RegistrationHelperTx クラス

定義

警告

この API は現在使われていません。

新しく確立されたトランザクションが維持されている間に COM+ カタログにアセンブリをインストールして構成するため、.NET Framework インフラストラクチャによって使用されます。Used by the .NET Framework infrastructure to install and configure assemblies in the COM+ catalog while maintaining a newly established transaction.

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

public ref class RegistrationHelperTx sealed : System::EnterpriseServices::ServicedComponent
[System.Runtime.InteropServices.Guid("9e31421c-2f15-4f35-ad20-66fb9d4cd428")]
public sealed class RegistrationHelperTx : System.EnterpriseServices.ServicedComponent
[System.Runtime.InteropServices.Guid("c89ac250-e18a-4fc7-abd5-b8897b6a78a5")]
public sealed class RegistrationHelperTx : System.EnterpriseServices.ServicedComponent
[System.Obsolete("The RegistrationHelperTx class has been deprecated.")]
[System.Runtime.InteropServices.Guid("c89ac250-e18a-4fc7-abd5-b8897b6a78a5")]
public sealed class RegistrationHelperTx : System.EnterpriseServices.ServicedComponent
type RegistrationHelperTx = class
    inherit ServicedComponent
Public NotInheritable Class RegistrationHelperTx
Inherits ServicedComponent
継承
属性

注釈

TransactionAttribute クラス属性が、RequiresNew フィールドのパラメーターと共に RegistrationHelperTx クラスに適用されます。A TransactionAttribute class attribute is applied to the RegistrationHelperTx class, with a parameter of the RequiresNew field.

この型は、コードから直接使用する必要はありません。This type does not need to be used directly from your code. 代わりに、RegistrationHelper クラスを使用します。Instead, use the RegistrationHelper class.

コンストラクター

RegistrationHelperTx()

RegistrationHelperTx クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the RegistrationHelperTx class.

メソッド

Activate()

オブジェクトが作成されるかプールから割り当てられるときにインフラストラクチャによって呼び出されます。Called by the infrastructure when the object is created or allocated from a pool. カスタム初期化コードをオブジェクトに追加するには、このメソッドをオーバーライドします。Override this method to add custom initialization code to objects.

(継承元 ServicedComponent)
CanBePooled()

このメソッドは、オブジェクトがプールに戻される前にインフラストラクチャによって呼び出されます。This method is called by the infrastructure before the object is put back into the pool. オブジェクトがプールに戻されるかどうかを断定するには、このメソッドをオーバーライドします。Override this method to vote on whether the object is put back into the pool.

(継承元 ServicedComponent)
Construct(String)

コンストラクターが呼び出された直後にインフラストラクチャによって呼び出されて、コンストラクター文字列を渡します。Called by the infrastructure just after the constructor is called, passing in the constructor string. 構築文字列値を使用するには、このメソッドをオーバーライドします。Override this method to make use of the construction string value.

(継承元 ServicedComponent)
CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
Deactivate()

オブジェクトが非アクティブになる直前にインフラストラクチャによって呼び出されます。Called by the infrastructure when the object is about to be deactivated. ジャスト イン タイム (JIT: Just-In-Time) のコンパイル コードまたはオブジェクト プーリングを使用する場合にカスタム終了コードを追加するには、このメソッドをオーバーライドします。Override this method to add custom finalization code to objects when just-in-time (JIT) compiled code or object pooling is used.

(継承元 ServicedComponent)
Dispose()

ServicedComponent で使用されるすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the ServicedComponent.

(継承元 ServicedComponent)
Dispose(Boolean)

ServicedComponent で使用されたアンマネージド リソースを解放し、必要に応じてマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the ServicedComponent and optionally releases the managed resources.

(継承元 ServicedComponent)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
InstallAssembly(String, String, String, InstallationFlags, Object)

トランザクション セマンティクスを使用して、COM+ カタログに名前付きアセンブリをインストールします。Installs the named assembly in the COM+ catalog using transactional semantics.

InstallAssembly(String, String, String, String, InstallationFlags, Object)

トランザクション セマンティクスを使用して、COM+ カタログに名前付きアセンブリをインストールします。Installs the named assembly in the COM+ catalog using transactional semantics.

InstallAssemblyFromConfig(RegistrationConfig, Object)

トランザクション セマンティクスを使用して、指定したアセンブリを COM+ カタログにインストールします。Installs a specified assembly in the COM+ catalog using transactional semantics.

IsInTransaction()

RegistrationHelperTx クラス インスタンスの現在のコンテキストがトランザクション コンテキストかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current context for the RegistrationHelperTx class instance is transactional.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
UninstallAssembly(String, String, Object)

トランザクション セマンティクスを使用して、COM+ アプリケーションからアセンブリをアンインストールします。Uninstalls an assembly from a COM+ application using transactional semantics.

UninstallAssembly(String, String, String, Object)

トランザクション セマンティクスを使用して、COM+ アプリケーションからアセンブリをアンインストールします。Uninstalls an assembly from a COM+ application using transactional semantics.

UninstallAssemblyFromConfig(RegistrationConfig, Object)

トランザクション セマンティクスを使用して、COM+ アプリケーションから指定したアセンブリをアンインストールします。Uninstalls a specified assembly from a COM+ application using transactional semantics.

明示的なインターフェイスの実装

IRemoteDispatch.RemoteDispatchAutoDone(String)

COM+ コンテキストで、リモート メソッド呼び出しの後に、ServicedComponent クラス オブジェクトの done ビットが true に設定されるようにします。Ensures that, in the COM+ context, the ServicedComponent class object's done bit is set to true after a remote method invocation.

(継承元 ServicedComponent)
IRemoteDispatch.RemoteDispatchNotAutoDone(String)

COM+ コンテキストで、リモート メソッド呼び出しの後に、ServicedComponent クラス オブジェクトの done ビットが true に設定されるとは限りません。Does not ensure that, in the COM+ context, the ServicedComponent class object's done bit is set to true after a remote method invocation.

(継承元 ServicedComponent)
IServicedComponentInfo.GetComponentInfo(Int32, String[])

ServicedComponent クラス インターフェイスに関する特定の情報を取得します。Obtains certain information about the ServicedComponent class instance.

(継承元 ServicedComponent)

適用対象

こちらもご覧ください