EventLogTraceListener クラス

定義

トレース出力またはデバッグ出力を EventLog に転送する簡単なリスナーを提供します。Provides a simple listener that directs tracing or debugging output to an EventLog.

public ref class EventLogTraceListener sealed : System::Diagnostics::TraceListener
public sealed class EventLogTraceListener : System.Diagnostics.TraceListener
type EventLogTraceListener = class
    inherit TraceListener
Public NotInheritable Class EventLogTraceListener
Inherits TraceListener
継承
EventLogTraceListener

次の例では、イベントログに出力を送信するトレースリスナーを作成します。The following example creates a trace listener that sends output to an event log. まず、コードはソースEventLogTraceListener myEventLogSourceを使用する新しいを作成します。First, the code creates a new EventLogTraceListener that uses the source myEventLogSource. 次にmyTraceListener 、がTrace.Listenersコレクションに追加されます。Next, myTraceListener is added to the Trace.Listeners collection. 最後に、この例では、 Listenersオブジェクトに出力の行を送信します。Finally, the example sends a line of output to the Listeners object.

int main()
{
   #if defined(TRACE)
   
   // Create a trace listener for the event log.
   EventLogTraceListener^ myTraceListener = 
      gcnew EventLogTraceListener( "myEventLogSource" );
   
   // Add the event log trace listener to the collection.
   Trace::Listeners->Add( myTraceListener );
   
   // Write output to the event log.
   Trace::WriteLine( "Test output" );
   
   #endif
}
public static void Main(string[] args) {

    // Create a trace listener for the event log.
    EventLogTraceListener myTraceListener = new EventLogTraceListener("myEventLogSource");
 
    // Add the event log trace listener to the collection.
    Trace.Listeners.Add(myTraceListener);
 
    // Write output to the event log.
    Trace.WriteLine("Test output");
 }
 
Overloads Public Shared Sub Main(args() As String)
   
    ' Create a trace listener for the event log.
    Dim myTraceListener As New EventLogTraceListener("myEventLogSource")
    
    ' Add the event log trace listener to the collection.
    Trace.Listeners.Add(myTraceListener)
    
    ' Write output to the event log.
    Trace.WriteLine("Test output")
End Sub

注釈

このEventLogTraceListenerのインスタンスは、 Trace.Listeners、、またはDebug.Listeners TraceSource.Listenersの各コレクションに追加して、トレースまたはデバッグからEventLogに出力を送信することができます。An instance of this EventLogTraceListener can be added to the Debug.Listeners, Trace.Listeners, or TraceSource.Listeners collections to send output from tracing or debugging to an EventLog. コードにインスタンスを追加することも、アプリケーション構成ファイルでインスタンスを指定することもできます。You can add the instance in your code or specify it in the application configuration file. アプリケーション構成ファイルEventLogTraceListenerを使用してを追加するには、アプリケーションの名前またはVisual Studio 2005Visual Studio 2005プロジェクト内の app.config ファイルに対応するファイルを編集します。To add an EventLogTraceListener using an application configuration file, edit the file that corresponds to the name of your application or the app.config file in a Visual Studio 2005Visual Studio 2005 project. このファイルで、 System.Diagnostics.EventLogTraceListener型の要素を挿入します。In this file, insert an element for a System.Diagnostics.EventLogTraceListener type.

次の例ではEventLogTraceListener 、とmyListenerいう名前Trace.Listenersのオブジェクトをコレクションに追加します。The following example adds a EventLogTraceListener object named myListener to the Trace.Listeners collection. パラメーター initializeDataは、 EventLogTraceListener(String)コンストラクターに渡されるイベントログソースの名前を指定します。The initializeData parameter specifies the name of the event log source that is to be passed to the EventLogTraceListener(String) constructor.

<configuration>  
  <system.diagnostics>  
    <trace autoflush="false" indentsize="4">  
      <listeners>  
        <add name="myListener"  
          type="System.Diagnostics.EventLogTraceListener"  
          initializeData="TraceListenerLog" />  
      </listeners>  
    </trace>  
  </system.diagnostics>  
</configuration>  

アプリケーション構成ファイルにトレースリスナーを追加する方法の詳細については、「」または「」を参照してください。For more information about how to add trace listeners in the application configuration file, see or .

注意

インスタンスに関連付けられているイベントログのがSource存在しない場合は、新しいイベントソースが作成されます。 EventLogTraceListenerIf the Source for the event log that is associated with the EventLogTraceListener instance does not exist, a new event source is created. Windows Vista、Windows XP Professional、または Windows Server 2003 でイベントソースを作成するには、管理者特権が必要です。To create an event source in Windows Vista, Windows XP Professional, or Windows Server 2003, you must have administrative privileges.

この要件の理由は、イベントソースが一意かどうかを判断するために、セキュリティを含むすべてのイベントログを検索する必要があるためです。The reason for this requirement is that all event logs, including security, must be searched to determine whether the event source is unique. Windows Vista では、ユーザーにはセキュリティログへのアクセス許可がありません。したがって、がスローされます。 SecurityExceptionIn Windows Vista, users do not have permission to access the security log; therefore, a SecurityException is thrown.

Windows Vista では、ユーザー アカウント制御 (UAC: User Account Control) でユーザーの権限が決定されます。In Windows Vista, User Account Control (UAC) determines the privileges of a user. ユーザーが組み込みの Administrators グループのメンバーである場合、そのユーザーには標準ユーザー アクセス トークンおよび管理者アクセス トークンの 2 つのランタイム アクセス トークンが割り当てられています。If you are a member of the Built-in Administrators group, you are assigned two run-time access tokens: a standard user access token and an administrator access token. 既定では、ユーザーは標準ユーザー ロールに所属します。By default, you are in the standard user role. セキュリティログにアクセスするコードを実行するには、まず、特権を標準ユーザーから管理者に昇格させる必要があります。To execute the code that accesses the security log, you must first elevate your privileges from standard user to administrator. この操作は、アプリケーションの起動時にアプリケーション アイコンを右クリックし、管理者として実行することを指定して行うことができます。You can do this when you start an application by right-clicking the application icon and indicating that you want to run as an administrator.

クラスには、 EventLogトレース出力またはデバッグ出力を受け取るイベントログを取得または設定するプロパティ、 Nameおよびの名前をEventLogTraceListener保持するプロパティが用意されています。The class provides the EventLog property to get or set the event log that receives the tracing or debugging output, and the Name property to hold the name of the EventLogTraceListener.

メソッドCloseは、トレース出力またはデバッグ出力を受信しなくなるように、イベントログを閉じます。The Close method closes the event log so it no longer receives tracing or debugging output. メソッドWriteWriteLineメソッドは、イベントログにメッセージを書き込みます。The Write and WriteLine methods write a message to the event log.

注意

大量のデータをイベントログEventLogTraceListenerに書き込む可能性を回避するために、は、 TraceOutputOptionsプロパティで指定されたオプションのトレースデータを出力しません。To avoid the possibility of writing large amounts of data to the event log, the EventLogTraceListener does not output the optional trace data specified by the TraceOutputOptions property.

コンストラクター

EventLogTraceListener()

トレース リスナーを指定せずに、EventLogTraceListener クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the EventLogTraceListener class without a trace listener.

EventLogTraceListener(EventLog)

イベント ログを指定して、EventLogTraceListener クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the EventLogTraceListener class using the specified event log.

EventLogTraceListener(String)

ソースを指定して、EventLogTraceListener クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the EventLogTraceListener class using the specified source.

プロパティ

Attributes

アプリケーション構成ファイルに定義されているカスタム トレース リスナー属性を取得します。Gets the custom trace listener attributes defined in the application configuration file.

(継承元 TraceListener)
EventLog

書き込み先となるイベント ログを取得または設定します。Gets or sets the event log to write to.

Filter

トレース リスナーのトレース フィルターを取得または設定します。Gets or sets the trace filter for the trace listener.

(継承元 TraceListener)
IndentLevel

インデント レベルを取得または設定します。Gets or sets the indent level.

(継承元 TraceListener)
IndentSize

1 つのインデントに含まれるスペースの数を取得または設定します。Gets or sets the number of spaces in an indent.

(継承元 TraceListener)
IsThreadSafe

トレース リスナーがスレッド セーフかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the trace listener is thread safe.

(継承元 TraceListener)
Name

この EventLogTraceListener の名前を取得または設定します。Gets or sets the name of this EventLogTraceListener.

NeedIndent

出力にインデントを設定するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether to indent the output.

(継承元 TraceListener)
TraceOutputOptions

トレース出力オプションを取得または設定します。Gets or sets the trace output options.

(継承元 TraceListener)

メソッド

Close()

イベント ログを終了して、トレース出力またはデバッグ出力を受信しないようにします。Closes the event log so that it no longer receives tracing or debugging output.

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
Dispose()

TraceListener によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the TraceListener.

(継承元 TraceListener)
Dispose(Boolean)

TraceListener によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the TraceListener and optionally releases the managed resources.

(継承元 TraceListener)
Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
Fail(String)

TraceListener クラスの実装時に、作成したリスナーにエラー メッセージを出力します。Emits an error message to the listener you create when you implement the TraceListener class.

(継承元 TraceListener)
Fail(String, String)

TraceListener クラスの実装時に、作成したリスナーにエラー メッセージと詳細エラー メッセージを出力します。Emits an error message and a detailed error message to the listener you create when you implement the TraceListener class.

(継承元 TraceListener)
Flush()

派生クラスによってオーバーライドされるときに、出力バッファーをフラッシュします。When overridden in a derived class, flushes the output buffer.

(継承元 TraceListener)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetSupportedAttributes()

トレース リスナーによってサポートされるカスタム属性を取得します。Gets the custom attributes supported by the trace listener.

(継承元 TraceListener)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
TraceData(TraceEventCache, String, TraceEventType, Int32, Object)

トレース情報、データ オブジェクト、およびイベント情報をイベント ログに書き込みます。Writes trace information, a data object, and event information to the event log.

TraceData(TraceEventCache, String, TraceEventType, Int32, Object[])

トレース情報、データ オブジェクトの配列、およびイベント情報をイベント ログに書き込みます。Writes trace information, an array of data objects, and event information to the event log.

TraceEvent(TraceEventCache, String, TraceEventType, Int32)

トレース情報およびイベント情報をリスナー固有の出力に書き込みます。Writes trace and event information to the listener specific output.

(継承元 TraceListener)
TraceEvent(TraceEventCache, String, TraceEventType, Int32, String)

トレース情報、メッセージ、およびイベント情報をイベント ログに書き込みます。Writes trace information, a message, and event information to the event log.

TraceEvent(TraceEventCache, String, TraceEventType, Int32, String, Object[])

トレース情報、オブジェクトの書式付き配列、およびイベント情報をイベント ログに書き込みます。Writes trace information, a formatted array of objects, and event information to the event log.

TraceTransfer(TraceEventCache, String, Int32, String, Guid)

トレース情報、メッセージ、関連するアクティビティ ID、およびイベント情報をリスナー固有の出力に書き込みます。Writes trace information, a message, a related activity identity and event information to the listener specific output.

(継承元 TraceListener)
Write(Object)

ToString() クラスの実装時に、作成したリスナーにオブジェクトの TraceListener メソッドの値を書き込みます。Writes the value of the object's ToString() method to the listener you create when you implement the TraceListener class.

(継承元 TraceListener)
Write(Object, String)

ToString() クラスの実装時に、作成したリスナーにカテゴリ名とオブジェクトの TraceListener メソッドの値を書き込みます。Writes a category name and the value of the object's ToString() method to the listener you create when you implement the TraceListener class.

(継承元 TraceListener)
Write(String)

このインスタンスのイベント ログにメッセージを書き込みます。Writes a message to the event log for this instance.

Write(String, String)

TraceListener クラスの実装時に、作成したリスナーにカテゴリ名とメッセージを書き込みます。Writes a category name and a message to the listener you create when you implement the TraceListener class.

(継承元 TraceListener)
WriteIndent()

このクラスの実装時に作成したリスナーにインデントを書き込み、NeedIndent プロパティを false にリセットします。Writes the indent to the listener you create when you implement this class, and resets the NeedIndent property to false.

(継承元 TraceListener)
WriteLine(Object)

ToString() クラスの実装時に、作成したリスナーにオブジェクトの TraceListener メソッドの値と行終端記号を書き込みます。Writes the value of the object's ToString() method to the listener you create when you implement the TraceListener class, followed by a line terminator.

(継承元 TraceListener)
WriteLine(Object, String)

ToString() クラスの実装時に、作成したリスナーにカテゴリ名、オブジェクトの TraceListener メソッドの値、および行終端記号を書き込みます。Writes a category name and the value of the object's ToString() method to the listener you create when you implement the TraceListener class, followed by a line terminator.

(継承元 TraceListener)
WriteLine(String)

このインスタンスのイベント ログにメッセージを書き込みます。Writes a message to the event log for this instance.

WriteLine(String, String)

TraceListener クラスの実装時に、作成したリスナーにカテゴリ名、メッセージ、および行終端記号を書き込みます。Writes a category name and a message to the listener you create when you implement the TraceListener class, followed by a line terminator.

(継承元 TraceListener)

適用対象

スレッド セーフ

この型はスレッド セーフです。This type is thread safe.

こちらもご覧ください