PrincipalOperationException.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext) メソッド

定義

シリアル化したデータを使用して、PrincipalOperationException クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the PrincipalOperationException class with serialized data.

public:
 override void GetObjectData(System::Runtime::Serialization::SerializationInfo ^ info, System::Runtime::Serialization::StreamingContext context);
[System.Security.SecurityCritical]
public override void GetObjectData (System.Runtime.Serialization.SerializationInfo info, System.Runtime.Serialization.StreamingContext context);
override this.GetObjectData : System.Runtime.Serialization.SerializationInfo * System.Runtime.Serialization.StreamingContext -> unit
Public Overrides Sub GetObjectData (info As SerializationInfo, context As StreamingContext)

パラメーター

info
SerializationInfo

シリアル化されたオブジェクト データを保持するオブジェクト。The object that holds the serialized object data.

context
StreamingContext

転送元または転送先に関するコンテキスト情報。The contextual information about the source or destination.

属性

注釈

このコンストラクターは、逆シリアル化中に、ストリームで送信された例外オブジェクトを再構築するために呼び出されます。This constructor is called during deserialization to reconstitute the exception object transmitted over a stream. 詳細については、次を参照してください。 XML および SOAP シリアル化します。For more information, see XML and SOAP Serialization.

適用対象

こちらもご覧ください