Size.Subtraction(Size, Size) 演算子

定義

ある Size 構造体の幅と高さを別の Size 構造体の幅と高さから減算します。

public:
 static System::Drawing::Size operator -(System::Drawing::Size sz1, System::Drawing::Size sz2);
public static System.Drawing.Size operator - (System.Drawing.Size sz1, System.Drawing.Size sz2);
static member ( - ) : System.Drawing.Size * System.Drawing.Size -> System.Drawing.Size
Public Shared Operator - (sz1 As Size, sz2 As Size) As Size

パラメーター

sz1
Size

減算演算子の左辺にある Size 構造体。

sz2
Size

減算演算子の右辺にある Size 構造体。

戻り値

Size

減算演算の結果を表す Size 構造体。

次のコード例は、演算子を Subtraction 示しています。 この例は、Windows フォームで使用するように設計されています。 この例を実行するには、名前付きの subtractionButton ボタンを含むフォームに貼り付け、メソッドを subtractButton_Click ボタンの Click イベントに関連付けます。

void subtractButton_Click( System::Object^ /*sender*/, System::EventArgs^ /*e*/ )
{
   subtractButton->Size = subtractButton->Size - System::Drawing::Size( 10, 10 );
}
private void subtractButton_Click(System.Object sender, System.EventArgs e)
{
    subtractButton.Size = subtractButton.Size - new Size(10, 10);
}
Private Sub subtractButton_Click(ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles subtractButton.Click
    subtractButton.Size = Size.op_Subtraction(subtractButton.Size, _
        New Size(10, 10))
End Sub

適用対象