ServicedComponent ServicedComponent ServicedComponent ServicedComponent Class

定義

COM+ サービスを使用するすべてのクラスの基本クラスを表します。Represents the base class of all classes using COM+ services.

public ref class ServicedComponent abstract : ContextBoundObject, IDisposable, System::EnterpriseServices::IRemoteDispatch, System::EnterpriseServices::IServicedComponentInfo
[System.Serializable]
public abstract class ServicedComponent : ContextBoundObject, IDisposable, System.EnterpriseServices.IRemoteDispatch, System.EnterpriseServices.IServicedComponentInfo
type ServicedComponent = class
    inherit ContextBoundObject
    interface IRemoteDispatch
    interface IDisposable
    interface IServicedComponentInfo
Public MustInherit Class ServicedComponent
Inherits ContextBoundObject
Implements IDisposable, IRemoteDispatch, IServicedComponentInfo
継承
派生
属性
実装

次のコード例では、構成済みの COM コンポーネントとしてのクラスを公開する方法を示します。The following code example demonstrates how to expose a class as a configured COM component.


[assembly:ApplicationName("Calculator")];
[assembly:ApplicationActivation(ActivationOption::Library)];
[assembly:System::Reflection::AssemblyKeyFile("Calculator.snk")];
public ref class Calculator: public ServicedComponent
{
public:
   int Add( int x, int y )
   {
      return (x + y);
   }

};

using System;
using System.EnterpriseServices;

[assembly: ApplicationName("Calculator")]
[assembly: ApplicationActivation(ActivationOption.Library)]
[assembly: System.Reflection.AssemblyKeyFile("Calculator.snk")]
public class Calculator : ServicedComponent
{
    public int Add (int x, int y)
    {
        return(x+y);
    }
}

構成済みの COM コンポーネントとしてこのクラスを展開するには、強力なキーを生成し、ライブラリとしてクラスをコンパイルおよびライブラリを登録する必要があります。To deploy this class as a configured COM component, you must generate a strong key, compile the class as a library, and register the library. これら 3 つの手順は、次の 3 つのコマンドによって実現されます。These three steps are accomplished by the following three commands.

sn -k Calculator.snk  
csc /t:library Calculator.cs  
regsvcs Calculator.dll  

注釈

派生したクラスの特定の条件下でServicedComponentCOM + アプリケーションの実行が応答を停止します。Under certain conditions, a class that is derived from ServicedComponent that runs in a COM+ application may stop responding. この問題は、アクティビティのデッドロックは発生します。This problem is caused by an Activity deadlock. アクティビティは、コンポーネント参照の非同期のクリーンアップのため、マルチ スレッド アプリケーションでデッドロックことができます。Activities can deadlock on multithreaded applications because of an asynchronous cleanup of component references. この問題を回避する、Disposeから派生したオブジェクトを操作を完了すると、メソッドServicedComponentします。To work around this problem, call the Dispose method when you complete work with objects derived from ServicedComponent.

注意

クライアント コードを呼び出す必要がありますDisposeで適切に動作するようにコンポーネント サービスを提供します。Client code must call Dispose on serviced components to ensure proper operation.

コンストラクター

ServicedComponent() ServicedComponent() ServicedComponent() ServicedComponent()

ServicedComponent クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ServicedComponent class.

メソッド

Activate() Activate() Activate() Activate()

オブジェクトが作成されるかプールから割り当てられるときにインフラストラクチャによって呼び出されます。Called by the infrastructure when the object is created or allocated from a pool. カスタム初期化コードをオブジェクトに追加するには、このメソッドをオーバーライドします。Override this method to add custom initialization code to objects.

CanBePooled() CanBePooled() CanBePooled() CanBePooled()

このメソッドは、オブジェクトがプールに戻される前にインフラストラクチャによって呼び出されます。This method is called by the infrastructure before the object is put back into the pool. オブジェクトがプールに戻されるかどうかを断定するには、このメソッドをオーバーライドします。Override this method to vote on whether the object is put back into the pool.

Construct(String) Construct(String) Construct(String) Construct(String)

コンストラクターが呼び出された直後にインフラストラクチャによって呼び出されて、コンストラクター文字列を渡します。Called by the infrastructure just after the constructor is called, passing in the constructor string. 構築文字列値を使用するには、このメソッドをオーバーライドします。Override this method to make use of the construction string value.

CreateObjRef(Type) CreateObjRef(Type) CreateObjRef(Type) CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(Inherited from MarshalByRefObject)
Deactivate() Deactivate() Deactivate() Deactivate()

オブジェクトが非アクティブになる直前にインフラストラクチャによって呼び出されます。Called by the infrastructure when the object is about to be deactivated. ジャスト イン タイム (JIT: Just-In-Time) のコンパイル コードまたはオブジェクト プーリングを使用する場合にカスタム終了コードを追加するには、このメソッドをオーバーライドします。Override this method to add custom finalization code to objects when just-in-time (JIT) compiled code or object pooling is used.

Dispose() Dispose() Dispose() Dispose()

ServicedComponent によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the ServicedComponent.

Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean)

ServicedComponent によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the ServicedComponent and optionally releases the managed resources.

DisposeObject(ServicedComponent) DisposeObject(ServicedComponent) DisposeObject(ServicedComponent) DisposeObject(ServicedComponent)

オブジェクトを終了し、関連付けられている COM+ 参照を削除します。Finalizes the object and removes the associated COM+ reference.

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetLifetimeService() GetLifetimeService() GetLifetimeService() GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(Inherited from MarshalByRefObject)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
InitializeLifetimeService() InitializeLifetimeService() InitializeLifetimeService() InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(Inherited from MarshalByRefObject)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone(Boolean) MemberwiseClone(Boolean) MemberwiseClone(Boolean) MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(Inherited from MarshalByRefObject)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

明示的なインターフェイスの実装

IRemoteDispatch.RemoteDispatchAutoDone(String) IRemoteDispatch.RemoteDispatchAutoDone(String) IRemoteDispatch.RemoteDispatchAutoDone(String) IRemoteDispatch.RemoteDispatchAutoDone(String)

COM+ コンテキストで、リモート メソッド呼び出しの後に、ServicedComponent クラス オブジェクトの done ビットが true に設定されるようにします。Ensures that, in the COM+ context, the ServicedComponent class object's done bit is set to true after a remote method invocation.

IRemoteDispatch.RemoteDispatchNotAutoDone(String) IRemoteDispatch.RemoteDispatchNotAutoDone(String) IRemoteDispatch.RemoteDispatchNotAutoDone(String) IRemoteDispatch.RemoteDispatchNotAutoDone(String)

COM+ コンテキストで、リモート メソッド呼び出しの後に、ServicedComponent クラス オブジェクトの done ビットが true に設定されるとは限りません。Does not ensure that, in the COM+ context, the ServicedComponent class object's done bit is set to true after a remote method invocation.

IServicedComponentInfo.GetComponentInfo(Int32, String[]) IServicedComponentInfo.GetComponentInfo(Int32, String[]) IServicedComponentInfo.GetComponentInfo(Int32, String[]) IServicedComponentInfo.GetComponentInfo(Int32, String[])

ServicedComponent クラス インターフェイスに関する特定の情報を取得します。Obtains certain information about the ServicedComponent class instance.

適用対象