CultureInfo.Calendar CultureInfo.Calendar CultureInfo.Calendar CultureInfo.Calendar Property

定義

カルチャで使用する既定の暦を取得します。Gets the default calendar used by the culture.

public:
 virtual property System::Globalization::Calendar ^ Calendar { System::Globalization::Calendar ^ get(); };
public virtual System.Globalization.Calendar Calendar { get; }
member this.Calendar : System.Globalization.Calendar
Public Overridable ReadOnly Property Calendar As Calendar

プロパティ値

カルチャで使用する既定の暦を表す CalendarA Calendar that represents the default calendar used by the culture.

注釈

ユーザーは、コントロールパネルの [地域と言語のオプション] の部分を使用して、Windows の現在のカルチャに関連付けられている値の一部を上書きすることができます。The user might choose to override some of the values associated with the current culture of Windows through the regional and language options portion of Control Panel. たとえば、ユーザーは、日付を別の形式で表示したり、カルチャに既定以外の通貨を使用したりすることができます。For example, the user might choose to display the date in a different format or to use a currency other than the default for the culture.

UseUserOverride CultureInfo DateTimeFormatInfo DateTimeFormatで、指定されたカルチャが Windows の現在のカルチャに一致する場合、は、プロパティによって返されるインスタンスのプロパティのユーザー設定など、これらのオーバーライドを使用します。 trueプロパティによって返さNumberFormatInfoれるインスタンスのプロパティ。 NumberFormatIf UseUserOverride is true and the specified culture matches the current culture of Windows, the CultureInfo uses those overrides, including user settings for the properties of the DateTimeFormatInfo instance returned by the DateTimeFormat property, and the properties of the NumberFormatInfo instance returned by the NumberFormat property. ユーザー設定がに関連付けらCultureInfoれているカルチャと互換性がない場合、たとえば、選択した暦がのいずれOptionalCalendarsでもない場合、メソッドの結果とプロパティの値は定義されません。If the user settings are incompatible with the culture associated with the CultureInfo, for example, if the selected calendar is not one of the OptionalCalendars, the results of the methods and the values of the properties are undefined.

したがって、 UseUserOverridetrueの場合、このプロパティの値は、カルチャで使用される既定の暦とは異なる場合があります。Therefore, if UseUserOverride is true, the value of this property might be different from the default calendar used by the culture.

アプリケーションCultureInfoは、 Calendar クラスDateTimeFormatInfoのインスタンスであるのDateTimeFormatプロパティを設定することによって、現在ので使用されるカレンダーを変更します。Your application changes the calendar used by the current CultureInfo by setting the Calendar property of DateTimeFormat, which is an instance of the DateTimeFormatInfo class. 新しい予定表は、「」にOptionalCalendars記載されている予定表のいずれかである必要があります。The new calendar must be one of the calendars listed in OptionalCalendars. DateTimeFormatには、そのにCalendar関連付けられた日付と時刻の書式をカスタマイズするその他のプロパティも含まれています。DateTimeFormat also includes other properties that customize the date and time formatting associated with that Calendar.

適用対象

こちらもご覧ください