IRemoteDispatch インターフェイス

定義

リモート メソッド呼び出しに対して AutoCompleteAttribute クラス属性が true または false のいずれに設定されているかどうかを確認するために、ServicedComponent クラスによって実装されます。Implemented by the ServicedComponent class to determine if the AutoCompleteAttribute class attribute is set to true or false for a remote method invocation.

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

public interface class IRemoteDispatch
[System.Runtime.InteropServices.Guid("6619a740-8154-43be-a186-0319578e02db")]
public interface IRemoteDispatch
type IRemoteDispatch = interface
Public Interface IRemoteDispatch
派生
属性

注釈

インターフェイスIRemoteDispatchは、コードに直接実装する必要はありません。The IRemoteDispatch interface does not need to be implemented directly in your code. .NET Framework インフラストラクチャによって内部的に使用されます。It is used internally by the .NET Framework infrastructure.

クラス属性により、com + コンテキストでは、メソッドが返されると、オブジェクトの done trueビットが自動的にに設定されます。 AutoCompleteAttributeThe AutoCompleteAttribute class attribute ensures that, in the COM+ context, the object's done bit is automatically set to true once the method returns. その後、オブジェクトを非アクティブ化できます。The object can then be deactivated.

インターフェイスIRemoteDispatchメソッドは、 ServicedComponentクラスインターフェイスには表示されません。The IRemoteDispatch interface methods do not appear in the ServicedComponent class interface. 代わりに、 ServicedComponentはをIRemoteDispatch明示的に実装します。Instead, ServicedComponent explicitly implements IRemoteDispatch.

メソッド

RemoteDispatchAutoDone(String)

COM+ コンテキストで、リモート メソッド呼び出しの後に、ServicedComponent クラス オブジェクトの done ビットが true に設定されるようにします。Ensures that, in the COM+ context, the ServicedComponent class object's done bit is set to true after a remote method invocation.

RemoteDispatchNotAutoDone(String)

COM+ コンテキストで、リモート メソッド呼び出しの後に、ServicedComponent クラス オブジェクトの done ビットが true に設定されるとは限りません。Does not ensure that, in the COM+ context, the ServicedComponent class object's done bit is set to true after a remote method invocation.

適用対象

こちらもご覧ください