SymDocument クラス

定義

シンボル ストアによって参照されるドキュメントを表します。Represents a document referenced by a symbol store.

public ref class SymDocument : System::Diagnostics::SymbolStore::ISymbolDocument
public ref class SymDocument : System::Diagnostics::SymbolStore::SymDocumentBase, IDisposable, System::Diagnostics::SymbolStore::ISymbolDocument
public class SymDocument : System.Diagnostics.SymbolStore.ISymbolDocument
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public class SymDocument : System.Diagnostics.SymbolStore.ISymbolDocument
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public class SymDocument : System.Diagnostics.SymbolStore.SymDocumentBase, IDisposable, System.Diagnostics.SymbolStore.ISymbolDocument
type SymDocument = class
    interface ISymbolDocument
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type SymDocument = class
    interface ISymbolDocument
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type SymDocument = class
    inherit SymDocumentBase
    interface ISymbolDocument
    interface IDisposable
Public Class SymDocument
Implements ISymbolDocument
Public Class SymDocument
Inherits SymDocumentBase
Implements IDisposable, ISymbolDocument
継承
SymDocument
継承
SymDocument
属性
実装

注釈

ドキュメントは、URL とドキュメントの種類の GUID によって定義されます。A document is defined by a URL and a document type GUID. ドキュメントの種類の GUID と URL を使用して、ドキュメントを見つけることができます。Using the document type GUID and the URL, you can locate the document. 必要に応じて、ドキュメントソースをシンボルストアに格納することもできます。You can optionally store document source in the symbol store.

このインターフェイスは、そのソースへのアクセスも提供します (存在する場合)。This interface also provides access to that source, if present.

コンストラクター

SymDocument(ISymUnmanagedDocument*)

アンマネージ ISymUnmanagedDocument オブジェクトに対して指定したポインターを使用して、SymDocument クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the SymDocument class using the specified pointer to an unmanaged ISymUnmanagedDocument object.

SymDocument(ISymUnmanagedDocument*)

アンマネージ ISymUnmanagedDocument オブジェクトに対して指定したポインターを使用して、SymDocument クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the SymDocument class using the specified pointer to an unmanaged ISymUnmanagedDocument object.

プロパティ

CheckSumAlgorithmId

常に NotSupportedException をスローします。Throws a NotSupportedException in all cases.

DocumentType

現在のドキュメントの種類を取得します。Gets the type of the current document.

HasEmbeddedSource

現在のドキュメントのソースがシンボル ストアに格納されているかどうかを示します。Indicates whether the source for the current document is stored in the symbol store.

Language

現在のドキュメントの言語を取得します。Gets the language of the current document.

LanguageVendor

現在のドキュメントの言語販売元を取得します。Gets the language vendor of the current document.

SourceLength

埋め込まれたソースの長さをバイト数で取得します。Gets the length, in bytes, of the embedded source.

URL

現在のドキュメントの URL を取得します。Gets the URL of the current document.

メソッド

__dtor()

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

現在のインスタンスに保持されているリソースを解放します。Releases the resources held by the current instance.

{dtor}()

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

現在のインスタンスに保持されているリソースを解放します。Releases the resources held by the current instance.

{dtor}()

現在のインスタンスに保持されているリソースを解放します。Releases the resources held by the current instance.

(継承元 SymDocumentBase)
Dispose()

SymDocument クラスの現在のインスタンスによって使用されているリソースを解放します。Releases the resources used by the current instance of the SymDocument class.

Dispose(Boolean)

SymDocument クラスの現在のインスタンスによって使用されているマネージド リソースとアンマネージド リソースを解放するために、Dispose() メソッドと Finalize() メソッドによって呼び出されます。Called by the Dispose() and Finalize() methods to release the managed and unmanaged resources used by the current instance of the SymDocument class.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
Finalize()

SymReader がガベージ コレクションによってクリアされる前に、アンマネージ リソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行します。Releases unmanaged resources and performs other cleanup operations before the SymReader is reclaimed by garbage collection.

FindClosestLine(Int32)

現在のドキュメント内の行を指定すると、その行に最も近いシーケンス ポイントの行番号を返します。指定する行は、シーケンス ポイントであってもなくてもかまいません。Returns the line number of the closest line that is a sequence point, given a line in the current document that might or might not be a sequence point.

GetCheckSum()

常に NotSupportedException をスローします。Throws a NotSupportedException in all cases.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetSourceRange(Int32, Int32, Int32, Int32)

常に NotSupportedException をスローします。Throws a NotSupportedException in all cases.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
GetUnmanaged()

この SymDocument インスタンスのアンマネージド ISymUnmanagedDocument インターフェイスを指すポインターを取得します。Gets a pointer to the unmanaged ISymUnmanagedDocument interface for this SymDocument instance.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象