SizeF 構造体

定義

順序を付与した浮動小数点数の対 (通常、四角形の幅と高さ) を格納します。

public value class SizeF : IEquatable<System::Drawing::SizeF>
public value class SizeF
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Drawing.SizeFConverter, System.Drawing, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
public struct SizeF : IEquatable<System.Drawing.SizeF>
public struct SizeF
public struct SizeF : IEquatable<System.Drawing.SizeF>
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public struct SizeF
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Drawing.SizeFConverter))]
public struct SizeF
[<System.ComponentModel.TypeConverter("System.Drawing.SizeFConverter, System.Drawing, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")>]
type SizeF = struct
type SizeF = struct
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
[<System.Serializable>]
type SizeF = struct
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
[<System.Serializable>]
[<System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Drawing.SizeFConverter))>]
type SizeF = struct
Public Structure SizeF
Implements IEquatable(Of SizeF)
Public Structure SizeF
継承
属性
実装

次のコード例では、次のメンバーを使用してに影を追加し ListBox ます。

この例は、Windows フォームで使用するように設計されています。 この例を実行するには、フォームにこのコードを貼り付け、 AddShadow フォームのイベントを処理するときにメソッドを呼び出し Paint ます。 フォームにという名前のが含まれていることを確認し ListBox listBox1 ます。

private:
   void AddShadow( PaintEventArgs^ e )
   {
      // Create two SizeF objects.
      SizeF shadowSize = listBox1->Size;
      SizeF addSize = SizeF(10.5F,20.8F);

      // Add them together and save the result in shadowSize.
      shadowSize = shadowSize + addSize;

      // Get the location of the ListBox and convert it to a PointF.
      PointF shadowLocation = listBox1->Location;

      // Add two points to get a new location.
      shadowLocation = shadowLocation + System::Drawing::Size( 5, 5 );

      // Create a rectangleF. 
      RectangleF rectFToFill = RectangleF(shadowLocation,shadowSize);

      // Create a custom brush using a semi-transparent color, and 
      // then fill in the rectangle.
      Color customColor = Color::FromArgb( 50, Color::Gray );
      SolidBrush^ shadowBrush = gcnew SolidBrush( customColor );
      array<RectangleF>^ temp0 = {rectFToFill};
      e->Graphics->FillRectangles( shadowBrush, temp0 );

      // Dispose of the brush.
      delete shadowBrush;
   }
private void AddShadow(PaintEventArgs e)
{

    // Create two SizeF objects.
    SizeF shadowSize = listBox1.Size;
    SizeF addSize = new SizeF(10.5F, 20.8F);

    // Add them together and save the result in shadowSize.
    shadowSize = shadowSize + addSize;

    // Get the location of the ListBox and convert it to a PointF.
    PointF shadowLocation = listBox1.Location;

    // Add two points to get a new location.
    shadowLocation = shadowLocation + new Size(5, 5);

    // Create a rectangleF. 
    RectangleF rectFToFill = 
        new RectangleF(shadowLocation, shadowSize);

    // Create a custom brush using a semi-transparent color, and 
    // then fill in the rectangle.
    Color customColor = Color.FromArgb(50, Color.Gray);
    SolidBrush shadowBrush = new SolidBrush(customColor);
    e.Graphics.FillRectangles(shadowBrush, new RectangleF[]{rectFToFill});

    // Dispose of the brush.
    shadowBrush.Dispose();
}
Private Sub AddShadow(ByVal e As PaintEventArgs)

    ' Create two SizeF objects.
    Dim shadowSize As SizeF = Size.op_Implicit(listBox1.Size)
    Dim addSize As New SizeF(10.5F, 20.8F)

    ' Add them together and save the result in shadowSize.
    shadowSize = SizeF.op_Addition(shadowSize, addSize)

    ' Get the location of the ListBox and convert it to a PointF.
    Dim shadowLocation As PointF = Point.op_Implicit(listBox1.Location)

    ' Add a Size to the Point to get a new location.
    shadowLocation = PointF.op_Addition(shadowLocation, New Size(5, 5))

    ' Create a rectangleF. 
    Dim rectFToFill As New RectangleF(shadowLocation, shadowSize)

    ' Create a custom brush using a semi-transparent color, and 
    ' then fill in the rectangle.
    Dim customColor As Color = Color.FromArgb(50, Color.Gray)
    Dim shadowBrush As SolidBrush = New SolidBrush(customColor)
    e.Graphics.FillRectangles(shadowBrush, _
        New RectangleF() {rectFToFill})

    ' Dispose of the brush.
    shadowBrush.Dispose()
End Sub

注釈

構造体の単位は、 SizeF PageUnit PageScale 描画に使用されるオブジェクトのおよび設定によって異なり Graphics ます。

コンストラクター

SizeF(PointF)

指定した SizeF 構造体から PointF 構造体の新しいインスタンスを初期化します。

SizeF(Single, Single)

指定された寸法から SizeF 構造体の新しいインスタンスを初期化します。

SizeF(SizeF)

指定した既存の SizeF 構造体から SizeF 構造体の新しいインスタンスを初期化します。

SizeF(Vector2)

指定したから、構造体の新しいインスタンスを初期化し SizeF Vector2 ます。

フィールド

Empty

SizeF および Height の値が 0 の Width 構造体を取得します。

プロパティ

Height

この SizeF 構造体の垂直コンポーネントを取得または設定します。

IsEmpty

この SizeF 構造体の幅および高さが 0 であるかどうかを示す値を取得します。

Width

この SizeF 構造体の水平コンポーネントを取得または設定します。

メソッド

Add(SizeF, SizeF)

ある SizeF 構造体の幅と高さを別の SizeF 構造体の幅と高さに加算します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトがこの SizeF 構造体と同じ寸法の SizeF 構造体であるかどうかをテストします。

Equals(SizeF)

現在のオブジェクトが、同じ型の別のオブジェクトと等しいかどうかを示します。

GetHashCode()

この Size 構造体のハッシュ コードを返します。

Subtract(SizeF, SizeF)

ある SizeF 構造体の幅と高さを別の SizeF 構造体の幅と高さから減算します。

ToPointF()

SizeF 構造体を PointF 構造体に変換します。

ToSize()

SizeF 構造体を Size 構造体に変換します。

ToString()

この SizeF 構造体を表す人間可読の文字列を作成します。

ToVector2()

この SizeF から新しい Vector2 を作成します。

演算子

Addition(SizeF, SizeF)

ある SizeF 構造体の幅と高さを別の SizeF 構造体の幅と高さに加算します。

Division(SizeF, Single)

指定された単精度浮動小数点数で、指定された SizeF を除算します。

Equality(SizeF, SizeF)

2 つの SizeF 構造体が等しいかどうかをテストします。

Explicit(SizeF to PointF)

指定した SizeF 構造体を PointF 構造体に変換します。

Explicit(SizeF to Vector2)

指定された SizeFVector2 に変換します。

Explicit(Vector2 to SizeF)

指定された Vector2SizeF に変換します。

Inequality(SizeF, SizeF)

2 つの SizeF 構造体が異なるかどうかテストします。

Multiply(Single, SizeF)

指定された単精度浮動小数点数を、指定された SizeF で乗算します。

Multiply(SizeF, Single)

指定された SizeF を、指定された単精度浮動小数点数で乗算します。

Subtraction(SizeF, SizeF)

ある SizeF 構造体の幅と高さを別の SizeF 構造体の幅と高さから減算します。

適用対象