Graphics.VisibleClipBounds プロパティ

定義

この Graphics の表示クリッピング領域に外接する四角形を取得します。Gets the bounding rectangle of the visible clipping region of this Graphics.

public:
 property System::Drawing::RectangleF VisibleClipBounds { System::Drawing::RectangleF get(); };
public System.Drawing.RectangleF VisibleClipBounds { get; }
member this.VisibleClipBounds : System.Drawing.RectangleF
Public ReadOnly Property VisibleClipBounds As RectangleF

プロパティ値

RectangleF

この Graphics の表示クリッピング領域に外接する四角形を表す RectangleF 構造体。A RectangleF structure that represents a bounding rectangle for the visible clipping region of this Graphics.

注釈

結果として得られる四角形の単位は、プロパティによって指定され PageUnit ます。The unit for resulting rectangle is designated by the PageUnit property. 既定の単位はピクセルです。The default unit is pixels. は、 Graphics 通常、コントロールに関連付けられており、四角形の原点は、そのコントロールのクライアント領域に対して相対的になります。A Graphics is typically associated with a control and the origin of the rectangle will be relative to the client area of that control.

表示されるクリッピング領域は、このウィンドウのクリッピング領域 Graphics とウィンドウのクリッピング領域の交差部分です。The visible clipping region is the intersection of the clipping region of this Graphics and the clipping region of the window.

適用対象