PerformanceCounter.RemoveInstance PerformanceCounter.RemoveInstance PerformanceCounter.RemoveInstance PerformanceCounter.RemoveInstance Method

定義

PerformanceCounter オブジェクトの InstanceName プロパティで指定されたカテゴリ インスタンスを削除します。Deletes the category instance specified by the PerformanceCounter object InstanceName property.

public:
 void RemoveInstance();
public void RemoveInstance ();
member this.RemoveInstance : unit -> unit
Public Sub RemoveInstance ()

例外

このカウンターは読み取り専用です。そのため、カテゴリに関連付けられたインスタンスは削除できません。This counter is read-only, so any instance that is associated with the category cannot be removed.

または-or- インスタンスがパフォーマンス カウンターに正しく関連付けられていません。The instance is not correctly associated with a performance counter.

または-or- グローバル共有メモリを使用する場合、InstanceLifetime プロパティは Process に設定されます。The InstanceLifetime property is set to Process when using global shared memory.

システム API にアクセス中にエラーが発生しました。An error occurred when accessing a system API.

プラットフォームが Windows 98 または Windows Millennium Edition (Me) です。パフォーマンス カウンターはサポートされません。The platform is Windows 98 or Windows Millennium Edition (Me), which does not support performance counters.

注釈

カスタムのカウンターに対してのみインスタンスを削除することができます。You can remove an instance only for a custom counter. すべてのシステム カウンターは、うち 1 つを削除しようとして例外をスローしますのでは読み取り専用です。All system counters are read-only, so attempting to remove one of them throws an exception.

注意

競合状態を避けるためには、パフォーマンス カウンターの共有メモリが解放されるときに、ことが推奨されます、RemoveInstanceからメソッドを呼び出す、DomainUnloadイベント ハンドラー。To avoid a possible race condition when the performance counter shared memory is released, it is recommended that the RemoveInstance method be called from the DomainUnload event handler.

パフォーマンス カテゴリのインスタンスを作成するには、指定、instanceName上、PerformanceCounterコンス トラクター。To create a performance category instance, specify an instanceName on the PerformanceCounter constructor. 指定されたカテゴリ インスタンスの場合instanceName既に存在する新しいオブジェクトは、既存のカテゴリのインスタンスを参照します。If the category instance specified by instanceName already exists the new object will reference the existing category instance.

注意

場合の値、InstanceLifetimeプロパティはProcessと .NET framework version 1.0 または 1.1 では、パフォーマンス カウンター カテゴリが作成された、InvalidOperationExceptionがスローされます。If the value for the InstanceLifetime property is Process and the performance counter category was created with .NET Framework version 1.0 or 1.1, an InvalidOperationException is thrown. グローバル共有メモリ、およびの値を使用して、以前のバージョンで作成されたパフォーマンス カウンター カテゴリInstanceLifetimeありますGlobalします。Performance counter categories created with earlier versions use global shared memory, and the value for InstanceLifetime must be Global. 1.0 または 1.1、.NET Framework のバージョンで実行されるアプリケーション カテゴリを使用しない場合は、削除して、カテゴリを再作成します。If the category is not used by applications running on versions 1.0 or 1.1 of the .NET Framework, delete and recreate the category.

セキュリティ

PerformanceCounterPermission
パフォーマンス カウンター カテゴリを作成します。for writing the performance counter category. Write (関連する列挙体)Associated enumeration: Write.

適用対象