EventSchemaTraceListener クラス

定義

エンド ツー エンド イベントのトレース出力またはデバッグ出力を XML エンコードされたスキーマ互換のログ ファイルに転送します。Directs tracing or debugging output of end-to-end events to an XML-encoded, schema-compliant log file.

public ref class EventSchemaTraceListener : System::Diagnostics::TextWriterTraceListener
public class EventSchemaTraceListener : System.Diagnostics.TextWriterTraceListener
type EventSchemaTraceListener = class
    inherit TextWriterTraceListener
Public Class EventSchemaTraceListener
Inherits TextWriterTraceListener
継承

クラスのEventSchemaTraceListener使用方法を次のコード例に示します。The following code example demonstrates how to use the EventSchemaTraceListener class.


///////////////////////////////////////////////////////////////////////
//
// EventSchemaTraceListener.cpp : main project file.
// Expected Output:
// 1)
//      EventSchemaTraceListener CPP Sample
//
//      IsThreadSafe? True
//      BufferSize =  65536
//      MaximumFileSize =  20480000
//      MaximumNumberOfFiles =  2
//      Name =  eventListener
//      TraceLogRetentionOption = LimitedCircularFiles
//      TraceOutputOptions = DateTime, Timestamp, ProcessId
//
//      Press the enter key to exit
//
// 2) An output file is created named TraceOutput.xml.  It will be
//    opened and displayed in Microsoft Notepad.
//
// NOTE 1:
//  Under certain circumstances, the VS C++ compiler will treat
//          Console::WriteLine("MyText = " + MyVar);
//        differently then the VS CSharp compiler.
//        The C++ compiler will produce error C3063, whereas the 
//        CSharp compiler accepts the statement.
//        This occurs when the VS C++ compiler cannot determine the
//        datatype of "MyVar" because it is an enumeration type.
//        The solution is:
//        Use either of the following two methods:
//          Console::WriteLine("MyText = {0} " , MyVar);
//          Console::WriteLine("MyText =  " + MyVar.ToString());
//
//        Although not specific to this particular pieces of code,
//        this is demonstrated below in the Display function:  The
//        last two members, TraceLogRetentionOption, and
//        TraceOutputOptions, are enumerations, and cannot simply be
//        concatenated into Console::WriteLine.
//
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
#using <System.dll>
#using <System.Core.dll>

#define NOCONFIGFILE 1
using namespace System;
using namespace System::IO;
using namespace System::Diagnostics;


[STAThreadAttribute]
void main()
{
    Console::WriteLine("EventSchemaTraceListener CPP Sample\n");

    File::Delete("TraceOutput.xml");
    TraceSource ^ ts = gcnew TraceSource("TestSource");


#if NOCONFIGFILE
    ts->Listeners->Add(gcnew EventSchemaTraceListener("TraceOutput.xml",
                            "eventListener", 65536,
                            TraceLogRetentionOption::LimitedCircularFiles,
                            20480000, 2));
    ts->Listeners["eventListener"]->TraceOutputOptions =
                                    TraceOptions::DateTime |
                                    TraceOptions::ProcessId |
                                    TraceOptions::Timestamp;
#endif

    EventSchemaTraceListener ^ ESTL =
               (EventSchemaTraceListener^)(ts->Listeners["eventListener"]);


    Console::WriteLine("IsThreadSafe?            = " + ESTL->IsThreadSafe);
    Console::WriteLine("BufferSize               = " + ESTL->BufferSize);
    Console::WriteLine("MaximumFileSize          = " + ESTL->MaximumFileSize);
    Console::WriteLine("MaximumNumberOfFiles     = " + ESTL->MaximumNumberOfFiles);
    Console::WriteLine("Name                     = " + ESTL->Name);
    Console::WriteLine("TraceLogRetentionOption  = " + ESTL->TraceLogRetentionOption.ToString());
    Console::WriteLine("TraceOutputOptions       = {0}\n", ESTL->TraceOutputOptions);

    ts->Switch->Level = SourceLevels::All;
    String ^ testString = "<Test><InnerElement Val=\"1\" />"
                        + "<InnerElement Val=\"Data\"/>"
                        + "<AnotherElement>11</AnotherElement></Test>";

    UnescapedXmlDiagnosticData ^ unXData = gcnew UnescapedXmlDiagnosticData(testString);
    ts->TraceData(TraceEventType::Error, 38, unXData);
    ts->TraceEvent(TraceEventType::Error, 38, testString);
    ts->Flush();
    ts->Close();

    Process::Start("notepad.exe", "TraceOutput.xml");
    Console::WriteLine("\nPress the enter key to exit");
    Console::ReadLine();
}
#define NOCONFIGFILE
using System;
using System.IO;
using System.Xml;
using System.Xml.XPath;
using System.Diagnostics;

class testClass
{
    [STAThreadAttribute]
    static void Main()
    {
        File.Delete("TraceOutput.xml");
        TraceSource ts = new TraceSource("TestSource");
#if NOCONFIGFILE
        //ts.Listeners.Add(new EventSchemaTraceListener("TraceOutput.xml", "eventListener", 65536, TraceLogRetentionOption.LimitedCircularFiles, 20480000, 2));
        ts.Listeners.Add(new EventSchemaTraceListener("TraceOutput.xml", "eventListener"));
        ts.Listeners["eventListener"].TraceOutputOptions = TraceOptions.DateTime | TraceOptions.ProcessId | TraceOptions.Timestamp;
#endif
        ts.Switch.Level = SourceLevels.All;
        string testString = "<Test><InnerElement Val=\"1\" /><InnerElement Val=\"Data\"/><AnotherElement>11</AnotherElement></Test>";
        UnescapedXmlDiagnosticData unXData = new UnescapedXmlDiagnosticData(testString);
        ts.TraceData(TraceEventType.Error, 38, unXData);
        ts.TraceEvent(TraceEventType.Error, 38, testString);
        Trace.Listeners.Add(new EventSchemaTraceListener("TraceOutput.xml"));
        Trace.Write("test", "test");
        Trace.Flush();
        ts.Flush();
        ts.Close();
        DisplayProperties(ts);
        Process.Start("notepad.exe", "TraceOutput.xml");
        Console.WriteLine("Press the enter key to exit");
        Console.ReadLine();
    }
    private static void DisplayProperties(TraceSource ts)
    {
        Console.WriteLine("IsThreadSafe? " + ((EventSchemaTraceListener)ts.Listeners["eventListener"]).IsThreadSafe);
        Console.WriteLine("BufferSize =  " + ((EventSchemaTraceListener)ts.Listeners["eventListener"]).BufferSize);
        Console.WriteLine("MaximumFileSize =  " + ((EventSchemaTraceListener)ts.Listeners["eventListener"]).MaximumFileSize);
        Console.WriteLine("MaximumNumberOfFiles =  " + ((EventSchemaTraceListener)ts.Listeners["eventListener"]).MaximumNumberOfFiles);
        Console.WriteLine("Name =  " + ((EventSchemaTraceListener)ts.Listeners["eventListener"]).Name);
        Console.WriteLine("TraceLogRetentionOption =  " + ((EventSchemaTraceListener)ts.Listeners["eventListener"]).TraceLogRetentionOption);
        Console.WriteLine("TraceOutputOptions =  " + ((EventSchemaTraceListener)ts.Listeners["eventListener"]).TraceOutputOptions);
    }
}
#Const NOCONFIGFILE = True
Imports System.IO
Imports System.Xml
Imports System.Xml.XPath
Imports System.Diagnostics

Class testClass

    <STAThreadAttribute()> _
    Shared Sub Main()
        File.Delete("TraceOutput.xml")
        Dim ts As New TraceSource("TestSource")
#If NOCONFIGFILE Then
        ts.Listeners.Add(New EventSchemaTraceListener("TraceOutput.xml", "eventListener", 65536, TraceLogRetentionOption.LimitedCircularFiles, 20480000, 2))
        ts.Listeners("eventListener").TraceOutputOptions = TraceOptions.DateTime Or TraceOptions.ProcessId Or TraceOptions.Timestamp
#End If
        ts.Switch.Level = SourceLevels.All
        Dim testString As String = "<Test><InnerElement Val=""1"" /><InnerElement Val=""Data""/><AnotherElement>11</AnotherElement></Test>"
        Dim unXData As New UnescapedXmlDiagnosticData(testString)
        ts.TraceData(TraceEventType.Error, 38, unXData)
        ts.TraceEvent(TraceEventType.Error, 38, testString)
        ts.Flush()
        ts.Close()
        DisplayProperties(ts)
        Process.Start("notepad.exe", "TraceOutput.xml")
        Console.WriteLine("Press the enter key to exit")
        Console.ReadLine()

    End Sub

    Private Shared Sub DisplayProperties(ByVal ts As TraceSource)
        Console.WriteLine("IsThreadSafe? " + CType(ts.Listeners("eventListener"), EventSchemaTraceListener).IsThreadSafe.ToString())
        Console.WriteLine("BufferSize =  " + CType(ts.Listeners("eventListener"), EventSchemaTraceListener).BufferSize.ToString())
        Console.WriteLine("MaximumFileSize =  " + CType(ts.Listeners("eventListener"), EventSchemaTraceListener).MaximumFileSize.ToString())
        Console.WriteLine("MaximumNumberOfFiles =  " + CType(ts.Listeners("eventListener"), EventSchemaTraceListener).MaximumNumberOfFiles.ToString())
        Console.WriteLine("Name =  " + CType(ts.Listeners("eventListener"), EventSchemaTraceListener).Name)
        Console.WriteLine("TraceLogRetentionOption =  " + CType(ts.Listeners("eventListener"), EventSchemaTraceListener).TraceLogRetentionOption.ToString())
        Console.WriteLine("TraceOutputOptions =  " + CType(ts.Listeners("eventListener"), EventSchemaTraceListener).TraceOutputOptions.ToString())
    End Sub
End Class

注釈

クラスEventSchemaTraceListenerは、スキーマに準拠したエンドツーエンドのイベントのトレースを提供します。The EventSchemaTraceListener class provides tracing of end-to-end schema-compliant events. スレッド、 AppDomainプロセス、およびコンピューターの境界を越える異種コンポーネントがあるシステムでは、エンドツーエンドのトレースを使用できます。You can use end-to-end tracing for a system that has heterogeneous components that cross thread, AppDomain, process, and computer boundaries. 標準化されたイベントスキーマ (イベントコンシューマーのイベント表現を参照) は、これらの境界を越えてトレースを有効にするように定義されています。A standardized event schema (see Event Representation for Event Consumers) has been defined to enable tracing across these boundaries. スキーマを使用すると、スキーマに準拠したカスタム要素を追加できます。The schema enables the addition of custom, schema-compliant elements. サービストレースビューアーツール (svctraceviewer.exe)を使用して、イベントデータを表示できます。You can use the Service Trace Viewer Tool (SvcTraceViewer.exe) to display the event data.

EventSchemaTraceListenerは、ロックを使用しないトレースの暗黙的なサポートにより、ログのパフォーマンスをチューニングします。EventSchemaTraceListener is tuned for logging performance with implicit support for lock-free tracing.

クラスEventSchemaTraceListenerは、トレース情報とデバッグ情報を XML エンコードされたテキストストリームに変換します。The EventSchemaTraceListener class converts tracing and debugging information into an XML-encoded text stream. XML 出力の説明については、後の表を参照してください。The description of the XML output is shown in the tables later in this section.

アプリケーション構成ファイルを使用しEventSchemaTraceListenerてオブジェクトを有効または無効にしてから、 EventSchemaTraceListenerアプリケーションで構成されたオブジェクトを使用することができます。You can enable or disable an EventSchemaTraceListener object through the application configuration file, and then use the configured EventSchemaTraceListener object in your application. または、コード内にEventSchemaTraceListenerオブジェクトを作成することもできます。Alternately, you can create an EventSchemaTraceListener object in your code. トレースリスナーは、アプリケーション構成ファイルで有効にすることをお勧めします。We recommend that you enable trace listeners through the application configuration file. トレースとデバッグの構成ファイルの使用の詳細については、「トレースとデバッグの設定スキーマ」を参照してください。For information about the use of configuration files for tracing and debugging, see Trace and Debug Settings Schema.

EventSchemaTraceListenerオブジェクトを構成するには、アプリケーションの名前に対応する構成ファイルを変更します。To configure an EventSchemaTraceListener object, modify the configuration file that corresponds to the name of your application. このファイルでは、リスナーのプロパティを追加、削除、または設定できます。In this file, you can add, remove, or set the properties for a listener. 構成ファイルは次のように書式設定する必要があります。The configuration file should be formatted as follows:

<configuration>  
    <system.diagnostics>  
        <sources>  
            <source name="TestSource" >  
                <listeners>  
                    <!--Remove the default trace listener for better performance.-->  
                    <remove name="Default"/>  
                    <!--Note: Removing the default trace listener prevents the dialog box   
                    from being displayed for Debug.Fail or Debug.Assert commands that are   
                    executed in user mode.-->  
                    <add name="eventListener"   
                      type="System.Diagnostics.EventSchemaTraceListener,  system.core"  
                      initializeData="TraceOutput.xml"   
                      traceOutputOptions="ProcessId, DateTime, Timestamp"   
                      bufferSize="65536"  
                      maximumFileSize="20480000"  
                      logRetentionOption="LimitedCircularFiles"  
                      maximumNumberOfFiles="2"/>  
                </listeners>  
            </source>  
        </sources>  
    </system.diagnostics>  

クラスEventSchemaTraceListenerは、基本FilterクラスTraceListenerからプロパティを継承します。The EventSchemaTraceListener class inherits the Filter property from the base class TraceListener. プロパティFilterを使用すると、リスナーで追加のレベルのトレース出力フィルター処理を行うことができます。The Filter property allows for an additional level of trace output filtering at the listener. フィルターが存在する場合、 Traceトレースリスナーのメソッドは、フィルターのShouldTraceメソッドを呼び出して、トレースを出力するかどうかを決定します。If a filter is present, the Trace methods of the trace listener call the ShouldTrace method of the filter to determine whether to emit the trace.

使用中または使用できないファイルへの書き込みが試行された場合、GUID サフィックスがファイル名に自動的に追加されます。If an attempt is made to write to a file that is being used or is unavailable, a GUID suffix is automatically added to the file name.

注意

リスナーメソッドはDebug、、 Trace、およびTraceSourceの各クラスのメソッドによって呼び出されることを意図しています。Listener methods are intended to be called by methods of the Debug, Trace, and TraceSource classes. リスナーメソッドは、アプリケーションコードから直接呼び出さないでください。Do not call the listener methods directly from application code. リスナーは、主にTraceSourceクラスでの使用を目的としています。 EventSchemaTraceListenerThe EventSchemaTraceListener listener is primarily intended for use by the TraceSource class.

次の表では、XML 出力の要素と属性について説明します。The following table describes the elements and attributes of the XML output.

要素Element 属性Attributes OutputOutput メモNotes
CallStack NoneNone プロパティにフラグがCallstackあるかどうかによって異なります。 TraceOutputOptionsDepends on the presence of the Callstack flag in the TraceOutputOptions property. > や < などの特殊文字は、エスケープシーケンスに置き換えられます。Special characters such as > or < are replaced with escape sequences. 次の表のエスケープ文字変換テーブルを参照してください。See the escaped character translation table in the next table.
Computer NoneNone 常に存在します。Always present. この要素は、 MachineNameプロパティの値を表します。This element represents the value of the MachineName property.
Correlation ActivityID 常に存在します。Always present. ActivityID指定しない場合、既定値は空の GUID になります。If ActivityID is not specified, the default is an empty GUID.
RelatedActivityID Traceメソッド呼び出しのrelatedActivityIdパラメーターの有無によって異なります。Depends on the presence of the relatedActivityId parameter in the Trace method call. 属性RelatedActivityIDは、 TraceTransferメソッドのrelatedActivityIdパラメーターに対応します。The RelatedActivityID attribute corresponds to the relatedActivityId parameter of the TraceTransfer method.
Data NoneNone 常に存在します。Always present. この要素は、パラメーター入力data() を表します。This element represents parameter input (data). データオブジェクトごとに1つの要素が用意されています。One element is provided for each data object. イベントログの場合、要素にはDataエスケープされた XML データが含まれます。In the case of event logs, the Data element contains escaped XML data. データログの場合、要素にはDataエスケープされていないデータが含まれます。In the case of data logs, the Data element contains unescaped data. データログ出力では、 ToString渡されたデータオブジェクトのメソッドを使用します。The data log output uses the ToString method of the passed-in data objects.
Event NoneNone 常に存在します。Always present. この要素にはトレースイベントが含まれています。This element contains a trace event.
EventData NoneNone イベントログ用に存在します。Present for event logs. この要素は、パラメーター入力message( args、) を表します。This element represents parameter input (message, args). これにDataは、メソッドをTraceEvent呼び出すことによって作成される、エスケープされた XML データを含む要素が含まれます。It contains Data elements with escaped XML data that is created by calling the TraceEvent method.
EventID NoneNone 常に存在します。Always present. この要素は、パラメーター入力id() を表します。This element represents parameter input (id).
Execution ProcessID プロパティにフラグがProcessIdあるかどうかによって異なります。 TraceOutputOptionsDepends on the presence of the ProcessId flag in the TraceOutputOptions property. 属性は、 TraceEventCacheで指定します。 ProcessIDThe ProcessID attribute is specified in the TraceEventCache. Microsoft windows 98 および windows Millennium Edition のオペレーティングシステムでは、 ProcessIDが2147483647よりも大きい場合は、負の数を表す正の値であり、正しいプロセス識別子を取得するために変換する必要があります。On the Microsoft Windows 98 and Windows Millennium Edition operating systems, if ProcessID is larger than 2,147,483,647, it is a positive representation of a negative number and should be converted to obtain the correct process identifier.
ThreadID が存在ProcessIDする場合に存在します。Present when ProcessID is present. 属性は、 TraceEventCacheで指定します。 ThreadIDThe ThreadID attribute is specified in the TraceEventCache.
Level NoneNone 常に存在します。Always present. この要素は、パラメーターの入力値 (のeventType数値) を表します。This element represents parameter input (the numeric value of eventType). 255より大きいパラメーター値は、を表すTraceEventType.Informationレベル8として出力されます。Parameter values that are larger than 255 are output as a level 8, which represents TraceEventType.Information. トレースイベントのCritical種類Error VerboseWarning、、 、およびは、それぞれレベル1、2、4、8、および10として出力Informationされます。Trace event types Critical, Error, Warning, Information, and Verbose are output as levels 1, 2, 4, 8, and 10, respectively.
LogicalOperationStack NoneNone プロパティにフラグがLogicalOperationStackあるかどうかによって異なります。 TraceOutputOptionsDepends on the presence of the LogicalOperationStack flag in the TraceOutputOptions property. 1つの論理操作しか存在できません。Only one logical operation can exist. したがって、値は要素のLogicalOperation LogicalOperationStack下にノードとして書き込まれます。Therefore, the values are written as LogicalOperation nodes under the LogicalOperationStack element.
OpCode NoneNone が 255 Levelより大きい場合に存在します。Present when Level is greater than 255. この要素は、255より大きい数値を持つトレースイベントの種類を表します。This element represents Trace event types that have numeric values greater than 255. StartStop、 、Resume、またTransferはは、それぞれレベル1、2、4、8、および10として出力されます。 SuspendStart, Stop, Suspend, Resume, or Transfer are output as levels 1, 2, 4, 8, and 10, respectively.
Provider GUID 常に存在します。Always present. 常に空です。Always empty.
RenderingInfo Culture 常に存在します。Always present. この属性は、イベントの種類のリソース文字列を表します。This attribute represents a resource string for the event type. 常に "en\" になります。It is always "en-EN\".
System Name 常に存在します。Always present.
TimeCreated SystemTime プロパティにフラグがDateTimeあるかどうかによって異なります。 TraceOutputOptionsDepends on the presence of the DateTime flag in the TraceOutputOptions property. Time は、 TraceEventCache.DateTimeプロパティの値です。The time is the value of the TraceEventCache.DateTime property. このプロパティは協定世界時として表されます。This property is expressed as Coordinated Universal Time
TimeStamp NoneNone プロパティにフラグがTimestampあるかどうかによって異なります。 TraceOutputOptionsDepends on the presence of the Timestamp flag in the TraceOutputOptions property. この要素は、 TraceEventCacheで指定します。This element is specified in the TraceEventCache.
UserData NoneNone データログ用に存在します。Present for data logs. この要素にDataTraceData 、エスケープ解除された、ユーザー指定のメソッドのデータを持つ要素が含まれます。This element contains Data elements with unescaped, user-provided data from a TraceData method.

次の表は、XML 出力でエスケープされる文字を示しています。The following table shows the characters that are escaped in the XML output. エスケープは、ユーザー指定のエスケープ解除されたUserDataデータを含む要素を除く、すべての要素と属性で実行されます。Escaping occurs in all the elements and attributes except for the UserData element, which contains user-provided, unescaped data. 要素は、メソッドのTraceData呼び出しの結果です。 UserDataThe UserData element is a result of calls to the TraceData method.

エスケープ文字Escaped character [値]Value
& &
< <
> >
"" "
|'
0xD0xD &#xD;&#xD;
0xA0xA &#XA&#xA;

コンストラクター

EventSchemaTraceListener(String)

指定したファイルをデバッグ出力およびトレース出力の受信者として使用して、EventSchemaTraceListener クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the EventSchemaTraceListener class, using the specified file as the recipient of debugging and tracing output.

EventSchemaTraceListener(String, String)

指定したファイルをデバッグ出力およびトレース出力の受信者として使用し、名前を指定して EventSchemaTraceListener クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the EventSchemaTraceListener class with the specified name, using the specified file as the recipient of debugging and tracing output.

EventSchemaTraceListener(String, String, Int32)

指定したファイルをデバッグ出力およびトレース出力の受信者として使用し、名前とバッファー サイズを指定して EventSchemaTraceListener クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the EventSchemaTraceListener class with the specified name and specified buffer size, using the specified file as the recipient of debugging and tracing output.

EventSchemaTraceListener(String, String, Int32, TraceLogRetentionOption)

指定したログ保持ポリシーを持つ指定したファイルをデバッグ出力およびトレース出力の受信者として使用し、名前とバッファー サイズを指定して EventSchemaTraceListener クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the EventSchemaTraceListener class with the specified name and specified buffer size, using the specified file with the specified log retention policy as the recipient of the debugging and tracing output.

EventSchemaTraceListener(String, String, Int32, TraceLogRetentionOption, Int64)

指定したログ保持ポリシーおよび最大サイズを持つ指定したファイルをデバッグ出力およびトレース出力の受信者として使用し、名前とバッファー サイズを指定して EventSchemaTraceListener クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the EventSchemaTraceListener class with the specified name and specified buffer size, using the specified file with the specified log retention policy and maximum size as the recipient of the debugging and tracing output.

EventSchemaTraceListener(String, String, Int32, TraceLogRetentionOption, Int64, Int32)

指定したログ保持ポリシー、最大サイズ、およびファイル数を持つ指定したファイルをデバッグ出力およびトレース出力の受信者として使用し、名前とバッファー サイズを指定して EventSchemaTraceListener クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the EventSchemaTraceListener class with the specified name and specified buffer size, using the specified file with the specified log retention policy, maximum size, and file count as the recipient of the debugging and tracing output.

プロパティ

Attributes

アプリケーション構成ファイルに定義されているトレース リスナーのカスタム属性を取得します。Gets the custom trace listener attributes defined in the application configuration file.

(継承元 TraceListener)
BufferSize

出力バッファーのサイズを取得します。Gets the size of the output buffer.

Filter

トレース リスナーのトレース フィルターを取得または設定します。Gets or sets the trace filter for the trace listener.

(継承元 TraceListener)
IndentLevel

インデント レベルを取得または設定します。Gets or sets the indent level.

(継承元 TraceListener)
IndentSize

1 つのインデントに含まれるスペースの数を取得または設定します。Gets or sets the number of spaces in an indent.

(継承元 TraceListener)
IsThreadSafe

トレース リスナーがスレッド セーフかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the trace listener is thread safe.

MaximumFileSize

ログ ファイルの最大サイズを取得します。Gets the maximum size of the log file.

MaximumNumberOfFiles

ログ ファイルの最大数を取得します。Gets the maximum number of log files.

Name

この TraceListener の名前を取得または設定します。Gets or sets a name for this TraceListener.

(継承元 TraceListener)
NeedIndent

出力にインデントを設定するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether to indent the output.

(継承元 TraceListener)
TraceLogRetentionOption

ファイルに対するトレース ログ保持オプションを取得します。Gets the trace log retention option for the file.

TraceOutputOptions

トレース出力オプションを取得または設定します。Gets or sets the trace output options.

(継承元 TraceListener)
Writer

ログ ファイルに書き込む基になるテキスト ライターを取得または設定します。Gets or sets the underlying text writer that writes to the log file.

メソッド

Close()

このリスナーのログ ファイルを閉じて、トレース出力またはデバッグ出力を受信しないようにします。Closes the log file for this listener so that it no longer receives tracing or debugging output.

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
Dispose()

TraceListener で使用されるすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the TraceListener.

(継承元 TraceListener)
Dispose(Boolean)

この TextWriterTraceListener オブジェクトを破棄します。Disposes this TextWriterTraceListener object.

(継承元 TextWriterTraceListener)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
Fail(String)

TraceListener クラスを実装した場合、作成したリスナーにエラー メッセージを出力します。Emits an error message to the listener you create when you implement the TraceListener class.

(継承元 TraceListener)
Fail(String, String)

基本的なエラー メッセージおよび詳細なエラー メッセージなどのエラー情報をログ ファイルに書き込みます。Writes error information, including a basic error message and a detailed error message, to the log file.

Flush()

バッファーに格納されたデータをこのリスナーのログ ファイルに書き込みます。Causes buffered data to be written to the log for this listener.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetSupportedAttributes()

トレース リスナーによってサポートされるカスタムの XML 構成属性を取得します。Gets the custom XML configuration attributes that the trace listener supports.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
TraceData(TraceEventCache, String, TraceEventType, Int32, Object)

トレース情報、単一のデータ オブジェクト、およびイベント情報をログ ファイルに書き込みます。Writes trace information, a single data object, and event information to the log file.

TraceData(TraceEventCache, String, TraceEventType, Int32, Object[])

トレース情報、複数のデータ オブジェクト、およびイベント情報をログ ファイルに書き込みます。Writes trace information, multiple data objects, and event information to the log file.

TraceEvent(TraceEventCache, String, TraceEventType, Int32)

トレース情報およびイベント情報をリスナー固有の出力に書き込みます。Writes trace and event information to the listener specific output.

(継承元 TraceListener)
TraceEvent(TraceEventCache, String, TraceEventType, Int32, String)

トレース情報、メッセージ、およびイベント情報をログ ファイルに書き込みます。Writes trace information, a message, and event information to the log file.

TraceEvent(TraceEventCache, String, TraceEventType, Int32, String, Object[])

トレース情報、書式設定されたメッセージ、およびイベント情報をログ ファイルに書き込みます。Writes trace information, a formatted message, and event information to the log file.

TraceTransfer(TraceEventCache, String, Int32, String, Guid)

関連するアクティビティ ID などのトレース情報、メッセージ、およびイベント情報をログ ファイルに書き込みます。Writes trace information, including the identity of a related activity, a message, and event information, to the log file.

Write(Object)

オブジェクトの ToString() メソッドの値を、TraceListener クラスを実装した時に作成したリスナーに書き込みます。Writes the value of the object's ToString() method to the listener you create when you implement the TraceListener class.

(継承元 TraceListener)
Write(Object, String)

カテゴリ名と、オブジェクトの ToString() メソッドの値を、TraceListener クラスを実装するときに作成したリスナーに書き込みます。Writes a category name and the value of the object's ToString() method to the listener you create when you implement the TraceListener class.

(継承元 TraceListener)
Write(String)

メッセージを追加のコンテキスト情報なしでログ ファイルに書き込みます。Writes a message to the log file without providing any additional context information.

Write(String, String)

TraceListener クラスを実装した時に作成したリスナーにカテゴリ名とメッセージを書き込みます。Writes a category name and a message to the listener you create when you implement the TraceListener class.

(継承元 TraceListener)
WriteIndent()

このクラスの実装時に作成したリスナーにインデントを書き込み、NeedIndent プロパティを false にリセットします。Writes the indent to the listener you create when you implement this class, and resets the NeedIndent property to false.

(継承元 TraceListener)
WriteLine(Object)

ToString() クラスの実装時に作成したリスナーにオブジェクトの TraceListener メソッドの値と行終端記号を書き込みます。Writes the value of the object's ToString() method to the listener you create when you implement the TraceListener class, followed by a line terminator.

(継承元 TraceListener)
WriteLine(Object, String)

ToString() クラスの実装時に作成したリスナーにカテゴリ名、オブジェクトの TraceListener メソッドの値、および行終端記号を書き込みます。Writes a category name and the value of the object's ToString() method to the listener you create when you implement the TraceListener class, followed by a line terminator.

(継承元 TraceListener)
WriteLine(String)

メッセージを追加のコンテキスト情報なしでログ ファイルに書き込み、続けて現在の行終端記号を書き込みます。Writes a message followed by the current line terminator to the log file without providing any additional context information.

WriteLine(String, String)

TraceListener クラスの実装時に作成したリスナーにカテゴリ名、メッセージ、および行終端記号を書き込みます。Writes a category name and a message to the listener you create when you implement the TraceListener class, followed by a line terminator.

(継承元 TraceListener)

適用対象