Environment.Exit(Int32) Environment.Exit(Int32) Environment.Exit(Int32) Environment.Exit(Int32) Method

定義

このプロセスを終了し、オペレーティング システムに終了コードを返します。Terminates this process and returns an exit code to the operating system.

public:
 static void Exit(int exitCode);
public static void Exit (int exitCode);
static member Exit : int -> unit
Public Shared Sub Exit (exitCode As Integer)

パラメーター

exitCode
Int32 Int32 Int32 Int32

オペレーティング システムに返す終了コード。The exit code to return to the operating system. 処理が正常に完了したことを示す場合は 0 (ゼロ) を使用します。Use 0 (zero) to indicate that the process completed successfully.

例外

呼び出し元には、この機能を実行するのに十分なセキュリティ アクセス許可がありません。The caller does not have sufficient security permission to perform this function.

注釈

exitCodeパラメーター、エラーを示す数を 0 以外を使用します。For the exitCode parameter, use a non-zero number to indicate an error. アプリケーションでは、列挙体で独自のエラー コードを定義し、シナリオに基づいた適切なエラー コードを返すできます。In your application, you can define your own error codes in an enumeration, and return the appropriate error code based on the scenario. たとえば、値を必要なファイルが存在しないことを示すために 1 とファイルが間違った形式であることを示す 2 の値を返します。For example, return a value of 1 to indicate that the required file is not present, and a value of 2 to indicate that the file is in the wrong format. Windows オペレーティング システムで使用される終了コードの一覧は、次を参照してください。システム エラー コードWindows ドキュメント。For a list of exit codes used by the Windows operating system, see System Error Codes in the Windows documentation.

呼び出す、Exitメソッドが、プログラミング言語を使用して異なるreturnステートメントは、次の方法で。Calling the Exit method differs from using your programming language's return statement in the following ways:

  • Exit 常にアプリケーションを終了します。Exit always terminates an application. 使用して、returnステートメントのようにアプリケーションのエントリ ポイントで使用には場合にのみ、アプリケーションが終了可能性があります、Mainメソッド。Using the return statement may terminate an application only if it is used in the application entry point, such as in the Main method.

  • Exit 他のスレッドを実行している場合でも、すぐにアプリケーションを終了します。Exit terminates an application immediately, even if other threads are running. 場合、returnアプリケーションのエントリ ポイントでステートメントを呼び出すと、すべてのフォア グラウンド スレッドが終了した後にのみを終了するアプリケーションが発生します。If the return statement is called in the application entry point, it causes an application to terminate only after all foreground threads have terminated.

  • Exit 呼び出し元がアンマネージ コードを呼び出す権限を持っている必要があります。Exit requires the caller to have permission to call unmanaged code. returnステートメントは返しません。The return statement does not.

  • 場合Exitから呼び出される、tryまたはcatchいずれかでコードをブロックします。finallyブロックは実行されません。If Exit is called from a try or catch block, the code in any finally block does not execute. 場合、returnステートメントを使用すると、コード、finallyブロックは実行します。If the return statement is used, the code in the finally block does execute.

  • 場合Exit時に呼び出されるコードで、制約された実行領域(CER) が実行されている、CER では実行が完了しません。If Exit is called when code in a constrained execution region (CER) is running, the CER will not complete execution. 場合、returnステートメントを使用すると、CER が実行を完了します。If the return statement is used, the CER completes execution.

セキュリティ

SecurityPermission
アンマネージ コードを呼び出す機能。for the ability to call unmanaged code. 関連付けられた列挙体。 UnmanagedCodeAssociated enumeration: UnmanagedCode

適用対象