PerformanceCounterPermission クラス

定義

注意事項

Code Access Security is not supported or honored by the runtime.

PerformanceCounter に対するコード アクセス権の制御を可能にします。

public ref class PerformanceCounterPermission sealed : System::Security::Permissions::ResourcePermissionBase
public sealed class PerformanceCounterPermission : System.Security.Permissions.ResourcePermissionBase
[System.Obsolete("Code Access Security is not supported or honored by the runtime.", DiagnosticId="SYSLIB0003", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")]
public sealed class PerformanceCounterPermission : System.Security.Permissions.ResourcePermissionBase
[System.Serializable]
public sealed class PerformanceCounterPermission : System.Security.Permissions.ResourcePermissionBase
type PerformanceCounterPermission = class
    inherit ResourcePermissionBase
[<System.Obsolete("Code Access Security is not supported or honored by the runtime.", DiagnosticId="SYSLIB0003", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")>]
type PerformanceCounterPermission = class
    inherit ResourcePermissionBase
[<System.Serializable>]
type PerformanceCounterPermission = class
    inherit ResourcePermissionBase
Public NotInheritable Class PerformanceCounterPermission
Inherits ResourcePermissionBase
継承
PerformanceCounterPermission
属性

コンストラクター

PerformanceCounterPermission()

PerformanceCounterPermission クラスの新しいインスタンスを初期化します。

PerformanceCounterPermission(PerformanceCounterPermissionAccess, String, String)

アクセス レベル、使用するコンピューターの名前、およびパフォーマンス カウンターに関連付けられているカテゴリを指定して、PerformanceCounterPermission クラスの新しいインスタンスを初期化します。

PerformanceCounterPermission(PerformanceCounterPermissionEntry[])

アクセス許可のアクセス レベル エントリを指定して、PerformanceCounterPermission クラスの新しいインスタンスを初期化します。

PerformanceCounterPermission(PermissionState)

指定したアクセス許可状態を使用して、PerformanceCounterPermission クラスの新しいインスタンスを初期化します。

フィールド

Any

ワイルドカード文字を表すために使用する文字を指定します。

(継承元 ResourcePermissionBase)
Local

ローカル参照を表すために使用される文字を指定します。

(継承元 ResourcePermissionBase)

プロパティ

PermissionAccessType

リソースに与えているアクセスの種類を記述する列挙値を取得または設定します。

(継承元 ResourcePermissionBase)
PermissionEntries

アクセス許可要求に対するアクセス許可エントリのコレクションを取得します。

TagNames

保護しているリソースを識別する文字列の配列を取得または設定します。

(継承元 ResourcePermissionBase)

メソッド

AddPermissionAccess(ResourcePermissionBaseEntry)

アクセス許可にアクセス許可エントリを追加します。

(継承元 ResourcePermissionBase)
Assert()

呼び出し側コードが、このメソッドを呼び出すコードを通じて、アクセス許可要求によって保護されているリソースにアクセス可能であるということ、それも、スタックの中で上位に位置する呼び出し側にリソースへのアクセス許可が付与されていない場合でさえそれが可能であることを宣言します。 Assert() を使用すると、セキュリティ上の問題が発生することがあります。

(継承元 CodeAccessPermission)
Clear()

追加されたアクセス許可エントリのアクセス許可を削除します。

(継承元 ResourcePermissionBase)
Copy()

現在のアクセス許可オブジェクトのコピーを作成して返します。

(継承元 ResourcePermissionBase)
Demand()

呼び出し履歴の上位にあるすべての呼び出し元に、現在のインスタンスによって指定されているアクセス許可が付与されていない場合、実行時に SecurityException を強制します。

(継承元 CodeAccessPermission)
Deny()
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

呼び出し履歴内の上位の呼び出し元が、このメソッドを呼び出すコードを使用して、現在のインスタンスで指定されたリソースにアクセスしないようにします。

(継承元 CodeAccessPermission)
Equals(Object)

指定した CodeAccessPermission オブジェクトが、現在の CodeAccessPermission と等しいかどうかを判断します。

(継承元 CodeAccessPermission)
FromXml(SecurityElement)

XML エンコードから指定された状態で、セキュリティ オブジェクトを再構築します。

(継承元 ResourcePermissionBase)
GetHashCode()

ハッシュ アルゴリズムや、ハッシュ テーブルのようなデータ構造での使用に適している、CodeAccessPermission オブジェクトのハッシュ コードを取得します。

(継承元 CodeAccessPermission)
GetPermissionEntries()

このアクセス許可に追加された ResourcePermissionBaseEntry オブジェクトの配列を返します。

(継承元 ResourcePermissionBase)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
Intersect(IPermission)

現在のアクセス許可オブジェクトと、対象のアクセス許可オブジェクトの積集合であるアクセス許可オブジェクトを作成して返します。

(継承元 ResourcePermissionBase)
IsSubsetOf(IPermission)

現在のアクセス許可オブジェクトが、指定したアクセス許可のサブセットかどうかを判断します。

(継承元 ResourcePermissionBase)
IsUnrestricted()

アクセス許可が無制限かどうかを示す値を取得します。

(継承元 ResourcePermissionBase)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
PermitOnly()

呼び出し履歴内の上位の呼び出し元が、このメソッドを呼び出すコードでは一切リソースにアクセスできないようにします。ただし、現在のインスタンスで指定されているリソースは例外です。

(継承元 CodeAccessPermission)
RemovePermissionAccess(ResourcePermissionBaseEntry)

アクセス許可からアクセス許可エントリを削除します。

(継承元 ResourcePermissionBase)
ToString()

現在のアクセス許可オブジェクトの文字列形式を作成して返します。

(継承元 CodeAccessPermission)
ToXml()

セキュリティ オブジェクトとその現在の状態の XML エンコーディングを作成して返します。

(継承元 ResourcePermissionBase)
Union(IPermission)

現在のアクセス許可オブジェクトと対象のアクセス許可オブジェクトを結合した、アクセス許可オブジェクトを作成します。

(継承元 ResourcePermissionBase)

適用対象

こちらもご覧ください