System.DirectoryServices.Protocols 名前空間

System.DirectoryServices.Protocols 名前空間は、ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) Version 3 (V3) 標準およびディレクトリ サービス マークアップ言語 (DSML) Version 2.0 (V2) 標準で定義されているメソッドを提供します。 The System.DirectoryServices.Protocols namespace provides the methods defined in the Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) version 3 (V3) and Directory Services Markup Language (DSML) version 2.0 (V2) standards.

クラス

AddRequest

AddRequest クラスは、ディレクトリにエントリを追加します。The AddRequest class adds an entry to the directory.

AddResponse

AddResponse クラスは SendRequest(DirectoryRequest) によって、AddRequest への応答として返されます。The AddResponse class is returned by SendRequest(DirectoryRequest) as a response to AddRequest.

AsqRequestControl

AsqRequestControl クラスは、属性スコープ クエリ (ASQ: Attribute Scoped Query) コントロールを作成します。The AsqRequestControl class creates an attribute scoped query (ASQ) control. このコントロールは検索要求で使用され、強制的に、特定の DN 値を持つ属性をクエリの基準にします。This control is used with a search request to force the query to be based on a specific DN-valued attribute.

AsqResponseControl

AsqResponseControl クラスは、SearchResponse クエリへの応答として AsqRequestControl オブジェクトに返されます。The AsqResponseControl class is returned in a SearchResponse object as a response to a AsqRequestControl query.

BerConversionException

BerConversionException クラスは、BerConverter オブジェクトを使用してデータを変換する場合にスローされる例外です。The BerConversionException class is an exception thrown when converting data using a BerConverter object.

BerConverter

BerConverter クラスは、基本エンコーディング規則 (BER: Basic Encoding Rules) を使用して構造化データのエンコードとデコードを行います。The BerConverter class encodes and decodes structured data using basic encoding rules (BER).

CompareRequest

CompareRequest クラスは、ディレクトリ オブジェクトが、属性に指定した値を保持するかどうかを決定します。The CompareRequest class determines whether the directory object holds the specified value for the attribute.

CompareResponse

CompareResponse クラスは SendRequest(DirectoryRequest) によって、CompareRequest への応答として返されます。The CompareResponse class is returned by SendRequest(DirectoryRequest) as a response to CompareRequest.

CrossDomainMoveControl

CrossDomainMoveControl クラスは、ModifyDNRequest オブジェクトで使用され、LDAP オブジェクトを特定のドメインから他のドメインへ移動します。The CrossDomainMoveControl class is used with a ModifyDNRequest object to move an LDAP object from one domain to another.

DeleteRequest

DeleteRequest クラスは、ディレクトリからエントリを削除します。The DeleteRequest class deletes an entry from the directory.

DeleteResponse

DeleteResponse クラスは SendRequest(DirectoryRequest) によって、DeleteRequest への応答として返されます。The DeleteResponse class is returned by SendRequest(DirectoryRequest) as a response to DeleteRequest.

DirectoryAttribute

DirectoryAttribute クラスにより、属性値にアクセスできるようになります。The DirectoryAttribute class enables access to the attribute values.

DirectoryAttributeCollection

DirectoryAttributeCollection クラスには、DirectoryAttribute オブジェクトのコレクションが格納されます。The DirectoryAttributeCollection class contains a collection of DirectoryAttribute objects.

DirectoryAttributeModification

DirectoryAttributeModification クラスにより、DirectoryAttribute の値の変更が可能になります。The DirectoryAttributeModification class enables modification of the DirectoryAttribute values.

DirectoryAttributeModificationCollection

DirectoryAttributeModificationCollection クラスには、DirectoryAttributeModification オブジェクトのコレクションが格納されます。The DirectoryAttributeModificationCollection class contains a collection of DirectoryAttributeModification objects.

DirectoryConnection

DirectoryConnection クラスは抽象基本クラスであり、インスタンス化できません。The DirectoryConnection class is an abstract class and cannot be instantiated. ディレクトリ サーバーに接続するには、LdapConnection クラスまたは DsmlSoapHttpConnection クラスを使用します。Use the LdapConnection or DsmlSoapHttpConnection classes to connect to a directory server.

DirectoryControl

DirectoryControl クラスは、さまざまな LDAP 操作の拡張データを指定します。The DirectoryControl class specifies extension data for various LDAP operations.

DirectoryControlCollection

DirectoryControlCollection クラスは DirectoryControl オブジェクトのコレクションを管理します。The DirectoryControlCollection class manages a collection of DirectoryControl objects.

DirectoryException

DirectoryException クラスは、すべての System.DirectoryServices.Protocols 例外の基本クラスとして使用される抽象クラスです。The DirectoryException class is an abstract class used as the base class for all System.DirectoryServices.Protocols exceptions.

DirectoryIdentifier

DirectoryIdentifier クラスは、接続先を識別する抽象クラスです。The DirectoryIdentifier class is an abstract class that identifies the target to connect to.

DirectoryNotificationControl

DirectoryNotificationControl クラスは、Active Directory ドメイン サービスのオブジェクトが変更されたときにクライアントに通知が送信されるように登録するために、拡張 LDAP 非同期検索機能で使用されるディレクトリ コントロールです。The DirectoryNotificationControl class is a directory control used with an extended LDAP asynchronous search function to register the client to be notified when changes are made to an object in the Active Directory Domain Services.

DirectoryOperation

DirectoryOperation クラスは、要求および応答の要素のベースとして使用される抽象クラスです。The DirectoryOperation class is an abstract class used as a base for request and response elements.

DirectoryOperationException

DirectoryOperationException クラスは、SendRequest(DirectoryRequest) メソッドによってスローされる例外で、サーバーがエラーのある DirectoryResponse オブジェクトを返したことを示します。The DirectoryOperationException class is an exception thrown by the SendRequest(DirectoryRequest) method to indicate that the server returned a DirectoryResponse object with an error.

DirectoryRequest

DirectoryRequest クラスは、SearchRequest クラスや AddRequest クラスなどの、要求に関連したクラスの基本クラスです。The DirectoryRequest class is the base class for request related classes, like the SearchRequest and AddRequest classes.

DirectoryResponse

DirectoryResponse クラスは、SearchResponse クラスや AddResponse クラスなどの、要求応答のクラスの基本クラスです。The DirectoryResponse class is the base class for request response classes, like the SearchResponse and AddResponse classes.

DirSyncRequestControl

DirSyncRequestControl クラスは、以前の状態以降に変更になったオブジェクトのディレクトリをアプリケーションが検索できるようにするディレクトリ コントロールです。The DirSyncRequestControl class is a directory control that enables the application to search the directory for objects that have changed since a previous state.

DirSyncResponseControl

DirSyncResponseControl クラスは、DirSyncRequest 情報をサーバーからクライアントに渡すために使用するディレクトリ コントロールです。The DirSyncResponseControl class is a directory control used to pass DirSyncRequest information from the server to the client.

DomainScopeControl

DomainScopeControl クラスは、要求の完了時に参照を生成しないよう、LDAP サーバーに指示するために使用されるディレクトリ コントロールです。The DomainScopeControl class is a directory control used to instruct the LDAP server not to generate referrals when completing a request.

DsmlAuthRequest

DsmlAuthRequest クラスは、要求が Principal プロパティで識別されるセキュリティ プリンシパルによって実行されるように、その要求のアクセス制御が解釈されることを示します。The DsmlAuthRequest class indicates that access control for the requests be interpreted as though the requests are performed by the security principal identified by the Principal property.

DsmlAuthResponse

DsmlAuthResponse クラスは SendRequest(DirectoryRequest) によって、DsmlAuthRequest への応答として返されます。The DsmlAuthResponse class is returned by SendRequest(DirectoryRequest) as a response to DsmlAuthRequest.

DsmlDirectoryIdentifier

DsmlDirectoryIdentifier クラスは、HTTP サーバーを識別します。The DsmlDirectoryIdentifier class identifies an HTTP server.

DsmlDocument

DsmlDocument クラスは、DSML ドキュメントの作成または操作のための抽象クラスです。The DsmlDocument class is an abstract class to construct or manipulate a DSML document. これは DsmlRequestDocumentDsmlResponseDocument の基本クラスです。It is the base class for both DsmlRequestDocument and DsmlResponseDocument. DsmlDocument はコレクションとインデックスをサポートしています。DsmlDocument supports collections and indexes. そのコレクションの各項目は DirectoryOperation から派生するオブジェクトです。Each item in its collection is an object derived from DirectoryOperation.

DsmlErrorResponse

DsmlErrorResponse クラスは、重大なエラーが発生した場合に、サーバーによって生成されます。The DsmlErrorResponse class is generated by the server when a severe error occurs.

DsmlInvalidDocumentException

DsmlInvalidDocumentException クラスは、DSML Request ドキュメントまたは DSML Response ドキュメントが整形式の XML でないか DSMLv2 スキーマで検証できない場合に発生する例外です。The DsmlInvalidDocumentException class is an exception that occurs when a DSML Request or Response document is not well-formed XML or cannot be validated with DSMLv2 schema.

DsmlRequestDocument

DsmlRequestDocument クラスを使用すると、AddRequestModifyRequestSearchRequest などの DSML 要求ペイロードを作成できます。The DsmlRequestDocument class enables you to build a DSML request payload, such as AddRequest, ModifyRequest, or SearchRequest. これには、0 個以上の DirectoryRequest 派生オブジェクトを格納します。It contains zero or more DirectoryRequest derived objects. ユーザーは、サーバーへの送信前に、DirectoryRequest の追加、削除、変更および列挙を行うことができます。The user may add, delete, modify, and enumerate the DirectoryRequest before sending to the server. DsmlRequestDocument を DSML バインディング クラスで使用して、DsmlSoapHttpConnection などのドキュメントを送信できますDsmlRequestDocument can be used with any DSML Binding classes to transport the document, such as DsmlSoapHttpConnection.

DsmlResponseDocument

DsmlResponseDocument クラスは、DsmlRequestDocument から派生した 0 個以上のオブジェクトを含む DirectoryResponse オブジェクトへの応答として生成される読み取り専用のコレクションです。The DsmlResponseDocument class is a read-only collection generated as a response to a DsmlRequestDocument object that contains zero, or more, objects derived from DirectoryResponse.

DsmlSoapConnection

DsmlSoapConnection クラスは抽象クラスであり、インスタンス化できません。The DsmlSoapConnection class is an abstract class that cannot be instantiated. これにより、セッション指向の機能を提供することで、ステートレスなプロトコルとステートフルなプロトコルを同じように処理できます。It enables stateless and stateful protocols to be handled similarly by providing session-oriented features.

DsmlSoapHttpConnection

DsmlSoapHttpConnection クラスは、HTTP 経由の SOAP を使用した DSML Gateway への接続を表します。The DsmlSoapHttpConnection class represents a connection to a DSML Gateway using SOAP over HTTP.

ErrorResponseException

ErrorResponseException クラスは、サーバーが <errorResponse> を返した場合に発生する例外です。The ErrorResponseException class is an exception that occurs when the server returns an <errorResponse>.

ExtendedDNControl

ExtendedDNControl クラスは、Active Directory ドメイン サービス オブジェクトの拡張された識別名の形式を要求します。The ExtendedDNControl class requests an extended form of the distinguished name of an Active Directory Domain Services object.

ExtendedRequest

ExtendedRequest クラスは、拡張された LDAP 操作をサーバーに渡します。The ExtendedRequest class passes extended LDAP operations to the server.

ExtendedResponse

ExtendedResponse クラスは SendRequest(DirectoryRequest) によって、ExtendedRequest への応答として返されます。The ExtendedResponse class is returned by SendRequest(DirectoryRequest) as a response to ExtendedRequest.

LazyCommitControl

LazyCommitControl クラスは、追加、削除、置換などの DS 変更コマンドの結果を、操作がメモリ内で完了した後、ディスクにコミットされる前に返すよう、サーバーに指示します。The LazyCommitControl class instructs the server to return the results of a DS modification command, such as add, delete, or replace, after it has been completed in memory, but before it has been committed to disk.

LdapConnection

LdapConnection クラスは、Microsoft Active Directory ドメイン サービスまたは LDAP サーバーへの TCP/IP または UDP の LDAP 接続を作成します。The LdapConnection class creates a TCP/IP or UDP LDAP connection to Microsoft Active Directory Domain Services or an LDAP server.

LdapDirectoryIdentifier

LdapDirectoryIdentifier クラスは、1 つ以上の LDAP サーバーのディレクトリ識別子を作成します。The LdapDirectoryIdentifier class creates a directory identifier for one or more LDAP servers.

LdapException

LdapException クラスは、LDAP が ResultCode に含まれないエラー コードを返す場合に発生する例外です。The LdapException class is an exception that occurs when LDAP returns an error code not included in ResultCode.

LdapSessionOptions

LdapSessionOptions クラスは、各種 LDAP セッション オプションを取得または設定します。The LdapSessionOptions class is used to get or set various LDAP session options.

ModifyDNRequest

ModifyDNRequest クラスは、オブジェクトの識別名を変更します。The ModifyDNRequest class modifies the distinguished name of an object. このクラスは、オブジェクトの新しい親への移動とオブジェクトの名前の変更の両方またはそのいずれかを行います。This class moves an object to a new parent and/or renames the object.

ModifyDNResponse

ModifyDNResponse クラスは SendRequest(DirectoryRequest) によって、ModifyDNRequest への応答として返されます。The ModifyDNResponse class is returned by SendRequest(DirectoryRequest) as a response to ModifyDNRequest.

ModifyRequest

ModifyRequest クラスは、既存ディレクトリ エントリの属性を変更します。The ModifyRequest class modifies the attributes of an existing directory entry.

ModifyResponse

ModifyResponse クラスは SendRequest(DirectoryRequest) によって、ModifyRequest への応答として返されます。The ModifyResponse class is returned by SendRequest(DirectoryRequest) as a response to ModifyRequest.

PageResultRequestControl

PageResultRequestControl クラスは、サーバーが検索結果を指定されたページ サイズで返すように指示します。The PageResultRequestControl class instructs the server to return the search result in the specified page size.

PageResultResponseControl

PageResultResponseControl クラスは、ページ データをサーバーからクライアントに渡すために使用されるディレクトリ コントロールです。The PageResultResponseControl class is a directory control used to pass page data from the server to the client.

PartialResultsCollection

PartialResultsCollection クラスは、まだ完了していない非同期操作から返される任意の部分的な結果を表します。The PartialResultsCollection class represents any partial results returned from a not-yet-completed asynchronous operation.

PermissiveModifyControl

PermissiveModifyControl クラスは、ModifyRequest オブジェクトの動作の変更に使用されます。The PermissiveModifyControl class is used to modify the behavior of a ModifyRequest object.

QuotaControl

QuotaControl クラスは、セキュリティ プリンシパルのセキュリティ識別子 (SID) を渡して、クォータ関連のデータを取得するために使用されます。The QuotaControl class is used to pass the security identifier (SID) of a security principle to retrieve quota-related data.

ReferralCallback

ReferralCallback クラスは、参照コールバック メソッドとして使用されるデリゲートを格納します。The ReferralCallback class contains delegates used as referral callback methods.

SearchOptionsControl

SearchOptionsControl クラスは、フラグをサーバーに渡して、検索動作を制御するために使用されます。The SearchOptionsControl class is used to pass flags to the server to control search behavior.

SearchRequest

SearchRequest クラスは、検索操作を開始します。The SearchRequest class initiates a search operation.

SearchResponse

SearchResponse クラスは、サーバーによって、SearchRequest オブジェクトへの応答として送信されます。The SearchResponse class is sent by the server as a response to a SearchRequest object. この応答は、0 個以上の SearchResultEntry オブジェクトと、0 個以上の SearchResultReference オブジェクトを格納します。This response contains zero or more SearchResultEntry objects, and zero or more SearchResultReference objects.

SearchResultAttributeCollection

SearchResultAttributeCollection クラスは DirectoryAttribute オブジェクトのコレクションです。The SearchResultAttributeCollection class is a collection of DirectoryAttribute objects.

SearchResultEntry

SearchResultEntry クラスには、結果セットに返されるオブジェクトが格納されます。The SearchResultEntry class contains an object returned in the result set.

SearchResultEntryCollection

SearchResultEntryCollection クラスには、結果セットで返される SearchResultEntry オブジェクトのコレクションが格納されます。The SearchResultEntryCollection class contains a collection of SearchResultEntry objects returned in a result set.

SearchResultReference

SearchResultReference クラスは、サーバーによって返される単一の検索参照を格納します。The SearchResultReference class contains a single search reference returned by the server.

SearchResultReferenceCollection

SearchResultReferenceCollection クラスには、SearchResultReference オブジェクトのコレクションが格納されます。The SearchResultReferenceCollection class contains a collection of SearchResultReference objects.

SecurityDescriptorFlagControl

SecurityDescriptorFlagControl クラスは、フラグをサーバーに渡して、各種セキュリティ記述子の動作を制御するために使用されます。The SecurityDescriptorFlagControl class is used to pass flags to the server to control various security descriptor behaviors.

SecurityPackageContextConnectionInformation

SecurityPackageContextConnectionInformation クラスは、セキュリティで保護された接続に関するデータを格納します。The SecurityPackageContextConnectionInformation class contains data about a secure connection.

ShowDeletedControl

ShowDeletedControl クラスは、SearchRequest で使用され、検索フィルターに一致する削除されたオブジェクトを検索結果に含める必要があることを指定します。The ShowDeletedControl class is used with SearchRequest to specify that the search results should include any deleted objects that match the search filter.

SortKey

SortKey クラスは、並べ替えコントロールで使用する並べ替え条件を格納します。The SortKey class stores sort criteria for use by sort controls.

SortRequestControl

SortRequestControl クラスは SearchRequest で使用され、サーバーが検索結果をクライアントに返す前に、それらを並べ替えるように指示します。The SortRequestControl class is used with SearchRequest to instruct the server to sort the search results before returning them to the client application.

SortResponseControl

SortResponseControl クラスは、並べ替えデータをサーバーからクライアントに渡すために使用されます。The SortResponseControl class is used to pass sort data from the server to the client.

TlsOperationException

TlsOperationException クラスは、要求に失敗した場合に StartTransportLayerSecurity(DirectoryControlCollection) メソッド内で発生する例外です。The TlsOperationException class is an exception that occurs in the StartTransportLayerSecurity(DirectoryControlCollection) method if the request fails.

TreeDeleteControl

TreeDeleteControl クラスは、ディレクトリ内のサブツリー全体を削除するために、DeleteRequest で使用されます。The TreeDeleteControl class is used with DeleteRequest to delete an entire subtree in the directory.

VerifyNameControl

VerifyNameControl クラスは、オブジェクトの存在を検証するために使用するサーバーを指定する、LDAP 検索機能で使用されます。The VerifyNameControl class is used with an LDAP search function to specify the server used to verify the existence of an object.

VlvRequestControl

VlvRequestControl クラスは、サーバーから仮想一覧表示 (VLV: Virtual List View) のサポートを要求するために使用されます。The VlvRequestControl class is used to request virtual list view (VLV) support from the server.

VlvResponseControl

VlvResponseControl クラスは、サーバーからクライアントに仮想一覧表示 (VLV: Virtual List View) データを渡すために使用されます。The VlvResponseControl class is used to pass virtual list view (VLV) data from the server to the client.

列挙型

AuthType

AuthType 列挙体は、接続で使用する認証方式を指定するために使用されます。The AuthType enumeration is used to specify the authentication method to use on a connection.

DereferenceAlias

DereferenceAlias 列挙体は、エイリアスの逆参照に使用するプロセスを指定します。The DereferenceAlias enumeration specifies the process by which aliases are dereferenced.

DirectoryAttributeOperation

DirectoryAttributeOperation 列挙体は、ディレクトリ属性に対して実行する操作を指定します。The DirectoryAttributeOperation enumeration specifies the operation to perform on a directory attribute.

DirectorySynchronizationOptions

DirectorySynchronizationOptions 列挙体は、DirSyncRequestControl オブジェクトでの検索の動作を指定します。The DirectorySynchronizationOptions enumeration specifies the behavior of the search in a DirSyncRequestControl object.

DsmlDocumentProcessing

DsmlDocumentProcessing 列挙体は、DSML ドキュメントの処理方法を指定します。The DsmlDocumentProcessing enumeration specifies the processing method for a DSML document.

DsmlErrorProcessing

DsmlErrorProcessing 列挙体は、エラーの発生時の処理方法を指定します。The DsmlErrorProcessing enumeration specifies how to proceed when an error occurs.

DsmlResponseOrder

DsmlResponseOrder 列挙体は、応答が受信される順序を指定します。The DsmlResponseOrder enumeration specifies the order in which responses are received.

ErrorResponseCategory

ErrorResponseCategory 列挙体は、発生する可能性のある DSML エラーの応答を格納します。The ErrorResponseCategory enumeration contains possible DSML error responses.

ExtendedDNFlag

ExtendedDNFlag 列挙体は、拡張された識別名の形式を指定します。The ExtendedDNFlag enumeration specifies the format of an extended distinguished name.

LocatorFlags

LocatorFlags 列挙体は、ドメイン コントローラーを検索するために必要なデータを指定します。The LocatorFlags enumeration specifies data required to locate a domain controller.

PartialResultProcessing

PartialResultProcessing 列挙体は、部分的な結果の処理の必要な種類を指定します。The PartialResultProcessing enumeration specifies the required type of partial results processing.

ReferralChasingOptions

ReferralChasingOptions 列挙体では、参照追跡を実行するかどうか、および追跡する場合はその方法を指定します。The ReferralChasingOptions enumeration specifies if and how referral chasing is pursued.

ResultCode

ResultCode 列挙体は、操作の結果コードを示します。The ResultCode enumeration specifies the operation result codes.

SearchOption

SearchOption 列挙体は、検索の動作方法を定義する検索オプションを指定します。The SearchOption enumeration specifies the search options which define how the search will behave.

SearchScope

SearchScope 列挙体は、検索のスコープを指定します。The SearchScope enumeration specifies the scope of a search.

SecurityMasks

SecurityMasks 列挙体は、各種のセキュリティ記述子オプションを指定します。The SecurityMasks enumeration specifies various security descriptor options.

SecurityProtocol

SecurityProtocol 列挙体は、接続で使用されるセキュリティ プロトコルを指定するために使用されます。The SecurityProtocol enumeration is used to specify the security protocol used by a connection.

代理人

DereferenceConnectionCallback

DereferenceConnectionCallback デリゲートは、不要になった接続を逆参照します。The DereferenceConnectionCallback delegate dereferences a connection that is no longer required. この接続は、おそらく QueryForConnectionCallback デリゲートまたは NotifyOfNewConnectionCallback デリゲートの正常な呼び出しによって確立されました。The connection was probably established through a successful call to the QueryForConnectionCallback or NotifyOfNewConnectionCallback delegate.

NotifyOfNewConnectionCallback

NotifyOfNewConnectionCallback デリゲートは、参照追跡中に新しい接続が作成された場合に呼び出されます。The NotifyOfNewConnectionCallback delegate is called if a new connection was created while chasing a referral.

QueryClientCertificateCallback

QueryClientCertificateCallback デリゲートは、SSL 接続の確立時にクライアント証明書を指定するために使用する、既定のコールバック関数を取得または設定します。The QueryClientCertificateCallback delegate gets or sets the default callback function used to specify the client certificates while establishing an SSL connection.

QueryForConnectionCallback

QueryForConnectionCallback デリゲートは、使用できるキャッシュされた接続が存在するかどうかを確認します。The QueryForConnectionCallback delegate determines whether there is a cached connection available for use.

VerifyServerCertificateCallback

VerifyServerCertificateCallback デリゲートは、SSL 接続の確立時にサーバー証明書を検証するために使用する、既定のコールバック関数を取得または設定します。The VerifyServerCertificateCallback delegate gets or sets the default callback function used to verify server certificates when establishing an SSL connection.