Func<T1,T2,TResult> 代理人

定義

2 個のパラメーターを持ち、TResult パラメーターで指定された型の値を返すメソッドをカプセル化します。

generic <typename T1, typename T2, typename TResult>
public delegate TResult Func(T1 arg1, T2 arg2);
public delegate TResult Func<in T1,in T2,out TResult>(T1 arg1, T2 arg2);
public delegate TResult Func<T1,T2,TResult>(T1 arg1, T2 arg2);
type Func<'T1, 'T2, 'Result> = delegate of 'T1 * 'T2 -> 'Result
Public Delegate Function Func(Of In T1, In T2, Out TResult)(arg1 As T1, arg2 As T2) As TResult 
Public Delegate Function Func(Of T1, T2, TResult)(arg1 As T1, arg2 As T2) As TResult 

型パラメーター

T1

このデリゲートによってカプセル化されるメソッドの最初のパラメーターの型。

この型パラメーターは反変です。 つまり、指定した型、または弱い派生型のいずれかを使用することができます。 共変性および反変性の詳細については、「ジェネリックの共変性と反変性」をご覧ください。
T2

このデリゲートによってカプセル化されるメソッドの 2 番目のパラメーターの型。

この型パラメーターは反変です。 つまり、指定した型、または弱い派生型のいずれかを使用することができます。 共変性および反変性の詳細については、「ジェネリックの共変性と反変性」をご覧ください。
TResult

このデリゲートによってカプセル化されるメソッドの戻り値の型。

この型パラメーターは共変です。 つまり、指定した型、または強い派生型のいずれかを使用することができます。 共変性および反変性の詳細については、「ジェネリックの共変性と反変性」をご覧ください。

パラメーター

arg1
T1

このデリゲートによってカプセル化されるメソッドの最初のパラメーター。

arg2
T2

このデリゲートによってカプセル化されるメソッドの 2 番目のパラメーター。

戻り値

TResult

このデリゲートによってカプセル化されるメソッドの戻り値。

次の例は、デリゲートを宣言して使用する方法を示して Func<T1,T2,TResult> います。 この例では、変数を宣言 Func<T1,T2,TResult> し、 String 値と Int32 値をパラメーターとして受け取るラムダ式を割り当てます。 trueパラメーターの長さ String がパラメーターの値と等しい場合、ラムダ式はを返し Int32 ます。 その後、このメソッドをカプセル化するデリゲートは、文字列の配列内の文字列をフィルター処理するためにクエリで使用されます。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;

public class Func3Example
{
   public static void Main()
   {
      Func<String, int, bool> predicate = (str, index) => str.Length == index;

      String[] words = { "orange", "apple", "Article", "elephant", "star", "and" };
      IEnumerable<String> aWords = words.Where(predicate).Select(str => str);

      foreach (String word in aWords)
         Console.WriteLine(word);
   }
}
Imports System.Collections.Generic
Imports System.Linq

Public Module Func3Example

   Public Sub Main()
      Dim predicate As Func(Of String, Integer, Boolean) = Function(str, index) str.Length = index

      Dim words() As String = { "orange", "apple", "Article", "elephant", "star", "and" }
      Dim aWords As IEnumerable(Of String) = words.Where(predicate)

      For Each word As String In aWords
         Console.WriteLine(word)
      Next   
   End Sub
End Module

注釈

このデリゲートを使用すると、カスタムデリゲートを明示的に宣言しなくてもパラメーターとして渡すことができるメソッドを表すことができます。 カプセル化されたメソッドは、このデリゲートで定義されているメソッドシグネチャに対応している必要があります。 これは、カプセル化されたメソッドに2つのパラメーターが必要であり、それぞれが値で渡され、値を返す必要があることを意味します。

注意

2つのパラメーターを持ち、を返す void (または Visual Basic ではなくとして宣言されている) メソッドを参照するには、 Sub Function 代わりに汎用デリゲートを使用し Action<T1,T2> ます。

デリゲートを使用する場合、 Func<T1,T2,TResult> 2 つのパラメーターを持つメソッドをカプセル化するデリゲートを明示的に定義する必要はありません。 たとえば、次のコードでは、という名前のデリゲートを明示的に宣言 ExtractMethod し、メソッドへの参照を ExtractWords そのデリゲートインスタンスに割り当てます。

using System;

delegate string[] ExtractMethod(string stringToManipulate, int maximum);

public class DelegateExample
{
   public static void Main()
   {
      // Instantiate delegate to reference ExtractWords method
      ExtractMethod extractMeth = ExtractWords;
      string title = "The Scarlet Letter";
      // Use delegate instance to call ExtractWords method and display result
      foreach (string word in extractMeth(title, 5))
         Console.WriteLine(word);
   }

   private static string[] ExtractWords(string phrase, int limit)
   {
      char[] delimiters = new char[] {' '};
      if (limit > 0)
         return phrase.Split(delimiters, limit);
      else
         return phrase.Split(delimiters);
   }
}
' Declare a delegate to represent string extraction method
Delegate Function ExtractMethod(ByVal stringToManipulate As String, _
                                ByVal maximum As Integer) As String()

Module DelegateExample
   Public Sub Main()
      ' Instantiate delegate to reference ExtractWords method
      Dim extractMeth As ExtractMethod = AddressOf ExtractWords
      Dim title As String = "The Scarlet Letter"
      ' Use delegate instance to call ExtractWords method and display result
      For Each word As String In extractMeth(title, 5)
         Console.WriteLine(word)
      Next   
   End Sub

   Private Function ExtractWords(phrase As String, limit As Integer) As String()
      Dim delimiters() As Char = {" "c}
      If limit > 0 Then
         Return phrase.Split(delimiters, limit)
      Else
         Return phrase.Split(delimiters)
      End If
   End Function
End Module

次の例では、 Func<T1,T2,TResult> 新しいデリゲートを明示的に定義し、名前付きメソッドを割り当てるのではなく、デリゲートをインスタンス化することによって、このコードを簡略化します。

using System;

public class GenericFunc
{
   public static void Main()
   {
      // Instantiate delegate to reference ExtractWords method
      Func<string, int, string[]> extractMethod = ExtractWords;
      string title = "The Scarlet Letter";
      // Use delegate instance to call ExtractWords method and display result
      foreach (string word in extractMethod(title, 5))
         Console.WriteLine(word);
   }

   private static string[] ExtractWords(string phrase, int limit)
   {
      char[] delimiters = new char[] {' '};
      if (limit > 0)
         return phrase.Split(delimiters, limit);
      else
         return phrase.Split(delimiters);
   }
}
Module GenericFunc
   Public Sub Main()
      ' Instantiate delegate to reference ExtractWords method
      Dim extractMeth As Func(Of String, Integer, String()) = AddressOf ExtractWords
      Dim title As String = "The Scarlet Letter"
      ' Use delegate instance to call ExtractWords method and display result
      For Each word As String In extractMeth(title, 5)
         Console.WriteLine(word)
      Next   
   End Sub

   Private Function ExtractWords(phrase As String, limit As Integer) As String()
      Dim delimiters() As Char = {" "c}
      If limit > 0 Then
         Return phrase.Split(delimiters, limit)
      Else
         Return phrase.Split(delimiters)
      End If
   End Function
End Module

Func<T1,T2,TResult>次の例に示すように、C# では、匿名メソッドでデリゲートを使用できます。 (匿名メソッドの概要については、「 匿名メソッド」を参照してください)。

using System;

public class Anonymous
{
   public static void Main()
   {
      Func<string, int, string[]> extractMeth = delegate(string s, int i)
         { char[] delimiters = new char[] {' '};
           return i > 0 ? s.Split(delimiters, i) : s.Split(delimiters);
         };

      string title = "The Scarlet Letter";
      // Use Func instance to call ExtractWords method and display result
      foreach (string word in extractMeth(title, 5))
         Console.WriteLine(word);
   }
}

次の例に示すように、ラムダ式をデリゲートに割り当てることもでき Func<T1,T2,TResult> ます。 (ラムダ式の概要については、「 ラムダ式 」と「 ラムダ式」を参照してください)。

using System;

public class LambdaExpression
{
   public static void Main()
   {
      char[] separators = new char[] {' '};
      Func<string, int, string[]> extract = (s, i) =>
           i > 0 ? s.Split(separators, i) : s.Split(separators) ;

      string title = "The Scarlet Letter";
      // Use Func instance to call ExtractWords method and display result
      foreach (string word in extract(title, 5))
         Console.WriteLine(word);
   }
}
Module LambdaExpression
   Public Sub Main()
      Dim separators() As Char = {" "c}
      Dim extract As Func(Of String, Integer, String()) = Function(s, i) _
          CType(iif(i > 0, s.Split(separators, i), s.Split(separators)), String())  
      
      Dim title As String = "The Scarlet Letter"
      For Each word As String In extract(title, 5)
         Console.WriteLine(word)
      Next   
   End Sub
End Module

ラムダ式の基になる型は、汎用デリゲートの1つです Func 。 これにより、ラムダ式をデリゲートに明示的に代入せずに、パラメーターとして渡すことができます。 特に、名前空間の型の多くのメソッドに System.Linq パラメーターがあるため Func<T1,T2,TResult> 、デリゲートを明示的にインスタンス化せずにこれらのメソッドをラムダ式に渡すことができ Func<T1,T2,TResult> ます。

拡張メソッド

GetMethodInfo(Delegate)

指定したデリゲートによって表されるメソッドを表すオブジェクトを取得します。

適用対象

こちらもご覧ください