ProcessStartInfo ProcessStartInfo ProcessStartInfo ProcessStartInfo Class

Definition

プロセスを起動するときに使用する値のセットを指定します。 Specifies a set of values that are used when you start a process.

public ref class ProcessStartInfo sealed
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.ComponentModel.ExpandableObjectConverter))]
public sealed class ProcessStartInfo
type ProcessStartInfo = class
Public NotInheritable Class ProcessStartInfo
Inheritance
ProcessStartInfoProcessStartInfoProcessStartInfoProcessStartInfo
Attributes

Examples

次のコード例は、使用する方法を示します、ProcessStartInfoとして移行先の Url を提供する、Internet Explorer を起動するにはクラスProcessStartInfo引数。The following code example demonstrates how to use the ProcessStartInfo class to start Internet Explorer, providing the destination URLs as ProcessStartInfo arguments.

#using <System.dll>

using namespace System;
using namespace System::Diagnostics;
using namespace System::ComponentModel;

// Opens the Internet Explorer application.
void OpenApplication(String^ myFavoritesPath)
{
    // Start Internet Explorer. Defaults to the home page.
    Process::Start("IExplore.exe");

    // Display the contents of the favorites folder in the browser.
    Process::Start(myFavoritesPath);
}

// Opens urls and .html documents using Internet Explorer.
void OpenWithArguments()
{
    // url's are not considered documents. They can only be opened
    // by passing them as arguments.
    Process::Start("IExplore.exe", "www.northwindtraders.com");

    // Start a Web page using a browser associated with .html and .asp files.
    Process::Start("IExplore.exe", "C:\\myPath\\myFile.htm");
    Process::Start("IExplore.exe", "C:\\myPath\\myFile.asp");
}

// Uses the ProcessStartInfo class to start new processes,
// both in a minimized mode.
void OpenWithStartInfo()
{
    ProcessStartInfo^ startInfo = gcnew ProcessStartInfo("IExplore.exe");
    startInfo->WindowStyle = ProcessWindowStyle::Minimized;
    Process::Start(startInfo);
    startInfo->Arguments = "www.northwindtraders.com";
    Process::Start(startInfo);
}

int main()
{
    // Get the path that stores favorite links.
    String^ myFavoritesPath = Environment::GetFolderPath(Environment::SpecialFolder::Favorites);
    OpenApplication(myFavoritesPath);
    OpenWithArguments();
    OpenWithStartInfo();
}
using System;
using System.Diagnostics;
using System.ComponentModel;

namespace MyProcessSample
{
    class MyProcess
    {
        // Opens the Internet Explorer application.
        void OpenApplication(string myFavoritesPath)
        {
            // Start Internet Explorer. Defaults to the home page.
            Process.Start("IExplore.exe");

            // Display the contents of the favorites folder in the browser.
            Process.Start(myFavoritesPath);
        }
        
        // Opens urls and .html documents using Internet Explorer.
        void OpenWithArguments()
        {
            // url's are not considered documents. They can only be opened
            // by passing them as arguments.
            Process.Start("IExplore.exe", "www.northwindtraders.com");

            // Start a Web page using a browser associated with .html and .asp files.
            Process.Start("IExplore.exe", "C:\\myPath\\myFile.htm");
            Process.Start("IExplore.exe", "C:\\myPath\\myFile.asp");
        }

        // Uses the ProcessStartInfo class to start new processes,
        // both in a minimized mode.
        void OpenWithStartInfo()
        {
            ProcessStartInfo startInfo = new ProcessStartInfo("IExplore.exe");
            startInfo.WindowStyle = ProcessWindowStyle.Minimized;

            Process.Start(startInfo);

            startInfo.Arguments = "www.northwindtraders.com";

            Process.Start(startInfo);
        }

        static void Main()
        {
            // Get the path that stores favorite links.
            string myFavoritesPath =
                Environment.GetFolderPath(Environment.SpecialFolder.Favorites);

            MyProcess myProcess = new MyProcess();

            myProcess.OpenApplication(myFavoritesPath);
            myProcess.OpenWithArguments();
            myProcess.OpenWithStartInfo();
        }
    }
}
Imports System.Diagnostics
Imports System.ComponentModel

Namespace MyProcessSample
    Class MyProcess
        ' Opens the Internet Explorer application.
        Public Sub OpenApplication(myFavoritesPath As String)
            ' Start Internet Explorer. Defaults to the home page.
            Process.Start("IExplore.exe")

            ' Display the contents of the favorites folder in the browser.
            Process.Start(myFavoritesPath)
        End Sub 'OpenApplication

        ' Opens urls and .html documents using Internet Explorer.
        Sub OpenWithArguments()
            ' url's are not considered documents. They can only be opened
            ' by passing them as arguments.
            Process.Start("IExplore.exe", "www.northwindtraders.com")

            ' Start a Web page using a browser associated with .html and .asp files.
            Process.Start("IExplore.exe", "C:\myPath\myFile.htm")
            Process.Start("IExplore.exe", "C:\myPath\myFile.asp")
        End Sub 'OpenWithArguments

        ' Uses the ProcessStartInfo class to start new processes,
        ' both in a minimized mode.
        Sub OpenWithStartInfo()
            Dim startInfo As New ProcessStartInfo("IExplore.exe")
            startInfo.WindowStyle = ProcessWindowStyle.Minimized

            Process.Start(startInfo)

            startInfo.Arguments = "www.northwindtraders.com"

            Process.Start(startInfo)
        End Sub 'OpenWithStartInfo

        Shared Sub Main()
            ' Get the path that stores favorite links.
            Dim myFavoritesPath As String = Environment.GetFolderPath(Environment.SpecialFolder.Favorites)

            Dim myProcess As New MyProcess()

            myProcess.OpenApplication(myFavoritesPath)
            myProcess.OpenWithArguments()
            myProcess.OpenWithStartInfo()
        End Sub 'Main
    End Class 'MyProcess
End Namespace 'MyProcessSample

Remarks

ProcessStartInfo と共に使用、Processコンポーネント。ProcessStartInfo is used together with the Process component. 使用してプロセスを開始すると、Processクラス、実行中のプロセスにアタッチするときに、また使用可能な情報をプロセスへのアクセスがあります。When you start a process using the Process class, you have access to process information in addition to that available when attaching to a running process.

使用することができます、ProcessStartInfoクラスを開始するプロセスを細かく制御を強化します。You can use the ProcessStartInfo class for better control over the process you start. 以上で設定する必要があります、FileNameプロパティか、手動でまたはコンス トラクターを使用します。You must at least set the FileName property, either manually or using the constructor. ファイル名とは、アプリケーションまたはドキュメントです。The file name is any application or document. ここでは、ドキュメントは、開いているファイルの種類または既定のアクションが関連付けられている定義します。Here a document is defined to be any file type that has an open or default action associated with it. 表示する登録されているファイルの種類とその関連付けられているアプリケーション、コンピューターを使用して、フォルダー オプションダイアログ ボックスで、オペレーティング システムを使用します。You can view registered file types and their associated applications for your computer by using the Folder Options dialog box, which is available through the operating system. 詳細ボタンが登録されている特定のファイルの種類に関連付けられた開いているアクションがあるかどうかを示すダイアログ ボックスにつながります。The Advanced button leads to a dialog box that shows whether there is an open action associated with a specific registered file type.

さらに、そのファイルを実行するアクションを定義するその他のプロパティを設定することができます。In addition, you can set other properties that define actions to take with that file. 型に固有の値を指定することができます、FileNameプロパティをVerbプロパティ。You can specify a value specific to the type of the FileName property for the Verb property. たとえば、ドキュメントの種類の"print"を指定できます。For example, you can specify "print" for a document type. さらに、指定Argumentsプロパティ値をファイルの open プロシージャに渡すコマンドライン引数として指定できます。Additionally, you can specify Arguments property values to be command-line arguments to pass to the file's open procedure. テキスト エディター アプリケーションを指定する場合など、FileNameプロパティを使用できます、Argumentsプロパティ エディターで開かれているテキスト ファイルを指定します。For example, if you specify a text editor application in the FileName property, you can use the Arguments property to specify a text file to be opened by the editor.

標準入力は、キーボードでは通常、標準出力と標準エラーは、モニター画面では、通常。Standard input is usually the keyboard, and standard output and standard error are usually the monitor screen. ただし、使用することができます、 RedirectStandardInputRedirectStandardOutput、およびRedirectStandardErrorプロパティをプロセスからの入力を取得したり、ファイルまたはその他のデバイスに出力を返します。However, you can use the RedirectStandardInput, RedirectStandardOutput, and RedirectStandardError properties to cause the process to get input from or return output to a file or other device. 使用する場合、 StandardInputStandardOutput、またはStandardErrorプロパティをProcessコンポーネント、する必要がありますまず対応する値に設定、ProcessStartInfoプロパティ。If you use the StandardInput, StandardOutput, or StandardError properties on the Process component, you must first set the corresponding value on the ProcessStartInfo property. それ以外の場合、システムは、ストリームに読み書きするときに、例外をスローします。Otherwise, the system throws an exception when you read or write to the stream.

設定、UseShellExecuteオペレーティング システムのシェルを使用して、プロセスを開始するかどうかを指定するプロパティ。Set the UseShellExecute property to specify whether to start the process by using the operating system shell. 場合UseShellExecuteに設定されているfalse、新しいプロセスは標準出力、標準の入力を継承し、呼び出し元の標準エラー ストリームを処理しない限り、 RedirectStandardInputRedirectStandardOutput、またはRedirectStandardErrorそれぞれのプロパティに設定されますtrue.If UseShellExecute is set to false, the new process inherits the standard input, standard output, and standard error streams of the calling process, unless the RedirectStandardInput, RedirectStandardOutput, or RedirectStandardError properties, respectively, are set to true.

いずれかの値を変更するProcessStartInfoプロセスが開始された時点までのプロパティ。You can change the value of any ProcessStartInfo property up to the time that the process starts. プロセスを開始した後は、これらの値の変更も効果はありません。After you start the process, changing these values has no effect.

注意

このクラスには、すべてのメンバーに適用されるクラス レベルのリンク確認要求が含まれています。This class contains a link demand at the class level that applies to all members. ASecurityException直前の呼び出し元が完全信頼アクセス許可を持たない場合にスローされます。A SecurityException is thrown when the immediate caller does not have full-trust permission. セキュリティ要求の詳細については、次を参照してください。リンク確認要求します。For details about security demands, see Link Demands.

Constructors

ProcessStartInfo() ProcessStartInfo() ProcessStartInfo() ProcessStartInfo()

プロセスを起動するときに使用するファイル名を指定せずに、ProcessStartInfo クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the ProcessStartInfo class without specifying a file name with which to start the process.

ProcessStartInfo(String) ProcessStartInfo(String) ProcessStartInfo(String) ProcessStartInfo(String)

ProcessStartInfo クラスの新しいインスタンスを初期化し、アプリケーションやドキュメントなど、プロセスを起動するときに使用するファイル名を指定します。 Initializes a new instance of the ProcessStartInfo class and specifies a file name such as an application or document with which to start the process.

ProcessStartInfo(String, String) ProcessStartInfo(String, String) ProcessStartInfo(String, String) ProcessStartInfo(String, String)

プロセスを起動するときに使用するアプリケーション ファイル名およびアプリケーションに渡すコマンド ライン引数のセットを指定して、ProcessStartInfo クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the ProcessStartInfo class, specifies an application file name with which to start the process, and specifies a set of command-line arguments to pass to the application.

Properties

ArgumentList ArgumentList ArgumentList ArgumentList

アプリケーションを起動するときに使用するコマンド ライン引数のコレクションを取得します。 Gets a collection of command-line arguments to use when starting the application.

Arguments Arguments Arguments Arguments

アプリケーションを起動するときに使用するコマンド ライン引数のセットを取得または設定します。 Gets or sets the set of command-line arguments to use when starting the application.

CreateNoWindow CreateNoWindow CreateNoWindow CreateNoWindow

プロセスを新しいウィンドウで起動するかどうかを示す値を取得または設定します。 Gets or sets a value indicating whether to start the process in a new window.

Domain Domain Domain Domain

プロセスを開始するときに使用されるドメインを指定する値を取得または設定します。 Gets or sets a value that identifies the domain to use when starting the process. この値が null の場合は、UserName プロパティを UPN 形式で指定する必要があります。 If this value is null, the UserName property must be specified in UPN format.

Environment Environment Environment Environment

このプロセスと子のプロセスに適用される環境変数を取得します。 Gets the environment variables that apply to this process and its child processes.

EnvironmentVariables EnvironmentVariables EnvironmentVariables EnvironmentVariables

ファイルの検索パス、一時ファイルのディレクトリ、アプリケーション固有のオプションなどの情報を取得します。 Gets search paths for files, directories for temporary files, application-specific options, and other similar information.

ErrorDialog ErrorDialog ErrorDialog ErrorDialog

プロセスを起動できなかったときにエラー ダイアログ ボックスを表示するかどうかを示す値を取得または設定します。 Gets or sets a value indicating whether an error dialog box is displayed to the user if the process cannot be started.

ErrorDialogParentHandle ErrorDialogParentHandle ErrorDialogParentHandle ErrorDialogParentHandle

プロセスを起動できないときにエラー ダイアログ ボックスを表示するのに使用するウィンドウ ハンドルを取得または設定します。 Gets or sets the window handle to use when an error dialog box is shown for a process that cannot be started.

FileName FileName FileName FileName

起動するアプリケーションまたはドキュメントを取得または設定します。 Gets or sets the application or document to start.

LoadUserProfile LoadUserProfile LoadUserProfile LoadUserProfile

Windows ユーザー プロファイルをレジストリから読み込むかどうかを示す値を取得または設定します。 Gets or sets a value that indicates whether the Windows user profile is to be loaded from the registry.

Password Password Password Password

プロセスを開始するときに使用するユーザー パスワードを格納するセキュリティ文字列を取得または設定します。 Gets or sets a secure string that contains the user password to use when starting the process.

PasswordInClearText PasswordInClearText PasswordInClearText PasswordInClearText

プロセスの開始時に使用する、クリア テキストのユーザーのパスワードを取得または設定します。 Gets or sets the user password in clear text to use when starting the process.

RedirectStandardError RedirectStandardError RedirectStandardError RedirectStandardError

アプリケーションのエラー出力を StandardError ストリームに書き込むかどうかを示す値を取得または設定します。 Gets or sets a value that indicates whether the error output of an application is written to the StandardError stream.

RedirectStandardInput RedirectStandardInput RedirectStandardInput RedirectStandardInput

アプリケーションの入力を StandardInput ストリームから読み取るかどうかを示す値を取得または設定します。 Gets or sets a value indicating whether the input for an application is read from the StandardInput stream.

RedirectStandardOutput RedirectStandardOutput RedirectStandardOutput RedirectStandardOutput

アプリケーションのテキスト出力を StandardOutput ストリームに書き込むかどうかを示す値を取得または設定します。 Gets or sets a value that indicates whether the textual output of an application is written to the StandardOutput stream.

StandardErrorEncoding StandardErrorEncoding StandardErrorEncoding StandardErrorEncoding

エラー出力に最適なエンコーディングを取得または設定します。 Gets or sets the preferred encoding for error output.

StandardInputEncoding StandardInputEncoding StandardInputEncoding StandardInputEncoding
StandardOutputEncoding StandardOutputEncoding StandardOutputEncoding StandardOutputEncoding

標準出力に最適なエンコーディングを取得または設定します。 Gets or sets the preferred encoding for standard output.

UserName UserName UserName UserName

プロセスを開始するときに使用するユーザー名を取得または設定します。 Gets or sets the user name to use when starting the process. UPN 形式 (user@DNS_domain_name) を使用する場合は、Domain プロパティを null に設定する必要があります。 If you use the UPN format, user@DNS_domain_name, the Domain property must be null.

UseShellExecute UseShellExecute UseShellExecute UseShellExecute

プロセスの起動にオペレーティング システムのシェルを使用するかどうかを示す値を取得または設定します。 Gets or sets a value indicating whether to use the operating system shell to start the process.

Verb Verb Verb Verb

FileName プロパティで指定したアプリケーションまたはドキュメントを開くときに使用する動詞を取得または設定します。 Gets or sets the verb to use when opening the application or document specified by the FileName property.

Verbs Verbs Verbs Verbs

FileName プロパティで指定したファイルの種類に関連付けられている動詞のセットを取得します。 Gets the set of verbs associated with the type of file specified by the FileName property.

WindowStyle WindowStyle WindowStyle WindowStyle

プロセスを起動するときに使用するウィンドウの状態を取得または設定します。 Gets or sets the window state to use when the process is started.

WorkingDirectory WorkingDirectory WorkingDirectory WorkingDirectory

UseShellExecute プロパティが false の場合に、開始するプロセスの作業ディレクトリを取得または設定します。 When the UseShellExecute property is false, gets or sets the working directory for the process to be started. UseShellExecutetrue の場合に、開始するプロセスを含むディレクトリを取得または設定します。 When UseShellExecute is true, gets or sets the directory that contains the process to be started.

Methods

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。 Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。 Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。 Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。 Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

Security

SecurityPermission
メンバーを呼び出すことのProcessStartInfoします。 for calling members of ProcessStartInfo. 要求値: LinkDemand;[NIB: 名前付き権限セット](http://msdn.microsoft.com/library/08250d67-c99d-4ab0-8d2b-b0e12019f6e3):FullTrustします。 Demand value: LinkDemand; [NIB: Named Permission Sets](http://msdn.microsoft.com/library/08250d67-c99d-4ab0-8d2b-b0e12019f6e3): FullTrust.

Applies to

See Also