GenericUriParserOptions 列挙型

定義

UriParser のオプションを指定します。Specifies options for a UriParser.

この列挙体には FlagsAttribute 属性があり、そのメンバー値のビットごとの組み合わせが可能になります。

public enum class GenericUriParserOptions
[System.Flags]
public enum GenericUriParserOptions
[<System.Flags>]
type GenericUriParserOptions = 
Public Enum GenericUriParserOptions
継承
GenericUriParserOptions
属性

フィールド

AllowEmptyAuthority 2

パーサーは権限のない URI を許可します。The parser allows a URI with no authority.

Default 0

パーサー: 権限が必要です。円記号をスラッシュに変換します。パスのドット、スラッシュ、円記号をエスケープ解除します。末尾のドット、空のセグメント、ドットのみのセグメントを削除します。The parser: requires an authority; converts backslashes into forward slashes; unescapes path dots, forward slashes, and back slashes; and removes trailing dots, empty segments, and dots-only segments.

DontCompressPath 128

パーサーは URI を正規化しません。The parser does not canonicalize the URI.

DontConvertPathBackslashes 64

パーサーは円記号をスラッシュに変換しません。The parser does not convert back slashes into forward slashes.

DontUnescapePathDotsAndSlashes 256

パーサーはパスのドット、スラッシュ、または円記号をエスケープ解除しません。The parser does not unescape path dots, forward slashes, or back slashes.

GenericAuthority 1

パーサーはレジストリ ベースの権限を許可します。The parser allows a registry-based authority.

Idn 512

このパーサーは、国際化ドメイン名 (IDN: Internationalized Domain Name) によるホスト名の解析をサポートしています。The parser supports Internationalized Domain Name (IDN) parsing (IDN) of host names. IDN が使用されるかどうかは、構成値によって指定されます。Whether IDN is used is dictated by configuration values.

IriParsing 1024

このパーサーは、IRI (International Resource Identifier) の RFC 3987 で指定された解析規則をサポートしています。The parser supports the parsing rules specified in RFC 3987 for International Resource Identifiers (IRI). IRI が使用されるかどうかは、構成値によって指定されます。Whether IRI is used is dictated by configuration values.

NoFragment 32

スキームでフラグメント部分が定義されていません。The scheme does not define a fragment part.

NoPort 8

スキームでポートが定義されていません。The scheme does not define a port.

NoQuery 16

スキームでクエリ部分が定義されていません。The scheme does not define a query part.

NoUserInfo 4

スキームでユーザー情報部分が定義されていません。The scheme does not define a user information part.

注釈

オプションをパラメーターとしてコンストラクターに渡すことによって、これらのオプションのいずれかを組み合わせて汎用 URI パーサーを構成でき GenericUriParser.GenericUriParser(GenericUriParserOptions) ます。You can combine any of these options to configure a generic URI parser by passing the options as a parameter to the GenericUriParser.GenericUriParser(GenericUriParserOptions) constructor.

既存の System.Uri クラスは、RFC 3987 に基づく国際リソース識別子 (IRI) のサポートを提供するように拡張されています。The existing System.Uri class has been extended to provide support for International Resource Identifiers (IRI) based on RFC 3987. 現在のユーザーは、自分で明確に IRI を有効にしない限り、.NET Framework 2.0 の動作からは変更に気付きません。Current users will not see any change from the .NET Framework 2.0 behavior unless they specifically enable IRI. これにより、.NET Framework の以前のバージョンとのアプリケーションの互換性を保証します。This ensures application compatibility with prior versions of the .NET Framework.

の構成設定は、 System.Configuration.IdnElement System.Configuration.IriParsingElement クラスでの IRI 処理を制御する構成設定によって間接的に制御され System.Uri ます。The configuration setting for the System.Configuration.IdnElement is indirectly controlled by the System.Configuration.IriParsingElement configuration setting that controls IRI processing in the System.Uri class. IDN 処理を可能にするためには、IRI 処理を有効にする必要があります。IRI processing must be enabled for IDN processing to be possible. IRI 処理が無効になっている場合、IDN 処理は既定の設定に設定されます。既定の設定では、互換性のために .NET Framework 2.0 の動作が使用され、IDN 名は使用されません。If IRI processing is disabled, then IDN processing will be set to the default setting where the .NET Framework 2.0 behavior is used for compatibility and IDN names are not used.

国際化ドメイン名 (IDN) 属性は IDN 処理のみを制御します。The Internationalized Domain Name (IDN) attribute only controls IDN processing. その他のすべての IRI 処理 (文字の正規化など) は、既定で実行されます。All other IRI processing (character normalization, for example) is performed by default.

IRI サポートの詳細については、クラスの「解説」を参照してください System.UriFor more information on IRI support, see the Remarks section for the System.Uri class.

適用対象

こちらもご覧ください