CultureInfo.Calendar プロパティ

定義

カルチャで使用する既定の暦を取得します。

public:
 virtual property System::Globalization::Calendar ^ Calendar { System::Globalization::Calendar ^ get(); };
public virtual System.Globalization.Calendar Calendar { get; }
member this.Calendar : System.Globalization.Calendar
Public Overridable ReadOnly Property Calendar As Calendar

プロパティ値

Calendar

カルチャで使用する既定の暦を表す Calendar

注釈

ユーザーは、コントロール パネルの地域と言語オプションの部分を通じて、Windowsの現在のカルチャに関連付けられている値の一部をオーバーライドすることを選択できます。 たとえば、ユーザーは別の形式で日付を表示したり、カルチャの既定値以外の通貨を使用したりできます。

指定したカルチャがtrueWindowsの現在のカルチャと一致する場合UseUserOverrideCultureInfoプロパティによって返されるインスタンスのDateTimeFormatInfoプロパティのユーザー設定や、プロパティによってDateTimeFormat返されるインスタンスのNumberFormatInfoプロパティなど、これらのオーバーライドがNumberFormat使用されます。 ユーザー設定と関連付けられている CultureInfoカルチャと互換性がない場合(たとえば、選択したカレンダーがいずれかの OptionalCalendarsカレンダーでない場合)、メソッドの結果とプロパティの値は未定義です。

そのため、このプロパティの値がtrueカルチャで使用される既定のカレンダーと異なる場合UseUserOverrideがあります。

アプリケーションは、クラスのインスタンスであるプロパティをCalendar設定することで、現在CultureInfoDateTimeFormatカレンダーで使用される予定表をDateTimeFormatInfo変更します。 新しい予定表は、次に示す OptionalCalendars予定表のいずれかである必要があります。 DateTimeFormat には、そのプロパティに関連付けられている日付と時刻の書式設定をカスタマイズするその他のプロパティも含 Calendarまれています。

適用対象

こちらもご覧ください