EventListener クラス

定義

イベント ソースからのイベントを有効または無効にするメソッドを提供します。Provides methods for enabling and disabling events from event sources.

public ref class EventListener abstract : IDisposable
public ref class EventListener : IDisposable
public abstract class EventListener : IDisposable
public class EventListener : IDisposable
type EventListener = class
    interface IDisposable
Public MustInherit Class EventListener
Implements IDisposable
Public Class EventListener
Implements IDisposable
継承
EventListener
実装

注釈

イベントリスナーは、現在のアプリケーションドメインのイベントソース (オブジェクト) の実装によって生成されたすべてのイベントのターゲットを表し EventSource ます。An event listener represents the target for all events generated by event source (EventSource object) implementations in the current application domain. 新しいイベントリスナーが作成されると、そのリスナーは、そのアプリケーションドメイン内のすべてのイベントソースに論理的にアタッチされます。When a new event listener is created, it is logically attached to all event sources in that application domain.

注意

この型は IDisposable インターフェイスを実装します。This type implements the IDisposable interface. 型の使用が終了したら、直接または間接的にその型を破棄する必要があります。When you have finished using the type, you must dispose of it either directly or indirectly. 直接的に型を破棄するには、try/catch ブロック内で Dispose メソッドを呼び出します。To dispose of the type directly, call its Dispose method in a try/catch block. 間接的に型を破棄するには、using (C# の場合) または Using (Visual Basic 言語) などの言語構成要素を使用します。To dispose of it indirectly, use a language construct such as using (in C#) or Using (in Visual Basic). 詳細については、IDisposable インターフェイスに関するトピック内の「IDisposable を実装するオブジェクトの使用」セクションを参照してください。For more information, see the "Using an Object that Implements IDisposable" section in the IDisposable interface topic.

イベントリスナーは、イベントレベル ( EventLevel ) とイベントキーワード () を使用して、 EventKeywords リスナーに送信されるイベントのセットをさらに制限することにより、現在のイベントソースごとに有効または無効にできます。An event listener can enable or disable on a per-current event source basis by using event levels (EventLevel) and event keywords (EventKeywords) to further restrict the set of events to be sent to the listener. リスナーは、メソッドを使用して、特定の現在のイベントソースに任意のコマンドを送信することもでき SendCommand ます。The listener can also send arbitrary commands to a specific current event source by using the SendCommand method. コマンドの意味は、イベントソースの実装に固有のものです。The meanings of the commands are specific to the implementation of the event source.

イベントの Guid EventSource 有効化または無効化に使用されるオブジェクトのプロパティがの場合 Empty 、アプリケーションドメインのすべてのイベントソースが影響を受けます。If the Guid property in the EventSource object that is used to enable or disable events is Empty, all event sources in the application domain are affected.

複数のイベントリスナーを1つのアプリケーションドメインで定義できます。Multiple event listeners can be defined in a single application domain. 各リスナーは他のリスナーから論理的に独立しているため、1つのリスナーによって有効または無効にされたイベントは、そのリスナーのみに影響します。Each listener is logically independent of the other listeners so that events that are enabled or disabled by one listener affect only that listener. メソッドを使用して送信されたコマンドで、 SendCommand 他のリスナーに影響を与えるセマンティック操作 (ガベージコレクションやデータのフラッシュなど) を実行することはできますが、これは規則ではなく例外です。It is possible for commands sent with the SendCommand method to do a semantic operation (such as a garbage collection or flushing data) that affects the other listeners, but this is the exception rather than the rule.

各イベントソースは、イベントを送信するイベントリスナーの一覧を保持します。Each event source keeps a list of event listeners that it sends events to. フィルター条件のセットは、各イベントソースとリスナーのペアに関連付けられています。A set of filtering criteria is associated with each event source-listener pair. これらの条件によって、リスナーが現在のイベントソースに対して受け取るイベントが決まります。These criteria determine the events that listener will receive for the current event source. リスナーは、そのメソッドでイベントを受け取り OnEventWritten ます。Listeners receive the events on their OnEventWritten method. そのため、のサブクラスでは、 EventListener このメソッドをオーバーライドして、データで有用な処理を行う必要があります。Therefore, subclasses of EventListener must override this method to do something useful with the data.

新しいイベントソースが作成されると、 OnEventSourceCreated メソッドが呼び出されます。When a new event source is created, the OnEventSourceCreated method is called. 現在のすべてのイベントリスナーは OnEventSourceCreated 、ログメッセージを送信できるすべての現在のイベントソースについて、正確に1つの呼び出しを取得します。Every current event listener gets exactly one OnEventSourceCreated call for every current event source that can send it log messages. イベントリスナーが作成されると、リスナーが OnEventSourceCreated 作成される前に存在していたすべてのイベントソースを新しいリスナーに通知するための一連の呼び出しが行われます。When an event listener is created, a series of OnEventSourceCreated calls are made to notify the new listener of all the event sources that existed before the listener was created.

コンストラクター

EventListener()

EventListener クラスの新しいインスタンスを作成します。Creates a new instance of the EventListener class.

メソッド

DisableEvents(EventSource)

指定したイベント ソースのすべてのイベントを無効にします。Disables all events for the specified event source.

Dispose()

EventListener クラスの現在のインスタンスによって使用されているリソースを解放します。Releases the resources used by the current instance of the EventListener class.

EnableEvents(EventSource, EventLevel)

指定した詳細レベル以下の指定したイベント ソースのイベントを有効にします。Enables events for the specified event source that has the specified verbosity level or lower.

EnableEvents(EventSource, EventLevel, EventKeywords)

指定した詳細レベル以下で、キーワード フラグが一致している指定したイベント ソースのイベントを有効にします。Enables events for the specified event source that has the specified verbosity level or lower, and matching keyword flags.

EnableEvents(EventSource, EventLevel, EventKeywords, IDictionary<String,String>)

指定した詳細レベル以下で、イベント キーワード フラグが一致し、引数が一致している指定したイベント ソースのイベントを有効にします。Enables events for the specified event source that has the specified verbosity level or lower, matching event keyword flag, and matching arguments.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
EventSourceIndex(EventSource)

指定されたイベント ソースを表す負でない小さい数値を取得します。Gets a small non-negative number that represents the specified event source.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
OnEventSourceCreated(EventSource)

イベント リスナーが作成される場合や、新しいイベント ソースがリスナーにアタッチされる場合に、既存のすべてのイベント ソースに対して呼び出されます。Called for all existing event sources when the event listener is created and when a new event source is attached to the listener.

OnEventWritten(EventWrittenEventArgs)

イベント リスナーがイベントを有効にしたイベント ソースによってイベントが記述されたときに呼び出されます。Called whenever an event has been written by an event source for which the event listener has enabled events.

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

イベント

EventSourceCreated

イベント ソース (EventSource オブジェクト) がディスパッチャーにアタッチされている場合に発生します。Occurs when an event source (EventSource object) is attached to the dispatcher.

EventWritten

イベント リスナーがイベントを有効にしたイベント ソース (EventSource オブジェクト) によってイベントが記述されたときに発生します。Occurs when an event has been written by an event source (EventSource object) for which the event listener has enabled events.

適用対象