PerformanceCounter.CounterType プロパティ

定義

関連付けられているパフォーマンス カウンターのカウンター タイプを取得します。

public:
 property System::Diagnostics::PerformanceCounterType CounterType { System::Diagnostics::PerformanceCounterType get(); };
public System.Diagnostics.PerformanceCounterType CounterType { get; }
member this.CounterType : System.Diagnostics.PerformanceCounterType
Public ReadOnly Property CounterType As PerformanceCounterType

プロパティ値

PerformanceCounterType

カウンターと監視中のアプリケーションがやり取りする方法と、カウンターに格納される値の性質 (計算される値か、計算されない値かなど) の両方を説明する PerformanceCounterType

例外

インスタンスがパフォーマンス カウンターに正しく関連付けられていません。

  • または - グローバル共有メモリを使用する場合、InstanceLifetime プロパティは Process に設定されます。

管理特権を使用せずに実行されているコードがパフォーマンス カウンターの読み取りを試みました。

注釈

PerformanceCounterType列挙には、操作できるパフォーマンス カウンターの種類が含まれています。 一部のカウンターの種類は、システムが取得したカウンター測定値の平均など、計算された値を表します。 その他の型は、生の値または計算されていない値を表します。 次の表に、最も頻繁に操作するカウンターの種類を示します。

カウンターの責任 PerformanceCounterType 値
項目または操作の単純な数を維持します。 NumberOfItems32 32 ビット整数として受信した注文の数を追跡します。
より高い容量の単純な数を維持します。 NumberOfItems64 64 ビット整数として格納される、非常に大量のサイトの注文数を追跡します。
1 秒あたりの項目または操作の数を追跡します。 RateOfCountsPerSecond32 サイトで 1 秒あたりに受信した注文の追跡。
1 秒あたりの項目または操作の容量が多い数を追跡します。 RateOfCountsPerSecond64 大量のサイトで 1 秒あたりに受信した注文の追跡。
プロセスの実行またはアイテムの処理の平均時間を計算する AverageTimer32 注文が処理されるまでの平均時間を計算します。

対応するベース カウンターを使用する必要がある型のカウンターを作成する場合は、メソッドに渡すカウンターとベースを CounterCreationDataCollection 宣言する PerformanceCounterCategory.Create 必要があります。

注意

プロパティの値InstanceLifetimeが、パフォーマンス カウンター カテゴリがProcessバージョン 1.0 または 1.1 .NET Framework作成された場合は、an InvalidOperationException がスローされます。 以前のバージョンで作成されたパフォーマンス カウンター カテゴリはグローバル共有メモリを使用し、値 InstanceLifetimeGlobal. .NET Frameworkのバージョン 1.0 または 1.1 で実行されているアプリケーションでカテゴリが使用されていない場合は、カテゴリを削除して再作成します。

注意

Windows Vista、Windows XP Professional x64 Edition、または Windows Server 2003 のパフォーマンス カウンターを読み取うには、パフォーマンス モニター Users グループのメンバーであるか、管理者特権を持っている必要があります。

Windows Vista のパフォーマンス カウンターにアクセスするために特権を昇格する必要がないようにするには、自分を パフォーマンス モニター Users グループに追加します。

Windows Vista では、ユーザー アカウント制御 (UAC: User Account Control) でユーザーの権限が決定されます。 ユーザーが組み込みの Administrators グループのメンバーである場合、そのユーザーには標準ユーザー アクセス トークンおよび管理者アクセス トークンの 2 つのランタイム アクセス トークンが割り当てられています。 既定では、ユーザーは標準ユーザー ロールに所属します。 パフォーマンス カウンターにアクセスするコードを実行するには、まず特権を標準ユーザーから管理者に昇格させる必要があります。 この操作は、アプリケーションの起動時にアプリケーション アイコンを右クリックし、管理者として実行することを指定して行うことができます。

適用対象

こちらもご覧ください