CultureInfo.GetCultureInfoByIetfLanguageTag(String) CultureInfo.GetCultureInfoByIetfLanguageTag(String) CultureInfo.GetCultureInfoByIetfLanguageTag(String) CultureInfo.GetCultureInfoByIetfLanguageTag(String) Method

定義

非推奨。Deprecated. 指定された RFC 4646 言語タグで示される言語特性を持つ、読み取り専用 CultureInfo オブジェクトを取得します。Retrieves a read-only CultureInfo object having linguistic characteristics that are identified by the specified RFC 4646 language tag.

public:
 static System::Globalization::CultureInfo ^ GetCultureInfoByIetfLanguageTag(System::String ^ name);
public static System.Globalization.CultureInfo GetCultureInfoByIetfLanguageTag (string name);
static member GetCultureInfoByIetfLanguageTag : string -> System.Globalization.CultureInfo
Public Shared Function GetCultureInfoByIetfLanguageTag (name As String) As CultureInfo

パラメーター

name
String String String String

RFC 4646 標準で指定された言語の名前。The name of a language as specified by the RFC 4646 standard.

戻り値

読み取り専用の CultureInfo オブジェクト。A read-only CultureInfo object.

例外

name は、サポートされているカルチャには対応していません。name does not correspond to a supported culture.

注釈

注意

このメソッドとIetfLanguageTagプロパティは非推奨とされます。This method and the IetfLanguageTag property are deprecated. アプリケーションでは、これらの要素を使用する代わりにCultureInfo 、新しいオブジェクトを使用Nameして、プロパティを呼び出す必要があります。Instead of using these elements, the application should use a new CultureInfo object and calls to the Name property. IETF タグと名前は同じです。IETF tags and names are identical.

インターネット技術標準化委員会 (IETF) によって管理されている RFC 4646 標準では、IETF 言語タグが定義されています。 IETF 言語タグは、言語を識別するための統一的な手段を提供します。The RFC 4646 standard that is maintained by the Internet Engineering Task Force (IETF) defines an IETF language tag, which provides a uniform means of identifying a language. IETF 言語タグの形式は、 Nameプロパティによって返されるカルチャ名と同じですが、カルチャを一意に識別しません。The format of an IETF language tag is the same as the culture name returned by the Name property, but does not identify a culture uniquely. カルチャによって言語特性が同一である場合、同じ IETF 言語タグが共有されます。Different cultures share the same IETF language tag if those cultures have identical linguistic characteristics. カルチャの言語特性は、 TextInfo CultureInfoオブジェクトに関連付けられたオブジェクトに格納されます。The linguistic characteristics of a culture are contained in the TextInfo object associated with a CultureInfo object.

IETF 言語タグは、必須言語識別子、オプションのスクリプト識別子、およびオプションの地域 id で構成されます。An IETF language tag consists of a mandatory language identifier, an optional script identifier, and an optional region identifier.

アプリケーションでは、取得したカルチャを使用して、スペルチェックや文法チェッカーの管理など、言語固有のタスクを制御する必要があります。Your applications should use the retrieved culture to control language-specific tasks, such as managing a spelling or grammar checker. アプリケーションでは、取得したカルチャを使用して、テキストの並べ替え、時刻や日付の書式設定など、カルチャ固有のタスクを制御することはできません。Applications should not use the retrieved culture to control culture-specific tasks, such as sorting text or formatting times and dates.

詳細については、「RFC 4646」、「言語を識別するためのタグ」、および最新のドラフト標準 ( http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=100231Draft-phillips-langtags-05) を参照してください。For more information, see RFC 4646, "Tags for Identifying Languages," and the most recent draft standard, Draft-phillips-langtags-05.txt, at http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=100231.

注意 (呼び出し元)

以前 .NET Framework 3.5.NET Framework 3.5のバージョンでは、 ArgumentExceptionnameサポートされているカルチャの名前に対応していない場合、がスローされます。The .NET Framework 3.5.NET Framework 3.5 and earlier versions throw an ArgumentException if name does not correspond to the name of a supported culture. 以降では、このメソッドはをCultureNotFoundExceptionスローします。 .NET Framework 4.NET Framework 4Starting with the .NET Framework 4.NET Framework 4, this method throws a CultureNotFoundException.

適用対象

こちらもご覧ください