not be what you expect if the remote computer is not running the .NET Framework.

注意

パラメーターにmessage nul 文字が含まれている場合、イベントログ内のメッセージは nul 文字で終了します。If the message parameter contains a NUL character, the message in the event log is terminated at the NUL character.

セキュリティ

EventLogPermission
を参照してください。for writing the event log information on the computer. 関連付けられた列挙型:WriteAssociated enumeration: Write

こちらもご覧ください

WriteEntry(String, String) WriteEntry(String, String) WriteEntry(String, String) WriteEntry(String, String)

指定した登録イベント ソースを使用して、種類が Information のエントリを、指定したメッセージ テキストと共にイベント ログに書き込みます。Writes an information type entry with the given message text to the event log, using the specified registered event source.

public:
 static void WriteEntry(System::String ^ source, System::String ^ message);
public static void WriteEntry (string source, string message);
static member WriteEntry : string * string -> unit
Public Shared Sub WriteEntry (source As String, message As String)

パラメーター

source
String String String String

アプリケーションを指定されたコンピューターに登録するために使用されるソース。The source by which the application is registered on the specified computer.

message
String String String String

イベント ログに書き込む文字列。The string to write to the event log.

例外

source 値が空の文字列 ("") です。The source value is an empty string ("").

- または --or- source 値は null です。The source value is null.

または-or- メッセージ文字列は 31,839 バイト (Windows Vista より前の Windows オペレーティング システムでは 32,766 バイト) を超えています。The message string is longer than 31,839 bytes (32,766 bytes on Windows operating systems before Windows Vista).

- または --or- ソース名は、254 文字を超えるレジストリ キーのパスになります。The source name results in a registry key path longer than 254 characters.

イベント ログのレジストリ キーを開けませんでした。The registry key for the event log could not be opened.

イベント エントリをイベント ログに書き込むときにオペレーティング システムからエラーが報告されました。The operating system reported an error when writing the event entry to the event log. Windows のエラー コードは使用できません。A Windows error code is not available.

次の例では、 MySourceソースがまだ存在しない場合は作成し、イベントログMyNewLogにエントリを書き込みます。The following example creates the source MySource if it does not already exist, and writes an entry to the event log MyNewLog.

#using <System.dll>

using namespace System;
using namespace System::Diagnostics;
using namespace System::Threading;
int main()
{
   
   // Create the source, if it does not already exist.
   if (  !EventLog::SourceExists( "MySource" ) )
   {
      EventLog::CreateEventSource( "MySource", "myNewLog" );
      Console::WriteLine( "CreatingEventSource" );
   }

   
   // Write an informational entry to the event log.    
   EventLog::WriteEntry( "MySource", "Writing to event log." );
}

using System;
using System.Diagnostics;
using System.Threading;
              
class MySample{

    public static void Main(){
    
        // Create the source, if it does not already exist.
        if(!EventLog.SourceExists("MySource"))
        {
            // An event log source should not be created and immediately used.
            // There is a latency time to enable the source, it should be created
            // prior to executing the application that uses the source.
            // Execute this sample a second time to use the new source.
            EventLog.CreateEventSource("MySource", "myNewLog");
            Console.WriteLine("CreatingEventSource");
            Console.WriteLine("Exiting, execute the application a second time to use the source.");
            // The source is created.  Exit the application to allow it to be registered.
            return;
        }
                
      
        // Write an informational entry to the event log.    
        EventLog.WriteEntry("MySource", "Writing to event log.");
        
        
    }
}

Option Strict
Option Explicit

Imports System.Diagnostics
Imports System.Threading

Class MySample
    Public Shared Sub Main()
        ' Create the source, if it does not already exist.
        If Not EventLog.SourceExists("MySource") Then
            EventLog.CreateEventSource("MySource", "myNewLog")
            Console.WriteLine("CreatingEventSource")
        End If
        
        
        ' Write an informational entry to the event log.    
        EventLog.WriteEntry("MySource", "Writing to event log.")
    End Sub ' Main 
End Class ' MySample 

注釈

このメソッドを使用して、適切なログのイベントソースとして既に登録されているソースを使用して、イベントログに情報エントリを書き込みます。Use this method to write an information entry to the event log, using a source that is already registered as an event source for the appropriate log. 他のEventLogEntryTypeを指定する場合は、の別のWriteEntryオーバーロードを使用します。If you want to specify any other EventLogEntryType, use a different overload of WriteEntry.

ソースとの最初のエントリを書き込む前に、イベントソースを作成して構成する必要があります。You must create and configure the event source before writing the first entry with the source. アプリケーションのインストール時に新しいイベントソースを作成します。Create the new event source during the installation of your application. これにより、オペレーティングシステムが登録済みのイベントソースとその構成の一覧を更新できるようになります。This allows time for the operating system to refresh its list of registered event sources and their configuration. オペレーティングシステムがイベントソースの一覧を更新しておらず、新しいソースでイベントを作成しようとすると、書き込み操作は失敗します。If the operating system has not refreshed its list of event sources, and you attempt to write an event with the new source, the write operation will fail. EventLogInstallerを使用するか、 CreateEventSourceメソッドを使用して、新しいソースを構成できます。You can configure a new source using an EventLogInstaller, or using the CreateEventSource method. 新しいイベントソースを作成するには、コンピューターの管理者権限が必要です。You must have administrative rights on the computer to create a new event source.

ソースは、ローカライズされたエントリを書き込むか、または直接文字列を書き込むために構成する必要があります。The source must be configured either for writing localized entries or for writing direct strings. メソッドWriteEntryは、指定された文字列をイベントログに直接書き込みます。ローカライズ可能なメッセージリソースファイルは使用しません。The WriteEntry method writes the given string directly to the event log; it does not use a localizable message resource file. ローカライズさWriteEventれたメッセージリソースファイルを使用してイベントを書き込むには、メソッドを使用します。Use the WriteEvent method to write events using a localized message resource file.

アプリケーションがリソース識別子と文字列値の両方を使用してエントリを書き込む場合は、2つの異なるソースを登録する必要があります。If your application writes entries using both resource identifiers and string values, you must register two separate sources. たとえば、リソースファイルを使用して1つのソースを構成し、そのWriteEventソースをメソッドで使用して、リソース識別子を使用してエントリをイベントログに書き込みます。For example, configure one source with resource files, and then use that source in the WriteEvent method to write entries using resource identifiers to the event log. 次に、リソースファイルを含まない別のソースを作成し、 WriteEntryそのソースをメソッドで使用して、そのソースを使用して、イベントログに直接文字列を書き込みます。Then create a different source without resource files, and use that source in the WriteEntry method to write strings directly to the event log using that source.

注意

パラメーターにmessage nul 文字が含まれている場合、イベントログ内のメッセージは nul 文字で終了します。If the message parameter contains a NUL character, the message in the event log is terminated at the NUL character.

このmessage文字列には%nを含めることができません。ここで、 nは整数値 (たとえば% 1) です。これは、イベントビューアーではこれを挿入文字列として扱います。The message string cannot contain %n, where n is an integer value (for example, %1), because the event viewer treats it as an insertion string. インターネットプロトコルバージョン 6 (IPv6) アドレスにはこの文字シーケンスを含めることができるため、IPv6 アドレスを含むイベントメッセージをログに記録することはできません。Because an Internet Protocol, version 6 (IPv6) address can contain this character sequence, you cannot log an event message that contains an IPv6 address.

セキュリティ

EventLogPermission
を参照してください。for writing the event log information on the computer. 関連付けられた列挙型:WriteAssociated enumeration: Write

こちらもご覧ください

WriteEntry(String) WriteEntry(String) WriteEntry(String) WriteEntry(String)

種類が Information のエントリを、指定したメッセージ テキストと共にイベント ログに書き込みます。Writes an information type entry, with the given message text, to the event log.

public:
 void WriteEntry(System::String ^ message);
public void WriteEntry (string message);
member this.WriteEntry : string -> unit
Public Sub WriteEntry (message As String)

パラメーター

message
String String String String

イベント ログに書き込む文字列。The string to write to the event log.

例外

SourceEventLog プロパティが設定されていません。The Source property of the EventLog has not been set.

- または --or- メソッドが新しいイベント ソースを登録しようとしましたが、MachineName のコンピューター名が無効です。The method attempted to register a new event source, but the computer name in MachineName is not valid.

- または --or- ソースは既に別のイベント ログに登録されています。The source is already registered for a different event log.

- または --or- メッセージ文字列は 31,839 バイト (Windows Vista より前の Windows オペレーティング システムでは 32,766 バイト) を超えています。The message string is longer than 31,839 bytes (32,766 bytes on Windows operating systems before Windows Vista).

- または --or- ソース名は、254 文字を超えるレジストリ キーのパスになります。The source name results in a registry key path longer than 254 characters.

イベント ログのレジストリ キーを開けませんでした。The registry key for the event log could not be opened.

イベント エントリをイベント ログに書き込むときにオペレーティング システムからエラーが報告されました。The operating system reported an error when writing the event entry to the event log. Windows のエラー コードは使用できません。A Windows error code is not available.

次の例では、 MySourceソースがまだ存在しない場合は作成し、イベントログMyNewLogにエントリを書き込みます。The following example creates the source MySource if it does not already exist, and writes an entry to the event log MyNewLog.

#using <System.dll>

using namespace System;
using namespace System::Diagnostics;
using namespace System::Threading;
int main()
{
   
   // Create the source, if it does not already exist.
   if (  !EventLog::SourceExists( "MySource" ) )
   {
      //An event log source should not be created and immediately used.
      //There is a latency time to enable the source, it should be created
      //prior to executing the application that uses the source.
      //Execute this sample a second time to use the new source.
      EventLog::CreateEventSource( "MySource", "MyNewLog" );
      Console::WriteLine( "CreatingEventSource" );
      // The source is created.  Exit the application to allow it to be registered.
      return 0;
   }

   
   // Create an EventLog instance and assign its source.
   EventLog^ myLog = gcnew EventLog;
   myLog->Source = "MySource";
   
   // Write an informational entry to the event log.    
   myLog->WriteEntry( "Writing to event log." );
}

using System;
using System.Diagnostics;
using System.Threading;
              
class MySample{

    public static void Main(){
    
        // Create the source, if it does not already exist.
        if(!EventLog.SourceExists("MySource"))
        {
             //An event log source should not be created and immediately used.
             //There is a latency time to enable the source, it should be created
             //prior to executing the application that uses the source.
             //Execute this sample a second time to use the new source.
            EventLog.CreateEventSource("MySource", "MyNewLog");
            Console.WriteLine("CreatedEventSource");
            Console.WriteLine("Exiting, execute the application a second time to use the source.");
            // The source is created.  Exit the application to allow it to be registered.
            return;
        }
                
        // Create an EventLog instance and assign its source.
        EventLog myLog = new EventLog();
        myLog.Source = "MySource";
        
        // Write an informational entry to the event log.    
        myLog.WriteEntry("Writing to event log.");
        
    }
}
   
Option Explicit
Option Strict

Imports System.Diagnostics
Imports System.Threading

Class MySample
    Public Shared Sub Main()
        
        If Not EventLog.SourceExists("MySource") Then
            ' Create the source, if it does not already exist.
            ' An event log source should not be created and immediately used.
            ' There is a latency time to enable the source, it should be created
            ' prior to executing the application that uses the source.
            ' Execute this sample a second time to use the new source.
            EventLog.CreateEventSource("MySource", "MyNewLog")
            Console.WriteLine("CreatingEventSource")
            'The source is created.  Exit the application to allow it to be registered.
            Return
        End If
        
        ' Create an EventLog instance and assign its source.
        Dim myLog As New EventLog()
        myLog.Source = "MySource"
        
        ' Write an informational entry to the event log.    
        myLog.WriteEntry("Writing to event log.")
    End Sub 'Main 
End Class 'MySample

注釈

このEventLogインスタンスに関連付けられているイベントログに情報エントリを書き込むには、このメソッドを使用します。Use this method to write an information entry to the event log associated with this EventLog instance. 他のEventLogEntryTypeを指定する場合は、の別のWriteEntryオーバーロードを使用します。If you want to specify any other EventLogEntryType, use a different overload of WriteEntry.

注意

このmessage文字列には%nを含めることができません。ここで、 nは整数値 (たとえば% 1) です。これは、イベントビューアーではこれを挿入文字列として扱います。The message string cannot contain %n, where n is an integer value (for example, %1), because the event viewer treats it as an insertion string. インターネットプロトコルバージョン 6 (IPv6) アドレスにはこの文字シーケンスを含めることができるため、IPv6 アドレスを含むイベントメッセージをログに記録することはできません。Because an Internet Protocol, version 6 (IPv6) address can contain this character sequence, you cannot log an event message that contains an IPv6 address.

エントリをログにSource書き込む前にEventLog 、コンポーネントのプロパティを設定する必要があります。You must set the Source property on your EventLog component before you can write entries to the log. ソースとの最初のエントリを書き込む前に、イベントソースを作成して構成する必要があります。You must create and configure the event source before writing the first entry with the source.

アプリケーションのインストール時に新しいイベントソースを作成します。Create the new event source during the installation of your application. これにより、オペレーティングシステムが登録済みのイベントソースとその構成の一覧を更新できるようになります。This allows time for the operating system to refresh its list of registered event sources and their configuration. オペレーティングシステムがイベントソースの一覧を更新しておらず、新しいソースでイベントを作成しようとすると、書き込み操作は失敗します。If the operating system has not refreshed its list of event sources, and you attempt to write an event with the new source, the write operation will fail. EventLogInstallerを使用するか、 CreateEventSourceメソッドを使用して、新しいソースを構成できます。You can configure a new source using an EventLogInstaller, or using the CreateEventSource method. 新しいイベントソースを作成するには、コンピューターの管理者権限が必要です。You must have administrative rights on the computer to create a new event source.

このSource WriteEntry CreateEventSourceインスタンスのプロパティで指定されたソースが、コンポーネントの書き込み先のコンピューターに登録されていない場合、はを呼び出してソースを登録します。 EventLogIf the source specified in the Source property of this EventLog instance is not registered on the computer that your component is writing to, WriteEntry calls CreateEventSource and registers the source.

注意

MachineNameまたはEventLog を呼び出すCreateEventSource前にインスタンスにを指定しない場合は、ローカルコンピューター (".") と見なされます。 WriteEntryIf you do not specify a MachineName for your EventLog instance before you call CreateEventSource or WriteEntry, the local computer (".") is assumed.

システムがのSource呼び出しによってLogWriteEntry登録する必要があり、そのプロパティがEventLogインスタンスに設定されていない場合、ログの既定値はアプリケーションログになります。If the system needs to register the Source through a call to WriteEntry and the Log property has not been set on your EventLog instance, the log defaults to the Application log.

注意

上記の例外の多くは、のSource登録プロセス中に発生したエラーによって生成されます。Many of the exceptions listed above are generated by errors raised during the process of registering the Source.

ソースは、ローカライズされたエントリを書き込むか、または直接文字列を書き込むために構成する必要があります。The source must be configured either for writing localized entries or for writing direct strings. メソッドWriteEntryは、指定された文字列をイベントログに直接書き込みます。ローカライズ可能なメッセージリソースファイルは使用しません。The WriteEntry method writes the given string directly to the event log; it does not use a localizable message resource file. ローカライズさWriteEventれたメッセージリソースファイルを使用してイベントを書き込むには、メソッドを使用します。Use the WriteEvent method to write events using a localized message resource file.

アプリケーションがリソース識別子と文字列値の両方を使用してエントリを書き込む場合は、2つの異なるソースを登録する必要があります。If your application writes entries using both resource identifiers and string values, you must register two separate sources. たとえば、リソースファイルを使用して1つのソースを構成し、そのWriteEventソースをメソッドで使用して、リソース識別子を使用してエントリをイベントログに書き込みます。For example, configure one source with resource files, and then use that source in the WriteEvent method to write entries using resource identifiers to the event log. 次に、リソースファイルを含まない別のソースを作成し、 WriteEntryそのソースをメソッドで使用して、そのソースを使用して、イベントログに直接文字列を書き込みます。Then create a different source without resource files, and use that source in the WriteEntry method to write strings directly to the event log using that source.

注意

リモートコンピューターにエントリを書き込む場合、リモートコンピューターで .NET Framework が実行されていないと、メッセージの値 (文字列) が予期したとおりではない可能性があります。If you write an entry to a remote computer, the value of the message (the text string) might not be what you expect if the remote computer is not running the .NET Framework.

注意

パラメーターにmessage nul 文字が含まれている場合、イベントログ内のメッセージは nul 文字で終了します。If the message parameter contains a NUL character, the message in the event log is terminated at the NUL character.

セキュリティ

EventLogPermission
を参照してください。for writing the event log information on the computer. 関連付けられた列挙型:WriteAssociated enumeration: Write

こちらもご覧ください

WriteEntry(String, String, EventLogEntryType) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType)

指定した登録イベント ソースを使用して、エラー、警告、情報、監査正常終了、または監査エラー エントリを、指定したメッセージ テキストと共にイベント ログに書き込みます。Writes an error, warning, information, success audit, or failure audit entry with the given message text to the event log, using the specified registered event source.

public:
 static void WriteEntry(System::String ^ source, System::String ^ message, System::Diagnostics::EventLogEntryType type);
public static void WriteEntry (string source, string message, System.Diagnostics.EventLogEntryType type);
static member WriteEntry : string * string * System.Diagnostics.EventLogEntryType -> unit
Public Shared Sub WriteEntry (source As String, message As String, type As EventLogEntryType)

パラメーター

source
String String String String

アプリケーションを指定されたコンピューターに登録するために使用されるソース。The source by which the application is registered on the specified computer.

message
String String String String

イベント ログに書き込む文字列。The string to write to the event log.

例外

source 値が空の文字列 ("") です。The source value is an empty string ("").

- または --or- source 値は null です。The source value is null.

- または --or- メッセージ文字列は 31,839 バイト (Windows Vista より前の Windows オペレーティング システムでは 32,766 バイト) を超えています。The message string is longer than 31,839 bytes (32,766 bytes on Windows operating systems before Windows Vista).

または-or- ソース名は、254 文字を超えるレジストリ キーのパスになります。The source name results in a registry key path longer than 254 characters.

イベント ログのレジストリ キーを開けませんでした。The registry key for the event log could not be opened.

イベント エントリをイベント ログに書き込むときにオペレーティング システムからエラーが報告されました。The operating system reported an error when writing the event entry to the event log. Windows のエラー コードは使用できません。A Windows error code is not available.

次の例では、警告エントリをローカルコンピューター上のイベントログ "MyNewLog" に書き込みます。The following example writes a warning entry to an event log, "MyNewLog", on the local computer.

#using <System.dll>

using namespace System;
using namespace System::Diagnostics;
using namespace System::Threading;
int main()
{
   
   // Write an informational entry to the event log.    
   EventLog::WriteEntry( "MySource", "Writing warning to event log.", EventLogEntryType::Warning );
}

using System;
using System.Diagnostics;
using System.Threading;
              
class MySample{

    public static void Main(){
                    
      
        // Write an informational entry to the event log.    
        EventLog.WriteEntry("MySource", 
			"Writing warning to event log.", 
			EventLogEntryType.Warning);
        
    }
}
      
Option Explicit
Option Strict

Imports System.Diagnostics
Imports System.Threading

Class MySample
    Public Shared Sub Main()
        ' Write an informational entry to the event log.    
        EventLog.WriteEntry("MySource", "Writing warning to event log.", _
            EventLogEntryType.Warning)
    End Sub ' Main 
End Class ' MySample

注釈

このメソッドを使用すると、適切なログEventLogEntryTypeのイベントソースとして既に登録されているソースを使用して、指定したのエントリをイベントログに書き込むことができます。Use this method to write an entry of a specified EventLogEntryType to the event log, using a source already registered as an event source for the appropriate log. type 、ログのイベントビューアーの [型] 列のアイコンとテキストで示されます。The type is indicated by an icon and text in the Type column in the Event Viewer for a log.

注意

このmessage文字列には%nを含めることができません。ここで、 nは整数値 (たとえば% 1) です。これは、イベントビューアーではこれを挿入文字列として扱います。The message string cannot contain %n, where n is an integer value (for example, %1), because the event viewer treats it as an insertion string. インターネットプロトコルバージョン 6 (IPv6) アドレスにはこの文字シーケンスを含めることができるため、IPv6 アドレスを含むイベントメッセージをログに記録することはできません。Because an Internet Protocol, version 6 (IPv6) address can contain this character sequence, you cannot log an event message that contains an IPv6 address.

ソースとの最初のエントリを書き込む前に、イベントソースを作成して構成する必要があります。You must create and configure the event source before writing the first entry with the source. アプリケーションのインストール時に新しいイベントソースを作成します。Create the new event source during the installation of your application. これにより、オペレーティングシステムが登録済みのイベントソースとその構成の一覧を更新できるようになります。This allows time for the operating system to refresh its list of registered event sources and their configuration. オペレーティングシステムがイベントソースの一覧を更新しておらず、新しいソースでイベントを作成しようとすると、書き込み操作は失敗します。If the operating system has not refreshed its list of event sources, and you attempt to write an event with the new source, the write operation will fail. EventLogInstallerを使用するか、 CreateEventSourceメソッドを使用して、新しいソースを構成できます。You can configure a new source using an EventLogInstaller, or using the CreateEventSource method. 新しいイベントソースを作成するには、コンピューターの管理者権限が必要です。You must have administrative rights on the computer to create a new event source.

ソースは、ローカライズされたエントリを書き込むか、または直接文字列を書き込むために構成する必要があります。The source must be configured either for writing localized entries or for writing direct strings. メソッドWriteEntryは、指定された文字列をイベントログに直接書き込みます。ローカライズ可能なメッセージリソースファイルは使用しません。The WriteEntry method writes the given string directly to the event log; it does not use a localizable message resource file. ローカライズさWriteEventれたメッセージリソースファイルを使用してイベントを書き込むには、メソッドを使用します。Use the WriteEvent method to write events using a localized message resource file.

アプリケーションがリソース識別子と文字列値の両方を使用してエントリを書き込む場合は、2つの異なるソースを登録する必要があります。If your application writes entries using both resource identifiers and string values, you must register two separate sources. たとえば、リソースファイルを使用して1つのソースを構成し、そのWriteEventソースをメソッドで使用して、リソース識別子を使用してエントリをイベントログに書き込みます。For example, configure one source with resource files, and then use that source in the WriteEvent method to write entries using resource identifiers to the event log. 次に、リソースファイルを含まない別のソースを作成し、 WriteEntryそのソースをメソッドで使用して、そのソースを使用して、イベントログに直接文字列を書き込みます。Then create a different source without resource files, and use that source in the WriteEntry method to write strings directly to the event log using that source.

注意

パラメーターにmessage nul 文字が含まれている場合、イベントログ内のメッセージは nul 文字で終了します。If the message parameter contains a NUL character, the message in the event log is terminated at the NUL character.

セキュリティ

EventLogPermission
を参照してください。for writing the event log information on the computer. 関連付けられた列挙型:WriteAssociated enumeration: Write

こちらもご覧ください

適用対象