TraceOptions TraceOptions TraceOptions TraceOptions Enum

定義

トレース出力に書き込むトレース データ オプションを指定します。Specifies trace data options to be written to the trace output.

この列挙型には FlagsAttribute 属性があり、メンバー値ではビットごとの組み合わせを使用できます。

public enum class TraceOptions
[System.Flags]
public enum TraceOptions
type TraceOptions = 
Public Enum TraceOptions
継承
属性

フィールド

Callstack Callstack Callstack Callstack 32

StackTrace プロパティの戻り値によって表される呼び出し履歴を書き込みます。Write the call stack, which is represented by the return value of the StackTrace property.

DateTime DateTime DateTime DateTime 2

日付と時刻を書き込みます。Write the date and time.

LogicalOperationStack LogicalOperationStack LogicalOperationStack LogicalOperationStack 1

LogicalOperationStack プロパティの戻り値によって表される論理的な操作の履歴を書き込みます。Write the logical operation stack, which is represented by the return value of the LogicalOperationStack property.

None None None None 0

要素を書き込みません。Do not write any elements.

ProcessId ProcessId ProcessId ProcessId 8

Id プロパティの戻り値によって表されるプロセス ID を書き込みます。Write the process identity, which is represented by the return value of the Id property.

ThreadId ThreadId ThreadId ThreadId 16

現在のスレッドの ManagedThreadId プロパティの戻り値によって表されるスレッド ID を書き込みます。Write the thread identity, which is represented by the return value of the ManagedThreadId property for the current thread.

Timestamp Timestamp Timestamp Timestamp 4

GetTimestamp() メソッドの戻り値によって表されるタイムスタンプを書き込みます。Write the timestamp, which is represented by the return value of the GetTimestamp() method.

次のコード例は、 TraceOptions列挙体を使用して、コンソールトレースリスナーのTraceOutputOptionsプロパティをプログラムで設定する方法を示しています。The following code example shows the use of the TraceOptions enumeration to programmatically set the TraceOutputOptions property for a console trace listener. コンソールトレースリスナーは、トレースソースのListenersプロパティで列挙されるリスナーの1つです。The console trace listener is one of the listeners enumerated in the Listeners property of a trace source. このコード例は、 TraceSourceクラスに対して提供される大規模な例の一部です。This code example is part of a larger example provided for the TraceSource class.

ts.Listeners["console"].TraceOutputOptions |= TraceOptions.Callstack;
ts.Listeners("console").TraceOutputOptions = ts.Listeners("console").TraceOutputOptions Or TraceOptions.Callstack

注釈

この列挙体は、トレースリスナーがトレース出力に含めるオプションまたは要素を決定するために使用されます。This enumeration is used by trace listeners to determine which options, or elements, should be included in the trace output. トレースリスナーは、トレースオプションをTraceOutputOptionsプロパティに格納します。Trace listeners store the trace options in the TraceOutputOptions property.

次の例は、 traceOutputOptions属性を使用して、構成ファイルを使用して有効になっているConsoleTraceListenerのトレース出力オプションを指定する方法を示しています。The following example shows the use of the traceOutputOptions attribute to specify the trace output options for a ConsoleTraceListener that is enabled using a configuration file.

<configuration>  
  <system.diagnostics>  
    <trace autoflush="false" indentsize="4">  
      <listeners>  
        <add name="consoleListener"  
          type="System.Diagnostics.ConsoleTraceListener"   
          traceOutputOptions="ProcessId, DateTime" />  
      </listeners>  
    </trace>  
  </system.diagnostics>  
</configuration>  

トレースリスナーをアプリケーション構成ファイルに追加する方法の詳細については、「 <リスナー>」を参照してください。For details about adding trace listeners to the application configuration file, see <listeners>.

TraceOptions列挙体は、次のクラスおよびメソッドでは使用されません。The TraceOptions enumeration is not used by the following classes and methods:

適用対象