PerformanceCounter.CategoryName PerformanceCounter.CategoryName PerformanceCounter.CategoryName PerformanceCounter.CategoryName Property

定義

このパフォーマンス カウンターのパフォーマンス カウンター カテゴリ名を取得または設定します。Gets or sets the name of the performance counter category for this performance counter.

public:
 property System::String ^ CategoryName { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.CategoryValueConverter, System.Design, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.CategoryValueConverter, System.Design, Version=1.0.5000.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.CategoryValueConverter, System.Design, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
[System.ComponentModel.SettingsBindable(true)]
public string CategoryName { get; set; }
member this.CategoryName : string with get, set
Public Property CategoryName As String

プロパティ値

このパフォーマンス カウンターが関連付けられているパフォーマンス カウンター カテゴリ (パフォーマンス オブジェクト) の名前。The name of the performance counter category (performance object) with which this performance counter is associated.

例外

プラットフォームが Windows 98 または Windows Millennium Edition (Me) です。パフォーマンス カウンターはサポートされません。The platform is Windows 98 or Windows Millennium Edition (Me), which does not support performance counters.

次のコード例の既定のインスタンスを作成し、PerformanceCounterクラス。The following code example creates a default instance of the PerformanceCounter class. インスタンスが作成された後、 CategoryNameCounterName、およびInstanceNameプロパティの値は、セット、および呼び出しの結果、NextValueメソッドが表示されます。After the instance is created, the CategoryName, CounterName, and InstanceName property values are set, and the results of a call to the NextValue method are displayed.

PerformanceCounter^ PC = gcnew PerformanceCounter;
PC->CategoryName = "Process";
PC->CounterName = "Private Bytes";
PC->InstanceName = "Explorer";
MessageBox::Show( PC->NextValue().ToString() );
PerformanceCounter PC=new PerformanceCounter();
PC.CategoryName="Process";
PC.CounterName="Private Bytes";
PC.InstanceName="Explorer";
MessageBox.Show(PC.NextValue().ToString());
Dim PC As New PerformanceCounter()
PC.CategoryName = "Process"
PC.CounterName = "Private Bytes"
PC.InstanceName = "Explorer"
MessageBox.Show(PC.NextValue().ToString())

注釈

CategoryNameに表示される、Performance Objectパフォーマンス カウンター マネージャー MMC スナップインのフィールドでのAdd Counter ダイアログ ボックス。The CategoryName is displayed in the Performance Object field of Performance Counter Manager MMC snap in's Add Counter dialog box.

パフォーマンス カウンターは、カテゴリ、またはコンピューター上のパフォーマンス オブジェクトの動作を監視します。A performance counter monitors the behavior of a category, or performance object, on a computer. カテゴリには、(プロセッサ、ディスク、およびメモリ) などの物理コンポーネントとプロセスとスレッド) などのシステム オブジェクトが含まれます。Categories include physical components (such as processors, disks, and memory) and system objects (such as processes and threads). 同じパフォーマンス オブジェクトに関連するシステム カウンターは、共通のフォーカスを示すカテゴリに分類されます。System counters that are related to the same performance object are grouped into a category that indicates their common focus. インスタンスを作成する場合、PerformanceCounterクラス、まずを指定するが、コンポーネントがやり取りすると、およびそのカテゴリからカウンターを選択し、カテゴリ。When you create an instance of the PerformanceCounter class, you first indicate the category with which the component will interact, and then you choose a counter from that category.

たとえば、Windows カウンターの 1 つのカテゴリは、Memory カテゴリです。For example, one Windows counter category is the Memory category. このカテゴリ内のシステム カウンターは、使用できるバイト数とキャッシュのバイト数などのメモリ データを追跡します。System counters within this category track memory data such as the number of bytes available and the number of bytes cached. インスタンスを作成すると、アプリケーションでキャッシュされたバイト数を使用する場合は、PerformanceCounterコンポーネントは、Memory カテゴリに接続およびに適切なカウンター (この例では、キャッシュされたバイト数) でそのカテゴリを選択してください。If you wanted to work with the bytes cached in your application, you would create an instance of the PerformanceCounter component, connect it to the Memory category, and then pick the appropriate counter (in this case, Cached Bytes) from that category.

システム、多くその他のカウンター カテゴリで使用できるカテゴリはおそらくを操作する最も頻繁には、キャッシュ、メモリ、オブジェクト、PhysicalDisk、プロセス、プロセッサ、サーバー、システム、およびスレッドのカテゴリ。Although your system makes many more counter categories available, the categories that you will probably interact with most frequently are the Cache, Memory, Objects, PhysicalDisk, Process, Processor, Server, System, and Thread categories.

適用対象

こちらもご覧ください