TransactionAttribute クラス

定義

属性付きオブジェクトで使用できるトランザクションのタイプを指定します。Specifies the type of transaction that is available to the attributed object. 使用できる値は TransactionOption 列挙体のメンバーです。Permissible values are members of the TransactionOption enumeration.

public ref class TransactionAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Class, Inherited=true)]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
public sealed class TransactionAttribute : Attribute
type TransactionAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class TransactionAttribute
Inherits Attribute
継承
TransactionAttribute
属性

を使用TransactionAttributeしてをServicedComponentトランザクションとしてマークする方法を次のコード例に示します。The following code example demonstrates the use of the TransactionAttribute to mark a ServicedComponent as transactional.


[assembly:System::Reflection::AssemblyKeyFile("Transaction.snk")];
[Transaction]
public ref class TransactionalComponent: public ServicedComponent
{
public:
   void TransactionalMethod( String^ data )
   {
      ContextUtil::DeactivateOnReturn = true;
      ContextUtil::MyTransactionVote = TransactionVote::Abort;
      
      // do work with data
      ContextUtil::MyTransactionVote = TransactionVote::Commit;
   }

};

[Transaction]
public class TransactionalComponent : ServicedComponent
{

    public void TransactionalMethod (string data)
    {

      ContextUtil.DeactivateOnReturn = true;
      ContextUtil.MyTransactionVote = TransactionVote.Abort;

      // Do work with data. Return if any errors occur.

      // Vote to commit. If any errors occur, this code will not execute.
      ContextUtil.MyTransactionVote = TransactionVote.Commit;
    }
}
<Transaction()>  _
Public Class TransactionalComponent
    Inherits ServicedComponent
    
    
    Public Sub TransactionalMethod(ByVal data As String) 
        
        ContextUtil.DeactivateOnReturn = True
        ContextUtil.MyTransactionVote = TransactionVote.Abort
        
        ' Do work with data. Return if any errors occur.
        ' Vote to commit. If any errors occur, this code will not execute.
        ContextUtil.MyTransactionVote = TransactionVote.Commit
    
    End Sub
End Class

注釈

この属性でトランザクションの種類が指定されている場合は、COM + カタログで変更することはできません。If a transaction type is specified with this attribute, it must not be changed in the COM+ catalog. COM + カタログでトランザクションの種類が変更された場合は、この属性を使用して、コンポーネントで同じトランザクションの種類を指定する必要があります。If the transaction type is changed in the COM+ catalog, the same transaction type must be specified on the component with this attribute.

属性の使用方法の詳細については、「属性」を参照してください。For more information about using attributes, see Attributes.

コンストラクター

TransactionAttribute()

TransactionAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化して、要求されたコンポーネントのトランザクション タイプを Required に設定します。Initializes a new instance of the TransactionAttribute class, setting the component's requested transaction type to Required.

TransactionAttribute(TransactionOption)

TransactionAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化して、トランザクション タイプを指定します。Initializes a new instance of the TransactionAttribute class, specifying the transaction type.

プロパティ

Isolation

トランザクション分離レベルを取得または設定します。Gets or sets the transaction isolation level.

Timeout

このトランザクションのタイムアウトを取得または設定します。Gets or sets the time-out for this transaction.

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(継承元 Attribute)
Value

トランザクションの TransactionOption 値を取得して、オプションでトランザクション サービスを無効にします。Gets the TransactionOption value for the transaction, optionally disabling the transaction service.

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(継承元 Attribute)

適用対象