ConvertBinder クラス

定義

呼び出しサイトでの動的変換操作を表しており、バインド セマンティックおよび操作の詳細を提供します。Represents the convert dynamic operation at the call site, providing the binding semantic and the details about the operation.

public ref class ConvertBinder abstract : System::Dynamic::DynamicMetaObjectBinder
public abstract class ConvertBinder : System.Dynamic.DynamicMetaObjectBinder
type ConvertBinder = class
    inherit DynamicMetaObjectBinder
Public MustInherit Class ConvertBinder
Inherits DynamicMetaObjectBinder
継承

コンストラクター

ConvertBinder(Type, Boolean)

ConvertBinderの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ConvertBinder.

プロパティ

Explicit

明示的な変換を考慮する必要があるかどうかを示す値を取得します。Gets the value indicating if the conversion should consider explicit conversions.

ReturnType

操作の結果の型。The result type of the operation.

Type

変換後の型。The type to convert to.

メソッド

Bind(DynamicMetaObject, DynamicMetaObject[])

動的変換操作のバインディングを実行します。Performs the binding of the dynamic convert operation.

Bind(Object[], ReadOnlyCollection<ParameterExpression>, LabelTarget)

引数のセットに対して動的操作の実行時バインディングを実行します。Performs the runtime binding of the dynamic operation on a set of arguments.

(継承元 DynamicMetaObjectBinder)
BindDelegate<T>(CallSite<T>, Object[])

低水準の実行時バインディング サポートを提供します。Provides low-level runtime binding support. クラスでこれをオーバーライドし、規則の実装に対する直接のデリゲートを提供できます。Classes can override this and provide a direct delegate for the implementation of rule. これにより、規則をディスクに保存したり、実行時に特別な規則を使用できるようになります。また、異なるキャッシュ ポリシーを提供することもできます。This can enable saving rules to disk, having specialized rules available at runtime, or providing a different caching policy.

(継承元 CallSiteBinder)
CacheTarget<T>(T)

既知のターゲットのキャッシュにターゲットを追加します。Adds a target to the cache of known targets. BindDelegate を呼び出して新しい規則を生成する前に、キャッシュされたターゲットのスキャンが行われます。The cached targets will be scanned before calling BindDelegate to produce the new rule.

(継承元 CallSiteBinder)
Defer(DynamicMetaObject, DynamicMetaObject[])

動的操作の引数のランタイム値がすべて計算されるまで、操作のバインディングを保留します。Defers the binding of the operation until later time when the runtime values of all dynamic operation arguments have been computed.

(継承元 DynamicMetaObjectBinder)
Defer(DynamicMetaObject[])

動的操作の引数のランタイム値がすべて計算されるまで、操作のバインディングを保留します。Defers the binding of the operation until later time when the runtime values of all dynamic operation arguments have been computed.

(継承元 DynamicMetaObjectBinder)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
FallbackConvert(DynamicMetaObject)

ターゲットの動的オブジェクトがバインドできない場合に、動的変換操作のバインディングを実行します。Performs the binding of the dynamic convert operation if the target dynamic object cannot bind.

FallbackConvert(DynamicMetaObject, DynamicMetaObject)

派生クラスでオーバーライドされた場合、ターゲットの動的オブジェクトがバインドできない場合に、動的変換操作のバインディングを実行します。When overridden in the derived class, performs the binding of the dynamic convert operation if the target dynamic object cannot bind.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
GetUpdateExpression(Type)

バインディングを更新する式を取得します。Gets an expression that will cause the binding to be updated. これは、式のバインディングが有効でなくなったことを示します。It indicates that the expression's binding is no longer valid. 通常は、動的オブジェクトの "バージョン" が変更された場合に使用します。This is typically used when the "version" of a dynamic object has changed.

(継承元 DynamicMetaObjectBinder)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象