ImpersonationLevelOption 列挙型

定義

サーバー アプリケーションのターゲットを呼び出す場合に許可される偽装レベルを指定します。Specifies the level of impersonation allowed when calling targets of a server application.

public enum class ImpersonationLevelOption
[System.Serializable]
public enum ImpersonationLevelOption
type ImpersonationLevelOption = 
Public Enum ImpersonationLevelOption
継承
ImpersonationLevelOption
属性

フィールド

Anonymous 1

クライアントはサーバーに対して匿名となります。The client is anonymous to the server. サーバー プロセスはクライアントを偽装できますが、偽装トークンにはそのクライアントに関する情報は格納されていません。The server process can impersonate the client, but the impersonation token does not contain any information about the client.

Default 0

指定された認証サービスの既定の偽装レベルを使用します。Uses the default impersonation level for the specified authentication service. COM+ では、この設定は LocalComputer コレクションの DefaultImpersonationLevel プロパティで行うことができます。In COM+, this setting is provided by the DefaultImpersonationLevel property in the LocalComputer collection.

Delegate 4

最も強力な偽装レベル。The most powerful impersonation level. このレベルを選択すると、サーバーはローカル、リモートにかかわらず、クライアントのセキュリティ コンテキストを偽装しつつ、そのクライアントに代わってアクションを実行できます。When this level is selected, the server (whether local or remote) can impersonate the client's security context while acting on behalf of the client.

Identify 2

システム既定のレベル。The system default level. サーバーはクライアントの ID を取得できるため、クライアントを偽装して ACL チェックを実行できます。The server can obtain the client's identity, and the server can impersonate the client to do ACL checks.

Impersonate 3

サーバーはクライアントのセキュリティ コンテキストを偽装しつつ、そのクライアントに代わってアクションを実行できます。The server can impersonate the client's security context while acting on behalf of the client. サーバーはクライアントとしてローカル リソースにアクセスできます。The server can access local resources as the client.

次のコード例は、ApplicationAccessControlAttribute 属性と共にこの列挙型を使用する方法を示しています。The following code example demonstrates the use of this enumeration in conjunction with the ApplicationAccessControlAttribute attribute.

// Set component access controls.
[assembly:ApplicationAccessControl(Authentication=AuthenticationOption::Privacy,
ImpersonationLevel=ImpersonationLevelOption::Identify,
AccessChecksLevel=AccessChecksLevelOption::ApplicationComponent)];
// Set component access controls.
[assembly: ApplicationAccessControl(Authentication=AuthenticationOption.Privacy,
                                    ImpersonationLevel=ImpersonationLevelOption.Identify,
                                    AccessChecksLevel=AccessChecksLevelOption.ApplicationComponent)]
' Set component access controls.
<Assembly: ApplicationAccessControl(Authentication:=AuthenticationOption.Privacy, ImpersonationLevel:=ImpersonationLevelOption.Identify, AccessChecksLevel:=AccessChecksLevelOption.ApplicationComponent)> 

注釈

権限の借用が成功すると、クライアントはサーバーに対してクライアントの偽装を許可します。If impersonation succeeds, the client lets the server impersonate the client to some degree. 権限借用の度合いは、偽装レベルと呼ばれ、クライアントの権限を借用しているときにサーバーに与えられる権限の量を示します。The varying degrees of impersonation are called impersonation levels, and they indicate how much authority is given to the server when it is impersonating the client.

ライブラリ (inproc) アプリケーションの場合、有効な設定は Default または指定されていません。For library (inproc) applications, the only valid settings are Default or none specified.

適用対象