System.Drawing.Imaging 名前空間

高度な GDI+ イメージング機能を提供します。 基本のグラフィックス機能は、System.Drawing 名前空間に用意されています。

クラス

BitmapData

ビットマップ イメージの属性を指定します。 BitmapData クラスは、Bitmap クラスの LockBits メソッドおよび UnlockBits(BitmapData) メソッドで使用されます。 継承はできません。

ColorMap

色を変換するためのマップを定義します。 ImageAttributes クラスのいくつかのメソッドは、ColorMap 構造体の配列であるカラー リマップ テーブルを使用することにより、イメージの色を調整します。 継承はできません。

ColorMatrix

RGBAW 空間の座標を含む 5 x 5 の行列を定義します。 ImageAttributes クラスのいくつかのメソッドは、カラー行列を使用してイメージの色を調整します。 このクラスは継承できません。

ColorPalette

カラー パレットを構成する色の配列を定義します。 色は 32 ビット ARGB 色です。 継承はできません。

Encoder

Encoder オブジェクトは、イメージ エンコーダー パラメーター カテゴリを識別するグローバル一意識別子 (GUID) をカプセル化します。

EncoderParameter

値、または値の配列をイメージ エンコーダーに渡すのに使用されます。

EncoderParameters

EncoderParameter オブジェクトの配列をカプセル化します。

FrameDimension

イメージのフレーム ディメンションを取得するプロパティを提供します。 継承はできません。

ImageAttributes

レンダリング時のビットマップとメタファイルの色の操作方法に関する情報を格納します。

ImageCodecInfo

ImageCodecInfo クラスには、インストールされたイメージ エンコーダーとデコーダー (コーデックと呼ばれます) に関するすべての関連情報を検索するための必要なストレージ メンバーおよびメソッドが用意されています。 継承はできません。

ImageFormat

イメージのファイル形式を指定します。 継承はできません。

Metafile

グラフィック メタファイルを定義します。 メタファイルには、記録 (構築) して再生 (表示) できる一連のグラフィックス操作を記述するレコードが格納されています。 このクラスは継承できません。

MetafileHeader

関連付けられた Metafile の属性が格納されています。 継承はできません。

MetaHeader

Windows メタファイル形式 (WMF) に関する情報が格納されています。

PropertyItem

メタデータ プロパティがイメージ ファイルに含まれるようにカプセル化します。 継承はできません。

WmfPlaceableFileHeader

配置可能メタファイルを定義します。 継承はできません。

列挙型

ColorAdjustType

色の調整情報を使用する GDI+ オブジェクトを指定します。

ColorChannelFlag

CMYK (シアン、マゼンタ、黄、黒) 色空間の個々のチャネルを指定します。 この列挙体は SetOutputChannel メソッドで使用されます。

ColorMapType

カラー マップの種類を指定します。

ColorMatrixFlag

ImageAttributes の色およびグレースケールの調整設定値の影響を受ける、イメージおよび色の種類を指定します。

ColorMode

色要素値の 2 つのモードを指定します。

EmfPlusRecordType

グラフィック コマンドの読み取り/書き込みのためにメタファイルで使用できるメソッドを指定します。

EmfType

拡張メタファイル (EMF) ファイルに格納されているレコードの性質を指定します。 この列挙体は、Metafile クラスのいくつかのコンストラクターで使用されます。

EncoderParameterValueType

イメージの Save メソッドまたは SaveAdd メソッドで使用される EncoderParameter のデータ型を指定します。

EncoderValue

Save(String, ImageCodecInfo, EncoderParameters) メソッドまたは SaveAdd(EncoderParameters) メソッドを使用するときに JPEG または TIFF のイメージ エンコーダーに渡すパラメーター値を指定するのに使用されます。

ImageCodecFlags

イメージ エンコーダー/デコーダー (コーデック) の属性を提供します。

ImageFlags

Image オブジェクトに格納されているピクセル データの属性を指定します。 Flags プロパティは、この列挙体のメンバーを返します。

ImageLockMode

LockBits メソッドのフラグ パラメーターに渡すフラグを指定します。 LockBits メソッドは、ピクセル データの読み取りや書き込みができるように、イメージの一部をロックします。

MetafileFrameUnit

メタファイルのサイズおよび位置を設定するために使用する、四角形の測定単位を指定します。 この値は Metafile オブジェクトの作成時に指定されます。

MetafileType

メタファイルの種類を指定します。 Type プロパティは、この列挙体のメンバーを返します。

PaletteFlags

システム パレット内のカラー データの種類を指定します。 データはアルファを含む色データとなるか、グレースケール データだけとなるか、またはハーフトーン データとなります。

PixelFormat

イメージ内の各ピクセルについて、カラー データの形式を指定します。

代理人

PlayRecordCallback

このデリゲートは使用されません。 メタファイルのレコードの列挙の例については、EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc) のトピックを参照してください。

注釈

注意事項

System.Drawing名前空間には、特定のオペレーティングシステムとアプリケーションの種類に関するいくつかの制限があります。

  • Windows では、 System.Drawing OS の一部として出荷される GDI+ のネイティブライブラリに依存します。 Windows Server Core や Windows Nano など、一部の Windows sku には、このネイティブライブラリが OS の一部として含まれていません。 この名前空間を使用していて、ライブラリを読み込むことができない場合は、実行時に例外がスローされます。

  • 名前空間の一部の型 System.DrawingGDI+に依存していますが、これは Windows services と ASP.NET Core および ASP.NET アプリではサポートされていません。 これらの型は、 NuGet パッケージにあり、およびが含まれています。 System.Drawing.Bitmap System.Drawing.Font ただし、、、、などの名前空間のプリミティブ型は、 System.Drawing.Color System.Drawing.Size System.Drawing.Point System.Drawing.Rectangle どのアプリケーションでも使用できます。

  • .net 5 およびそれ以前のバージョンでは、NuGet パッケージは、Windows、Linux、および macOS で動作します。 ただし、プラットフォームの違いがいくつかあります。 Linux と macOS では、GDI+ 機能はlibgdiplus)ライブラリによって実装されています。 このライブラリは、ほとんどの Linux ディストリビューションでは既定でインストールされておらず、Windows および macOS での GDI+ のすべての機能をサポートしていません。 また、libgdiplus を使用できないプラットフォームもあります。 Linux と macOS の system.string パッケージの型を使用するには、libgdiplus を個別にインストールする必要があります。 詳細については、「 Linux での .net のインストール 」または「 macOS での .net のインストール」を参照してください。

  • .net 6 以降のバージョンでは、 NuGet パッケージは Windows オペレーティングシステムでのみサポートされています。 詳細については、「system.string」を参照してください。 Windows でのみサポートされています。

アプリケーションでを使用できない場合 System.Drawing 、推奨される代替手段として、 ImageSharpSkiaSharpWindows Imaging Components、およびMauiがあります。

クラスには、 Metafile メタファイルを記録および保存するためのメソッドが用意されています。 クラスを使用すると、 Encoder ユーザーは任意のイメージ形式をサポートするように GDI + を拡張できます。 クラスには、 PropertyItem イメージファイル内のメタデータを格納および取得するためのメソッドが用意されています。

注意事項

名前空間内のクラス System.Drawing.Imaging は、Windows または ASP.NET サービス内での使用はサポートされていません。 これらのアプリケーションの種類の中からこれらのクラスを使用しようとすると、サービスパフォーマンスの低下や実行時の例外など、予期しない問題が発生する可能性があります。

こちらもご覧ください