TraceListener.WriteLine メソッド

定義

ToString() クラスの実装時に、作成したリスナーにメッセージ、カテゴリ名、またはオブジェクトの TraceListener メソッドの値と行終端記号を書き込みます。Writes a message, category name, or the value of an object's ToString() method to the listener you create when you implement the TraceListener class, followed by a line terminator.

オーバーロード

WriteLine(Object)

ToString() クラスの実装時に、作成したリスナーにオブジェクトの TraceListener メソッドの値と行終端記号を書き込みます。Writes the value of the object's ToString() method to the listener you create when you implement the TraceListener class, followed by a line terminator.

WriteLine(String)

派生クラスによってオーバーライドされるときに、派生クラスで作成したリスナーにメッセージと行終端記号を書き込みます。When overridden in a derived class, writes a message to the listener you create in the derived class, followed by a line terminator.

WriteLine(Object, String)

ToString() クラスの実装時に、作成したリスナーにカテゴリ名、オブジェクトの TraceListener メソッドの値、および行終端記号を書き込みます。Writes a category name and the value of the object's ToString() method to the listener you create when you implement the TraceListener class, followed by a line terminator.

WriteLine(String, String)

TraceListener クラスの実装時に、作成したリスナーにカテゴリ名、メッセージ、および行終端記号を書き込みます。Writes a category name and a message to the listener you create when you implement the TraceListener class, followed by a line terminator.

WriteLine(Object)

ToString() クラスの実装時に、作成したリスナーにオブジェクトの TraceListener メソッドの値と行終端記号を書き込みます。Writes the value of the object's ToString() method to the listener you create when you implement the TraceListener class, followed by a line terminator.

public:
 virtual void WriteLine(System::Object ^ o);
public virtual void WriteLine (object o);
abstract member WriteLine : obj -> unit
override this.WriteLine : obj -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (o As Object)

パラメーター

o
Object

書き込まれる完全限定クラス名を持つ ObjectAn Object whose fully qualified class name you want to write.

注釈

実装する可能性のある一般的な行終端記号は、キャリッジリターンの後にラインフィード (\r\n) が続きます。The typical line terminator you might implement is a carriage return followed by a line feed (\r\n).

こちらもご覧ください

WriteLine(String)

派生クラスによってオーバーライドされるときに、派生クラスで作成したリスナーにメッセージと行終端記号を書き込みます。When overridden in a derived class, writes a message to the listener you create in the derived class, followed by a line terminator.

public:
 abstract void WriteLine(System::String ^ message);
public abstract void WriteLine (string message);
abstract member WriteLine : string -> unit
Public MustOverride Sub WriteLine (message As String)

パラメーター

message
String

書き込むメッセージ。A message to write.

注釈

実装する可能性のある一般的な行終端記号は、キャリッジリターンの後にラインフィード (\r\n) が続きます。The typical line terminator you might implement is a carriage return followed by a line feed (\r\n).

注意 (継承者)

このクラスから継承する場合は、このメソッドを実装する必要があります。When inheriting from this class, you must implement this method. インデントをサポートするにはWriteIndent()NeedIndenttrueの場合はを呼び出します。To support an indentation, call WriteIndent() if NeedIndent is true. 次の行にインデントを設定するにNeedIndenttrue、をにリセットする必要があります。To indent the following line, you must reset NeedIndent to true.

こちらもご覧ください

WriteLine(Object, String)

ToString() クラスの実装時に、作成したリスナーにカテゴリ名、オブジェクトの TraceListener メソッドの値、および行終端記号を書き込みます。Writes a category name and the value of the object's ToString() method to the listener you create when you implement the TraceListener class, followed by a line terminator.

public:
 virtual void WriteLine(System::Object ^ o, System::String ^ category);
public virtual void WriteLine (object o, string category);
abstract member WriteLine : obj * string -> unit
override this.WriteLine : obj * string -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (o As Object, category As String)

パラメーター

o
Object

書き込まれる完全限定クラス名を持つ ObjectAn Object whose fully qualified class name you want to write.

category
String

出力を編成するために使用するカテゴリ名。A category name used to organize the output.

注釈

実装する可能性のある一般的な行終端記号は、キャリッジリターンの後にラインフィード (\r\n) が続きます。The typical line terminator you might implement is a carriage return followed by a line feed (\r\n).

こちらもご覧ください

WriteLine(String, String)

TraceListener クラスの実装時に、作成したリスナーにカテゴリ名、メッセージ、および行終端記号を書き込みます。Writes a category name and a message to the listener you create when you implement the TraceListener class, followed by a line terminator.

public:
 virtual void WriteLine(System::String ^ message, System::String ^ category);
public virtual void WriteLine (string message, string category);
abstract member WriteLine : string * string -> unit
override this.WriteLine : string * string -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (message As String, category As String)

パラメーター

message
String

書き込むメッセージ。A message to write.

category
String

出力を編成するために使用するカテゴリ名。A category name used to organize the output.

注釈

実装する可能性のある一般的な行終端記号は、キャリッジリターンの後にラインフィード (\r\n) が続きます。The typical line terminator you might implement is a carriage return followed by a line feed (\r\n).

こちらもご覧ください

適用対象