GenericUriParser クラス

定義

階層化された URI のカスタマイズ可能なパーサー。A customizable parser for a hierarchical URI.

public ref class GenericUriParser : UriParser
public class GenericUriParser : UriParser
type GenericUriParser = class
    inherit UriParser
Public Class GenericUriParser
Inherits UriParser
継承
GenericUriParser

注釈

よく知られているスキームに基づいてパーサーを作成する場合は、、、、 HttpStyleUriParser FtpStyleUriParser GopherStyleUriParser LdapStyleUriParser 、またはを使用し NewsStyleUriParser ます。If you want to create a parser based on a well-known scheme, use HttpStyleUriParser, FtpStyleUriParser, GopherStyleUriParser, LdapStyleUriParser, or NewsStyleUriParser.

カスタマイズ可能なパーサーを作成する場合は、列挙体で使用可能な値のビットごとの組み合わせをコンストラクターに渡すことによって、パーサーの動作を指定し System.GenericUriParserOptions GenericUriParser ます。When creating a customizable parser, the behavior of the parser is specified by passing a bitwise combination of the values available in the System.GenericUriParserOptions enumeration to the GenericUriParser constructor.

既存の System.Uri クラスは、国際リソース識別子 (IRI) と国際化ドメイン名 (IDN) をサポートするように拡張されています。The existing System.Uri class has been extended to provide support for International Resource Identifiers (IRI) and Internationalized Domain Names (IDN). 現在のユーザーは、自分で明確に IRI を有効にしない限り、.NET Framework 2.0 の動作からは変更に気付きません。Current users will not see any change from the .NET Framework 2.0 behavior unless they specifically enable IRI. これにより、.NET Framework の以前のバージョンとのアプリケーションの互換性を保証します。This ensures application compatibility with prior versions of the .NET Framework.

から派生したすべてのパーサー GenericUriParser は、既定で IRI と IDN のサポートを取得しません。All parsers derived from GenericUriParser will not gain IRI and IDN support by default. オプションには、 Default IRI と IDN のサポートは含まれません。The Default option does not include IRI and IDN support. System.GenericUriParserOptionsカスタムパーサーが IRI と IDN をサポートするかどうかを示すために、列挙に2つの新しい値が追加されました。Two new values are added to the System.GenericUriParserOptions enumeration to indicate if a custom parser supports IRI and IDN.

IRI と IDN のサポートの詳細については、クラスの「解説」を参照してください System.UriFor more information on IRI and IDN support, see the Remarks section for the System.Uri class.

コンストラクター

GenericUriParser(GenericUriParserOptions)

階層化された URI のカスタマイズ可能なパーサーを作成します。Create a customizable parser for a hierarchical URI.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetComponents(Uri, UriComponents, UriFormat)

URI から構成要素を取得します。Gets the components from a URI.

(継承元 UriParser)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitializeAndValidate(Uri, UriFormatException)

パーサーの状態を初期化し、URI を検証します。Initialize the state of the parser and validate the URI.

(継承元 UriParser)
IsBaseOf(Uri, Uri)

baseUrirelativeUri のベース URI であるかどうかを判断します。Determines whether baseUri is a base URI for relativeUri.

(継承元 UriParser)
IsWellFormedOriginalString(Uri)

URI の構成が正しいかどうかを示します。Indicates whether a URI is well-formed.

(継承元 UriParser)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
OnNewUri()

Uri コンストラクターによって起動され、UriParser インスタンスを取得します。Invoked by a Uri constructor to get a UriParser instance.

(継承元 UriParser)
OnRegister(String, Int32)

UriParser メソッドが登録されている場合、Framework によって起動されます。Invoked by the Framework when a UriParser method is registered.

(継承元 UriParser)
Resolve(Uri, Uri, UriFormatException)

相対 URI を解決するために、Uri コンストラクターと TryCreate によって呼び出されます。Called by Uri constructors and TryCreate to resolve a relative URI.

(継承元 UriParser)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象