Graphics.FillPath(Brush, GraphicsPath) メソッド

定義

GraphicsPath の内部を塗りつぶします。

public:
 void FillPath(System::Drawing::Brush ^ brush, System::Drawing::Drawing2D::GraphicsPath ^ path);
public void FillPath (System.Drawing.Brush brush, System.Drawing.Drawing2D.GraphicsPath path);
member this.FillPath : System.Drawing.Brush * System.Drawing.Drawing2D.GraphicsPath -> unit
Public Sub FillPath (brush As Brush, path As GraphicsPath)

パラメーター

brush
Brush

塗りつぶしの特性を決定する Brush

path
GraphicsPath

塗りつぶし対象のパスを表す GraphicsPath

例外

brushnullです。

または pathnullです。

次のコード例は、Windows Forms で使用するように設計され、イベント ハンドラーのパラメーターである が PaintEventArgs e Paint 必要です。 コードは、次のアクションを実行します。

  • 赤い塗り分けブラシを作成します。

  • グラフィックス パス オブジェクトを作成します。

  • グラフィックス パスに楕円を追加します。

  • 画面のパスを入力します。

public:
   void FillPathEllipse( PaintEventArgs^ e )
   {
      // Create solid brush.
      SolidBrush^ redBrush = gcnew SolidBrush( Color::Red );

      // Create graphics path object and add ellipse.
      GraphicsPath^ graphPath = gcnew GraphicsPath;
      graphPath->AddEllipse( 0, 0, 200, 100 );

      // Fill graphics path to screen.
      e->Graphics->FillPath( redBrush, graphPath );
   }
public void FillPathEllipse(PaintEventArgs e)
{
             
    // Create solid brush.
    SolidBrush redBrush = new SolidBrush(Color.Red);
             
    // Create graphics path object and add ellipse.
    GraphicsPath graphPath = new GraphicsPath();
    graphPath.AddEllipse(0, 0, 200, 100);
             
    // Fill graphics path to screen.
    e.Graphics.FillPath(redBrush, graphPath);
}
Public Sub FillPathEllipse(ByVal e As PaintEventArgs)

    ' Create solid brush.
    Dim redBrush As New SolidBrush(Color.Red)

    ' Create graphics path object and add ellipse.
    Dim graphPath As New GraphicsPath
    graphPath.AddEllipse(0, 0, 200, 100)

    ' Fill graphics path to screen.
    e.Graphics.FillPath(redBrush, graphPath)
End Sub

注釈

GraphicsPath 、一連の線と曲線のセグメントで構成されます。 パラメーターで表されるパスが閉じていない場合は、最後のポイントから最初のポイントに追加のセグメントが追加され、パス path が閉じられます。

適用対象