PerformanceCounter.InstanceName PerformanceCounter.InstanceName PerformanceCounter.InstanceName PerformanceCounter.InstanceName Property

定義

このパフォーマンス カウンターのインスタンス名を取得または設定します。Gets or sets an instance name for this performance counter.

public:
 property System::String ^ InstanceName { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.InstanceNameConverter, System.Design, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.InstanceNameConverter, System.Design, Version=1.0.5000.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.InstanceNameConverter, System.Design, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
[System.ComponentModel.SettingsBindable(true)]
public string InstanceName { get; set; }
member this.InstanceName : string with get, set
Public Property InstanceName As String

プロパティ値

パフォーマンス カウンター カテゴリ インスタンスの名前。単一インスタンス カウンターの場合は空の文字列 ("")。The name of the performance counter category instance, or an empty string (""), if the counter is a single-instance counter.

次のコード例の既定のインスタンスを作成し、PerformanceCounterクラス。The following code example creates a default instance of the PerformanceCounter class. インスタンスが作成された後、 CategoryNameCounterName、およびInstanceNameプロパティの値は、セット、および呼び出しの結果、NextValueメソッドが表示されます。After the instance is created, the CategoryName, CounterName, and InstanceName property values are set, and the results of a call to the NextValue method are displayed.

PerformanceCounter^ PC = gcnew PerformanceCounter;
PC->CategoryName = "Process";
PC->CounterName = "Private Bytes";
PC->InstanceName = "Explorer";
MessageBox::Show( PC->NextValue().ToString() );
PerformanceCounter PC=new PerformanceCounter();
PC.CategoryName="Process";
PC.CounterName="Private Bytes";
PC.InstanceName="Explorer";
MessageBox.Show(PC.NextValue().ToString());
Dim PC As New PerformanceCounter()
PC.CategoryName = "Process"
PC.CounterName = "Private Bytes"
PC.InstanceName = "Explorer"
MessageBox.Show(PC.NextValue().ToString())

注釈

注意

インスタンス名は、長さは 128 文字未満である必要があります。Instance names must be shorter than 128 characters in length.

一部の状況では、カテゴリはインスタンスで、カテゴリに関連するオブジェクトの複数の発生に関するデータを追跡に細分化します。In some situations, categories are subdivided into instances, which track data about multiple occurrences of the object that a category relates to. インスタンスは、個々 のカウンターではなく、カテゴリ全体に適用されます。Instances apply to the category as whole, rather than to individual counters. カテゴリ内の各カウンターには、カテゴリに対して定義されている各インスタンスがあります。Every counter within a category has each instance defined for the category. たとえば、プロセスのカテゴリには、アイドル状態とシステムをという名前のインスタンスが含まれています。For example, the Process category contains instances named Idle and System. プロセス カテゴリ内の各カウンターには、そのため、アイドル プロセスまたはシステム プロセスに関する情報を表示し、インスタンスごとにデータが含まれています。Every counter within the Process category thus contains data for each instance, showing information about either idle processes or system processes.

多くのカテゴリは、複数のインスタンスを含まないため、このプロパティをインスタンスが、カテゴリに関連付けられていないことを示す空のままにすることができます。Many categories do not contain multiple instances, so you can leave this property empty to indicate that no instance is associated with the category.

この場合PerformanceCounter非カスタム カテゴリへのポインターをインスタンス化から既存のカテゴリ インスタンスにのみ選択できます。If this PerformanceCounter instance points to a noncustom category, you can choose from only the existing category instances. カスタムのカテゴリは、必要に応じて、インスタンスを多数のカウンターとカテゴリとして定義することでのみ、新しいカテゴリのインスタンスを作成できます。You can create new category instances only in custom categories, which allow you to define as many counters and category instances as you need.

パフォーマンス カテゴリのインスタンスを作成するには、指定、instanceName上、PerformanceCounterコンス トラクター。To create a performance category instance, specify an instanceName on the PerformanceCounter constructor. 指定されたカテゴリ インスタンスの場合instanceName既に存在する新しいオブジェクトは、既存のカテゴリのインスタンスを参照します。If the category instance specified by instanceName already exists the new object will reference the existing category instance.

注意

文字は使用しないでください「(",」)"、「#」、"\"、またはインスタンス名に「/」。Do not use the characters "(", ")", "#", "\", or "/" in the instance name. パフォーマンス コンソールのこれらの文字を使用する場合 (を参照してくださいランタイム プロファイリング) インスタンスの値を正しく表示されない可能性があります。If any of these characters are used, the Performance Console (see Runtime Profiling) may not correctly display the instance values.

かどうか、インスタンス名が自動的に生成し、文字を含めることがあります「(",」)"、「#」、"\"、または「/」、次の表で文字マッピングを使用します。If the instance name is automatically generated and might contain the characters "(", ")", "#", "\", or "/", use the character mapping in the following table.

文字Character マップされた文字Mapped character
(( [[
)) ]]
#
||
/

FriendlyNameのプロパティ、AppDomainからオブジェクトを取得、AppDomain.CurrentDomainプロパティが無効な文字を含めることができますのインスタンス名の一般的な原因です。The FriendlyName property of the AppDomain object obtained from the AppDomain.CurrentDomain property is a common source of instance names that can contain invalid characters.

適用対象