Process.OnExited メソッド

定義

Exited イベントを発生させます。Raises the Exited event.

protected:
 void OnExited();
protected void OnExited ();
member this.OnExited : unit -> unit
Protected Sub OnExited ()

次の例は、派生クラスで OnExited メソッドを使用する方法を示しています。The following example shows how to use the OnExited method in a derived class.

using System;
using System.Diagnostics;

class MyProcess : Process
{
    public void Stop()
    {
        this.CloseMainWindow();
        this.Close();
        OnExited();
    } 
}
class StartNotePad
{

    public static void Main(string[] args)
    {
        MyProcess p = new MyProcess();
        p.StartInfo.FileName = "notepad.exe";
        p.EnableRaisingEvents = true;
        p.Exited += new EventHandler(myProcess_HasExited);
        p.Start();
        p.WaitForInputIdle();
        p.Stop();
    }
    private static void myProcess_HasExited(object sender, System.EventArgs e)
    {
        Console.WriteLine("Process has exited.");
    }
}
Imports System.Diagnostics


Class MyProcess
    Inherits Process
    
    Public Sub [Stop]() 
        Me.CloseMainWindow()
        Me.Close()
        OnExited()
    
    End Sub
End Class

Class StartNotePad
    
    
    Public Shared Sub Main(ByVal args() As String) 
        Dim p As New MyProcess()
        p.StartInfo.FileName = "notepad.exe"
        p.EnableRaisingEvents = True
        AddHandler p.Exited, AddressOf myProcess_HasExited
        p.Start()
        p.WaitForInputIdle()
        p.Stop()
    
    End Sub
    
    Private Shared Sub myProcess_HasExited(ByVal sender As Object, ByVal e As System.EventArgs) 
        Console.WriteLine("Process has exited.")
    
    End Sub
End Class

注釈

OnExited は、Exited イベントを発生させる API メソッドです。OnExited is the API method that raises the Exited event. OnExited を呼び出すと、Exited イベントが発生し、Process コンポーネントを使用してイベントを発生させる唯一の方法となります。Calling OnExited causes the Exited event to occur and is the only way to raise the event using the Process component. OnExited は、主にコンポーネントからクラスを派生させるときに使用します。OnExited is primarily used when deriving classes from the component.

OnExitedの代わりに、独自のイベントハンドラーを作成することもできます。As an alternative to OnExited, you can write your own event handler. 独自のイベントハンドラーデリゲートと独自のイベント処理メソッドを作成します。You create your own event handler delegate and your own event-handling method.

注意

Visual Studio 環境を使用している場合は、Process コンポーネントをフォームにドラッグし、アイコンをダブルクリックすると、イベントハンドラーデリゲート (AddOnExited) とイベント処理メソッド (Process1_Exited) が作成されます。If you are using the Visual Studio environment, an event handler delegate (AddOnExited) and an event-handling method (Process1_Exited) are created for you when you drag a Process component onto a form and double-click the icon. Exited イベントが発生したときに実行するように作成したコードは、Process1_Exited プロシージャに入力されます。The code you create to run when the Exited event occurs is entered into the Process1_Exited procedure. OnExited メンバーは、実装されているため、作成する必要はありません。You do not need to create the OnExited member, because it is implemented for you.

イベントを発生させると、イベント ハンドラーがデリゲートから呼び出されます。Raising an event invokes the event handler through a delegate. 概要については、「イベントの処理と発生」を参照してください。For an overview, see Handling and Raising Events.

セキュリティ

LinkDemand
直前の呼び出し元に対する完全な信頼の場合。for full trust for the immediate caller. このメンバーは、部分的に信頼されているコードから使用することはできません。This member cannot be used by partially trusted code.

適用対象

こちらもご覧ください