EventSource.WriteEvent EventSource.WriteEvent EventSource.WriteEvent EventSource.WriteEvent Method

定義

指定されたイベント識別子と省略可能な引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and optional arguments.

オーバーロード

WriteEvent(Int32, String, String, String) WriteEvent(Int32, String, String, String) WriteEvent(Int32, String, String, String) WriteEvent(Int32, String, String, String)

指定されたイベント識別子と文字列引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and string arguments.

WriteEvent(Int32, String, Int32, Int32) WriteEvent(Int32, String, Int32, Int32) WriteEvent(Int32, String, Int32, Int32) WriteEvent(Int32, String, Int32, Int32)

指定されたイベント識別子と引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and arguments.

WriteEvent(Int32, Int64, Int64, Int64) WriteEvent(Int32, Int64, Int64, Int64) WriteEvent(Int32, Int64, Int64, Int64) WriteEvent(Int32, Int64, Int64, Int64)

指定されたイベント識別子と 64 ビットの引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and 64-bit arguments.

WriteEvent(Int32, Int32, Int32, Int32) WriteEvent(Int32, Int32, Int32, Int32) WriteEvent(Int32, Int32, Int32, Int32) WriteEvent(Int32, Int32, Int32, Int32)

指定されたイベント識別子と 32 ビット整数引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and 32-bit integer arguments.

WriteEvent(Int32, String, String) WriteEvent(Int32, String, String) WriteEvent(Int32, String, String) WriteEvent(Int32, String, String)

指定されたイベント識別子と文字列引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and string arguments.

WriteEvent(Int32, String, Int64) WriteEvent(Int32, String, Int64) WriteEvent(Int32, String, Int64) WriteEvent(Int32, String, Int64)

指定されたイベント識別子と引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and arguments.

WriteEvent(Int32, String, Int32) WriteEvent(Int32, String, Int32) WriteEvent(Int32, String, Int32) WriteEvent(Int32, String, Int32)

指定されたイベント識別子と引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and arguments.

WriteEvent(Int32, Int64, String) WriteEvent(Int32, Int64, String) WriteEvent(Int32, Int64, String) WriteEvent(Int32, Int64, String)

指定されたイベント識別子と 64 ビット整数および文字列引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and 64-bit integer, and string arguments.

WriteEvent(Int32, Int64, Int64) WriteEvent(Int32, Int64, Int64) WriteEvent(Int32, Int64, Int64) WriteEvent(Int32, Int64, Int64)

指定されたイベント識別子と 64 ビットの引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and 64-bit arguments.

WriteEvent(Int32, Int32, Int32) WriteEvent(Int32, Int32, Int32) WriteEvent(Int32, Int32, Int32) WriteEvent(Int32, Int32, Int32)

指定されたイベント識別子と 32 ビット整数引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and 32-bit integer arguments.

WriteEvent(Int32, Int32, String) WriteEvent(Int32, Int32, String) WriteEvent(Int32, Int32, String) WriteEvent(Int32, Int32, String)

指定されたイベント識別子と 32 ビット整数および文字列引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and 32-bit integer and string arguments.

WriteEvent(Int32, String) WriteEvent(Int32, String) WriteEvent(Int32, String) WriteEvent(Int32, String)

指定されたイベント識別子と文字列引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and string argument.

WriteEvent(Int32, Object[]) WriteEvent(Int32, Object[]) WriteEvent(Int32, Object[]) WriteEvent(Int32, Object[])

指定されたイベント識別子と引数の配列を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and array of arguments.

WriteEvent(Int32, Int64) WriteEvent(Int32, Int64) WriteEvent(Int32, Int64) WriteEvent(Int32, Int64)

指定されたイベント識別子と 64 ビット整数引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and 64-bit integer argument.

WriteEvent(Int32, Int32) WriteEvent(Int32, Int32) WriteEvent(Int32, Int32) WriteEvent(Int32, Int32)

指定されたイベント識別子と 32 ビット整数引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and 32-bit integer argument.

WriteEvent(Int32, Byte[]) WriteEvent(Int32, Byte[]) WriteEvent(Int32, Byte[]) WriteEvent(Int32, Byte[])

指定されたイベント識別子とバイト配列引数を使用してイベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and byte array argument.

WriteEvent(Int32) WriteEvent(Int32) WriteEvent(Int32) WriteEvent(Int32)

指定されたイベント識別子を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier.

WriteEvent(Int32, Int64, Byte[]) WriteEvent(Int32, Int64, Byte[]) WriteEvent(Int32, Int64, Byte[]) WriteEvent(Int32, Int64, Byte[])

指定した識別子と 64 ビット整数およびバイト配列引数を使用して、イベント データを書き込みます。Writes the event data using the specified identifier and 64-bit integer and byte array arguments.

注釈

WriteEventメソッドは文字列と整数の引数の組み合わせを持つオーバー ロードを提供します。The WriteEvent method provides overloads with combinations of string and integer arguments. 呼び出しのパラメーターを一致これらの組み合わせがない場合、コンパイラを使用して、EventSource.WriteEvent(Int32, Object[])オーバー ロード、他のオーバー ロードよりかなり遅くなります。If none of these combinations match the parameters for the call, the compiler uses the EventSource.WriteEvent(Int32, Object[]) overload, which is considerably slower than the other overloads. 詳細については、オーバー ロードのページを参照してください。See the overload page for details.

すべてのケースで、eventidパラメーターが 0 または 65535 より小さいよりも大きい必要がありますまたは操作でエラーが発生します。In all cases, the eventid parameter should be greater than 0 or less than 65535 or errors can occur in the operation. エラーが発生した場合、イベントを発生させるプロセスにデバッガーをアタッチした場合の詳細については、エラーの原因は、デバッガーの出力ストリームを確認して取得できます。If errors do occur, you can get more information about the source of the error by checking the output stream of the debugger, if you have a debugger attached to the process firing events. ETW リスナーは、エラーが発生するイベント ソースがある場合、ETW イベントのストリームで報告されたエラーを検索することもできます。You can also look for errors reported in the ETW event stream, if you have an ETW listener on the event source where the error occurs.

ETW イベントとして識別されるメソッドを実装する場合、 EventSource-クラスを派生します。When you implement a method that is identified as an ETW event in an EventSource-derived class. 基本クラスを呼び出す必要がありますWriteEventメソッドに渡して、EventIdと次の例のように実装されるメソッドと同じ引数。You must call the base class WriteEvent method passing the EventId and the same arguments as the implemented method similar to the following example.

[Event(2, Level = EventLevel.Informational)]  
public void Info1(string arg1)  
{  
 base.WriteEvent(2, arg1);  
}  

使用して、カスタムのオーバー ロードを作成することも、WriteEventCoreメソッド。You can also create a custom overload by using the WriteEventCore method.

WriteEvent(Int32, String, String, String) WriteEvent(Int32, String, String, String) WriteEvent(Int32, String, String, String) WriteEvent(Int32, String, String, String)

指定されたイベント識別子と文字列引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and string arguments.

protected:
 void WriteEvent(int eventId, System::String ^ arg1, System::String ^ arg2, System::String ^ arg3);
protected void WriteEvent (int eventId, string arg1, string arg2, string arg3);
member this.WriteEvent : int * string * string * string -> unit
Protected Sub WriteEvent (eventId As Integer, arg1 As String, arg2 As String, arg3 As String)

パラメーター

eventId
Int32 Int32 Int32 Int32

イベント識別子。The event identifier. 有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。This value should be between 0 and 65535.

arg1
String String String String

文字列引数。A string argument.

arg2
String String String String

文字列引数。A string argument.

arg3
String String String String

文字列引数。A string argument.

注釈

eventid 0 または 65535 より小さいよりも大きい必要があります。 または操作でエラーが発生します。eventid should be greater than 0 or less than 65535 or errors can occur in the operation. エラーが発生した場合、イベントを発生させるプロセスにデバッガーをアタッチした場合の詳細については、エラーの原因は、デバッガーの出力ストリームを確認して取得できます。If errors do occur, you can get more information about the source of the error by checking the output stream of the debugger, if you have a debugger attached to the process firing events. ETW リスナーは、エラーが発生するイベント ソースがある場合、ETW イベントのストリームで報告されたエラーを検索することもできます。You can also look for errors reported in the ETW event stream, if you have an ETW listener on the event source where the error occurs.

ETW イベントとして識別されるメソッドを実装する場合、 EventSource-クラスを派生します。When you implement a method that is identified as an ETW event in an EventSource-derived class. 基本クラスを呼び出す必要がありますWriteEventメソッドに渡して、EventIdと次の例のように実装されるメソッドと同じ引数。You must call the base class WriteEvent method passing the EventId and the same arguments as the implemented method similar to the following example.

[Event(2, Level = EventLevel.Informational)]  
public void Info1(string arg1)  
{  
 base.WriteEvent(2, arg1);  
}  

WriteEvent(Int32, String, Int32, Int32) WriteEvent(Int32, String, Int32, Int32) WriteEvent(Int32, String, Int32, Int32) WriteEvent(Int32, String, Int32, Int32)

指定されたイベント識別子と引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and arguments.

protected:
 void WriteEvent(int eventId, System::String ^ arg1, int arg2, int arg3);
protected void WriteEvent (int eventId, string arg1, int arg2, int arg3);
member this.WriteEvent : int * string * int * int -> unit
Protected Sub WriteEvent (eventId As Integer, arg1 As String, arg2 As Integer, arg3 As Integer)

パラメーター

eventId
Int32 Int32 Int32 Int32

イベント識別子。The event identifier. 有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。This value should be between 0 and 65535.

arg1
String String String String

文字列引数。A string argument.

arg2
Int32 Int32 Int32 Int32

32 ビット整数引数。A 32 bit integer argument.

arg3
Int32 Int32 Int32 Int32

32 ビット整数引数。A 32 bit integer argument.

注釈

eventid 0 または 65535 より小さいよりも大きい必要があります。 または操作でエラーが発生します。eventid should be greater than 0 or less than 65535 or errors can occur in the operation. エラーが発生した場合、イベントを発生させるプロセスにデバッガーをアタッチした場合の詳細については、エラーの原因は、デバッガーの出力ストリームを確認して取得できます。If errors do occur, you can get more information about the source of the error by checking the output stream of the debugger, if you have a debugger attached to the process firing events. ETW リスナーは、エラーが発生するイベント ソースがある場合、ETW イベントのストリームで報告されたエラーを検索することもできます。You can also look for errors reported in the ETW event stream, if you have an ETW listener on the event source where the error occurs.

ETW イベントとして識別されるメソッドを実装する場合、 EventSource-クラスを派生します。When you implement a method that is identified as an ETW event in an EventSource-derived class. 基本クラスを呼び出す必要がありますWriteEventメソッドに渡して、EventIdと次の例のように実装されるメソッドと同じ引数。You must call the base class WriteEvent method passing the EventId and the same arguments as the implemented method similar to the following example.

[Event(2, Level = EventLevel.Informational)]  
public void Info1(string arg1)  
{  
 base.WriteEvent(2, arg1);  
}  

WriteEvent(Int32, Int64, Int64, Int64) WriteEvent(Int32, Int64, Int64, Int64) WriteEvent(Int32, Int64, Int64, Int64) WriteEvent(Int32, Int64, Int64, Int64)

指定されたイベント識別子と 64 ビットの引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and 64-bit arguments.

protected:
 void WriteEvent(int eventId, long arg1, long arg2, long arg3);
protected void WriteEvent (int eventId, long arg1, long arg2, long arg3);
member this.WriteEvent : int * int64 * int64 * int64 -> unit
Protected Sub WriteEvent (eventId As Integer, arg1 As Long, arg2 As Long, arg3 As Long)

パラメーター

eventId
Int32 Int32 Int32 Int32

イベント識別子。The event identifier. 有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。This value should be between 0 and 65535.

arg1
Int64 Int64 Int64 Int64

64 ビット整数引数。A 64 bit integer argument.

arg2
Int64 Int64 Int64 Int64

64 ビット整数引数。A 64 bit integer argument.

arg3
Int64 Int64 Int64 Int64

64 ビット整数引数。A 64 bit integer argument.

注釈

eventid 0 または 65535 より小さいよりも大きい必要があります。 または操作でエラーが発生します。eventid should be greater than 0 or less than 65535 or errors can occur in the operation. エラーが発生した場合、イベントを発生させるプロセスにデバッガーをアタッチした場合の詳細については、エラーの原因は、デバッガーの出力ストリームを確認して取得できます。If errors do occur, you can get more information about the source of the error by checking the output stream of the debugger, if you have a debugger attached to the process firing events. ETW リスナーは、エラーが発生するイベント ソースがある場合、ETW イベントのストリームで報告されたエラーを検索することもできます。You can also look for errors reported in the ETW event stream, if you have an ETW listener on the event source where the error occurs.

ETW イベントとして識別されるメソッドを実装する場合、 EventSource-クラスを派生します。When you implement a method that is identified as an ETW event in an EventSource-derived class. 基本クラスを呼び出す必要がありますWriteEventメソッドに渡して、EventIdと次の例のように実装されるメソッドと同じ引数。You must call the base class WriteEvent method passing the EventId and the same arguments as the implemented method similar to the following example.

[Event(2, Level = EventLevel.Informational)]  
public void Info1(string arg1)  
{  
 base.WriteEvent(2, arg1);  
}  

WriteEvent(Int32, Int32, Int32, Int32) WriteEvent(Int32, Int32, Int32, Int32) WriteEvent(Int32, Int32, Int32, Int32) WriteEvent(Int32, Int32, Int32, Int32)

指定されたイベント識別子と 32 ビット整数引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and 32-bit integer arguments.

protected:
 void WriteEvent(int eventId, int arg1, int arg2, int arg3);
protected void WriteEvent (int eventId, int arg1, int arg2, int arg3);
member this.WriteEvent : int * int * int * int -> unit
Protected Sub WriteEvent (eventId As Integer, arg1 As Integer, arg2 As Integer, arg3 As Integer)

パラメーター

eventId
Int32 Int32 Int32 Int32

イベント識別子。The event identifier. 有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。This value should be between 0 and 65535.

arg1
Int32 Int32 Int32 Int32

整数引数。An integer argument.

arg2
Int32 Int32 Int32 Int32

整数引数。An integer argument.

arg3
Int32 Int32 Int32 Int32

整数引数。An integer argument.

注釈

eventid 0 または 65535 より小さいよりも大きい必要があります。 または操作でエラーが発生します。eventid should be greater than 0 or less than 65535 or errors can occur in the operation. エラーが発生した場合、イベントを発生させるプロセスにデバッガーをアタッチした場合の詳細については、エラーの原因は、デバッガーの出力ストリームを確認して取得できます。If errors do occur, you can get more information about the source of the error by checking the output stream of the debugger, if you have a debugger attached to the process firing events. ETW リスナーは、エラーが発生するイベント ソースがある場合、ETW イベントのストリームで報告されたエラーを検索することもできます。You can also look for errors reported in the ETW event stream, if you have an ETW listener on the event source where the error occurs.

ETW イベントとして識別されるメソッドを実装する場合、 EventSource-クラスを派生します。When you implement a method that is identified as an ETW event in an EventSource-derived class. 基本クラスを呼び出す必要がありますWriteEventメソッドに渡して、EventIdと次の例のように実装されるメソッドと同じ引数。You must call the base class WriteEvent method passing the EventId and the same arguments as the implemented method similar to the following example.

[Event(2, Level = EventLevel.Informational)]  
public void Info1(string arg1)  
{  
 base.WriteEvent(2, arg1);  
}  

WriteEvent(Int32, String, String) WriteEvent(Int32, String, String) WriteEvent(Int32, String, String) WriteEvent(Int32, String, String)

指定されたイベント識別子と文字列引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and string arguments.

protected:
 void WriteEvent(int eventId, System::String ^ arg1, System::String ^ arg2);
protected void WriteEvent (int eventId, string arg1, string arg2);
member this.WriteEvent : int * string * string -> unit
Protected Sub WriteEvent (eventId As Integer, arg1 As String, arg2 As String)

パラメーター

eventId
Int32 Int32 Int32 Int32

イベント識別子。The event identifier. 有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。This value should be between 0 and 65535.

arg1
String String String String

文字列引数。A string argument.

arg2
String String String String

文字列引数。A string argument.

注釈

eventid 0 または 65535 より小さいよりも大きい必要があります。 または操作でエラーが発生します。eventid should be greater than 0 or less than 65535 or errors can occur in the operation. エラーが発生した場合、イベントを発生させるプロセスにデバッガーをアタッチした場合の詳細については、エラーの原因は、デバッガーの出力ストリームを確認して取得できます。If errors do occur, you can get more information about the source of the error by checking the output stream of the debugger, if you have a debugger attached to the process firing events. ETW リスナーは、エラーが発生するイベント ソースがある場合、ETW イベントのストリームで報告されたエラーを検索することもできます。You can also look for errors reported in the ETW event stream, if you have an ETW listener on the event source where the error occurs.

ETW イベントとして識別されるメソッドを実装する場合、 EventSource-クラスを派生します。When you implement a method that is identified as an ETW event in an EventSource-derived class. 基本クラスを呼び出す必要がありますWriteEventメソッドに渡して、EventIdと次の例のように実装されるメソッドと同じ引数。You must call the base class WriteEvent method passing the EventId and the same arguments as the implemented method similar to the following example.

[Event(2, Level = EventLevel.Informational)]  
public void Info1(string arg1)  
{  
 base.WriteEvent(2, arg1);  
}  

WriteEvent(Int32, String, Int64) WriteEvent(Int32, String, Int64) WriteEvent(Int32, String, Int64) WriteEvent(Int32, String, Int64)

指定されたイベント識別子と引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and arguments.

protected:
 void WriteEvent(int eventId, System::String ^ arg1, long arg2);
protected void WriteEvent (int eventId, string arg1, long arg2);
member this.WriteEvent : int * string * int64 -> unit
Protected Sub WriteEvent (eventId As Integer, arg1 As String, arg2 As Long)

パラメーター

eventId
Int32 Int32 Int32 Int32

イベント識別子。The event identifier. 有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。This value should be between 0 and 65535.

arg1
String String String String

文字列引数。A string argument.

arg2
Int64 Int64 Int64 Int64

64 ビット整数引数。A 64 bit integer argument.

注釈

eventid 0 または 65535 より小さいよりも大きい必要があります。 または操作でエラーが発生します。eventid should be greater than 0 or less than 65535 or errors can occur in the operation. エラーが発生した場合、イベントを発生させるプロセスにデバッガーをアタッチした場合の詳細については、エラーの原因は、デバッガーの出力ストリームを確認して取得できます。If errors do occur, you can get more information about the source of the error by checking the output stream of the debugger, if you have a debugger attached to the process firing events. ETW リスナーは、エラーが発生するイベント ソースがある場合、ETW イベントのストリームで報告されたエラーを検索することもできます。You can also look for errors reported in the ETW event stream, if you have an ETW listener on the event source where the error occurs.

ETW イベントとして識別されるメソッドを実装する場合、 EventSource-クラスを派生します。When you implement a method that is identified as an ETW event in an EventSource-derived class. 基本クラスを呼び出す必要がありますWriteEventメソッドに渡して、EventIdと次の例のように実装されるメソッドと同じ引数。You must call the base class WriteEvent method passing the EventId and the same arguments as the implemented method similar to the following example.

[Event(2, Level = EventLevel.Informational)]  
public void Info1(string arg1)  
{  
 base.WriteEvent(2, arg1);  
}  

WriteEvent(Int32, String, Int32) WriteEvent(Int32, String, Int32) WriteEvent(Int32, String, Int32) WriteEvent(Int32, String, Int32)

指定されたイベント識別子と引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and arguments.

protected:
 void WriteEvent(int eventId, System::String ^ arg1, int arg2);
protected void WriteEvent (int eventId, string arg1, int arg2);
member this.WriteEvent : int * string * int -> unit
Protected Sub WriteEvent (eventId As Integer, arg1 As String, arg2 As Integer)

パラメーター

eventId
Int32 Int32 Int32 Int32

イベント識別子。The event identifier. 有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。This value should be between 0 and 65535.

arg1
String String String String

文字列引数。A string argument.

arg2
Int32 Int32 Int32 Int32

32 ビット整数引数。A 32 bit integer argument.

注釈

eventid 0 または 65535 より小さいよりも大きい必要があります。 または操作でエラーが発生します。eventid should be greater than 0 or less than 65535 or errors can occur in the operation. エラーが発生した場合、イベントを発生させるプロセスにデバッガーをアタッチした場合の詳細については、エラーの原因は、デバッガーの出力ストリームを確認して取得できます。If errors do occur, you can get more information about the source of the error by checking the output stream of the debugger, if you have a debugger attached to the process firing events. ETW リスナーは、エラーが発生するイベント ソースがある場合、ETW イベントのストリームで報告されたエラーを検索することもできます。You can also look for errors reported in the ETW event stream, if you have an ETW listener on the event source where the error occurs.

ETW イベントとして識別されるメソッドを実装する場合、 EventSource-クラスを派生します。When you implement a method that is identified as an ETW event in an EventSource-derived class. 基本クラスを呼び出す必要がありますWriteEventメソッドに渡して、EventIdと次の例のように実装されるメソッドと同じ引数。You must call the base class WriteEvent method passing the EventId and the same arguments as the implemented method similar to the following example.

[Event(2, Level = EventLevel.Informational)]  
public void Info1(string arg1)  
{  
 base.WriteEvent(2, arg1);  
}  

WriteEvent(Int32, Int64, String) WriteEvent(Int32, Int64, String) WriteEvent(Int32, Int64, String) WriteEvent(Int32, Int64, String)

指定されたイベント識別子と 64 ビット整数および文字列引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and 64-bit integer, and string arguments.

protected:
 void WriteEvent(int eventId, long arg1, System::String ^ arg2);
protected void WriteEvent (int eventId, long arg1, string arg2);
member this.WriteEvent : int * int64 * string -> unit
Protected Sub WriteEvent (eventId As Integer, arg1 As Long, arg2 As String)

パラメーター

eventId
Int32 Int32 Int32 Int32

イベント識別子。The event identifier. 有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。This value should be between 0 and 65535.

arg1
Int64 Int64 Int64 Int64

64 ビット整数引数。A 64-bit integer argument.

arg2
String String String String

文字列引数。A string argument.

注釈

eventid 0 または 65535 より小さいよりも大きい必要があります。 または操作でエラーが発生します。eventid should be greater than 0 or less than 65535 or errors can occur in the operation. エラーが発生した場合、イベントを発生させるプロセスにデバッガーをアタッチした場合の詳細については、エラーの原因は、デバッガーの出力ストリームを確認して取得できます。If errors do occur, you can get more information about the source of the error by checking the output stream of the debugger, if you have a debugger attached to the process firing events. ETW リスナーは、エラーが発生するイベント ソースがある場合、ETW イベントのストリームで報告されたエラーを検索することもできます。You can also look for errors reported in the ETW event stream, if you have an ETW listener on the event source where the error occurs.

ETW イベントとして識別されるメソッドを実装する場合、 EventSource-クラスを派生します。When you implement a method that is identified as an ETW event in an EventSource-derived class. 基本クラスを呼び出す必要がありますWriteEventメソッドに渡して、EventIdと次の例のように実装されるメソッドと同じ引数。You must call the base class WriteEvent method passing the EventId and the same arguments as the implemented method similar to the following example.

[Event(2, Level = EventLevel.Informational)]  
public void Info1(Int64 arg1, string arg2)  
{  
 base.WriteEvent(2, arg1, arg2);  
}  

WriteEvent(Int32, Int64, Int64) WriteEvent(Int32, Int64, Int64) WriteEvent(Int32, Int64, Int64) WriteEvent(Int32, Int64, Int64)

指定されたイベント識別子と 64 ビットの引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and 64-bit arguments.

protected:
 void WriteEvent(int eventId, long arg1, long arg2);
protected void WriteEvent (int eventId, long arg1, long arg2);
member this.WriteEvent : int * int64 * int64 -> unit
Protected Sub WriteEvent (eventId As Integer, arg1 As Long, arg2 As Long)

パラメーター

eventId
Int32 Int32 Int32 Int32

イベント識別子。The event identifier. 有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。This value should be between 0 and 65535.

arg1
Int64 Int64 Int64 Int64

64 ビット整数引数。A 64 bit integer argument.

arg2
Int64 Int64 Int64 Int64

64 ビット整数引数。A 64 bit integer argument.

注釈

eventid 0 または 65535 より小さいよりも大きい必要があります。 または操作でエラーが発生します。eventid should be greater than 0 or less than 65535 or errors can occur in the operation. エラーが発生した場合、イベントを発生させるプロセスにデバッガーをアタッチした場合の詳細については、エラーの原因は、デバッガーの出力ストリームを確認して取得できます。If errors do occur, you can get more information about the source of the error by checking the output stream of the debugger, if you have a debugger attached to the process firing events. ETW リスナーは、エラーが発生するイベント ソースがある場合、ETW イベントのストリームで報告されたエラーを検索することもできます。You can also look for errors reported in the ETW event stream, if you have an ETW listener on the event source where the error occurs.

ETW イベントとして識別されるメソッドを実装する場合、 EventSource-クラスを派生します。When you implement a method that is identified as an ETW event in an EventSource-derived class. 基本クラスを呼び出す必要がありますWriteEventメソッドに渡して、EventIdと次の例のように実装されるメソッドと同じ引数。You must call the base class WriteEvent method passing the EventId and the same arguments as the implemented method similar to the following example.

[Event(2, Level = EventLevel.Informational)]  
public void Info1(string arg1)  
{  
 base.WriteEvent(2, arg1);  
}  

WriteEvent(Int32, Int32, Int32) WriteEvent(Int32, Int32, Int32) WriteEvent(Int32, Int32, Int32) WriteEvent(Int32, Int32, Int32)

指定されたイベント識別子と 32 ビット整数引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and 32-bit integer arguments.

protected:
 void WriteEvent(int eventId, int arg1, int arg2);
protected void WriteEvent (int eventId, int arg1, int arg2);
member this.WriteEvent : int * int * int -> unit
Protected Sub WriteEvent (eventId As Integer, arg1 As Integer, arg2 As Integer)

パラメーター

eventId
Int32 Int32 Int32 Int32

イベント識別子。The event identifier. 有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。This value should be between 0 and 65535.

arg1
Int32 Int32 Int32 Int32

整数引数。An integer argument.

arg2
Int32 Int32 Int32 Int32

整数引数。An integer argument.

注釈

eventid 0 または 65535 より小さいよりも大きい必要があります。 または操作でエラーが発生します。eventid should be greater than 0 or less than 65535 or errors can occur in the operation. エラーが発生した場合、イベントを発生させるプロセスにデバッガーをアタッチした場合の詳細については、エラーの原因は、デバッガーの出力ストリームを確認して取得できます。If errors do occur, you can get more information about the source of the error by checking the output stream of the debugger, if you have a debugger attached to the process firing events. ETW リスナーは、エラーが発生するイベント ソースがある場合、ETW イベントのストリームで報告されたエラーを検索することもできます。You can also look for errors reported in the ETW event stream, if you have an ETW listener on the event source where the error occurs.

ETW イベントとして識別されるメソッドを実装する場合、 EventSource-クラスを派生します。When you implement a method that is identified as an ETW event in an EventSource-derived class. 基本クラスを呼び出す必要がありますWriteEventメソッドに渡して、EventIdと次の例のように実装されるメソッドと同じ引数。You must call the base class WriteEvent method passing the EventId and the same arguments as the implemented method similar to the following example.

[Event(2, Level = EventLevel.Informational)]  
public void Info1(int arg1, int arg2, int arg3)  
{  
 base.WriteEvent(2, arg1);  
}  

WriteEvent(Int32, Int32, String) WriteEvent(Int32, Int32, String) WriteEvent(Int32, Int32, String) WriteEvent(Int32, Int32, String)

指定されたイベント識別子と 32 ビット整数および文字列引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and 32-bit integer and string arguments.

protected:
 void WriteEvent(int eventId, int arg1, System::String ^ arg2);
protected void WriteEvent (int eventId, int arg1, string arg2);
member this.WriteEvent : int * int * string -> unit
Protected Sub WriteEvent (eventId As Integer, arg1 As Integer, arg2 As String)

パラメーター

eventId
Int32 Int32 Int32 Int32

イベント識別子。The event identifier. 有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。This value should be between 0 and 65535.

arg1
Int32 Int32 Int32 Int32

32 ビット整数引数。A 32-bit integer argument.

arg2
String String String String

文字列引数。A string argument.

WriteEvent(Int32, String) WriteEvent(Int32, String) WriteEvent(Int32, String) WriteEvent(Int32, String)

指定されたイベント識別子と文字列引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and string argument.

protected:
 void WriteEvent(int eventId, System::String ^ arg1);
protected void WriteEvent (int eventId, string arg1);
member this.WriteEvent : int * string -> unit
Protected Sub WriteEvent (eventId As Integer, arg1 As String)

パラメーター

eventId
Int32 Int32 Int32 Int32

イベント識別子。The event identifier. 有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。This value should be between 0 and 65535.

arg1
String String String String

文字列引数。A string argument.

次の例は、このメソッドのオーバー ロードを使用してイベントを記述する方法を示しています。The following example shows how to use this method overload to write an event. このコード例が示されている例の一部、EventSourceクラス。This code example is part of a larger example provided for the EventSource class.

[Event(1, Message = "Application Failure: {0}", Level = EventLevel.Error, Keywords = Keywords.Diagnostic)]
public void Failure(string message) { WriteEvent(1, message); }
<[Event](1, Message:="Application Failure: {0}", Level:=EventLevel.Error, Keywords:=Keywords.Diagnostic)> _
Public Sub Failure(ByVal message As String)
    WriteEvent(1, message)
End Sub 'Failure

注釈

eventid 0 または 65535 より小さいよりも大きい必要があります。 または操作でエラーが発生します。eventid should be greater than 0 or less than 65535 or errors can occur in the operation. エラーが発生した場合、イベントを発生させるプロセスにデバッガーをアタッチした場合の詳細については、エラーの原因は、デバッガーの出力ストリームを確認して取得できます。If errors do occur, you can get more information about the source of the error by checking the output stream of the debugger, if you have a debugger attached to the process firing events. ETW リスナーは、エラーが発生するイベント ソースがある場合、ETW イベントのストリームで報告されたエラーを検索することもできます。You can also look for errors reported in the ETW event stream, if you have an ETW listener on the event source where the error occurs.

ETW イベントとして識別されるメソッドを実装する場合、 EventSource-クラスを派生します。When you implement a method that is identified as an ETW event in an EventSource-derived class. 基本クラスを呼び出す必要がありますWriteEventメソッドに渡して、EventIdと次の例のように実装されるメソッドと同じ引数。You must call the base class WriteEvent method passing the EventId and the same arguments as the implemented method similar to the following example.

[Event(2, Level = EventLevel.Informational)]  
public void Info1(string arg1)  
{  
 base.WriteEvent(2, arg1);  
}  

WriteEvent(Int32, Object[]) WriteEvent(Int32, Object[]) WriteEvent(Int32, Object[]) WriteEvent(Int32, Object[])

指定されたイベント識別子と引数の配列を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and array of arguments.

protected:
 void WriteEvent(int eventId, ... cli::array <System::Object ^> ^ args);
protected void WriteEvent (int eventId, params object[] args);
member this.WriteEvent : int * obj[] -> unit
Protected Sub WriteEvent (eventId As Integer, ParamArray args As Object())

パラメーター

eventId
Int32 Int32 Int32 Int32

イベント識別子。The event identifier. 有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。This value should be between 0 and 65535.

args
Object[]

オブジェクトの配列。An array of objects.

注釈

既定では、コンパイラは、呼び出しのパラメーターが、その他のメソッドのオーバー ロードのいずれかに一致しない場合に、このオーバー ロードを呼び出します。By default, the compiler calls this overload if the parameters for the call do not match one of the other method overloads. このオーバー ロードは、それは次のため、他のオーバー ロードよりもかなり遅くなります。This overload is much slower than the other overloads, because it does the following:

  1. 変数の引数を保持する配列を割り当てます。It allocates an array to hold the variable argument.

  2. (これは、プリミティブ型の割り当てをにより) オブジェクトの各パラメーターをキャストしています。It casts each parameter to an object (which causes allocations for primitive types).

  3. これらのオブジェクトの配列を割り当てます。It assigns these objects to the array.

  4. ETW のシリアル化できるように各引数の型を決定すると、関数を呼び出します。It calls the function, which then determines the type of each argument so it can be serialized for ETW.

このオーバー ロードのオーバーヘッドは大きくありません、小規模なイベントをトレースする場合、プロバイダーが有効になっている場合にのみ、メソッドが使用されるため。The high overhead for this overload is not significant when tracing low-volume events, because the method is used only when the provider is enabled. ただし、大量のイベントのパフォーマンスのオーバーヘッドは大幅なすることができます。However, for high-volume events, the performance overhead can be significant. 使用して回避できますEventSource.WriteEventの大量のペイロードを持つ新しいより速いオーバー ロードを作成、WriteEventCoreメソッド。You can avoid using EventSource.WriteEvent for high-volume payloads by creating a new, faster overload with the WriteEventCore method.

eventid 0 または 65535 より小さいよりも大きい必要があります。 または操作でエラーが発生します。eventid should be greater than 0 or less than 65535 or errors can occur in the operation. エラーが発生した場合、イベントを発生させるプロセスにデバッガーをアタッチした場合の詳細については、エラーの原因は、デバッガーの出力ストリームを確認して取得できます。If errors do occur, you can get more information about the source of the error by checking the output stream of the debugger, if you have a debugger attached to the process firing events. ETW リスナーは、エラーが発生するイベント ソースがある場合、ETW イベントのストリームで報告されたエラーを検索することもできます。You can also look for errors reported in the ETW event stream, if you have an ETW listener on the event source where the error occurs.

ETW イベントとして識別されるメソッドを実装する場合、 EventSource-クラスを派生します。When you implement a method that is identified as an ETW event in an EventSource-derived class. 基本クラスを呼び出す必要がありますWriteEventメソッドに渡して、EventIdと次の例のように実装されるメソッドと同じ引数。You must call the base class WriteEvent method passing the EventId and the same arguments as the implemented method similar to the following example.

[Event(2, Level = EventLevel.Informational)]  
public void Info1(string arg1)  
{  
 base.WriteEvent(2, arg1);  
}  

WriteEvent(Int32, Int64) WriteEvent(Int32, Int64) WriteEvent(Int32, Int64) WriteEvent(Int32, Int64)

指定されたイベント識別子と 64 ビット整数引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and 64-bit integer argument.

protected:
 void WriteEvent(int eventId, long arg1);
protected void WriteEvent (int eventId, long arg1);
member this.WriteEvent : int * int64 -> unit
Protected Sub WriteEvent (eventId As Integer, arg1 As Long)

パラメーター

eventId
Int32 Int32 Int32 Int32

イベント識別子。The event identifier. 有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。This value should be between 0 and 65535.

arg1
Int64 Int64 Int64 Int64

64 ビット整数引数。A 64 bit integer argument.

注釈

eventid 0 または 65535 より小さいよりも大きい必要があります。 または操作でエラーが発生します。eventid should be greater than 0 or less than 65535 or errors can occur in the operation. エラーが発生した場合、イベントを発生させるプロセスにデバッガーをアタッチした場合の詳細については、エラーの原因は、デバッガーの出力ストリームを確認して取得できます。If errors do occur, you can get more information about the source of the error by checking the output stream of the debugger, if you have a debugger attached to the process firing events. ETW リスナーは、エラーが発生するイベント ソースがある場合、ETW イベントのストリームで報告されたエラーを検索することもできます。You can also look for errors reported in the ETW event stream, if you have an ETW listener on the event source where the error occurs.

ETW イベントとして識別されるメソッドを実装する場合、 EventSource-クラスを派生します。When you implement a method that is identified as an ETW event in an EventSource-derived class. 基本クラスを呼び出す必要がありますWriteEventメソッドに渡して、EventIdと次の例のように実装されるメソッドと同じ引数。You must call the base class WriteEvent method passing the EventId and the same arguments as the implemented method similar to the following example.

[Event(2, Level = EventLevel.Informational)]  
public void Info1(string arg1)  
{  
 base.WriteEvent(2, arg1);  
}  

WriteEvent(Int32, Int32) WriteEvent(Int32, Int32) WriteEvent(Int32, Int32) WriteEvent(Int32, Int32)

指定されたイベント識別子と 32 ビット整数引数を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and 32-bit integer argument.

protected:
 void WriteEvent(int eventId, int arg1);
protected void WriteEvent (int eventId, int arg1);
member this.WriteEvent : int * int -> unit
Protected Sub WriteEvent (eventId As Integer, arg1 As Integer)

パラメーター

eventId
Int32 Int32 Int32 Int32

イベント識別子。The event identifier. 有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。This value should be between 0 and 65535.

arg1
Int32 Int32 Int32 Int32

整数引数。An integer argument.

次の例は、このメソッドのオーバー ロードを使用してイベントを記述する方法を示しています。The following example shows how to use this method overload to write an event. このコード例が示されている例の一部、EventSourceクラス。This code example is part of a larger example provided for the EventSource class.

[Event(4, Opcode = EventOpcode.Stop, Task = Tasks.Page, Keywords = Keywords.Page, Level = EventLevel.Informational)]
public void PageStop(int ID) { if (IsEnabled()) WriteEvent(4, ID); }
<[Event](4, Opcode:=EventOpcode.Stop, Task:=Tasks.Page, Keywords:=Keywords.Page, Level:=EventLevel.Informational)> _
Public Sub PageStop(ByVal ID As Integer)
    If IsEnabled() Then
        WriteEvent(4, ID)
    End If
End Sub 'PageStop

注釈

eventid 0 または 65535 より小さいよりも大きい必要があります。 または操作でエラーが発生します。eventid should be greater than 0 or less than 65535 or errors can occur in the operation. エラーが発生した場合、イベントを発生させるプロセスにデバッガーをアタッチした場合の詳細については、エラーの原因は、デバッガーの出力ストリームを確認して取得できます。If errors do occur, you can get more information about the source of the error by checking the output stream of the debugger, if you have a debugger attached to the process firing events. ETW リスナーは、エラーが発生するイベント ソースがある場合、ETW イベントのストリームで報告されたエラーを検索することもできます。You can also look for errors reported in the ETW event stream, if you have an ETW listener on the event source where the error occurs.

ETW イベントとして識別されるメソッドを実装する場合、 EventSource-クラスを派生します。When you implement a method that is identified as an ETW event in an EventSource-derived class. 基本クラスを呼び出す必要がありますWriteEventメソッドに渡して、EventIdと次の例のように実装されるメソッドと同じ引数。You must call the base class WriteEvent method passing the EventId and the same arguments as the implemented method similar to the following example.

[Event(2, Level = EventLevel.Informational)]  
public void Info1(int  arg1)  
{  
 base.WriteEvent(2, arg1);  
}  

WriteEvent(Int32, Byte[]) WriteEvent(Int32, Byte[]) WriteEvent(Int32, Byte[]) WriteEvent(Int32, Byte[])

指定されたイベント識別子とバイト配列引数を使用してイベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier and byte array argument.

protected:
 void WriteEvent(int eventId, cli::array <System::Byte> ^ arg1);
protected void WriteEvent (int eventId, byte[] arg1);
member this.WriteEvent : int * byte[] -> unit
Protected Sub WriteEvent (eventId As Integer, arg1 As Byte())

パラメーター

eventId
Int32 Int32 Int32 Int32

イベント識別子。The event identifier. 有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。This value should be between 0 and 65535.

arg1
Byte[]

バイト配列引数。A byte array argument.

注釈

eventid 0 または 65535 より小さいよりも大きい必要があります。 または操作でエラーが発生します。eventid should be greater than 0 or less than 65535 or errors can occur in the operation. エラーが発生した場合、イベントを発生させるプロセスにデバッガーをアタッチした場合の詳細については、エラーの原因は、デバッガーの出力ストリームを確認して取得できます。If errors do occur, you can get more information about the source of the error by checking the output stream of the debugger, if you have a debugger attached to the process firing events. ETW リスナーは、エラーが発生するイベント ソースがある場合、ETW イベントのストリームで報告されたエラーを検索することもできます。You can also look for errors reported in the ETW event stream, if you have an ETW listener on the event source where the error occurs.

ETW イベントとして識別されるメソッドを実装する場合、 EventSource-クラスを派生します。When you implement a method that is identified as an ETW event in an EventSource-derived class. 基本クラスを呼び出す必要がありますWriteEventメソッドに渡して、EventIdと次の例のように実装されるメソッドと同じ引数。You must call the base class WriteEvent method passing the EventId and the same arguments as the implemented method similar to the following example.

[Event(2, Level = EventLevel.Informational)]  
public void Info1(byte[] arg1)  
{  
 base.WriteEvent(2, arg1);  
}  

WriteEvent(Int32) WriteEvent(Int32) WriteEvent(Int32) WriteEvent(Int32)

指定されたイベント識別子を使用して、イベントを書き込みます。Writes an event by using the provided event identifier.

protected:
 void WriteEvent(int eventId);
protected void WriteEvent (int eventId);
member this.WriteEvent : int -> unit
Protected Sub WriteEvent (eventId As Integer)

パラメーター

eventId
Int32 Int32 Int32 Int32

イベント識別子。The event identifier. 有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。This value should be between 0 and 65535.

次の例は、このメソッドのオーバー ロードを使用してイベントを記述する方法を示しています。The following example shows how to use this method overload to write an event. このコード例が示されている例の一部、EventSourceクラス。This code example is part of a larger example provided for the EventSource class.

[Event(1, Message = "Application Failure: {0}", Level = EventLevel.Error, Keywords = Keywords.Diagnostic)]
public void Failure(string message) { WriteEvent(1, message); }
<[Event](1, Message:="Application Failure: {0}", Level:=EventLevel.Error, Keywords:=Keywords.Diagnostic)> _
Public Sub Failure(ByVal message As String)
    WriteEvent(1, message)
End Sub 'Failure

注釈

eventid 0 または 65535 より小さいよりも大きい必要があります。 または操作でエラーが発生します。eventid should be greater than 0 or less than 65535 or errors can occur in the operation. エラーが発生した場合、イベントを発生させるプロセスにデバッガーをアタッチした場合の詳細については、エラーの原因は、デバッガーの出力ストリームを確認して取得できます。If errors do occur, you can get more information about the source of the error by checking the output stream of the debugger, if you have a debugger attached to the process firing events. ETW リスナーは、エラーが発生するイベント ソースがある場合、ETW イベントのストリームで報告されたエラーを検索することもできます。You can also look for errors reported in the ETW event stream, if you have an ETW listener on the event source where the error occurs.

ETW イベントとして識別されるメソッドを実装する場合、 EventSource-クラスを派生します。When you implement a method that is identified as an ETW event in an EventSource-derived class. 基本クラスを呼び出す必要がありますWriteEventメソッドに渡して、EventIdと次の例のように実装されるメソッドと同じ引数。You must call the base class WriteEvent method passing the EventId and the same arguments as the implemented method similar to the following example.

[Event(2, Level = EventLevel.Informational)]  
public void Info1(string arg1)  
{  
 base.WriteEvent(2, arg1);  
}  

WriteEvent(Int32, Int64, Byte[]) WriteEvent(Int32, Int64, Byte[]) WriteEvent(Int32, Int64, Byte[]) WriteEvent(Int32, Int64, Byte[])

指定した識別子と 64 ビット整数およびバイト配列引数を使用して、イベント データを書き込みます。Writes the event data using the specified identifier and 64-bit integer and byte array arguments.

protected:
 void WriteEvent(int eventId, long arg1, cli::array <System::Byte> ^ arg2);
protected void WriteEvent (int eventId, long arg1, byte[] arg2);
member this.WriteEvent : int * int64 * byte[] -> unit
Protected Sub WriteEvent (eventId As Integer, arg1 As Long, arg2 As Byte())

パラメーター

eventId
Int32 Int32 Int32 Int32

イベント識別子。The event identifier. 有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。This value should be between 0 and 65535.

arg1
Int64 Int64 Int64 Int64

64 ビット整数引数。A 64-bit integer argument.

arg2
Byte[]

バイト配列引数。A byte array argument.

注釈

eventid 0 または 65535 より小さいよりも大きい必要があります。 または操作でエラーが発生します。eventid should be greater than 0 or less than 65535 or errors can occur in the operation. エラーが発生した場合、イベントを発生させるプロセスにデバッガーをアタッチした場合の詳細については、エラーの原因は、デバッガーの出力ストリームを確認して取得できます。If errors do occur, you can get more information about the source of the error by checking the output stream of the debugger, if you have a debugger attached to the process firing events. ETW リスナーは、エラーが発生するイベント ソースがある場合、ETW イベントのストリームで報告されたエラーを検索することもできます。You can also look for errors reported in the ETW event stream, if you have an ETW listener on the event source where the error occurs.

ETW イベントとして識別されるメソッドを実装する場合、 EventSource-クラスを派生します。When you implement a method that is identified as an ETW event in an EventSource-derived class. 基本クラスを呼び出す必要がありますWriteEventメソッドに渡して、EventIdと次の例のように実装されるメソッドと同じ引数。You must call the base class WriteEvent method passing the EventId and the same arguments as the implemented method similar to the following example.

[Event(2, Level = EventLevel.Informational)]  
public void Info1(Int64 arg1, Byte[] arg2)  
{  
 base.WriteEvent(2, arg1, arg2);  
}  

適用対象