EventHandler 代理人

定義

イベント データを含まないイベントを処理するメソッドを表します。

public delegate void EventHandler(System::Object ^ sender, EventArgs ^ e);
public delegate void EventHandler(object sender, EventArgs e);
public delegate void EventHandler(object? sender, EventArgs e);
[System.Serializable]
public delegate void EventHandler(object sender, EventArgs e);
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public delegate void EventHandler(object sender, EventArgs e);
type EventHandler = delegate of obj * EventArgs -> unit
[<System.Serializable>]
type EventHandler = delegate of obj * EventArgs -> unit
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type EventHandler = delegate of obj * EventArgs -> unit
Public Delegate Sub EventHandler(sender As Object, e As EventArgs)

パラメーター

sender
Object

イベントのソース。

e
EventArgs

イベント データを格納していないオブジェクト。

属性

次の例は、デリゲートに関連 ThresholdReached 付けられている という名前のイベントを示 EventHandler しています。 デリゲートに割り当てられた EventHandler メソッドは、 メソッドで呼び出 OnThresholdReached されます。

using namespace System;

public ref class ThresholdReachedEventArgs : public EventArgs
{
   public:
      property int Threshold;
      property DateTime TimeReached;
};

public ref class Counter
{
   private:
      int threshold;
      int total;

   public:
      Counter() {};

      Counter(int passedThreshold)
      {
         threshold = passedThreshold;
      }

      void Add(int x)
      {
          total += x;
          if (total >= threshold) {
             ThresholdReachedEventArgs^ args = gcnew ThresholdReachedEventArgs();
             args->Threshold = threshold;
             args->TimeReached = DateTime::Now;
             OnThresholdReached(args);
          }
      }

      event EventHandler<ThresholdReachedEventArgs^>^ ThresholdReached;

   protected:
      virtual void OnThresholdReached(ThresholdReachedEventArgs^ e)
      {
         ThresholdReached(this, e);
      }
};

public ref class SampleHandler
{
   public:
      static void c_ThresholdReached(Object^ sender, ThresholdReachedEventArgs^ e)
      {
         Console::WriteLine("The threshold of {0} was reached at {1}.",
                            e->Threshold,  e->TimeReached);
         Environment::Exit(0);
      }
};

void main()
{
   Counter^ c = gcnew Counter((gcnew Random())->Next(10));
   c->ThresholdReached += gcnew EventHandler<ThresholdReachedEventArgs^>(SampleHandler::c_ThresholdReached);

   Console::WriteLine("press 'a' key to increase total");
   while (Console::ReadKey(true).KeyChar == 'a') {
      Console::WriteLine("adding one");
      c->Add(1);
   }
}
using System;

namespace ConsoleApplication1
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            Counter c = new Counter(new Random().Next(10));
            c.ThresholdReached += c_ThresholdReached;

            Console.WriteLine("press 'a' key to increase total");
            while (Console.ReadKey(true).KeyChar == 'a')
            {
                Console.WriteLine("adding one");
                c.Add(1);
            }
        }

        static void c_ThresholdReached(object sender, ThresholdReachedEventArgs e)
        {
            Console.WriteLine("The threshold of {0} was reached at {1}.", e.Threshold,  e.TimeReached);
            Environment.Exit(0);
        }
    }

    class Counter
    {
        private int threshold;
        private int total;

        public Counter(int passedThreshold)
        {
            threshold = passedThreshold;
        }

        public void Add(int x)
        {
            total += x;
            if (total >= threshold)
            {
                ThresholdReachedEventArgs args = new ThresholdReachedEventArgs();
                args.Threshold = threshold;
                args.TimeReached = DateTime.Now;
                OnThresholdReached(args);
            }
        }

        protected virtual void OnThresholdReached(ThresholdReachedEventArgs e)
        {
            EventHandler<ThresholdReachedEventArgs> handler = ThresholdReached;
            if (handler != null)
            {
                handler(this, e);
            }
        }

        public event EventHandler<ThresholdReachedEventArgs> ThresholdReached;
    }

    public class ThresholdReachedEventArgs : EventArgs
    {
        public int Threshold { get; set; }
        public DateTime TimeReached { get; set; }
    }
}
Module Module1

    Sub Main()
        Dim c As Counter = New Counter(New Random().Next(10))
        AddHandler c.ThresholdReached, AddressOf c_ThresholdReached

        Console.WriteLine("press 'a' key to increase total")
        While Console.ReadKey(True).KeyChar = "a"
            Console.WriteLine("adding one")
            c.Add(1)
        End While
    End Sub

    Sub c_ThresholdReached(sender As Object, e As ThresholdReachedEventArgs)
        Console.WriteLine("The threshold of {0} was reached at {1}.", e.Threshold, e.TimeReached)
        Environment.Exit(0)
    End Sub
End Module

Class Counter
    Private threshold As Integer
    Private total As Integer

    Public Sub New(passedThreshold As Integer)
        threshold = passedThreshold
    End Sub

    Public Sub Add(x As Integer)
        total = total + x
        If (total >= threshold) Then
            Dim args As ThresholdReachedEventArgs = New ThresholdReachedEventArgs()
            args.Threshold = threshold
            args.TimeReached = DateTime.Now
            OnThresholdReached(args)
        End If
    End Sub

    Protected Overridable Sub OnThresholdReached(e As ThresholdReachedEventArgs)
        RaiseEvent ThresholdReached(Me, e)
    End Sub

    Public Event ThresholdReached As EventHandler(Of ThresholdReachedEventArgs)
End Class

Class ThresholdReachedEventArgs
    Inherits EventArgs

    Public Property Threshold As Integer
    Public Property TimeReached As DateTime
End Class

注釈

イベント のイベント モデルは.NET Frameworkイベントをハンドラーに接続するイベント デリゲートを持つことに基づいて作成されます。 イベントを発生するには、次の 2 つの要素が必要です。

  • イベントへの応答を提供するメソッドを識別するデリゲート。

  • イベントがデータを提供する場合は、必要に応じて、イベント データを保持するクラス。

デリゲートは、シグネチャを定義する型です。つまり、メソッドの戻り値の型とパラメーター リスト型です。 デリゲート型を使用して、デリゲートと同じシグネチャを持つ任意のメソッドを参照できる変数を宣言できます。

イベント ハンドラー デリゲートの標準シグネチャは、値を返していないメソッドを定義します。 このメソッドの最初のパラメーターは 型であり、 イベント Object を発生する インスタンスを参照します。 2 番目のパラメーターは 型から派生 EventArgs し、イベント データを保持します。 イベントがイベント データを生成しない場合、2 番目のパラメーターは単に フィールドの値 EventArgs.Empty です。 それ以外の場合、2 番目のパラメーターは から派生した型であり、イベント データを保持するために必要なフィールドまたは EventArgs プロパティを提供します。

デリゲートは、データを生成しないイベントのイベント ハンドラー メソッドを具体的に表す定義済 EventHandler みのデリゲートです。 イベントでデータが生成される場合は、ジェネリック デリゲート クラスを使用する EventHandler<TEventArgs> 必要があります。

イベントを処理するメソッドにイベントを関連付けるには、デリゲートのインスタンスを イベントに追加します。 イベント ハンドラーは、デリゲートを削除しない限り、イベントが発生するたびに呼び出されます。

イベント ハンドラー デリゲートの詳細については、「イベントの処理と発生 」を参照してください

拡張メソッド

GetMethodInfo(Delegate)

指定したデリゲートによって表されるメソッドを表すオブジェクトを取得します。

適用対象

こちらもご覧ください