DirectoryEntry.Path DirectoryEntry.Path DirectoryEntry.Path DirectoryEntry.Path Property

定義

DirectoryEntry のパスを取得または設定します。Gets or sets the path for this DirectoryEntry.

public:
 property System::String ^ Path { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.ComponentModel.SettingsBindable(true)]
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.StringValueConverter, System.Design, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
[System.DirectoryServices.DSDescription("DSPath")]
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.StringValueConverter, System.Design, Version=1.0.5000.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Diagnostics.Design.StringValueConverter, System.Design, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
public string Path { get; set; }
member this.Path : string with get, set
Public Property Path As String

プロパティ値

この DirectoryEntry オブジェクトのパス。The path of this DirectoryEntry object. 既定値は、空の文字列 ("") です。The default is an empty string ("").

注釈

Pathプロパティは、ネットワーク環境では、このエントリを一意に識別します。The Path property uniquely identifies this entry in a networked environment. これを使用してこのエントリを取得することができます常にPathします。This entry can always be retrieved using this Path.

設定、Pathは、取得、ディレクトリから新しいエントリを格納し、現在バインドされているエントリのパスは変更されません。Setting the Path retrieves a new entry from the directory store; it does not change the path of the currently bound entry.

関連付けられているクラス、DirectoryEntryコンポーネントは、Active Directory Domain Services のサービス プロバイダーのいずれかで使用できます。The classes associated with the DirectoryEntry component can be used with any of the Active Directory Domain Services service providers. 現在のプロバイダーには、インターネット インフォメーション サービス (IIS)、ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP)、Novell NetWare Directory Service (NDS) および WinNT などがあります。Some of the current providers are Internet Information Services (IIS), Lightweight Directory Access Protocol (LDAP), Novell NetWare Directory Service (NDS), and WinNT.

注意

セクション、 Path (「://」の前に) プロバイダーを識別する小文字が区別されます。The section of the Path that identifies the provider (precedes "://") is case-sensitive. たとえば、"LDAP://"または"WinNT://"。For example, "LDAP://" or "WinNT://".

構文、Pathプロパティは、プロバイダーによって異なります。The syntax for the Path property varies according to the provider. 一般的なシナリオを次に示します。Some common scenarios are:

WinNTWinNT

  • コンピューターのグループに接続します。Connect to a group on a computer. たとえば、"WinNT://<ドメイン名 >/<コンピューター名 >/<グループ名 >"。For example, "WinNT://<domain name>/<computer name>/<group name>". ローカル コンピューターに接続している場合は、"WinNT://<コンピューター名 >/<グループ名 >"。If you are connecting to a local computer, "WinNT://<computer name>/<group name>".

  • コンピューターのユーザーに接続します。Connect to a user on a computer. たとえば、"WinNT://<ドメイン名 >/<コンピューター名 >/<ユーザー名 >"。For example, "WinNT://<domain name>/<computer name>/<user name>". ローカル コンピューターに接続している場合は、"WinNT://<コンピューター名 >/<ユーザー名 >"。If you are connecting to a local computer, "WinNT://<computer name>/<user name>".

  • コンピューター上のサービスに接続します。Connect to services on a computer. たとえば、"WinNT://<ドメイン名 >/<コンピューター名 >/<サービス名 >"。For example, "WinNT://<domain name>/<computer name>/<service name>". ローカル コンピューターに接続している場合は、"WinNT://<コンピューター名 >/<サービス名 >"。If you are connecting to a local computer, "WinNT://<computer name>/<service name>".

  • ネットワーク上のすべてのドメインを検出します。Discover all domains on the network. たとえば、"WinNT:"このエントリの子を列挙することによって、ドメインを確認できます。For example, "WinNT:" The domains can be found by enumerating the children of this entry.

LDAPLDAP

  • ドメイン内のグループに接続します。Connect to a group in a domain. たとえば、"なります<グループ名 >、CN =<ユーザー >、DC =<ドメイン コンポーネント >、DC =<ドメイン コンポーネント >,..."です。For example, "LDAP://CN=<group name>, CN =<Users>, DC=<domain component>, DC=<domain component>,...".

  • ドメイン内のユーザーに接続します。Connect to a user in a domain. たとえば、"なります<完全なユーザー名 >、CN =<ユーザー >、DC =<ドメイン コンポーネント >、DC =<ドメイン コンポーネント >,..."です。For example, "LDAP://CN=<full user name>, CN=<Users>, DC=<domain component>, DC=<domain component>,...".

  • ドメイン内のコンピューターに接続します。Connect to computers in a domain. たとえば、"なります<コンピューター名 >、CN =<コンピューター >、DC =<ドメイン コンポーネント >、DC =<ドメイン コンポーネント >,..."です。For example, "LDAP://CN=<computer name>, CN=<Computers>, DC=<domain component>, DC=<domain component>,...".

IISIIS

  • Web ディレクトリに接続します。Connect to a Web directory. たとえば、"IIS://LocalHost/W3SVC/1/ROOT/<Web ディレクトリ名 >"。For example, "IIS://LocalHost/W3SVC/1/ROOT/<Web directory name>".

LDAP を使用して、現在のドメインにバインドするには、"LDAP://RootDSE"パスを使用して既定の名前付けコンテキストを取得し、エントリを再バインドします。To bind to the current domain using LDAP, use the path "LDAP://RootDSE", then get the default naming context and rebind the entry. 次に例を示します。For example:

String str = ent.Properties["defaultNamingContext"][0];  
DirectoryEntry domain = new DirectoryEntry("LDAP://" + str);  

詳細については、ご利用のプロバイダーのマニュアルを参照してください、 Active Directory サービス インターフェイスを使用して記事。For more information, see the documentation for your provider and the Using Active Directory Service Interfaces article.

適用対象