CultureAndRegionInfoBuilder CultureAndRegionInfoBuilder CultureAndRegionInfoBuilder CultureAndRegionInfoBuilder Class

定義

新しいカスタム カルチャまたは別のカルチャおよび国/地域に基づいたカスタム カルチャを定義します。Defines a custom culture that is new or based on another culture and country/region. カスタム カルチャは、コンピューターにインストールすることで、そのコンピューター上で実行される任意のアプリケーションで使用できます。The custom culture can be installed on a computer and subsequently used by any application that is running on that computer. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class CultureAndRegionInfoBuilder sealed
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
public sealed class CultureAndRegionInfoBuilder
type CultureAndRegionInfoBuilder = class
Public NotInheritable Class CultureAndRegionInfoBuilder
継承
CultureAndRegionInfoBuilderCultureAndRegionInfoBuilderCultureAndRegionInfoBuilderCultureAndRegionInfoBuilder
属性

次の例では、米国の州のロシア語の言語を表すカスタム ru (米国) カルチャを定義します。The following example defines a custom ru-US culture that represents the Russian language in the United States. 例では、ロシア語 (ロシア) から設定を読み込むことで、カスタム カルチャを定義するCultureInfoオブジェクトと、米国RegionInfoオブジェクトし、の数を設定し、CultureAndRegionInfoBuilderプロパティ。The example defines the custom culture by loading settings from the Russian (Russia) CultureInfo object and the U.S. RegionInfo object, and then sets a number of CultureAndRegionInfoBuilder properties. 例では、カスタムのカルチャでは、登録のインスタンスを作成し、現在のスレッド カルチャになります。The example registers the custom culture, and then instantiates it and makes it the current thread culture.

using System;
using System.Globalization;
using System.Threading;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      // Create a custom culture for ru-US.
      CultureAndRegionInfoBuilder car1 = new CultureAndRegionInfoBuilder("ru-US", 
                                             CultureAndRegionModifiers.None);
      car1.LoadDataFromCultureInfo(CultureInfo.CreateSpecificCulture("ru-RU"));
      car1.LoadDataFromRegionInfo(new RegionInfo("en-US"));
      
      car1.CultureEnglishName = "Russian (United States)";
      car1.CultureNativeName = "русский (США)";
      car1.CurrencyNativeName = "Доллар (США)";
      car1.RegionNativeName = "США";

      // Register the culture.
      try {
         car1.Register();
      }    
      catch (InvalidOperationException) {
         // Swallow the exception: the culture already is registered.
      }
      
      // Use the custom culture.
      CultureInfo ci = CultureInfo.CreateSpecificCulture("ru-US");
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = ci;
      Console.WriteLine("Current Culture: {0}", 
                        Thread.CurrentThread.CurrentCulture.Name);
      Console.WriteLine("Writing System: {0}", 
                        Thread.CurrentThread.CurrentCulture.TextInfo);
   }
}
// The example displays the following output:
//     Current Culture: ru-US
//     Writing System: TextInfo - ru-US
Imports System.Globalization
Imports System.Threading

Module Example
   Public Sub Main()
      ' Create a custom culture for ru-US.
      Dim car1 As New CultureAndRegionInfoBuilder("ru-US", CultureAndRegionModifiers.None)
      car1.LoadDataFromCultureInfo(CultureInfo.CreateSpecificCulture("ru-RU"))
      car1.LoadDataFromRegionInfo(New RegionInfo("en-US"))
      
      car1.CultureEnglishName = "Russian (United States)"
      car1.CultureNativeName = "русский (США)"
      car1.CurrencyNativeName = "Доллар (США)"
      car1.RegionNativeName = "США"

      ' Register the culture.
      Try
         car1.Register()
      Catch e As InvalidOperationException
         ' Swallow the exception: the culture already is registered.
      End Try
      
      ' Use the custom culture.
      Dim ci As CultureInfo = CultureInfo.CreateSpecificCulture("ru-US")
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = ci
      Console.WriteLine("Current Culture: {0}", 
                        Thread.CurrentThread.CurrentCulture.Name)
      Console.WriteLine("Writing System: {0}", 
                        Thread.CurrentThread.CurrentCulture.TextInfo)
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'     Current Culture: ru-US
'     Writing System: TextInfo - ru-US

注釈

CultureInfoクラスは、関連する言語、サブ言語、国/地域、暦、文化的な慣習など、カルチャに固有の情報を保持します。The CultureInfo class holds culture-specific information, such as the associated language, sublanguage, country/region, calendar, and cultural conventions. このクラスでは、カルチャ固有のインスタンスも提供します、 DateTimeFormatInfoNumberFormatInfoCompareInfo、およびTextInfo、大文字小文字の区別、書式設定および解析日付や数値などのカルチャに固有の操作に必要なクラスと文字列を比較します。This class also provides culture-specific instances of the DateTimeFormatInfo, NumberFormatInfo, CompareInfo, and TextInfo classes, which are required for culture-specific operations such as casing, formatting and parsing dates and numbers, and comparing strings.

既定では、.NET Framework でサポートCultureInfoのカルチャの定義済みセットを表すオブジェクト。By default, the .NET Framework supports CultureInfo objects that represent a predefined set of cultures. これらのカルチャの一覧は、次を参照してください。、各国語サポート (NLS) API リファレンスGo Global Developer Center にします。For a list of these cultures, see the National Language Support (NLS) API Reference at the Go Global Developer Center. CultureAndRegionInfoBuilderクラスでは、完全に新しいまたは定義済みカルチャをオーバーライドするカスタム カルチャを作成することができます。The CultureAndRegionInfoBuilder class enables you to create a custom culture that is completely new or that overrides a predefined culture. わりなくなりますカスタム カルチャがインストールされているし、特定のコンピューターに登録されている、定義済みCultureInfoオブジェクトしインスタンス化およびそれらのオブジェクトと同様に使用できます。When a custom culture is installed and registered on a particular computer, it becomes indistinguishable from predefined CultureInfo objects, and can be instantiated and used just like those objects.

重要

なお、 CultureAndRegionInfoBuilder sysglobl.dll という名前のアセンブリのクラスがあります。Note that the CultureAndRegionInfoBuilder class is found in an assembly named sysglobl.dll. この型を使用するコードを正常にコンパイルするには、sysglobl.dll への参照を追加することが必要です。Successfully compiling code that uses this type requires that you add a reference to sysglobl.dll.

カスタム カルチャは、そのコンピューターに対する管理者権限を持つユーザーのみがコンピューターに登録できます。A custom culture can be registered on a computer only by a user who has administrative rights on that computer. その結果、アプリ通常作成してインストールしないカスタム カルチャ。Consequently, apps typically do not create and install custom cultures. 代わりに、使用、CultureAndRegionInfoBuilder管理者は、作成、インストール、およびカスタム カルチャの登録に使用できる特殊なツールを作成するクラス。Instead, you can use the CultureAndRegionInfoBuilder class to create a special-purpose tool that an administrator can use to create, install, and register a custom culture. カスタム カルチャがコンピューターに登録されると、使用できます、CultureInfoクラスをアプリには定義済みカルチャの場合と同様に、カスタム カルチャのインスタンスを作成します。After the custom culture is registered on a computer, you can use the CultureInfo class in your app to create instances of the custom culture just as you would for a predefined culture.

使用する必要がある、カスタムのカルチャ用に生成された日付と時刻の文字列を解析する場合、DateTime.ParseExactまたはDateTime.TryParseExactメソッドの代わりに、DateTime.ParseまたはDateTime.TryParse解析操作が成功する確率を向上させるためにメソッド。If you parse date and time strings generated for a custom culture, you should use the DateTime.ParseExact or DateTime.TryParseExact method instead of the DateTime.Parse or DateTime.TryParse method to improve the probability that the parse operation will succeed. カスタム カルチャの日付と時刻の文字列には、複雑で解析が困難になりますができます。A date and time string for a custom culture can be complicated and therefore difficult to parse. ParseTryParseメソッドが失敗するすべてのいくつかの暗黙的な解析パターンを使用した文字列を解析しようとしました。The Parse and TryParse methods try to parse a string with several implicit parse patterns, all of which might fail. TryParseExactメソッドには、これに対し、明示的に成功する可能性のある 1 つまたは複数の正確な解析パターンを指定するアプリケーションが必要です。The TryParseExact method, in contrast, requires the application to explicitly designate one or more exact parse patterns that are likely to succeed.

定義とカスタム カルチャの作成Defining and Creating a Custom Culture

使用する、CultureAndRegionInfoBuilderクラスを定義し、カスタム カルチャの名前を付けます。You use the CultureAndRegionInfoBuilder class to define and name a custom culture. カスタムのカルチャをまったく新しいカルチャ、既存のカルチャ (これは、補足のカルチャ) に基づいている新しいカルチャまたは既存の .NET Framework カルチャを置換するカルチャを使用できます。The custom culture can be an entirely new culture, a new culture that is based on an existing culture (that is, a supplemental culture), or a culture that replaces an existing .NET Framework culture. 各ケースで、基本的な手順は同じです。In each case, the basic steps are the same:

  1. インスタンスを作成、CultureAndRegionInfoBuilderオブジェクトを呼び出すことによってそのCultureAndRegionInfoBuilder(String, CultureAndRegionModifiers)コンス トラクター。Instantiate a CultureAndRegionInfoBuilder object by calling its CultureAndRegionInfoBuilder(String, CultureAndRegionModifiers) constructor. 既存のカルチャを置換するには、カルチャの名前を渡すと、CultureAndRegionModifiers.Replacementコンス トラクターに列挙値。To replace an existing culture, pass that culture's name and the CultureAndRegionModifiers.Replacement enumeration value to the constructor. 新しいカルチャまたは補足のカルチャを作成する一意のカルチャの名前といずれかを渡す、CultureAndRegionModifiers.NeutralまたはCultureAndRegionModifiers.None列挙値。To create a new culture or a supplemental culture, pass a unique culture name and either the CultureAndRegionModifiers.Neutral or CultureAndRegionModifiers.None enumeration value.

    注意

    使用する場合、CultureAndRegionModifiers.Replacementインスタンスを作成する列挙値、CultureAndRegionInfoBuilderオブジェクト、CultureAndRegionInfoBuilderから値を持つオブジェクトのプロパティを自動的に設定、CultureInfo置き換えられるオブジェクト。If you use the CultureAndRegionModifiers.Replacement enumeration value to instantiate a CultureAndRegionInfoBuilder object, the CultureAndRegionInfoBuilder object's properties are automatically populated with values from the CultureInfo object to be replaced.

  2. 新規または補足カルチャ: 作成する場合If you are creating a new or supplemental culture:

  3. プロパティを変更、CultureAndRegionInfoBuilderに応じてオブジェクトします。Modify the properties of the CultureAndRegionInfoBuilder object as necessary.

  4. 別のルーチンのカスタム カルチャを登録しようとしている場合、Saveメソッド。If you are planning to register the custom culture in a separate routine, call the Save method. これには、ロードおよび別のカスタム カルチャのインストール ルーチンに登録できる XML ファイルが生成されます。This generates an XML file that you can load and register in a separate custom culture installation routine.

カスタム カルチャの登録Registering a Custom Culture

カルチャを作成するは、アプリケーションから別のカスタム カルチャの登録アプリケーションを開発している場合は、呼び出すことが、CreateFromLdmlメソッドは、カスタムのカルチャの定義を含む XML ファイルを読み込む、をインスタンス化をCultureAndRegionInfoBuilderオブジェクト。If you are developing a registration application for a custom culture that is separate from the application that creates the culture, you call the CreateFromLdml method to load the XML file that contains the custom culture's definition and instantiate the CultureAndRegionInfoBuilder object. 登録を処理するために呼び出す、Registerメソッド。To handle the registration, call the Register method. 正常に登録のカスタム カルチャを登録するアプリケーションする必要があります管理者特権を持つシステムで実行する、ターゲットです。それ以外の場合、呼び出しRegisterスロー、UnauthorizedAccessException例外。For the registration to succeed, the application that registers the custom culture must be running with administrative privileges on the target system; otherwise, the call to Register throws an UnauthorizedAccessException exception.

警告

カルチャのデータは、システム間で異なることができます。Culture data can differ between systems. 使用する場合、CultureAndRegionInfoBuilderから既存のデータを読み込んでのカスタム カルチャは、複数のシステムとする一定であるカスタムを作成するクラスを作成CultureInfoRegionInfoオブジェクトおよびカスタマイズすること、2 つを開発する必要がありますさまざまなユーティリティです。If you are using the CultureAndRegionInfoBuilder class to create a custom culture that is uniform across multiple systems and you are creating your custom culture by loading data from existing CultureInfo and RegionInfo objects and customizing it, you should develop two different utilities. 最初は、カスタムのカルチャを作成し、XML ファイルに保存します。The first creates the custom culture and saves it to an XML file. 2 つ目は、CreateFromLdmlメソッドは XML ファイルからカスタム カルチャの読み込みをターゲット コンピューターに登録します。The second uses the CreateFromLdml method to load the custom culture from an XML file and register it on the target computer.

登録プロセスでは、次のタスクを実行します。The registration process performs the following tasks:

  • 定義されている情報を含む .nlp ファイルを作成、CultureAndRegionInfoBuilderオブジェクト。Creates an .nlp file that contains the information that is defined in the CultureAndRegionInfoBuilder object.

  • .Nlp ファイルをターゲット コンピューター上の %windir%\Globalization システム ディレクトリに格納します。Stores the .nlp file in the %windir%\Globalization system directory on the target computer. これにより、セッション間で保持する、カスタムのカルチャの設定ができます。This enables the custom culture's settings to persist between sessions. (、 CultureAndRegionInfoBuilder .Nlp ファイルは、システム ディレクトリに保存されるため、メソッドには管理特権が必要です)。(The CultureAndRegionInfoBuilder method requires administrative privileges because the .nlp file is stored in a system directory.)

  • 要求を準備、次回の内部キャッシュではなく %windir%\Globalization システム ディレクトリを検索する .NET Framework は、新しいカスタム カルチャを作成します。Prepares the .NET Framework to search the %windir%\Globalization system directory instead of an internal cache the next time there is a request to create your new custom culture.

カスタム カルチャが正常に登録されると、.NET Framework で定義済みのカルチャと区別することはできません。When a custom culture is successfully registered, it is indistinguishable from the cultures that are predefined by the .NET Framework. 呼び出すまで、カスタム カルチャが使用可能なCultureAndRegionInfoBuilderメソッドは、ローカル コンピューターから .nlp ファイルを削除します。The custom culture is available until a call to the CultureAndRegionInfoBuilder method removes the .nlp file from the local computer.

カスタム カルチャをインスタンス化します。Instantiating a Custom Culture

カスタム カルチャのインスタンスを作成するには、次の方法のいずれかで。You can create an instance of the custom culture in one of the following ways:

さらに、配列のCultureInfoオブジェクトによって返される、CultureInfo.GetCulturesメソッドにカスタム カルチャが含まれています。In addition, the array of CultureInfo objects that is returned by the CultureInfo.GetCultures method includes the custom culture.

コンストラクター

CultureAndRegionInfoBuilder(String, CultureAndRegionModifiers) CultureAndRegionInfoBuilder(String, CultureAndRegionModifiers) CultureAndRegionInfoBuilder(String, CultureAndRegionModifiers) CultureAndRegionInfoBuilder(String, CultureAndRegionModifiers)

CultureAndRegionInfoBuilder クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the CultureAndRegionInfoBuilder class.

プロパティ

AvailableCalendars AvailableCalendars AvailableCalendars AvailableCalendars

この CultureAndRegionInfoBuilder オブジェクトによってサポートされるカレンダーの配列を取得または設定します。Gets or sets an array of calendars that are supported by this CultureAndRegionInfoBuilder object.

CompareInfo CompareInfo CompareInfo CompareInfo

カルチャの文字列を比較する方法を定義する CompareInfo オブジェクトを取得または設定します。Gets or sets the CompareInfo object that defines how to compare strings for the culture.

ConsoleFallbackUICulture ConsoleFallbackUICulture ConsoleFallbackUICulture ConsoleFallbackUICulture

グラフィック ユーザー インターフェイスの既定のカルチャが不適切な場合、コンソール アプリケーションに適した代替のユーザー インターフェイス カルチャを取得または設定します。Gets or sets an alternate user interface culture suitable for console applications when the default graphic user interface culture is inappropriate.

CultureEnglishName CultureEnglishName CultureEnglishName CultureEnglishName

英語のカルチャ名を取得または設定します。Gets or sets the culture name in English.

CultureName CultureName CultureName CultureName

作成するカルチャの名前を取得します。Gets the name of the culture being created.

CultureNativeName CultureNativeName CultureNativeName CultureNativeName

カルチャの表示用に設定されている形式および言語のカルチャ名を取得または設定します。Gets or sets the culture name in the format and language that the culture is set to display.

CultureTypes CultureTypes CultureTypes CultureTypes

現在の CultureAndRegionInfoBuilder オブジェクトで表されるカルチャを記述する CultureTypes 値を取得します。Gets the CultureTypes value that describes the culture represented by the current CultureAndRegionInfoBuilder object.

CurrencyEnglishName CurrencyEnglishName CurrencyEnglishName CurrencyEnglishName

現在の CultureAndRegionInfoBuilder オブジェクトで表される国/地域で使用される通貨の英語の名前を取得または設定します。Gets or sets the name, in English, of the currency used in the country/region represented by the current CultureAndRegionInfoBuilder object.

CurrencyNativeName CurrencyNativeName CurrencyNativeName CurrencyNativeName

現在の CultureAndRegionInfoBuilder オブジェクトで表される国/地域で使用される通貨の、ネイティブ言語での名前を取得または設定します。Gets or sets the native name of the currency used in the country/region represented by the current CultureAndRegionInfoBuilder object.

GeoId GeoId GeoId GeoId

地理的な領域、国、都市、または場所の一意の識別番号を取得または設定します。Gets or sets a unique identification number for a geographical region, country, city, or location.

GregorianDateTimeFormat GregorianDateTimeFormat GregorianDateTimeFormat GregorianDateTimeFormat

グレゴリオ暦に従って日付と時刻の書式を定義する DateTimeFormatInfo オブジェクトを取得または設定します。Gets or sets a DateTimeFormatInfo object that defines the format of dates and times according to the Gregorian calendar.

IetfLanguageTag IetfLanguageTag IetfLanguageTag IetfLanguageTag

RFC 4646 標準『Tags for the Identification of Languages』に従って書式設定されているカルチャ名を取得または設定します。Gets or sets a culture name formatted according to the RFC 4646 standard, "Tags for the Identification of Languages."

IsMetric IsMetric IsMetric IsMetric

国/地域で、計測のためにメートル法を使用するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the country/region uses the metric system for measurements.

ISOCurrencySymbol ISOCurrencySymbol ISOCurrencySymbol ISOCurrencySymbol

国/地域に関連付けられた 3 文字の ISO 4217 通貨記号を取得または設定します。Gets or sets the three-character ISO 4217 currency symbol associated with the country/region.

IsRightToLeft IsRightToLeft IsRightToLeft IsRightToLeft

現在の CultureAndRegionInfoBuilder オブジェクトに関連付けられている書記体系のテキストの記述方向を取得または設定します。Gets or sets the predominant direction of lines of text in the writing system associated with the current CultureAndRegionInfoBuilder object.

KeyboardLayoutId KeyboardLayoutId KeyboardLayoutId KeyboardLayoutId

アクティブな入力ロケール識別子を取得または設定します。Gets or sets the active input locale identifier.

LCID LCID LCID LCID

現在の CultureAndRegionInfoBuilder オブジェクトのカルチャ識別子を取得します。Gets the culture identifier for the current CultureAndRegionInfoBuilder object.

NumberFormat NumberFormat NumberFormat NumberFormat

数値、通貨、および割合を表示するカルチャに対応する書式を定義する NumberFormatInfo オブジェクトを取得または設定します。Gets or sets a NumberFormatInfo object that defines the culturally appropriate format of displaying numbers, currency, and percentage.

Parent Parent Parent Parent

現在のカスタム カルチャの親カルチャを表す CultureInfo オブジェクトを取得または設定します。Gets or sets the CultureInfo object that represents the parent culture of the current custom culture.

RegionEnglishName RegionEnglishName RegionEnglishName RegionEnglishName

英語で表した国/地域の完全名を取得または設定します。Gets or sets the full name of the country/region in English.

RegionName RegionName RegionName RegionName

現在の CultureAndRegionInfoBuilder オブジェクトの国/地域の名前を取得します。Gets the name of the country/region for the current CultureAndRegionInfoBuilder object.

RegionNativeName RegionNativeName RegionNativeName RegionNativeName

このカスタム カルチャが適用される人々の間で使用される国/地域の完全名を取得します。Gets or sets the full name of the country/region as known by the people of this custom culture.

TextInfo TextInfo TextInfo TextInfo

このカスタム カルチャに関連付けられている書記体系を定義する TextInfo オブジェクトを取得または設定します。Gets or sets the TextInfo object that defines the writing system associated with this custom culture.

ThreeLetterISOLanguageName ThreeLetterISOLanguageName ThreeLetterISOLanguageName ThreeLetterISOLanguageName

このカスタム カルチャの言語に対する ISO 639-2 の 3 文字のコードを取得または設定します。Gets or sets the ISO 639-2 three-letter code for the language of this custom culture.

ThreeLetterISORegionName ThreeLetterISORegionName ThreeLetterISORegionName ThreeLetterISORegionName

ISO 3166 で定義された国/地域の 3 文字コードを取得または設定します。Gets or sets the three-letter code defined in ISO 3166 for the country/region.

ThreeLetterWindowsLanguageName ThreeLetterWindowsLanguageName ThreeLetterWindowsLanguageName ThreeLetterWindowsLanguageName

Windows API の定義に従って、言語に対する 3 文字のコードを取得または設定します。Gets or sets the three-letter code for the language as defined in the Windows API.

ThreeLetterWindowsRegionName ThreeLetterWindowsRegionName ThreeLetterWindowsRegionName ThreeLetterWindowsRegionName

現在のカスタム カルチャが表す国/地域に対して Windows が割り当てる 3 文字コードを取得または設定します。Gets or sets the three-letter code assigned by Windows to the country/region represented by the current custom culture.

TwoLetterISOLanguageName TwoLetterISOLanguageName TwoLetterISOLanguageName TwoLetterISOLanguageName

現在の CultureInfo オブジェクトの言語に対する ISO 639-1 の 2 文字のコードを取得または設定します。Gets or sets the ISO 639-1 two-letter code for the language of the current CultureInfo object.

TwoLetterISORegionName TwoLetterISORegionName TwoLetterISORegionName TwoLetterISORegionName

ISO 3166 で定義された国/地域の 2 文字コードを取得します。Gets or sets the two-letter code defined in ISO 3166 for the country/region.

メソッド

CreateFromLdml(String) CreateFromLdml(String) CreateFromLdml(String) CreateFromLdml(String)

指定したオブジェクトの表現を含む XML ファイルから CultureAndRegionInfoBuilder オブジェクトを再構成します。Reconstitutes a CultureAndRegionInfoBuilder object from a specified XML file that contains a representation of the object.

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
LoadDataFromCultureInfo(CultureInfo) LoadDataFromCultureInfo(CultureInfo) LoadDataFromCultureInfo(CultureInfo) LoadDataFromCultureInfo(CultureInfo)

現在の CultureAndRegionInfoBuilder オブジェクトのプロパティを、指定した CultureInfo オブジェクトの対応するプロパティを使用して設定します。Sets the properties of the current CultureAndRegionInfoBuilder object with the corresponding properties of the specified CultureInfo object.

LoadDataFromRegionInfo(RegionInfo) LoadDataFromRegionInfo(RegionInfo) LoadDataFromRegionInfo(RegionInfo) LoadDataFromRegionInfo(RegionInfo)

現在の CultureAndRegionInfoBuilder オブジェクトのプロパティを、指定した RegionInfo オブジェクトの対応するプロパティを使用して設定します。Sets the properties of the current CultureAndRegionInfoBuilder object with the corresponding properties of the specified RegionInfo object.

MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
Register() Register() Register() Register()

現在の CultureAndRegionInfoBuilder オブジェクトをローカル コンピューター上でカスタム カルチャとして保持して、アプリケーションでカルチャを使用できるようにします。Persists the current CultureAndRegionInfoBuilder object as a custom culture on the local computer and makes that culture available to applications. 管理特権が必要となります。Requires administrative privileges.

Save(String) Save(String) Save(String) Save(String)

現在の CultureAndRegionInfoBuilder オブジェクトの XML 表現を指定したファイルに書き込みます。Writes an XML representation of the current CultureAndRegionInfoBuilder object to the specified file.

ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)
Unregister(String) Unregister(String) Unregister(String) Unregister(String)

ローカル コンピューターからカスタム カルチャを作成します。Deletes a custom culture from the local computer.

適用対象