BufferedGraphicsContext BufferedGraphicsContext BufferedGraphicsContext BufferedGraphicsContext Class

定義

ダブル バッファリングに使用できるグラフィックス バッファーを作成するためのメソッドを提供します。Provides methods for creating graphics buffers that can be used for double buffering.

public ref class BufferedGraphicsContext sealed : IDisposable
public sealed class BufferedGraphicsContext : IDisposable
type BufferedGraphicsContext = class
    interface IDisposable
Public NotInheritable Class BufferedGraphicsContext
Implements IDisposable
継承
BufferedGraphicsContextBufferedGraphicsContextBufferedGraphicsContextBufferedGraphicsContext
実装

現在のアプリケーションドメインBufferedGraphicsContextのを取得する方法を次のコード例に示します。The following code example demonstrates how to acquire the BufferedGraphicsContext for the current application domain. このコードは、 BufferedGraphicsクラスに用意されている大規模な例の一部です。This code is part of a larger example provided for the BufferedGraphics class.

// Retrieves the BufferedGraphicsContext for the 
// current application domain.
BufferedGraphicsContext^ appDomainGraphicsContext =
   BufferedGraphicsManager::Current;
// Retrieves the BufferedGraphicsContext for the 
// current application domain.
BufferedGraphicsContext appDomainGraphicsContext = 
     BufferedGraphicsManager.Current;
' Retrieves the BufferedGraphicsContext for the 
' current application domain.
Dim appDomainGraphicsContext As BufferedGraphicsContext = BufferedGraphicsManager.Current

注釈

BufferedGraphicsContextクラスを使用すると、グラフィックスのカスタムダブルバッファリングを実装できます。The BufferedGraphicsContext class allows you to implement custom double buffering for your graphics. ダブルバッファリングを使用するグラフィックスは、表示サーフェイスの再描画によって引き起こされるちらつきを軽減または除去できます。Graphics that use double buffering can reduce or eliminate flicker that is caused by redrawing a display surface.

注意

ダブルバッファリングを使用する最も簡単な方法は、 OptimizedDoubleBuffer SetStyleメソッドを使用してコントロールのコントロールスタイルフラグを設定することです。The simplest way to use double buffering is to set the OptimizedDoubleBuffer control style flag on a control using the SetStyle method. コントロールのOptimizedDoubleBufferコントロールスタイルフラグを設定すると、コントロールのすべての描画が既定のグラフィックスバッファーを介してリダイレクトされます。追加のコードは必要ありません。Setting the OptimizedDoubleBuffer control styles flag for a control redirects all painting for the control through a default graphics buffer, without requiring any additional code. 既定では、このtrueフラグはに設定されています。This flag is set to true by default.

クラスBufferedGraphicsContextには、グラフィックスバッファーを作成および構成するためのメソッドが用意されています。The BufferedGraphicsContext class provides methods for creating and configuring a graphics buffer. メソッドAllocateは、をBufferedGraphics作成します。これは、グラフィックスバッファーのラッパーであり、バッファーへの書き込みとその内容を出力デバイスにレンダリングするために使用できるメソッドも提供します。The Allocate method creates a BufferedGraphics, which is a wrapper for a graphics buffer that also provides methods you can use to write to the buffer and render its contents to an output device.

BufferedGraphicsContext 静的BufferedGraphicsManager.Currentプロパティから、現在のアプリケーションドメインのを取得できます。You can retrieve the BufferedGraphicsContext for the current application domain from the static BufferedGraphicsManager.Current property. アニメーションなどのグラフィックを多用するアプリケーションでは、コンストラクターをBufferedGraphicsContext使用して専用のを作成できますBufferedGraphicsManager.Currentが、ほとんどのアプリケーションでは、プロパティは十分です。For graphically intensive applications such as animation, you can create a dedicated BufferedGraphicsContext using the constructor, but for most applications the BufferedGraphicsManager.Current property will be sufficient.

バッファリングされたグラフィックスの描画とカスタムバッファリングの実装の詳細については、「[ダブルバッファリング](~/docs/framework/winforms/advanced/double-buffered-graphics.md)されたグラフィックス」と「方法:バッファリングされたグラフィックスを手動で管理します。For more information on drawing buffered graphics and custom buffering implementations, see Double Buffered Graphics and How to: Manually Manage Buffered Graphics.

コンストラクター

BufferedGraphicsContext() BufferedGraphicsContext() BufferedGraphicsContext() BufferedGraphicsContext()

BufferedGraphicsContext クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the BufferedGraphicsContext class.

プロパティ

MaximumBuffer MaximumBuffer MaximumBuffer MaximumBuffer

使用するバッファーの最大サイズを取得または設定します。Gets or sets the maximum size of the buffer to use.

メソッド

Allocate(Graphics, Rectangle) Allocate(Graphics, Rectangle) Allocate(Graphics, Rectangle) Allocate(Graphics, Rectangle)

指定した Graphics のピクセル形式を使用して、指定したサイズのグラフィックス バッファーを作成します。Creates a graphics buffer of the specified size using the pixel format of the specified Graphics.

Allocate(IntPtr, Rectangle) Allocate(IntPtr, Rectangle) Allocate(IntPtr, Rectangle) Allocate(IntPtr, Rectangle)

指定した Graphics のピクセル形式を使用して、指定したサイズのグラフィックス バッファーを作成します。Creates a graphics buffer of the specified size using the pixel format of the specified Graphics.

Dispose() Dispose() Dispose() Dispose()

BufferedGraphicsContext によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the BufferedGraphicsContext.

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
Finalize() Finalize() Finalize() Finalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。Allows an object to try to free resources and perform other cleanup operations before it is reclaimed by garbage collection.

GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
Invalidate() Invalidate() Invalidate() Invalidate()

バッファーが割り当てられていてまだ破棄されていない場合に、現在のグラフィックス バッファーを破棄します。Disposes of the current graphics buffer, if a buffer has been allocated and has not yet been disposed.

MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

適用対象

こちらもご覧ください