Point.Offset メソッド

定義

Point を指定の量だけ移動します。

オーバーロード

Offset(Int32, Int32)

この Point を指定の量だけ変換します。

Offset(Point)

この Point を指定した Point だけ移動します。

Offset(Int32, Int32)

この Point を指定の量だけ変換します。

public:
 void Offset(int dx, int dy);
public void Offset (int dx, int dy);
member this.Offset : int * int -> unit
Public Sub Offset (dx As Integer, dy As Integer)

パラメーター

dx
Int32

x 座標のオフセットの量。

dy
Int32

y 座標のオフセットの量。

適用対象

Offset(Point)

この Point を指定した Point だけ移動します。

public:
 void Offset(System::Drawing::Point p);
public void Offset (System.Drawing.Point p);
member this.Offset : System.Drawing.Point -> unit
Public Sub Offset (p As Point)

パラメーター

p
Point

この Point のオフセットに使用する Point

Offset メソッドを使用する方法の例を次に示します。 この例を実行するには、 [フォーム] に貼りWindowsします。 フォームの イベントを処理し、イベント処理メソッドから メソッドを呼び Paint 出して、 を OffsetPoint Paint として渡 e します PaintEventArgs

private void OffsetPoint(PaintEventArgs e)
{
    Point point1 = new Point(10, 10);
    point1.Offset(50, 0);
    Point point2 = new Point(250, 10);
    e.Graphics.DrawLine(Pens.Red, point1, point2);
}
Private Sub OffsetPoint(ByVal e As PaintEventArgs) 
    Dim point1 As New Point(10, 10)
    point1.Offset(50, 0)
    Dim point2 As New Point(250, 10)
    e.Graphics.DrawLine(Pens.Red, point1, point2)
End Sub

注釈

このメソッドは、この X の と の値を、this と の値 Y Point X Y の合計に調整 Point します p

適用対象