Graphics.DrawImageAbort 代理人

定義

DrawImage メソッドが、実行を早期キャンセルし、イメージの描画を停止するタイミングを決定するコールバック メソッドを提供します。

public: delegate bool Graphics::DrawImageAbort(IntPtr callbackdata);
public delegate bool Graphics.DrawImageAbort(IntPtr callbackdata);
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
public delegate bool Graphics.DrawImageAbort(IntPtr callbackdata);
type Graphics.DrawImageAbort = delegate of nativeint -> bool
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)>]
type Graphics.DrawImageAbort = delegate of nativeint -> bool
Public Delegate Function Graphics.DrawImageAbort(callbackdata As IntPtr) As Boolean 

パラメーター

callbackdata
IntPtr

nativeint

コールバック メソッドのデータを指定する内部ポインター。 このパラメーターは、どの DrawImage オーバーロードでも渡されません。 存在しないかどうかをテストするには、値 Zero がないかどうかを確認します。

戻り値

Boolean

DrawImage メソッドに実行を早期停止させる場合、このメソッドは true を返します。 それ以外の場合は false を返して DrawImage メソッドに実行を継続させることを示します。

属性

この例は、デリゲートの Graphics.DrawImageAbort 単純な実装です。 メソッドが callbackdata パラメーターを使用してデータを DrawImage 渡したかどうかを確認するだけです。 (一部DrawImageのオーバーロードはパラメーターのみをDrawImageAbort持ち、データを渡しません。一部のオーバーロードには両方DrawImageAbortとパラメーターがありcallbackdata、データを渡すことができます)。データが渡されなかった場合は、描画をキャンセルする必要があることを呼び出し元DrawImageのメソッドに通知するために返trueされます。 データが渡された場合は、描画を false 続行する必要があることを通知するために返されます。

このコールバックの現実的な実装には、実行をキャンセルまたは続行するためのいくつかの条件の実際の調査が含まれます。

Private Function DrawImageCallback(callBackData As IntPtr) As Boolean  
     ' Test for call that passes callBackData parameter.  
     If callBackData.Equals(IntPtr.Zero) Then  
         ' If no callBackData passed, abort DrawImage method.  
         Return True  
     Else  
         ' If callBackData passed, continue DrawImage method.  
         Return False  
     End If  
 End Function 'DrawImageCallback  
// Define DrawImageAbort callback method.  
 private bool DrawImageCallback(IntPtr callbackdata)  
 {  
    // Test for call that passes callBackData parameter.  
    if(callbackdata==IntPtr.Zero)  
    {  
       // If no callbackdata passed, cancel DrawImage method.  
       return true;  
    }  
    else  
    {  
       // If callbackdata passed, continue DrawImage method.  
       return false;  
    }  
 }  

注釈

このメソッドは、クラスの DrawImage メソッド Graphics と組み合わせて使用されます。 メソッドの特定の DrawImage オーバーロードは、この型のアプリケーション定義コールバック メソッドを呼び出して、オーバーロードが実行を停止または続行する必要があるかどうかを確認します。

実行中、関連 DrawImage するオーバーロードは、このコールバック メソッドを頻繁に呼び出して、指定したイメージの描画を停止する必要があるかどうか、またはイメージの描画を続行する必要があるかどうかを確認します。 コールバック メソッドは Graphics.DrawImageAbort 、それに含まれる選択したアルゴリズムに基づいて続行するかどうかを決定できます。オプションで、callbackdata パラメーターによって渡されたデータを使用します。 たとえば、画像が画面からスクロールしたかどうかをアルゴリズムによって判断し、描画を停止するように DrawImage キャンセルをメソッドに通知する場合があります。

このイベント処理メソッドのユーザー宣言には、デリゲート宣言と同じパラメーターが Graphics.DrawImageAbort 必要です。

拡張メソッド

GetMethodInfo(Delegate)

指定したデリゲートによって表されるメソッドを表すオブジェクトを取得します。

適用対象