TraceListener.TraceOutputOptions TraceListener.TraceOutputOptions TraceListener.TraceOutputOptions TraceListener.TraceOutputOptions Property

定義

トレース出力オプションを取得または設定します。Gets or sets the trace output options.

public:
 property System::Diagnostics::TraceOptions TraceOutputOptions { System::Diagnostics::TraceOptions get(); void set(System::Diagnostics::TraceOptions value); };
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
public System.Diagnostics.TraceOptions TraceOutputOptions { get; set; }
member this.TraceOutputOptions : System.Diagnostics.TraceOptions with get, set
Public Property TraceOutputOptions As TraceOptions

プロパティ値

列挙値のビットごとの組み合わせ。A bitwise combination of the enumeration values. 既定値は、None です。The default is None.

例外

値が無効なため、設定操作に失敗しました。Set operation failed because the value is invalid.

次の例は、コンソールトレースリスナー TraceOutputOptionsのプロパティの設定を示しています。The following example shows the setting of the TraceOutputOptions property for a console trace listener. コンソールトレースリスナーは、トレースソースのListenersプロパティで列挙されるリスナーの1つです。The console trace listener is one of the listeners enumerated in the Listeners property of a trace source. このコード例は、 TraceSourceクラスに対して提供される大規模な例の一部です。This code example is part of a larger example provided for the TraceSource class.

ts.Listeners["console"].TraceOutputOptions |= TraceOptions.Callstack;
ts.Listeners("console").TraceOutputOptions = ts.Listeners("console").TraceOutputOptions Or TraceOptions.Callstack

注釈

プロパティTraceOutputOptionsは、トレース出力のオプションのコンテンツを決定します。The TraceOutputOptions property determines the optional content of trace output. プロパティは、構成ファイルで設定することも、実行時にプログラムによって設定して、コードのセクション専用の追加データを含めることもできます。The property can be set in the configuration file or programmatically during execution to include additional data specifically for a section of code. たとえば、コンソールトレースリスナーのTraceOutputOptionsプロパティをにTraceOptions.Callstack設定すると、呼び出し履歴情報をトレース出力に追加できます。For example, you can set the TraceOutputOptions property for the console trace listener to TraceOptions.Callstack to add call stack information to the trace output.

TraceOptions列挙体は、次のクラスおよびメソッドでは使用されません。The TraceOptions enumeration is not used by the following classes and methods:

適用対象